2013-14グランプリ・シリーズ アサイン発表!!!
まーた出遅れてしまいましたが……来季GPSのアサイン出ましたね!
オリンピック・イヤーとなる2013-14シーズン グランプリ・シリーズのアサインが、
昨日ISUより発表されました!

いつもお世話になっている神サイト、Figure Skate Memoさんが、もうすばらしいアサイン表をつくってくださいました。なんといういう早さ! いつも本当にありがとうございますm(__)m
こちらです→ カテゴリー別: 男子  女子  ペア  ダンス

で、すみませんがシングルに偏りまくっている当ブログゆえ、男子と女子のみ、大会ごとに書き出してみたいと思います。(青字は日本選手)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★スケート・アメリカ

男子: ブライアン・ジュベール(フランス)、小塚崇彦(日本)、町田樹(日本)、高橋大輔(日本)、デニス・テン(カザフスタン)、アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)、アレクサンデル・マヨロフ(ロシア)、マックス・アーロン(アメリカ)、エバン・ライサチェク(アメリカ)、TBA[未定](アメリカ)

女子: マエ・ベレニス・メイテ(フランス)、
エレーネ・ゲデヴァニシビリ(グルジア)、ヴァレンティナ・マルケイ(イタリア)、浅田真央(日本)、エレナ・ラジオノワ(ロシア)、エリザベータ・タクタミシェワ(ロシア)、ヴィクトリア・ヘルゲソン(スウェーデン)、アシュリー・ワグナー(アメリカ)、キャロライン・ザン(アメリカ)、TBA(アメリカ)

のっけから男子がアツい! 今季スケアメの金・銅メダリストの小塚選手、町田選手に加えて、高橋選手も! これだけでもアツいのに、そこへジュベール、今ノリにノッてるデニスとアーロン、元世界銅メダリストのガチンスキー……そして、今年も来ました、ライサ!! ライサはずっと復活宣言しては怪我や棄権、というシーズンが続いていましたけど、ソチを目指すと言ってきたからには、来季はきっと出るんでしょうね! 
ところで、TBAにはアーミン君あたりが入るのかなあと思いきや、昨夜なんと引退を発表しました。

これからは学業に打ち込むのだそうです。なかなか思い通りにいかないこともあったけど、今は前向きな気持ちのよう。今後も新しい道でがんばってほしいです!
ということで、TBAには誰が入るんでしょうかね? 今年ジュニアから上がってきたジェイソンくんあたりが2枠目をもらう可能性もあるかもしれません。

女子は浅田選手、来ましたねー。今季の真央ちゃんはロシアの天才少女リプニツカヤちゃんとの対戦が注目されましたが、来季は同じロシアの、シニアデビューとなるラジオノワちゃんと2戦とも当たることに。注目ですね! 個人的には最近苦しんできたキャロライン・ジャンがちゃんと入れてもらえているのが嬉しい(;_;)


★スケート・カナダ

男子: エラッジ・バルデ(カナダ)、パトリック・チャン(カナダ)、アンドレイ・ロゴジン(カナダ)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、羽生結弦(日本)、無良崇人(日本)、織田信成(日本)、ジェレミー・アボット(アメリカ)、ジョシュア・ファリス(アメリカ)、ロス・マイナー(アメリカ)

女子: アメリ・ラコステ(カナダ)、ケイトリン・オズモンド(カナダ)、TBA(カナダ)、キーラ・コルピ(フィンランド)、鈴木明子(日本)、キム・ヨナ(韓国)、アリョーナ・レオノワ(ロシア)、ユリア・リプニツカヤ(ロシア)、クリスティーナ・ガオ(アメリカ)、グレイシー・ゴールド(アメリカ)

ここは男女とも激戦なのではないでしょうか!!? まずは男子。羽生、無良、織田という日本3選手の戦いだけでも見ごたえ十分なのに、パトリック、ミハル、そしてアメリカからリベンジを期すジェレミーとロスくんに加えて、ジュニア王者のファリスくんまで!! ど、どーなっちゃうんでしょ、これ!? ファリスくんはクワド持ちですし、パトリックをほうふつとさせるスケーティングの持ち主…いっきに表彰台ということも考えられなくはない? いやいや、日本男子は負けているわけにはいきません!

そして、女子がまた強烈ですね。久しぶりにGPに参戦してくるキム・ヨナが、いきなりシーズン初戦からぶっちぎるかどうか。オズモンド、リプニツカヤ、グレイシーと、各国の注目の若手もそろいますし、もちろん鈴木選手は当然金メダル候補ですよね! すごい闘いになりそう…。 


★中国杯

男子: ケビン・レイノルズ(カナダ)、ナン・ソン(中国)、イー・ワン(中国)、ハン・ヤン(中国)、フローラン・アモディオ(フランス)、ピーター・リーバース(ドイツ)、小塚崇彦(日本)、デニス・テン(カザフスタン)、マキシム・コフタン(ロシア)、リチャード・ドーンブッシュ(アメリカ)

女子: ジジュン・リ(中国)、クーシン・ジャン(中国)、TBA(中国)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、村上佳菜子(日本)、ポリーナ・コロベイニコワ(ロシア)、アナ・ポゴリラヤ(ロシア)、アデリーナ・ソトコニコワ(ロシア)、ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン)、アグネス・ザワツキー(アメリカ)

ほかの大会に比べれば、比較的静かなほうかもしれません…ただし、「比較的」ですけど! 男子は今や飛ぶ鳥を落とす勢いのケビンくんとデニスがそろいますし、未来の世界チャンピオン(と勝手に決めてしまってますw)のハンヤンくんに、ワールドの雪辱を果たしたいアモディオくん。そして、雪辱といえばなんといっても…小塚選手〜!!! 先天的な故障が見つかり、トレーニングで調整しながら…という難しい戦いになりますが、ぜひここで実力を発揮してほしいです!

