ジュンファンくん、新しいスケート靴で公開練習。来週トロントへ。

先日、ようやく相性のよさそうなスケート靴が見つかり(;∀;) 怪我も快方に向かい(;∀;) 氷上に戻った(;∀;) というニュースが出たジュンファンくん。

 

 

明るい笑顔が戻ってよかったよかった…(;∀;)

 

 

そして来週クリケに戻るのを前に、今日(8月25日)の午後、ソウルの泰陵(テルン)スケートリンクで公開練習がおこなわれたそうです。待機している報道陣の間を、軽く会釈しながらさりげなーく抜けてリンクに入っていく最初のシーンからもうたまりません❤

 

 

ロッカーの棚(?)とかリンクのフェンスが大写しになったり、意味不明なショットを経て、 ステップ練習するジュンファンくんの動きの鮮やかなこと!

わわっ、全然気づいてませんでしたがこの動画、左上の丸の中にあるカーソルにポイントを合わせると視界を360度動かせるのですね! ジュンファンくんが靴をはいたりリンクインしたりといったシーンが立体的に見れる、ありがた〜い動画だったのですね。(しかしやっぱり意図はいまいち不明…^^;)

 

 

この公開練習の詳しい記事が上がっていましたので、いつものようにグーグル訳さんに助けてもらいながら、要約してみます。

元記事はこちら→피겨 차준환 "시니어 GP 데뷔 시즌…4회전 점프 집중"

 


チャ・ジュンファン「シニアのGPSデビューシーズン。今は五輪選抜戦のことよりも4回転ジャンプとグランプリシリーズに集中します」

 

25日午後、泰陵(テルン)スケートリンク。外は30度近い猛暑が続いているが、リンクの中は息が白くなるほどひんやりしていた。韓国男子フィギュアの「未来」と呼ばれるジュンファン選手は、取材陣のフラッシュの洗礼にもかかわらず、今季のフリーの曲をかけて演技の練習に集中していた。

 

大きな期待を受けていたジュンファンだが、怪我には勝てなかった。先月末の第一次五輪選抜戦にはイ・ジュンヒョン、キム・ジンソに続く3位にとどまった。昨季から続く股関節と足首の痛み、そしてスケート靴の問題が原因だった。
一次選抜を終えると、すぐに病院に向かった。靴問題によると足首の炎症と、クワド練習による左太もも打撲と診断され、休養とリハビリが必要とされた。

 

ジュンファンは2週間以上をリハビリに費やした後、今月14日から氷上に戻ってきた。靴を新しいものに交換し、痛みも軽減し、ふだんどおりの練習ができるようになったが、怪我の再発防止のため当面はクワドを跳ぶことは控えている。

 

2時間余りの練習の後、記者の前に立ったジュンファンは「今まで休みながらリハビリに集中しました。先月の試合のときよりも体の状態はよくなっています。新しく変えたスケート靴の適応にもがんばっています」と笑顔を見せた。

一次選抜のことは、今は忘れようとしている。
「ふりかえってみると、今まで出た試合の中でもっともミスした試合になってしまいました。体調もよくなかったが、物足りなさが残りました。これからは今季が終わるまでベストをつくすだけです」

 

あと2戦ある五輪選抜戦のことはしばし忘れ、今は今季デビューするシニアのGPS(アメリカ大会とカナダ大会)に集中する。
「シニアのGPSデビューシーズンなので、クワドの完成度を上げなくてはなりません。最初の大会まで約2か月あるので、カナダ合宿でクワドの完成度を上げたいと思います。」
ジュンファンは4S、4T、4Fの3種類のクワドを跳ぶ予定だ。

 

今季のSPは「What a Wonderful World」、フリーは「惑星」だが、特にフリーが好きだという。

「個人的にも今季のプログラムは気に入っています。もともとクラシック音楽が好きなので、フリーのほうが好きです。特にコンセプトがない管弦楽曲なので、どう表現すればいいかとても悩みましたが、繰り返し曲を聞きながら表現を理解しました」

 

「シニアのGPSデビューとなりますが、まだ具体的に点数などの目標は立てていません。今季はスケート靴に悩まされることなく、最高のコンディションでプログラムをきちんと演技するのが目標です」

 

 

……えっと、怪我も完治してないのに、4F? 3種類めのクワド?^^; まあ、怪我が悪化するまではこういう予定だったんでしょうね。とりあえず徐々にゆっくり戻していってほしいです。

勝手に盛り上がったり心配しまくったりのファンやメディアをよそに、クールでブレないジュンファンくん。頼もしい限りですわ!

