世界ジュニア!その6 女子最終結果〜
2012世界ジュニア、男子もすごいけど、女子はもっとすごかった!


優勝したのは、や・は・り、ロシアのユリア・リプニツカヤ!! 
2位のグレイシー・ゴールドに15点差をつける圧勝。合計得点187.05は、四大陸選手権のアシュリー・ワグナー(192.41)、浅田真央(188.62)、グランプリファイナルのカロリーナ・コストナー(187.48)に次いで、今季第4位。しかも、ジュニアはシニアよりフリーの要素がひとつ少ないんですから、もし同じ要素だったら…((((;゜Д゜)))

この得点、世界ジュニア女子としては、2005年の浅田真央の得点をぬりかえる新記録!なのだそうです。今季の彼女は、ジュニアグランプリシリーズ2戦、ジュニアグランプリファイナル、そして今回のジュニアワールドで、いずれもショートとフリーを制し、文字どおり完全制覇、ジュニア無双をなしとげたのです!!!!…はあ〜、すごいわ。

アメリカのグレイシー・ゴールドもすばらしい演技でしたが、2位。昨年のジュニア女王のロシアのアデリーナ・ソトニコワは細かいミスがあり、ショート3位から順位を上げることはできませんでした。

(フリーのリザルトページは→こちら  プロトコルは→こちら  総合順位は→こちら

1 ユリア・リプニツカヤ(ロシア)

正直、振付がせわしない、というか、もうちょっとじっくり見せて!という気がしないでもないですが、とにかく各要素の正確さはすごいです。2A+3T+2Tも2A+3Tも加点の嵐。3つのレベル4スピンを含め、GOEにマイナスがまったくないきれ〜いなプロトコル。超柔軟スピンはやはりすごいですね。

2 グレイシー・ゴールド(アメリカ)

GOE+3を出したジャッジもいた最初の3Lz+3T の高くて大きいこと!まだちょっと荒っぽい印象はあるけれど、おおらかでのびのびとした演技ですね。しかも、大きな国際大会はこれがまだ2戦目。大舞台に強いメンタル…やっぱり大物ですよ、グレイシーちゃん!

3 アデリーナ・ソトニコワ(ロシア)


4 宮原知子(日本)


5 ジジュン・リー(中国)


6 ポリーナ・シェレペン(ロシア)

ショートではまさかの12位スタートでしたが、フリーでは4位となり、総合順位を6位まで上げたのはみごと!これでシニアのワールドの派遣は決まりかしら…

12位 佐藤未生(日本)


20 庄司理沙(日本)


庄司理紗さんは…心配ですね。フリーでは、コンビネーションジャンプの2つめのジャンプがことごとく1回転になってしまい、ジャンプ前の転倒もあり、ショートからさらに順位を落として22位に終わりました。

しかも、PCSのほうもかなり下げられてしまいました。ジャンプの回転不足は以前から取られていましたが、ここまで大きなミスを連発する庄司さんを初めて見ました。

救いなのは、演技後ににっこりとほほ笑んでいること。不調なりに最後まで滑りきったのはすごい精神力だと思います。来季にむけてじっくりと調整して、また帰ってきてほしいと思います!
がんばれ、理沙ちゃんっ!!!


(追記:庄司さんは右足を痛めていたそうで、練習のときから涙ぐむほどだったとか…。そんな中で滑りきったのは彼女の強さですね。早く快復しますように!)


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界ジュニア!その5 男子最終結果〜
男女ともに空前のハイレベルな争いとなっている2012年世界ジュニア
運命の表彰台が決定しました!!

(すみません、ペアとダンスもおこなわれていることは、もちろん知ってます。しかし…知識がまるでないのと、そこまで追っている時間がないんです〜涙)

男子優勝は4Tを決め、総合222.45点という高得点をたたきだしたハン・ヤン! 2位は2本の3Aをきっちり決めたジョシュア・ファリス! 3位は3Aも持っていないジェイソン・ブラウン!(人生いろいろですね〜)


(フリーのリザルトページは→こちら  プロトコルは→こちら  最終結果は→こちら

フリー動画が着々とあがりつつあります!まだあがっていない選手は、写真などでお茶をにごしています、すみません。あがり次第アップしていきますので…。以下は最終順位です。

1 ハンヤン(中国)




2 ジョシュア・ファリス(アメリカ)


3 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)




4 デニス・テン(カザフスタン)


5 ザン・ブッシュ(ロシア)


6 ヘ・ジャン(中国)

すみません、フリーの動画はまだないのですが、スタンドで女子の演技を観戦しているヘ・ジャン君を撮影してくださった方がっ!か、かわいいですねえ❤ 笑顔で話しているのはペアのスイ選手。まだ16歳なのにすでにおばさんオーラ貫録たっぷり。

やっとフリー動画があがりました。(主様、どうもありがとう!)

