今さらですが…ジャパン・オープン男子感想
すっかり出遅れてしまいました。せっかくここへ来てくださった方には、ろくに更新もできていなくて申し訳ありません。新情報をタイムリーに追うのは私には無理なんですぅー(;_;)

というわけで、遅ればせながらジャパン・オープン2012です!!



いやあ、いろいろ見どころ十分で、しかもわが日本チームが勝利して、ほんとに楽しい大会でした。ラッキーなことに私、会場で観戦することができましたので、今回は男子について、ちょこっと感想を書いてみたいと思います。では、みなさんとっくにご存知でしょうけど、まずは結果から。

優勝 日本チーム  2位 北米チーム   3位 ヨーロッパチーム




JOプロトコル →男子

さっそく動画をあげてくださっている方がいらっしゃるので(動画主さま、本当にありがとうございますm(__)m)、1位からいってみようと思います。

男子1位 高橋大輔(日本)




シェイ=リーン・ボーン振付「道化師」。フレンズが終わってから振付したとは思えないほどの完成度! ジャンプも好調そうで、シーズン序盤なのに半端じゃない仕上がり具合……ではあるんですが、正直に書いてもいいですか?
「も、物足りない!!」(気を悪くされた方がいたらごめんなさい!変な悪意とかはみじんもありませんので、念のため)
いえ、ふつうにすばらしいプログラムだとは思うんですよ。昨季のエロさ爆発のブルースとは路線も表現も違うこともわかっています。でも、特に後半の3Sあたりからコリオシークエンス〜ラストにかけて、曲が一番盛り上がっていく部分で、「もっと圧倒して!もっと泣かせて!」と思ってしまうのは、大輔さんへの期待値が高くなりすぎちゃってるからでしょうか? うー。
でも、ふつうの選手なら100%に近い完成度かもしれませんが、大輔さんにとってはまだまだ3、4割なんじゃないかな、という気がしています。今後、進化、深化して、過剰なほど情感あふれるプロにしてくれるんではないか、勝手にものすごく期待しています!
衣装については、最初に見たときはもろにモロゾフ路線なので度胆を抜かれましたが、スタイリッシュさをそこなわずなおかつ道化師っぽくて、演技が始まってみるとすごくいいと思いました!


男子2位 小塚崇彦(日本)




マリナ・ズエワ振付サン・サーンスの「ロンド・カプリチオーゾ」。なんと前日夕方まで曲が判明しなかったという謎のプロでしたが……おお、これはいいですね! はい、何より聞いていて、見ていて、とっても気持ちのいいプログラムだと思います。
続きを読む >>
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 07:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
行ってきました! ジェフリー・バトル ファン感謝トークイベント!
昨日7月26日、東京青山のカナダ大使館でおこなわれた「ジェフリー・バトル ファン感謝トークイベント」。
これはテレビ東京オンラインまたはe+で、メダル・ウィナーズ・オープン(MWO)もしくはジャパン・オープン(JO)もしくはカーニバル・オン・アイス(CaOI)のチケットを買った人のうち、抽選で200名を無料でご招待!というもので、なんとなんと、わたくし抽選に当選していたのです。
で、昨日行ってまいりました! せっかくなのでレポを書いてみようと思います。なお、撮影は禁止だったため、残念ながら写真はありません…。
********************************************

昨日は東京都心で最高気温35.4度を記録して、午後6時をすぎてもまだ蒸し風呂のような暑さ。青山のカナダ大使館に到着すると、この暑さの中スーツを着た大使館職員が、リスト片手に出迎えてくれます。外階段ならぬ外エスカレーターで2階のラウンジへ。そこからエレベーターで地下2階におりたところに、今回の会場「オスカー・ピーターソン・シアター」はありました。

プレゼント抽選券とともに一人一人に渡されたのは通訳機。なんと英語と日本語の同時通訳が入るみたいです。1時間の制限時眼内にできるだけたくさんお話できるように、という配慮とのこと。すばらしいです!