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

さて、一次選抜では本人もまわりもビックリというイ・ジュンヒョンくん優勝だったわけですが、今日の公開練習にはそのジュンヒョンくんも参加したそうです。彼のインタビュー記事も上がっているので、一部抜粋。

 

イ・ジュンヒョンは、9月27〜29日まで、ドイツのオーバーストドルフで開催されるネーベルホルン杯(9月27〜29日)に出場する。この大会は平昌五輪の最後の選抜試合で、出場選手中ワールドで枠を獲得できた国をのぞく上位6か国に五輪チケットが与えられる。

ジュンヒョンはネーベルではクワドを入れず、3回転ジャンプだけでのぞむ決断をした。ノーミスとともに、PCSをアップすることを目標としている。

「無理をせず、自分にできることをきちんとしたい。クワドは完成度が高くないので入れません。今年の4月まで腰の痛みに苦しんだが、今は体調がよくなり、自信もつきました」

「ネーベルホルンで必ず五輪チケットを取らなければならない、という考えだけで練習しています。僕を含めただれかが必ず平昌の舞台に立てるよう、結果を出したいです。どうせなら自分が取ったチケットで自分が五輪の舞台に立ちたいです」と笑顔を浮かべた。

 

 

今はまだ、五輪代表のゆくえがどうなるか誰にもわかりませんが、とりあえずネーベルでジュンヒョンくんが会心の演技ができますように! ファイティンね!

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

では、最後の今日のジュンファンくんお写真貼っときます。ポジションの美しさ、身体のラインの美しさに磨きがかかってやしませんか……。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 01:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コリアチャレンジ Day4 ジュンファンくんは3位に終わりました…【追記あり】

五輪選抜戦「コリアチャレンジ」の第1戦は、ジュンファンにとってほろ苦い結果になってしまいました。

やっぱり怪我とスケート靴の影響は深刻だったんですね…涙

 

↓ ファン動画 (Icescape Rasuさんより。いつも本当にありがとうございます)

今見ると始まる前から不安そうな顔してましたね。後半ルッツをおりた後、一瞬痛そうに顔をしかめています。演技後の落胆の表情がほんとツラい…

 

↓ KBS放送版

 

 

初披露のフリー「惑星」。深い紺のレースに、宇宙の星々のようなキラキラをちりばめた衣装で、決意にみちた表情でリンクに立ったジュンファンでしたが…。

最初の力強い出だしとともに4Tをなんとか降りたところまではよかったのですが、4Sで転倒、続く3Aは1回転に。後半冒頭のコンボは単独3Fに。2本目のアクセルも1Aになり、その後も着氷が不安定だったりで、結局コンビネーションジャンプは1つも入りませんでした。

フリー129.67(TES55.27+PCS75.40-減点1.00)、総合でPBより約35点も低い206.92点で、3位に終わりました。

SP後に明かしていたとおり、昨季のはじめから続いていた右足首と骨盤の怪我に加えて、スケート靴が合わないという問題が重なって、状態が悪化していたのだそう。試合後は表彰式を欠席して、すぐに病院へ向かったそう。それほどすぐに治療を受けなくてはならない状態だったのですね…涙

 

 

Docomo_hart【追記】Docomo_hartDocomo_hartDocomo_hart

 

今日(31日)ようやく、「ジュンファン側関係者」のコメントが出ました(事務所の方かな?)ので、いつものようにグーグル翻訳ですがざっと要約しておこうと思います。この記事です。


チャ・ジュンファンは31日、国内の病院で精密検査を受ける。右足首と股関節の状態が悪化し、しばらく国内で回復に専念する可能性が高まった。
ジュンファン側関係者は31日、「彼はずっと足首の痛みをかかえていたが、今回の一次選抜でそれがさらに悪化したため、精密検査を受けることにした。検査の結果にもとづいて今後の予定を組む」と明らかにした。
8月2日に出場予定だった香港のアジアン・オープンも欠場を決めた。一次選抜前の7月25日に、「怪我のために出場が難しい」として、病院の診断書とともに棄権申請書を大韓氷上競技連盟に提出していたことがわかった。関係者は「事前に体調がよくなかったため、選抜戦だけに集中することにした」と語った。