とてもきれいで軽やかなスケーティング〜。ショートもそうでしたが、ジャズって彼に合ってますね!好きだわ〜❤

7 田中刑事(日本)

ショートでは思わぬミスで出遅れましたが、フリーではシーズンベストをたたきだし、ショート11位からみとにランクアップ!がんばりましたね〜涙。早く動画が見たいです。

こちらもフリー動画、あがりました!(主様、ほんとにほんとにありがとう…涙)

なぜかユーロスポーツでは後半のみの放送だったらしく、前半はありません(号泣)。でも、演技後のスロー再生で冒頭の3Aと3A+2Tは確認できます。いやあ、後半だけでもすばらしい出来なんじゃありません? 直後には珍しくガッツポーズ!フリーでは5位。つくづくショートでのミスが悔やまれますねえ(再び号泣)。

new!! やっとフリーの完全動画がアップされました!うわーん、長かったよ…(;_;)

コメントが気になる方は右下のふきだしをクリックしてXにすることをおすすめします。


8 リアム・フィラス(カナダ)


9 日野龍樹(日本)

日野くんもショート14位から大きく順位を上げました。えらい!日本男子、がんばりました!

10 宇野昌磨(日本)


new!! フリー動画、やっとあがりました!(主様、いつも本当に感謝にたえません…泣)


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界ジュニア!その4 女子SP結果〜
今日もいきますよ!2012世界ジュニア!
…と思っていたのですが、毎日更新するのもちょっと疲れてきました。

昨日おこなわれた女子SP。情けないですが、また海外の記事にたよってしまいたいと思います。Goldenskateにアップされたこちらの記事より。

「リプニツカヤ、首位」

「黒い瞳」の曲にのって演技するロシアのユリア・リプニツカヤ。

ベラルーシ・ミンスクで開かれている2012世界ジュニア選手権で金曜日、ロシアのユリア・リプニツカヤが2位に5点差をつけて女子SPの首位に立った。
2位はアメリカのグレイシー・ゴールド。昨年のジュニア女王、ロシアのアデリーナ・ソトニコワは3位。

ジュニアグランプリファイナルの金メダリスト、13歳のリプニツカヤはシーズンベストをわずかに下回る63.09点をたたきだした。正確な演技と質の高いジャンプ、超柔軟スピンを披露。3T+3T、3Lz、2Aをなめらかに決めた。
「今日はすべてがうまくいきました。ノーミスだったし、楽しく滑れました。自分の演技に満足しています。この大会には出たくてたまらなかったら、ここにいられてうれしいです。ショート1位になれるとは思ってなかったけど、すごく幸せです」

16歳の全米ジュニア女王、グレイシー・ゴールドは31人中7番目の滑走順。3F+3Tをきめ、2連続3回転のコンビネーションジャンプを跳んだ最初の選手になった。コンボの3Tはやや着氷が乱れたが、続く3Lzと2Aは完ぺき。3つのスピンでいずれもレベル4を獲得して、58.00点を出した。ただし、力強い演技でジャンプも大きかったが、洗練という面ではまだ弱い。
「全体的には満足しています。ねらっていたレベルもすべて取れましたし。ジャンプは完ぺきではなかったけど、でもいいジャンプだったと思います」
「私にとって初めての大きな国際大会だから、今日の自分の演技には満足してます。この大会に出られてうれしいです。出られるかどうかわからなかったけど、(アメリカの連盟が)選んでくれたから、こうしてここにいられるだけですごいこと。今日はトップ3に入れてびっくり。ねらっていたわけではないけれど、この位置につけられてすごくわくわくしています」


15歳のロシア女王のアデリーナ・ソトニコワは56.57点。3T+3T、3Lz、2Aを着氷したが、チェンジフットコンビネーションスピンがレベル1とされ、1.96点しか稼げなかった。
 「今日の演技には完全には満足していません。今まで失敗したことのなかったスピンでミスしてしまいました。フリーでは今日のミスを繰り返さないようにしたいです」
「この大会は私にはちょっと大変でした。前年の優勝者という実績を裏付けたいと思っていたから。今日のショートではミスをしてしまったけど、明日はミスをなくして順位を上げていきたい。でも一番大事なのはクリーンな演技をすることです」