会場に入ると、ステージの大型スクリーンでは、過去のJOでのジェフの演技が映し出されています。お客さんの大半はもちろん女性ですが、男性も5、6人ぐらいいたかな。最前列には浴衣姿の女性たちも。
さてさて、午後7時開演。司会はテレビ東京の小島アナと塩田アナ。

まずはカナダ大使館参事官のローリー・ピーターズさんという女性があいさつ。赤いチェックのワンピに真っ赤なジャケット。やはりカナダカラーは赤ですもんねぇ。
「私は今日疲れています。なぜなら今朝、早起きしたから。しかも…カナダが日本に負けちゃって!」と、女子サッカーのネタで会場を笑わせます。スケートは、ホッケーも含め、カナダではだれもがなじんでいる身近なものだそう。ブライアン・オーサー、カート・ブラウニング、エルビス・ストイコらと並ぶ、「カナダが誇るスケーター、トリノ五輪銅メダリストのジェフリー・バトルさんです!」と紹介されて、7時10分ごろ、とうとうきましたよ!

ステージそでから、ジェフご本人が登場。会場はいっせいに「きゃーっ!!」 黒い細身のジャケットの下にシルバーのドクロ柄入り白Tシャツ。黒いパンツ。足元は素足(!)に黒モカシン。

顏ちっちゃい! リンクでは体が大きく、たくましく見えますが、意外と小柄で華奢な感じです。そして…うわわっ、ほんもののジェフスマイル! そして、小島アナが「この暑いのにジェフさん、全然汗かいてないんですよ!」と言うとおり、ほんと汗なんて生まれて一滴もかいたことないんじゃないかと思うほど、さわやか〜。もうお客さん全員デッレデレになったところで、アナとのやりとり開始です。

ここで私はあることに気づきました。通訳機で通訳さんの声を聴いていると、ジェフの声が聞こえない! それはもったいなさすぎる! ということで、通訳機は使わず、自分で聞き取ってみることに。聞き取りは苦手なんですが、こうなったらがんばるしかありません。
なお、ジェフの英語はたぶんとてもわかりやすい、きれいな英語だと思います。ただ、ナチュラルスピードなので、ところどころ追いついていない部分も…。以下は聞き取れた範囲、メモをとれた範囲でのレポになります。どうかご了承ください<(_ _)>

まずはMWOについて。「これはアイスショーの競技版といった感じで、まるで僕のためのイベントみたいだよ。クリエイティブでいながら、試合として競い合うんだもんね。僕は新しいプログラムを披露する予定。みんなと競うのも、採点されるのも楽しみだよ。」

「すごいメンバーですよね」と言われて(*現在決まっている出場選手はヤグディン、クーリック、キャンデロロ、ブラウニング)、「そうだね、特にカートは僕のヒーローだから、彼と競うのはちょっと変な(weird)感じだけど、めったいにない機会だからね! 音楽はもう決めてるんだけど、振付はまだこれからなんだ。あと3か月しかないけど、振付は早いほうだから大丈夫さ。すごくユニークな大会だから、楽しみにしてるよ。」

JOについて。「去年は北米が初優勝しましたね」とふられて、「最後の最後までわからなかったよね! JOはチームとして戦える貴重な機会。もちろん北米チームとして連覇をねらうけど、日本チームも強いからね! 今まで一緒に出たことがなかったアシュリーはとても強いし、初めて会うグレーシーも若いけど才能ある選手。リーダーとしてみんなと話をして盛り上げていきたいけど、みんなすばらしい選手ばかりだから(*北米チームはほかにパトリック・チャン)準備という点では心配してない。とにかく楽しみたいと思っているよ!」

ここで、スクリーンでカナダの宣伝ビデオを上映。美しいカナダの大自然と文化を四季を追って紹介するビデオなんですが、これが長い! 10〜15分ぐらいあったでしょうか。開演前に見せてくれてもよかったのになあ、貴重な1時間なのに…。
でも、オタワのリドー運河の映像は印象的でした。冬には運河が凍結して、世界最長の天然スケートリンクになるそうです。世界遺産に登録され、ギネスブックにも載っているとか。こんなところで滑ってみたら気持ちいいだろうなあ。