 

痛みが出たのは昨年半ばだった。4回転ジャンプを集中して練習していた時期、右足首に炎症が出て、痛みは股関節におよんだ。しかし、昨シーズンは試合が続いていたため治療時期を逃した。その後のオフシーズンにも新しい4回転ジャンプの練習のため、怪我をいやす時間がなかった。
また、合うスケート靴が見つからないという問題も、怪我をさらに悪化させた。最悪のコンディションで一次選抜にのぞまなくてはならなかった。
ジュンファンはフリー直後に深刻な痛みをうったえたことが明らかになった。立っていることも難しいほどの足首の痛みのため、試合後の授賞式も欠席した。試合後はすぐに病院に向かい、治療を受けた。
今後はしばらく練習を休んで、国内で集中治療を受けることになりそうだ。9月まで休息をとり、10月のスケートカナダ、11月のスケートアメリカで実戦感覚を磨いてから、12月の二次選抜にのぞむのが最善策だと思われる。
平昌出場選手は今回の1次選抜の結果と、12月の二次、来年1月の三次選抜のスコアの合計で決まる。残る2試合で2種類の4回転を含め完璧な演技ができれば、平昌出場の可能性はあるだろう。

 

……はあぁkyu
「選抜戦だけに集中することにした」ってことは、やはり平昌五輪は本人もすごく出たいのですね。無理しなくても…なんてちらっと思ったりもしたけれど、そりゃ出たいですよね。第三者には想像できない強い気持ちがきっとあるんでしょうね。

今後、スケカナまで3か月近く。陳腐な言い方ですけど、今回負けたのは神様に休め&治せと言われたんだと思って、しっかり休息と治療にあててほしいと思います。病院の先生方もよろしく頼みますよ〜。

 

Docomo_hart【追々記】Docomo_hartDocomo_hartDocomo_hart

 

今日の精密検査の結果を報じる記事が出ていました。こちらもざっとグーグル要約。

 

チャ・ジュンファン側の関係者は31日、「ソウル市内の総合病院で精密検査を受けた結果、ジュンファンはスケート靴の問題に起因する足首の炎症と、4回転ジャンプの練習過程で蓄積された左太もも打撲傷のため、リハビリと休息が必要であると診断された。今現在、左太ももが腫れている状態だ。8月1日に2回めの精密検診を受けて、今後の治療とリハビリ計画を組む予定だ」と説明した。

当初はシーズン前半はフリーに2本の4回転ジャンプを入れ、平昌五輪が近づくにつれ1本増やして3本にする予定だったが、今の状況ではこれを実行するのは難しい状態だ。

 

とりあえずケアが適切におこなわれているようでほっとしました。治療がうまく進みますように!

以上、追々記でした。

 

 

優勝したのは、観客の心をつかむ改心の演技をしたイ・ジュンヒョンくん。総合228.72で、本人も「想像もしてなかった。びっくりした」という優勝。

この結果、五輪の出場枠をねらう9月のネーベルホルン杯にはジュンヒョンくんが出ることが決まりました。ネーベルで6位以内に入れば1枠をゲットすることになります。エントリーの顔ぶれ次第では難しい試合になるでしょうけど、ジュンヒョンくんにはぜひぜひがんばって、五輪枠をつかんでほしいです。

 

4回転はないし、2本の3Aもステップアウトでしたが、ヌケがなく後半のコンビネーションもきっちり決めたことが勝因でした。なにより、4:10あたりからの唐突なエアギターwからのステップでは、笑顔で歌詞を口ずさむほどノリノリ。彼も昨季はずっと怪我で苦しんで、長いリハビリに耐えてきたので、こんな楽しそうなジュンヒョンが見られるなんて感無量でした。フィニッシュの笑顔は素直にうれしい。

 

 

今回の一次選抜で3位に終わったジュンファンですが、優勝したジュンヒョンくんとの点差は22点ほど。ジュンファンのPBは242.45なので、残る2回の選抜戦でPBに近い点が出せれば、逆転で五輪出場は十分可能だと思います。ネーベルに出られなくなったのは逆にいい機会をもらったと考えて、今は本当にじっくり治療にあててほしいです。

そう言いつつも、今までずっと辛酸をなめてきたジュンヒョンくんにもがんばってもらいたい! そう思うと心引き裂かれますけど、2人とも納得のいく五輪選抜戦になりますようにお祈り

 

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

じゃ、今日も祈りをこめてお写真コーナー行きます!