フリーでは3Lz+3Loのコンボを入れる、と宣言したらしいです。

Scent of a Womanの曲で滑った日本のジュニア女王、宮原知子は、コンボの3Tは回転不足と判定されたが、3Lzをきめ、3つのスピンでレベル4を獲得して、52.97点で4位につけた。
「今日のショートは楽しくすべれました。ジャンプが全部きまってよかったです。ちょっと緊張したし、フリップが回転不足をとられたのは残念でしたけど」

アメリカの16歳、クリスティーナ・ガオは、メンデルスゾーンのバイオリン・コンチェルトにのってまとまった演技をし、3T+3T、3Lz(エッジエラーと判定)、2Aを跳んで、5位。フライングシットスピンではレベル1とされたが、シーズンベストを更新して52.66点。自分の演技には満足しているが、今季のグランプリシリーズは大変だった、と彼女はいう。
「今季は勉強するための期間なんだと思ってます。点や結果を気にするなって自分に言い聞かせていました。だから、今日の演技ができてうれしい。落ち着いてできたし、ジャンプも全部おりれましたから。レベルは少し落としたところもあったし、ジャンプの着氷で少しミスはありましたけどね」
「シーズン初めにはいい練習が全然できていなかったんです。今はずいぶんいいので、フリーの準備はできていると思います」

中国のジジュン・リーは、予定していた3T+3Tを3T+2Tに変更した。ルッツジャンプではエッジエラーをとられ、51.74点で6位。韓国のヘジン・キムは、冒頭の3T+3Tは成功したが、3Lzでステップアウト、51.56点で7位。スウェーデンのヨシ・ヘルゲソンは、3Lzと3S+2Tを含むノーミスの演技を披露したが、スピードに欠け、50.74で8位。(略)ロシアのポリーナ・シェレペンは、3T+3Tをきめたが、ルッツが1回転となり、47.99で12位。

**************************

リプニツカヤ、なんちゅう高得点!シニアでも上位にいける点ですよ!
5位まではみんな3−3のコンボを決めてますからね〜大変な時代になってきたものです。

日本勢は宮原さんが大健闘!佐藤未生さんは13位。
そしてそして、庄司理沙さんがまさかの18位… フリーでは気持ちを切り替えて、巻き返してほしいです!!


ISUのリザルトページは→こちら  プロトコルは→こちら


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界ジュニア!その3 男子SP結果〜
2012世界ジュニア、衝撃(!)の男子SPが終わりました。
トップ4人が70点越え、パーソナルベスト更新が続々…という、とてもハイレベルな争いとなりました。そして結果は…

アメリカのジョシュア・ファリスがSP1位!2位には中国のハン・ヤン、3位にデニス・テンがつけています。わが日本勢は、宇野昌磨10位、田中刑事11位、日野龍樹14位…

ああああ、先日の「男子ぷれびゅ〜」ジョシュアくんを取り上げなかった報い
でしょうか!?
(ISUのリザルトページは→こちら  プロトコルは→こちら
 

スモールメダル授与式。ハン・ヤン、笑顔くださ〜い。デニス、そのスウェットは何…

1 ジョシュア・ファリス(アメリカ)

「月の光」の調べにのって、流れるような美しい演技ですね〜

2 ハン・ヤン(中国)

スピードと滑らかさは圧巻。ステップの振付、ちょっと変えましたね!迫力出た気がします

テレビ版の動画が追加されました!


3 デニス・テン(カザフスタン)

スピンでちょっぴり乱れたけど、シニアの実力を見せつけました。デニス〜よかった…涙

テレビ版の動画が追加されました!


4 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

相変わらずのクリーンさ。でも、3Aがないとこれ以上点を伸ばすのは難しいかもしれませんね…ううむ

5 ザン・ブッシュ(ロシア)


6 ヘ・ジャン(中国)


10 宇野昌磨


11 田中刑事


テレビ版の動画が追加されました!


14 日野龍樹


テレビ版の動画が追加されました!



