2月6〜7日のジュンファンくん

ええと、一応ファンブログじゃなくてスケートブログなんですけどね(;'∀') すっかり「ジュンファンだけを逐一チェックするブログ」になっちゃってますがアセアセ

 

というわけで今日も追っかけます。ジュンファンくんの2018平昌五輪〜Docomo_hart

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

2月6日、夕方の公式練習に参加

 

練習映像が見れるのありがたい〜。オーサー「ちょっとしたfluで5日間氷を離れていたけどもう治りつつあるところ。猛練習してきてコンディションはいいですよ」…ははは、flu(;'∀')

 

 

6日午前の練習ではジャンプを抜いていたジュンファンくんですが、夕方の練習では4回転まで跳んだそう。午前と同じく、同組の選手がだれも現れなかったため、このときも練習リンクを貸し切り状態だったようす。

風邪も治らないのに、なぜこんなに熱心に練習しているのかというと、ジュンファンくんの強い気持ちがあったようです。

 

「病気でも今がんばって滑らなくては、と思いました」

覚悟は強かった。苦労して獲得した五輪出場権だけに、後悔のない試合をすると誓った。

カナダでひいた風邪のため、「韓国に来る飛行機の中では体が痛くてなかなか眠れませんでした」

いつもは病気のときも練習するが、今回は重要な五輪なのでつとめて休息をとった。

「早く体調を戻すのが今一番重要です。団体戦は体力的に負担になるかもしれませんが、自分の状態をチェックするチャンスにもなると思います。団体戦を通して改善点を直していきます。」

これからは全神経を試合に集中させるつもりだ。オーサーコーチも同じ考えだという。

「今後は試合が終わるまではインタビューは少し難しくなると思います」と(記者に)理解を求めた。

「順位も大切ですが、オリンピックという舞台でノーミス演技をすることが目標。それができれば自分は満足です」とほほ笑んだ。(記事)

 

5日夜に選手登録だけして、選手村には宿泊せず近くのホテルに泊まったのは「まだ風邪が治っておらず他の選手にうつすかもしれないから」とのこと。

また、極寒が予想される9日の開会式に出席するかどうかも不明。

「開会式に出席するかどうかはまだわかりません。その日おこなわれる団体戦SPが終わってから体調をみる必要があると思います」(記事)

 

…ふだんはちょっとした病気やケガでも練習してるんですね>< スケーター、っていうかアスリートって多かれ少なかれみんなそうなんでしょうね。ハードだ。

オーサーはメディアに対し、この6日夜の取材を最後にしばらくジュンファンの取材を控えてもらうよう、メディアに要請したそうです。さすがのメディアコントロール術ですね!

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

2月7日、ショートトラック練習中に会場でジョギング

 

そんなオーサーのメディアコントロールもむなしく、ひとりでジョギングしているところを記者たちにキャッチされてしまったもよう(;'∀')

 

 

 

韓国ショートトラック代表チームの練習が行われた7日の江陵アイスアリーナ。ヘッドフォンに帽子にマスク姿、携帯電話を手に、通路をジョギングをする選手がいた。「フィギュア王子」のチャ・ジュンファンだ。彼はマスクをとって取材陣にあいさつした。

体調をたずねると「非常によくなりました」と笑った。それでも「まだ完全に風邪が治っていないので昨日もホテルで寝ました」(記事)

 

オーサー不在の間につかまっちゃいましたか…orz そんなときでもメディアに丁寧に対応するところ、好感度高いですき

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

オーサー、韓国選手団の入村式に参加

 

一方そのころ、当のオーサーは韓国の選手村入村式に参加して、ボランティアの女子たちにモテモテだったらしいw

 

 

オーサーコーチは7日、江陵選手村で開かれた韓国選手団の入村式に参加した。インタビューに答え、「ジュンファンはメダル候補ではない。トップ12位以内が現実的な展望だ。それでも初出場の若手選手としては立派な成績だ」と話した。

ジュンファンがメダルに挑戦できるのは2022年北京五輪になるだろうとし、「彼はまだもっている才能を十分に開花させていない。だから今回の平昌五輪がとても重要な機会になるだろう」記事

 

また、この記事で、教え子たちの国の中で韓国のADカードを受けた理由について、

「団体戦に出るチャジュンファンが最初に始動するので、まずジュンファンと一緒にいるために、教え子たちの5つの国の中で韓国を選択した」

と話したんだそう。

まあ、メダル争いにからむ羽生くんとハビのうちどちらかの国を選ぶより、ジュンファンの国であり開催国である韓国を選ぶのが無難な選択、ということもあったのかなあという気もします。