フリーの衣装、韓国の有名な前衛的デザイナーの作品だというので若干心配してましたが、品と華があって素敵。「ブラックスワン」のときの衣装といい、黒〜青系が似合いますね。背中を斜めに横切るキラキラは天の川でしょうか?

 

 

 

 

 

 

最後の表情……。

 

今の時点で演技後のコメントは出ていないんですよね。今後本人やオーサーのコメントが出次第、追記していきたいと思います。

とにかくね、ジュンファンくん、今はゆっくり休んでおくれ。おやすみなさい…星星星星

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 02:14 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
コリアチャレンジ Day3 ジュンファンくん男子SP2位発進

まさかまさかの展開でした…いや、調子が悪そうなのは練習から明らかだったから、予想はついていたでしょうか?

 

一次選抜の3日目。肌色(茶色?)白レースつきアシンメトリー衣装にザワザワしたり、「なんか毛量がすごいことになってない?アセアセ」とか思っているうちに、五輪シーズンの初戦がスタート。

 

ジュンファンくんは最初の4Sで転倒。これが回転不足でダウングレード判定となってしまいました。続く3Lz-3Tも回転不足。練習で転びまくっていた3Aは、斜めってたけれど意地で着氷。

ステップは練習よりも力強く、ずっとよかったと思います。ゆったりとしたステップの終盤に入る高速ツイズルが素敵だなあ。

それでも、PCSは悪くなかったけれどTESが伸び悩んでしまい、1位になったイ・ジュンヒョンくんの好演技もあって、77.25点(TES39.35 + PCS38.90)でまさかの2位発進。

 

↓ KBS1放送版

 

 

↓ ファン動画

 

 

SP1位 イ・ジュンヒョンくん 77.72(39.72 + 38.00)→動画

SP3位 キム・ジンソくん 74.40(39.15 + 36.25)→動画

SP4位 ピョン・セジョンくん 46.30(17.30 + 30.00)→動画 

(4位のセジョンくんは今週はじめに右足首を負傷し、ジャンプがまともに跳べない状態だったのだそう…がんばったね)

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

で、前日の会見では気丈に「体調は悪くない」と言っていたジュンファンくんでしたが、やはりかなりよくなかった模様... 泣き

SPの後の会見で、怪我をかかえていることを明かしていたんですね。こちらの記事から要約です(例によってグーグル訳ですけど)

 

昨年の半ばごろ、4回転ジャンプの練習を集中的におこなっていたジュンファンの体に異常が生じた。右股関節から足首まで痛みが起ったのだ。昨シーズンの間、彼はこの痛みをかかえながらすべての試合をこなしていた。

その後のオフシーズンにも痛みは消え去ることはなかった。本来なら休息をとるべきだったが、2018平昌五輪にむけて新しい4回転を練習しなくてはならず、無理をした。

彼は今も練習と治療を並行しておこなっている。練習や試合の後には常に湿布を貼り、理学療法を受けている。

ジュンファンはSP後のインタビューで、「まだ怪我が残っており、コンディションはあまりよい方ではない」と明かした。だが、「まだ持ちこたえられるレベルです。ケアをちゃんとすれば、これからよい演技ができると考えています」と話し、フリーで4回転ジャンプを強行する意思を明らかにした。

「フリープログラムの構成を修正するつもりはありません。明日はクリーンな演技をめざし、最善をつくしたいです」

 

 

…なんと、昨シーズンのはじめからほとんどずっと痛みをかかえていたんですね、ううう… 泣き

怪我の箇所は「左の骨盤」となっている記事もありますが、とにかく腰周辺と足首に痛みがあることは確かなようです。

また、聞いた話だと、今年初めのナショナルの際にスケート靴が壊れて以来、合う靴がまだ見つかっていないのだとか。カスタム靴を何足も試したりしたそうですが、まったく合わず、今大会でも古い靴にテーピングをして履いているそうです。