女子はカロリーナと、すっかり世界のトップ選手となった村上選手、ソトニコワがメダル候補でしょうか? 地元のジジュン選手やクーシン選手にもがんばってもらいたいです。


★NHK杯

男子: シャフィク・ベセギエ(フランス)、無良崇人(日本)、織田信成(日本)、高橋大輔(日本)、コンスタンティン・メンショフ(ロシア)、セルゲイ・ボロノフ(ロシア)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、マックス・アーロン(アメリカ)、ジェレミー・アボット(アメリカ)、アダム・リッポン(アメリカ)

女子: ジジュン・リ(中国)、エレーネ・ゲデヴァニシビリ(グルジア)、ヴァレンティナ・マルケイ(イタリア)
浅田真央(日本)、鈴木明子(日本)、宮原知子(日本)、アリョーナ・レオノワ(ロシア)、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)、グレイシー・ゴールド(アメリカ)、ミライ・ナガス(アメリカ)


高橋、織田、浅田、鈴木という、今季で引退の可能性が高い日本選手4人がそろいましたね。男子は高橋選手か羽生選手かと言われていましたが、最後のNHK杯になるであろう高橋選手が選ばれました。
男子はここに、ソチのメダル候補に常に名前があがるようになったフェルナンデス、そしてアメリカ男子3人が……かなりハイレベルな戦いになりそうですね、ゴクリ。

女子のほうも負けず劣らず熾烈です。浅田、鈴木選手に、中国杯から2連戦となるジジュン選手、今季真央選手をおびやかしかねないラジオノワちゃん、期待のグレイシーに復活のミライちゃん。ラジオノワちゃんは、ジュニア女王からのシニアGPデビューで、オリンピックには年齢制限で出られないという、浅田選手のシニアデビューのときと同じ条件です。これはマスコミにも注目されちゃうんだろうなあ。


★エリック・ボンパール杯(TEB)

男子: パトリック・チャン(カナダ)、ナン・ソン(中国)、ハン・ヤン(中国)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、フローラン・アモディオ(フランス)、ロマン・ポンサール(フランス)、TBA(フランス)、羽生結弦(日本)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、ロス・マイナー(アメリカ)

女子: キーラ・コルピ(フィンランド)、レナエル・ギルロン・ゴリー(フランス)、マエ・ベレニス・メイテ(フランス)、イレタ・シレテ(フランス)、キム・ヨナ(韓国)、アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)、ビクトリア・ヘルゲソン(スウェーデン)、クリスティーナ・ガオ(アメリカ)、アシュリー・ワグナー(アメリカ)

男子はおもしろくなりそうですね! ソチのメダル候補に必ずあげられるパトリックと羽生選手に、羽生選手が自ら「ライバルになる」と語っていたハンヤンくんとジェイソン・ブラウンくん。この対戦がここで実現するとは! ジェイソンは個人的に大注目の選手なんですが、明るい優しい性格のくせに、氷上では結構がんがん攻めてくるという、今までおとなしめの選手が多かったアメリカ男子では珍しいタイプ。今季アクセルをマスターしたのに続いて、今はクワドを練習しているとか。もちろんブレジナ、アモディオ、ロスくんもいますし、ちょっと展開の予想がつかない試合になりそう!?

女子はかなり熾烈そうですね。キム・ヨナの独走を許すのか、キーラ、アデリナ、アシュリーがヨナの金メダルをはばむのか…。シニアデビューのアンナ・ポゴリラヤにも注目です!


★ロステレコム杯

男子: ケビン・レイノルズ(カナダ)、ブライアン・ジュベール(フランス)、ピーター・リーバース(ドイツ)、町田樹(日本)、マキシム・コフタン(ロシア)、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、TBA(ロシア)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、リチャード・ドーンブッシュ(アメリカ)、ジョシュア・ファリス(アメリカ)

女子: ケイトリン・オズモンド(カナダ)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、井遥(日本)、宮原知子(日本)、村上佳菜子(日本)、ユリア・リプニツカヤ(ロシア)、エリザベータ・タクタミシェワ(ロシア)、TBA(ロシア)、ミライ・ナガス(アメリカ)、アグネス・ザワツキー(アメリカ)

GPファイナルに近いロステレは、ファイナルを目指す選手には体力的に負担になるかも…という心配がありますが、ここにケビンもフェルナンデスも入ってきましたね! そして皇帝プルシェンコが満を持して登場。ジュベールがTEBに出ないのは久しぶりじゃないでしょうか? 町田選手にもぜひがんばってほしいです!

女子は…今井選手が1枠もらえたんですねぇ、よかった(;_;) 宮原選手はNHKに続いて2戦目。コストナー、タクタミちゃんなど強い選手がいっぱいですが、フレッシュな魅力を見せつけてほしいです!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第1戦のスケートアメリカが10月18日から。来季はソチを見据えて、ピーキングは早すぎないほうがいいよ、なんて思っていたんですが、この顔ぶれを見るとそんなこと言ってられない気も...(^_^;) 楽しみすぎます!!!
 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2013-14シーズン | 13:00 | comments(24) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/2PAGES |