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

ジュンファン、ネイサンとアダムと同組でメインリンクで初練習

 

 

 

 

夕方の公式練習で試合がおこなわれるメインリンクでの初練習に、ネイサンとアダムと同じ組でのぞんだジュンファンくん。

特に今大会の主役のひとり、ネイサンがクワドを跳びまくるそばで、クワド抜きでフリーを滑ったそう。(ジャッキーさんのジャンプレポ

五輪マークや五輪ロゴがついたリンク…胸アツですね。ネイサンやアダムと滑ったのもいい刺激になったかな。

ちなみに、やはりオーサーの指示に従って当分取材は自粛、ということでインタビューはなしでした。

 

 

 

今夜のニュース動画がさっそくアップされていました。ネイサンとジュンファンの練習が少し見れます。

ネイサン、ジュンファンのことを聞かれて、「僕も五輪は初出場だから、二人とも同じ立場ですね。彼はとても才能ある選手。幸運を祈っています」と非の打ち所のないコメント。すばらしい〜。

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

ところで、じつはジュンファンくんは風邪のため、まだ選手村の部屋に入れていないんだそうです。

 

マネジメント関係者によると、ジュンファンはまだ選手村で1泊もしておらず、前もって取っていた近くの宿泊施設に両親と一緒に寝泊まりしている。ほかの選手たちに風邪をうつすといけないので、大韓氷上競技連盟の許可を得てしばらく外泊生活をすることになった。宿泊施設から選手村まではバスを使っており、バス亭までの行き来は歩かなくてはならない。

完治するのを待って、団体戦のある9日までには入村できるだろう、とのこと。(記事)

 

…ううう、やっぱりそうだったのね。いろいろと困難があるけれど、ひとつひとつ乗り越えていってほしいです。

早いとこ風邪菌が去ってくれますように。そして明後日の本番にいい状態でのぞめますように! ファイティン!き

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2月5〜6日のジュンファンくん

ジュンファンくんとオーサーの江陵入り以来、記事とお写真がそれこそ怒涛のように出続けていて、あらためて韓国のメディアのすごさにおののいているんですが(;'∀')

 

とりあえず丁寧に追っていく余裕がないので、次々と時系列で片付けていこうと思います。あー時間がない><(って誰に頼まれたわけでもないんですけどね(;'∀')

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

ジュンファンくん、美容院へ

 

2月5日の午後、風邪の治療で病院に行った後、だったのかな。ソウル市内の美容院で髪を切ったもよう(美容院のブログ

…って、どうなんですかねこの髪型? 気になる前髪は長いまんまだし、ますます昭和っぽさが増してるような気がするんですけど^^;

ま、しかし整えてもらったことはよしとしましょう。かわいいし←

 

 

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

5日深夜に江陵到着

 

江陵に着いて、レセプションで選手登録を済ませる前に記者の前に現れたのが夜10時半。

ゆうべは江陵あたりは今季一番の冷え込みで、なんでも最低気温が零下20℃ぐらいだったらしいんですが、風邪っぴきだというのに笑顔でメディア対応。

その夜は選手村近くのホテルにご家族と泊まったらしいです。

 

5日午後10時30分ごろ江陵選手村を訪れた。この日は個人の事情でADカードのみ受け取り、選手村の外で過ごす。6日午前に入村し、練習に出る予定。『風邪が少し残っているが帰国時よりよくなった。体力が心配だが何度も試合することが助けになる。肯定的に考えて準備したい』と笑った。記事

 

この動画見るとまだ顔がむくんでいるし鼻声ですが…表情は元気そうですね!

 

 


黒いダウンコートはNorth Faceだったんですね。しかし、なんかどこのモデルって感じじゃないですか?

 

こっちは寒そうなオーサー^^

 

四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー

 

6日、選手村に入村。初の公式練習に。

 

選手村にはこの日から入るということで、朝、入村。

その後、練習リンクで午前10時半から予定されていた団体戦の練習に初参加!

ネイサンやアダムと同組だったらしいですが、まだ到着していないため、リンクにはジュンファンくん1人だけだったそう。曲かけはフリーの「イル・ポスティーノ」だったそうです。

 

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 14:54 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ジュンファンくんいよいよ平昌!トロントから帰国〜6日に練習開始へ【追記】

1月12日からトロントで平昌五輪にむけての最終調整をおこなっていたジュンファンくん。

いよいよ母国での初五輪にのぞむために、2月3日午後、韓国・仁川空港に降り立ちました!