靴と怪我の因果関係はわかりませんが、とりあえず合う靴さえ見つかってくれたら怪我の対策に専念できるのに…と悔しい思いでいっぱいです。本人やオーサーたちはさぞ悔しいだろうなあ。そんな中でよくがんばってくれているよ…。

 

五輪のことを考えると、明日のフリーはなんとしても優勝してもらいたいところだけど、体のことを考えたらそんなこと、口に出すのも酷な気がします><

フリーは予定どおり(クワド2本)と気丈に語るジュンファンくんですが、当日のコンディションによってオーサーが最善の決断をしてくれるはず。

そして、ここぞというところでメンタルの強さを見せてきたジュンファンくんですもん。私にはPCのこっち側で祈ることしかできないけれど、なんとかできうる限り最上の結果となりますように! ファイティン!にじ

 

 

というわけで、祈りをこめてお写真貼り貼りタ〜イム。

 

 

 

 

なんとなく今日のお写真は表情も弱いのよね……

 

ところで、この日の朝に男子SPの公式練習があったのですが、ジュンファン以外の3人は姿を見せず。広いリンクを独り占め状態だったそう。上のKBS放送版動画を上げてくださった動画主様が、この練習の様子を20分にわたって撮り続けてくださってます。

貼りつけ不可となっているので、リンクだけ。→こちら ありがとうございます〜<(_ _)>

 

 

…ジュニアとシニアの女子の結果も書きたかったのですが、ちょっと力つきちゃいました。また改めて追記したいと思います。おやすみなさい。明日、というか、今日がいい日になりますように。。。。。

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 01:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コリアチャレンジ Day2 ジュンファン新SP練習動画 & ジュニア男女SP

韓国の平昌五輪代表を決めるため、3回にわたって行われる「KB金融フィギュアスケートコリアチャレンジ」の第一次選抜。

 

2日目の今日は、公式練習でジュンファンくんの新SP「What a Wonderful World」が披露されました!

さっそく動画を上げてくださった現地のみなさま、本当にありがとうございますDocomo_hart

 

 

初見でちょっと遠目からの動画を見たときは、美しいんだけどややあっさりしてるかなあ…というのが正直な感想だったんですが、じっくり見せていただくと細部の動きが本当にきれいで、じわじわと心に染み入ってきます。エッジが深く、柔らかなジュンファンくんのスケーティングが生かされたプログラム。ただ、4Sは若干回転足りない気味? 3Aはまだ不安定のようですねぇ。

あえて「攻め」ではなくちょっと引いたプログラムをもってきたところに、ウィルソンの意図が見えるような気がします。君にとって平昌は戦いだけの場所ではないんだよ、この世の美しさと平和の尊さを君の演技を通して訴えようよ、と…うがった見方すぎかもですがアセアセ

明日の試合本番ではどんな表情を見せてくれるのか、楽しみです!

 

 

 

 

今日(28日)の公式練習の後のインタビュー記事によると、ジュンファンくんはこのオフの間、ジャンプなどの技術要素だけでなくPCS対策にも力を注いだそう。

「今季はSPもフリーも抒情的な音楽なので、表現力をつけるために努力しました。クリケットのリンクの大きな鏡の前で、演技や表情などを研究しました」
「フリーの『惑星』は解釈が難しかったです。曲を何度も聴いて、各楽章が意味する内容を感じるようにしました。特に『火星』は、ローマ神話に登場する軍神マルスを思い浮かべて解釈しようと努力しました」

 

 

#격하게끄떡#차준환 #junhwancha #그떡그떡 #끄떡없음😎 #귀요미#착한남자 #훌륭한학생#귀여워요💕

cha jun hwan fan(only 준💙)さん(@ny3389)がシェアした投稿 -

 

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ジュンファンくん、新フリー練習動画! 平昌五輪一次選抜にのぞむ。

7月28日から30日の3日間、韓国の平昌五輪代表を決める3回の選抜戦「KB金融フィギュアスケートコリアチャレンジ」の第1回が開催されます。

 

クローバー  クローバー  クローバー  クローバー  クローバー

 

ここからは追記です。

 

今日、7月27日に公開練習がおこなわれまして、ジュンファンくんが新フリー「惑星」を初披露!