しょうまくんはとっても立派な演技でしたね!龍樹くんはちょっぴり固くなっていたかな。

そして田中刑事くんは…体のキレ自体はいい感じだと思うんですよ。ところが攻める気持ちが強すぎたのか、コンビネーションジャンプが2F+2Tに…。男子ではコンボのどちらかに3回転を入れなくてはならないという規定があるため、これに違反して大きく減点されてしまいました。
でも、フリーでは気持ちを切りかえて、また攻めてほしいです!がんばって〜




JUGEMテーマ:
フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 09:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
世界ジュニア!その2 女子ぷれびゅ〜
昨日開幕した世界ジュニア選手権 今日は女子の予習をいたします。

…といっても、じつは勉強不足で、男子ほどの知識もなく…

というわけで、アメリカのフィギュアサイトIcenetworkのこちらの記事Gold squares off against Russians in Belarusから、抜粋してご紹介していきます!!(年齢は私が入れました)

アメリカの記事だけあって、先日ご紹介したグレイシー・ゴールドちゃん一押し!ですね〜



注目は全米ジュニア女王、2種の3回転コンビネーションジャンプをもつレイシー・ゴールド(16歳)だ。彼女のコーチOuriashev氏はこう言い切っている。
「はっきり言うと、ロシアっ子たちよりグレイシーのほうがジャンプの質はいい。ユリア・リプニツカヤ(13歳)やアデリーナ・ソトニコワ(15歳)よりちょっぴりスピンがよくないだけだよ」
グレイシー本人は、もうちょっとひかえめな言い方をしている。(と記事にはありますが、かなり自信にあふれたコメントだと思うのですが…)
「彼女たちと試合するのを楽しみにしてます。すごくいい試合になると思う。彼女たちの演技は見ています。みんなすごく才能があるけど、勝負はできると思うわ」

12月のJGPファイナルを制したリプニツカヤの強みは、安定したジャンプと、トレードマークである柔軟性。ソトニコワは昨年のジュニア女王であり、今季はシニアのGPファイナルの補欠にもなっている。3人目のロシア代表、ポリーナ・シェレペン(16歳)もいる。
対するアメリカチームは、ほかに3F-3Tを武器とするクリスティーナ・ガオ(17歳)と、JGPファイナルで5位になったバネッサ・ラム(16歳)。
そのほか、中国のジジュン・リー(15歳)は今季のJGPシリーズで2戦とも銀メダルを獲得しているし、日本の宮原知子(13歳)と庄司理紗(15歳)も有力だ。

でも、なんといっても注目はロシア勢3人とグレイシーだろう。グレイシーが国際大会に出場するのは、優勝したJGPエストニア大会に続いて、これがまだ2戦目。今回メダルをとるためには最高の演技をしなくてはならない。

***********************

ううむ、あまり「ロシアっ子たちvsグレイシー」をあおらないでほしいなあ、という気もちょっぴりしますが、それだけアメリカがグレイシーにかける期待が大きいということなんでしょうね。

ロシア勢、アメリカ勢以外で、私が個人的に楽しみにしているのは、中国のジジュン・リーです。1月に中国で行われたWinter Gamesでは完ぺきなフリーを披露しました。

 自分で感激して泣いちゃってるジジュンちゃん、かわいすぎ!今大会でもこんな演技ができますように。

もちろん、佐藤未生さん(15歳)を含めた日本勢にもがんばってほしい!特に個人的に(←しつこいですが)期待しているのが宮原知子さん。まだ13歳だけど、もう雰囲気をもっているところがすごいです。
 


女子SPは明日3月2日の夜(日本時間)。みんな、がんばれ〜


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界ジュニア!その1 男子ぷれびゅ〜
お待ちかねの世界ジュニア選手権が、
今日からベラルーシの首都ミンスクで開幕します!
日本からは男子に日野龍樹、田中刑事、宇野昌磨、女子に庄司理紗、佐藤未生(みう)、宮原知子(さとこ)の6選手が出場します。みんな、がんばって〜

さて、個人的に大注目なのが男子です。
明日3月1日の夜(日本時間)はいよいよ男子SP。そこで今日は、極私的(いつものパターンですw)注目選手を一挙にご紹介したいと思います。ではでは、ISUのパーソナルベスト(PB)が高いほうからいきますよ〜!
注:あくまで私が注目している選手ですので、あしからず。ここに書ききれなかった選手のみなさん、ごめんなさいっ!