おかえりなさい〜♪

笑顔で空港インタビューに応じていましたが、じつはちょっと風邪気味らしく、鼻声ですね…。

 

 

 

★空港インタの一問一答記事がいくつか出ていましたので、この記事とこの記事から抜粋してみます。

例によって自動翻訳なので間違いがありましたらごめんなさいです(いい加減ハングル勉強したい…)

 

 

チャ・ジュンファン一問一答

「オーバーペースで疲労…プログラムの難易度は現状維持」

 

チャジュンファンは3日、仁川国際空港から入国し、「過去3週間の間にベストをつくして練習してきました」と覚悟を見せた。
「オリンピックがあまりにも大きな舞台なので、オーバーペースだったようで、練習の終盤に疲れが出てしまいました」と打ち明けたが、それでも「オリンピックをひかえて胸がドキドキしています」と笑顔を浮かべた。

 

-風邪にかかったそうだが、コンディションは。
▶3次選抜が終わってから、ここまで3週間ありました。ところが、最後にオーバーペースをしてしまったようで、少し疲れが出ました。平昌五輪は大きな舞台、夢の舞台です。ここまでのシーズンの中でも、もっとも最善をつくし、熱心に練習をしました。

-体の状態はどうか。
▶怪我をかかえたまま練習をしていました。今の状況で怪我を完治させる方法はありませんでした。今季が終わったら治療を受けなくてはならないと思います。


- 3次選抜と比較してコンディションは良くなったか。
▶3次選抜よりは少し良くなったと思います。五輪はもう来週開幕なので全力をつくします。

-4回転ジャンプがカギとなるが。

▶構成については悩みました。他の(4S以外の)クワドも練習しましたが、オーサーコーチなどとよく相談した結果、3次選抜の時と同じ構成でいくことにしました。自分にできる構成でノーミスの演技をするのが目標です。【3次ではSPはクワドなし、フリーは4S1本でしたね】

-4Sの調子は。
▶今季、怪我していた時期は成功率が落ちていました。まだ体調に応じて異なりますが、現在は良くなっています。

 

-ライバルと考えている選手がいるか。

▶男子シングルの出場選手の中で、私が最年少です。他の選手を気にするよりも自分のプログラムに集中したいです。だれもが私よりもいい演技をするんだというつもりで、自分は自分にできる最善をつくしたいです。

 

-カナダに行く前は最大限の構成に引き上げる可能性も口にしていたが。

▶3次選抜後、練習できる期間が長くはありませんでした。無理をするよりも、安定した構成で、よりよい演技を見せることができるよう表現力にも気をつかいました。

 

-団体戦と男子シングルで、最大4回試合に出ることになるが。 
▶体力的には難しいですが、それもまた経験になると考えています。 毎試合全力をつくして楽しみたいです。

 

-五輪をひかえて覚悟は。
▶夢の舞台に出場することになりました。プレッシャーもあるし緊張もするでしょうが、それをできる限り振り払って、今まで練習してきたとおりに、いい演技をお見せしたいです。


-オーサーコーチはなんと。
▶特別な言葉よりも、いつもかけてくれる言葉をかけてくれました。「君は準備ができている」と言ってくれました。

-順位の目標はあるか。
▶今までランクやスコアを考えながら練習したことはありません。技術的な要素やスピンなどに気をつかってきました。 

-今の気持ちは。
▶五輪をひかえて胸がドキドキする気持ちです。

 

 

 

 

 

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 01:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ジュンファンくん平昌五輪決定おめでとう!(遅)(そして長いです…)

遅ればせーー><ですが、やっとまとまった時間がとれたので……

 

ジュンファンくん、平昌オリンピック出場決定おめでとう!!!!! おめでとうおめでとう

 

 

2011年、9歳で出演した「キムヨナのキス&クライ」(芸能人がペアを組んでスケート演技を競うバラエティ)では、落選して我慢していた涙があふれ、泣きじゃくったチャ・ジュンファンくん。

東方神起のユノ氏に「なんで泣く? おまえは世界にはばたくんだぞ。おまえは永遠のライバルだ。 俺の心のなかで永遠のライバルだよ」と慰められたあの日から7年。

テレビ界から姿を消し、スケーターとして鍛錬を積み重ねて、その言葉どおり世界にはばたく日がやってきました。

 

四葉のクローバー   クローバー   四葉のクローバー   クローバー   四葉のクローバー

 

五輪選抜の最終戦となった韓国ナショナルでは、奇跡みたいな大逆転劇で五輪チケットをつかんだジュンファン。今季ここまでの過程をちょっとまとめておきたいと思います。

(10月以降まったく記事をアップできていなかったので…アセアセ

 