現地のファンアカさんが動画をアップしてくださいました。ありがた〜く貼らせていただきます。

 

 

冒頭、音響トラブル(?)でやり直し。再度スタート位置についたけれど、音が聴こえにくいらしく顔をしかめてますね。

最初は「火星」から。スタートから前半3つのジャンプまでの暗く劇的な振付は、ちょっと「死の舞踏」を思い出しますね。個人的に大好きなプログラムだったからこれは嬉しい〜。4Tと4Sは流し、3Aは調子を崩しているらしく転倒。

続いての静かなパートは「金星」。このあたりで、例の〈平和へのメッセージ〉を伝える意図でしょうか?「イル・ポスティーノ」で見せたしなやかな身体の動きが、さらに大きく柔らかになった印象。

ところが、その後「水星」でスピンを途中でやめてしまい、顔をしかめているような…>< 目が回ってる? 続く「木星」ではまた伸びやかなステップを見せ、壮大なフィニッシュを迎えますが、最後のスピンでまた気になる表情を…。

うーむ、ちょっと体調が心配ですね。それにジャンプも本調子ではなく、滑り込みもまだまだのようですが、それでもプログラムとしては今後に期待がもてそう。完成形がすごく楽しみです!

 

 

↑ いつもお世話になっている動画主さまからも、別角度で高画質な「惑星」が!ありがたや〜<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 01:37 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
ジュンファンくん 泥縄!今季終盤まとめ &今季もお世話になりました

2016-17シーズンの終了直前になって、今季終盤のジュンファンくんを泥縄でまとめるシリーズの第2弾!です。

では、3月の世界ジュニアを含め、今年2月あたりから現在(6月)まで一気にいきますよ〜。……すみません、相当長いですアセアセ

 

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

 

四角平昌五輪まで1年(2月15日)

 

韓国では一部の人気競技以外いまいち盛り上がっていないという平昌五輪 ゆう★ …ですが、平昌まであと1年を記念して、韓国の冬季競技の選手たちが登場するPR動画がアップされました。

"One year to go. I'm counting down the days!" ジュンファンはイム・ウンス選手、チェ・ダビン選手に続いて3人目に登場。

 

 

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

 

四角ジュンファンくん、高校生に(3月3日)

 

韓国では3月から新学期が始まるんですよね。この記事によると、ジュンファンは2月にフィムンジュン中学を卒業し、3月にソウル市江南区にあるフィムン高校に入学。ちなみに江南区は「カンナムスタイル」でも知られる、高級繁華街・住宅街として有名な地区ですね。フィムン(徽文)高校は1906年開校。「韓国五大私立高校」のひとつだそうです。

本人はトロントにいるため、入学手続きはご両親がされたそう。「練習スケジュールが大きく変わることはないが、シーズンオフは帰国し、練習と学業を両立していきたい」とのことなんですが、ここでちょっと気になる情報が。

 

3月7日にアップされた記事によると、パク・クネ元大統領の側近チェ・スンシル女史の娘の不正入学事件を受けて、学生アスリートに対する規定が厳しくなったのだとか。授業日数の3分の2である129日以上の出席が必要となり、また学期中の大会出場は3回までとされたんだそうです。これがもしフィギュアに適応されれば、ジュンファンの練習や試合のスケジュールに影響が出るかも。さらには、来年3月のミラノワールドに出られなくなるのではないか?というのです。

記者の方は、特に大会出場3回という制限は韓国のエリートスポーツの根幹をゆるがすものであり、若手選手の育成で海外に大きく遅れてしまう、と危惧している模様。韓国のファンも、若い選手の可能性をつぶしてはならない、と声を上げていたようですが、果たしてその後、この規定はどうなったのでしょう? うーん、気になるところですガーンネコ

 

 

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

 

四角台北世界ジュニア選手権2017(3月15-19日)

 

世界ジュニア、私は幸い初日と2日目だけですけど、台北で現地観戦することができまして。ジュンファンがメダルを逃したりと、個人的にはちょっぴりほろ苦い部分もあったけれど、特に男子は神演技連発の、すばらしくハイレベルな試合でした。