ビデオが終わり、再びジェフ。カナダについて。「とても素敵な国だよ。ふつうの国10個ぶんくらい、バラエティ豊かなものや風景があって。」
「一番好きな場所は?」と聞かれて、
やっぱりリドー運河だな。オタワで試合があったとき、スケート靴をはいたまま運河を滑って、ホテルまで戻ったんだ。試合が終わったあとだから、気持ちよかったよ。」
「来年世界選手権が開催されるロンドンはどんなところ?」と聞かれて、「イギリスのロンドンとは全然違うんだけど(笑)、子供のころ住んでいたことがあって大好きな場所だよ。テッサ(・バーチュー)とスコット(・モイヤ)もここの出身なんだ。」

さて、ここからはお客さんからの質問コーナー。すぐさま手を上げる方多数。英語で質問される方もいて、内容もかなりマニアック。日本のフィギュアファンの情熱と知識、ほんとすごいです。
続きを読む >>
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 12:22 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
DOI 2012 動画
ドリーム・オン・アイス2012が地上波(関東エリア)、CS、BSで放送されましたね。なんとCSではフルバージョン、BSでもほぼフルで放送されるというグッジョブぶり。フジテレビさん、ありがとう❤
で、さっそく動画をアップしてくださっている方々が。みなさん、本当にありがとうございます。今の時点であがっているものをまとめてみました。(今後見つけ次第追加していきたいと思います)

オープニングその1


オープニングその2


宇野昌磨 Bad Boy Good Man(EX)


田中刑事 Afro Freak(SP) 

続きを読む >>
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 14:18 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
遅ればせながら…DOI観戦記
ドリーム・オン・アイス2012、二日目の6月16日(土)昼公演、行ってきました!
すぐに観戦レポを…と思ったのですが、なかなか取りかかれず。いざ書いてみようとすると、もはやうろ覚えなところも…ヾ(゚□゚;)ノ やっぱりメモとりながら観ないとだめですね、反省。
なので、すみませんが個人的に印象深かった演技についてだけ書いてみようと思います。ジャンプなどの要素の記憶もあいまいなので、あまり触れられていません。あくまで私の主観です。見る方によって、また公演によって印象は違うと思いますので、どうかそのへんはおゆるしを…。


村上大介選手のInstagramより。日本男子+パトリック大集合〜!


カロリーナとあっこちゃんも〜。ダイスくん、ありがとうございます!


宇野昌磨 (Bad Boy Good Man)

曲はハイテンポのスイングっていうんでしょうか、こちらです。場内アナウンスによると、「ちょっと悪い男の子を演じます」とのこと。キレのあるステップに、しょうまくん名物のクリムキン・イーグル。お客さんにも笑顔でアピール。オープニングのあとのトップバッターなので緊張すると思うのですが、すでに貫録さえ感じさせる余裕のエンターテナーぶりでした。気になる身長は…正直よくわからず。やっぱりちっちゃかったけれど、体型的に去年よりシュッとした縦長な感じになっていたので、少し伸びたのかな?

田中刑事 (Afro Freak)

新しいSPだそうです。曲は、鹿児島の枕崎を拠点に活動しているARTSというスカバンドの「Afro Freak」→youtube。スカってフィギュアでは珍しいんじゃないでしょうか?このハイテンポな「スチャスチャスチャスチャ」にのって、刑事くんが躍る踊る!つなぎもステップも、とにかく踊りまくり!
白シャツに黒パンツ&サッシュベルト、首まわりには黒い蝶ネクタイを外した状態っていうんでしょうか、2本ぶら下がった状態です。このダンディーな衣装で、お客さんに目線くれまくり。私の席はちょうど試合でいえばジャッジ席あたりだったんですが、かなりジャッジキラーな目線なんじゃないでしょうかっ!? 高校生にこう言うのもなんですが、とにかく「セクシー」としか言えないんじゃかと…><
ただし、かなり体力を消耗するらしく、最後のスピンはヨロヨロ…。これでジャンプとスピンがきっちり入ったらかなり盛り上がるプロになりそうですが、とにかく大変そうだーっ!がんばってほしいです!
続きを読む >>
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 12:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/2PAGES |