韓国の五輪選考は7月、12月、そして今回のナショナルという3回の選抜戦の合計得点で争われました。

 

7月の1次選抜

実力どおりなら圧倒的に首位に立つだろうと思われていました。ところが、昨シーズンからの股関節のケガを悪化させてしまい、さらにスケート靴がなかなか合わず(ナショナルでは今季13足目の靴がようやく合ったそうです泣)右足首に炎症まで。結果、イ・ジュンヒョンくん、キム・ジンソくんに続く3位。

ネーベルホルン杯にはこの1次選抜の優勝者が出場。韓国男子の五輪1枠は、ジュンヒョンくんのがんばりでようやく確保されました。

 

ケガが癒えるひまもなく10月のスケカナ

SPを「What a Wonderful World」から「ジプシーダンス」にかえてシニアGPSデビューにのぞみましたが、オーサーコーチが緊急手術で帯同できなかった影響もあったでしょうか? 回転不足をとられまくり、PCSも世界ジュニアのときよりかなり低く、結果は9位。

(このとき、SPでワールドのミニマムが取れなかったんですよね。もしもSPのクワドがDGではなくURだったら取れていた可能性大。スケカナめ…)

 

続くスケアメは、選抜戦の第2戦の日程が近かったため、やむなく欠場

(スケアメの判定はかなりゆるかったので、ここならミニマムを取れていたかもしれません…くどいようですがスケカナめアセアセ

 

しかし、12月の2次選抜でもジュンヒョンくんに次ぐ2位。(ジンソくんは怪我のため2戦目で不調に終わり、事実上レースから脱落してしまいます)

この時点で2戦の合計点はジュンヒョンくんが459.12、ジュンファンは431.58。その差27.54点。

実力ではジュンファンのほうが上とはいえ、ケガが完治しておらず、ここまで好調のジュンヒョンくんを最終戦で抜くのはかなりむずかしいと思われました。

このあたりから、ジュンファン一辺倒だった韓国メディアも、ようやくジュンヒョンくんを五輪候補としてとりあげるようになります。

 

そして、3次選抜を兼ねた1月の韓国ナショナル

オーサーが動きました。フリーを「惑星」からジュニア時代に滑り慣れていた、かつ高PCSをもらっていた「イル・ポスティーノ」に変え、クワドをSPから抜き、フリーでは4Tをやめて4S1本に絞りました。そして、少し早めに韓国入りし、非公式練習からじっくりジュンファンに付き添っていました。

 

 

練習リンクでのフリー練習の様子です。なんとオーサーが氷上に立って、スピンやステップに至るまでつきっきりで指導しながら曲かけをしています。

力の入れ方がすごい…と同時に、これ、周囲の選手にプレッシャーをかける狙いもあったのかなという気もします。なんたってオーサーがリンクにいるんですもん、圧迫感半端ないですよ。もちろんリンクにはジュンヒョンくんもいます…。

 

SPでは、クワドを抜いた作戦が功を奏してノーミス、韓国男子最高点となる84.05。一方のジュンヒョンくんは76.80。この時点で27.54あった点差は20.29まで縮まりました。

でも、ジュンヒョンくんは前大会まで好調をキープしていたし、よほど何か起こらないとひっくり返せる点差ではないですよね。ところが、その「何か」が起こったのです。

 

 

続きを読む >>
カテゴリ:チャ・ジュンファン | 05:41 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
ジョシュア、基金を設立。あの笑顔が戻ってきました…

昨日記事を上げましたが、3日前に自身の治療費のためのファンドレイジングを公表したばかりのジョシュアが、なんとメディアに出てきてくれました。

たまに仲間のスケーターのSNSにチラ映りするのを見かける(それも最近はほとんどなくなっていた…)以外、動いているジョシュアを見るのは何か月ぶりでしょうか。

それも……笑顔です! 右目も右半身もちゃんと動いてる! 神様ありがとう!!!!(号泣)涙涙

 

あのファンドレイジングには瞬く間に目標額の2倍を超える募金が集まっていますが、その余剰金で、なんと自分と同じ症状で苦しむ人たちを手助けする基金を設立するんだそうです。

まだ自分自身が後遺症で苦しんでいて、治療費をかせぐこともままならない状態なのに、いったいなんという人なんでしょう――(号泣)涙涙涙涙

 

ジョシュアはコロラド州コロラド・スプリングスに暮らしていますが、この地域の地方テレビ局KRDO.comのニュースです(下の画像をクリックすると動画つきの元ページに飛べます)

ジョシュアのお母さまも登場して、これまでと現在の様子を少しだけ語ってくれています。

 