ハン・ヤン(中国・15歳) PB 219.37
今季のジュニアグランプリシリーズ(JGPS)は2戦とも優勝。グランプリファイナルでは、風邪をひいていたせいもあって惜しくも2位でしたが、美しい4T、3Aをもち、ステップの速さ、エッジの深さはあのパトリック・チャンをほうふつとさせます。(心なしか振付も似ている気が…中国w)
シーズン中はジャンプミスがあったり、音楽が止まるなどのアクシデントがあったりで、なかなかノーミスの演技が見られませんでしたが、それでも高得点を出してしまうところもPチャンゆずり。今大会ではパーフェクト・ヤン君が見たいところ。


デニス・テン(カザフスタン・18歳) PB 212.39
2シーズン前からシニアで大活躍しているデニスが、ジュニアに出るというニュースを聞いたときにはびっくりでした。今季はグランプリシリーズで2戦とも5位に終わったため、世界選手権の前にギアを入れ直したいということなのでしょうか。
今季からフリーに4Tを入れてきています。これがきまれば、地力からすれば優勝候補NO1だとは思うのですが…。(というか、ジュニアの子たちに負けるデニスを見たくないんです…涙)


ジェイソン・ブラウン(アメリカ・17歳) PB 208.41
先日「お気に入りプログラム」でご紹介したポニーテール男子です。JGPSは1位と2位。ファイナルではハン・ヤンをおさえて優勝。4Tはおろか、3Aもまだ試合で跳んでいませんが、驚くべき完成度と表現力で、抜群の安定感を誇ります。今回、金メダルをねらうために3Aを入れてくるかどうか…。決まったら、これは強いですよ!!


田中刑事(日本・17歳) PB 196.98
去年の世界ジュニアでは、予選からの出場で、みごと銀メダル!!!もっと知名度があれば金メダルだったという声もあがったほど、それはそれはみごとな演技でした。
ここぞというときに強いのが、われらが刑事くん。今年もJGPSではいまいち安定感を欠いていましたが、暮れの全日本選手権では今季一番の演技を見せてくれました。
いや、ほんとに、ものすごく雰囲気がついてきて、ジャンプさえ決まれば表彰台いけると思うんですよ。緊張感に負けず、自分のスケートをしてほしいと思います。たのむよ〜。

日野龍樹(日本・17歳) PB 182.71
足元のなめらかさとジャンプの安定感は抜群で、JGPSは1位と2位。全日本ジュニアではみごと優勝!!ただ、いつもちょっと上半身の動きが固い印象があるんですよね。自信をもって、大きな演技をしてほしいと思います。がんばって〜!


ヘ・ジャン(中国・15歳) PB 182.38
JGPSでは初戦は2位、ところが2戦目は5位で、ファイナルには進めませんでした。でも、スケーティングがほんとにきれいなんですよね。まだあまりスピードはないけれど、すごく洗練された動きができる選手だと思います。
地元でおこなわれたシニアのGPS中国大会では、ハン・ヤンとともエキシビションに出場。そのとき羽生結弦くんが、印象に残った選手としてハン・ヤンではなく、彼の名前をあげていました。「すごく踊れる子」だと。うむむ、ゆづのお眼鏡にかなったヘ・ジャンくん。将来ビッグになるかも…?


宇野昌磨(日本・14歳) PB 175.15
まだ高難度のジャンプはもっていないけど、スケーティングはほんとにみごと。そして、抜群の音感と存在感。全日本ではほぼパーフェクトな演技を披露して、会場のスタオベを受けていました。この年にしてこのオラオラ感はすごいですね〜。キュートなルックスもあって、海外でも人気急上昇中。おそらく出場選手の中で一番小柄だと思われますが、ベラルーシでもぜひ「しょうま様オーラ」を見せつけてほしい!

ナム・ニューエン(カナダ・13歳) PB 169.55
今大会男子の最年少。昨シーズン、カナダ史上最年少の12歳でジュニア王者となり、パトリック・チャン以来のカナダ男子のホープと目されています。昨日おこなわれた予選をみごとトップ通過!バイタリティーあふれる演技と、日本勢や中国勢にはない表情の豊かさが持ち味です。
ところで…名字はまだきまった日本語表記がないんですよねえ。Jスポーツでは「イングエン」となっていましたが、カナダの会場放送では「ニューエン」と言っている気がするのですが…。 絶対に近い将来スターになる選手だと思うので、早いとこ決めていただきたいところです。


滑走順は日本時間の今夜決まります。ああ、いよいよ始まりますね!ドキドキ…

滑走順、出ましたね。→こちら

全30人中、ナム9番(第2グループ)、しょうま16番(第3グループ)、デニス&ヘ・ジャン&ジェイソンは第4グループ、ハン・ヤン&刑事&龍樹は第5グループです(敬称略です!あしからず)
みんな、がんばれ〜


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2011-12シーズン | 12:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/2PAGES |