ジュンファンは今季最後の演技、そして、もしかしたらジュニア最後の演技になるかも(年齢的にはもちろん、来年も再来年もJGPSや世界ジュニアに出ることは可能ですけど、平昌以降はきっと韓国のシニアを引っぱっていく選手になると思うんですよね)…そんな演技をこの目で見ることができたのはすごく幸せでした。

客席の入りはイマイチ…というか、正直かなりガラガラでしたけどね、でもすごくの〜んびりま〜ったりした雰囲気で、とてもいい大会でした。

 

 

韓国SBSの世界ジュニア放送番宣。

男子SPとフリーが生中継されたそうですが、ほとんどジュンファンのプロモ動画w

 

 

 

ISUによるジュンファン単独インタビュー

 

大会直前にISU公式にアップされたインタビュー。聞き手はタチアナ・フレイドさん。ってことはインタは英語でおこなわれたのかな? ざっと要約してみると…

 

・フィギュアを始めたきっかけは、家の近くの公共リンクに学校のクラスで行ったこと。初めて滑ったときからスケートが大好きになり、毎日滑りに行った。そのうちコーチの誰かにスケートを真剣にやらないか、声をかけられたんだと思う。

 

・クリケットを選んだのは、ブライアンに教わりたいと強く思ったから。ユヅルやヨナのことは特に頭になかった。指導してくれるコーチを探すために、まずアメリカへ2度行った。ラファエル・アルトゥニアンのいるカリフォルニアのEast West Ice Palaceにも行った。ブライアンのところを訪ねたのはその翌年。アメリカで英語を使っていたので、それが助けになった。

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 10:10 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
ジュンファンくん 今さら今季終盤まとめ (新情報はなし!です…)

ううう、ジュンファンくん情報だけはきっちり追おうと決めてはいたんです。

なのに、2月からこっちサボりまくってしまい、肝心かなめの世界ジュニアも未掲載…汗

 

遅ればせにもほどがありますが、2016-17シーズン終盤のジュンファンくん情報をまとめて掲載しておこうと思います。

来季にならないうちに、と泥縄&自己満でまとめたものなので、新情報はいっさいなし!です汗

 

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

 

まずは、2月9日に韓国SBSで放送された平昌オリンピックG-1年特集「ドキュメンタリー〜夢を越えて星になる」

 

ほんっと今さら ゆう★ …ですけど、いつか使おうと思ってキャプを大量にとっていたもので。

ジュンファンくんの素顔やクリケットの様子もわかって、映像と英語部分だけでもファンにはこたえられないドキュメンタリーでした。(日本のテレビも羽生くんのクリケ取材でこんな映像撮ってきてくれたらいいのになぁ)
 

 


まずは、来年平昌五輪が開催されるカンヌン・アイスアリーナのシーン。1月の韓国ナショナルの時ですね。

 

 

関係者からコーチたちへの差し入れでしょうか? リンクのボードの上に、コーチたちの名前がハングルで書かれたマカロンが並んでいます。それを見たオーサー、ジュンファンを呼んで「僕のはどれだい? あ、待って。当ててみよう」とハングルを読み解こうとします。ところが、アルファベットで”Mr. Orser"と書かれたのを見つけて、「あ、これか(笑)」

手をたたいて爆笑するジュンファン。2人のやりとりがごく自然でなごむ〜。

 

 

 

オーサー「彼はジャンプがうまいし、スピンもいいし、スピードもある」 ウィルソン「スケートに足跡を残せる選手だよ」というコメントを挟んで、ちびっ子時代の映像ふりかえり。

SBSは6年前、当時9〜10歳のジュンファンがペアスケートコンペに参加した『キムヨナのKiss & Cry』を放送した曲なので、ここぞとばかりにお宝映像てんこ盛り。ペアを組んだ子役女優チ・ジニとの「アンニョン〜」「アンニョン〜」が可愛すぎるてれネコ

 

 

 

同じ年に韓国スケ連のアイスダンスのテストスケートに参加したとき。この頃歯科矯正をしていたんですね。

スケートを始めてまだ2〜3年のはずですが、エッジが深くてスケーティングがきれい、体の使い方も上手だな〜。

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 04:23 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/5PAGES | >>