Local figure skater brings awareness to traumatic brain injury

 

Local figure skater brings awareness to traumatic brain injury

「地元のフィギュアスケーター、外傷性脳損傷のことを知ってほしい」

 

コロラド・スプリングスに住む元フィギュアスケーターが、脳震盪に3度見舞われた経験から、外傷性脳損傷(TBI)のことを知ってほしいと訴えています。彼は「KRDO NewsChannel 13」のシンシア・マルドナド記者の取材に、自身の経験を語ってくれました。

 

ジョシュ・ファリスは世界を舞台に活躍する選手でした。けれども、脳震盪の深刻さへの理解が足りなかったせいで、大舞台に挑戦するチャンスを失ってしまったのだと、彼は打ち明けました。今彼は、ケガの後遺症で苦しむほかのアスリートたちの手助けになれれば、と願っています。

 

ジョシュは16年をかけてフィギュアスケートを習得しました。

「演技がスタートする前に自分の名前がコールされるときには、ものすごく緊張してお腹の中でチョウチョが飛ぶんですよ(緊張をあらわす決まり文句)。で、”よし、緊張はしてるけど、自分にはできる”って思うんです」

 

ところが、技を磨こうと励んでいたとき、今年開催されるオリンピックに挑戦するチャンスを失ってしまったのです。

「4回転ジャンプの練習をしていたときでした。空中から降りてきて、足とは全然違うところで降りてしまいました。ひじから氷にモロに落ちてしまい、首がガクンとうしろにはねたんです」

それが最初の脳震盪をひきおこしました。

 

けれどもその後、自分で認めるように、彼はリンクに戻るのが早すぎたのです。もう大丈夫だと思い、「続く2週間のうちに、さらに2回の脳震盪をやってしまった」のです。

「第6と第7頸椎のヘルニアになり、目も損傷しました」

彼は今、外傷性脳損傷の症状に苦しんでいます。

「眠れない、鬱、不安、複視(ものが二重に見える視覚異常)、過剰刺激(感覚器官に強い刺激を受けて損傷や異常反応が出ること)、自我の喪失…すべて脳の損傷のせいなんです」


母親のエリン・ファリスは息子の苦しむ姿を目の当たりにしてきました。

「息子は本当にどん底まで落ち込みました。あまりにも鬱がひどく、生きようという意欲をもてない時期もあったんです」

 

「脳震盪は静かに広がる病気なんです。多くの人がひそかに苦しんでいます」

もともとは彼の治療費を募るためにゴーファンドミーのアカウントが立ち上げられたが、ジョシュは今、その余剰金を使って地域に貢献したいと考えています。

「ジョシュの名前を使って、TBIや脳震盪の被害者のための基金を設立しようとしています」(エリンさん)

ジョシュとエリンさんは、この基金が彼と同じ症状に苦しむ人がそれを乗り越える手助けになればと願っている。

 

ジョシュの基金にクリックで募金をお願いします。

 

 

 

 

 

自分の演技を見て笑ってる……(´;ω;`)

映像は、銀メダルに輝いた2015年ソウル四大陸のSP「Give Me Love」。このシーズン一気に飛躍をとげ、ここから平昌五輪めざして羽ばたいていこうという矢先だったのですよね、脳震盪は……。

右目の状態が心配だったけれど、以前と変わらぬきれいな目をしてますね。

 

「元フィギュアスケーター」という紹介に、やっぱりな、という思いですけど、それでも少し安心しました。

でも、今もさまざまな後遺症が出ているんですね。医師に完治したと言われたときには症状は消えていたんでしょうから、その後予想外に再発したのか、新たなに怪我をしてしまったのかはわかりません。

やっと決断した現役復帰への扉が、再び閉ざされてしまったショック――生きる意欲を失ってしまったほどの(涙)――も関係しているのかもしれません。その辺のことは他人にはわかりませんが、本当に本当につらかっただろうなと思います。そばについていらしたお母さまも。

 

ファンドレイジングは「ジョシュアの基金」としてこれからも存続するんですね。私もお小遣い程度ですが、今後もぼちぼち寄付を続けていこうかなと思っています。

ジョシュアの善意が届きますように。そして彼の治療がうまくいって、大学にしろ、振付師にしろ、あるいはまったく違う道であるにしろ、彼の願いがかないますように!

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:ジョシュア・ファリス | 18:29 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
ジョシュア・ファリス 治療のための基金(23歳の誕生日おめでとう…)

一昨日の1月7日の朝、アメリカでは1月6日、ジョシュアから約11か月ぶりのつぶやきがありました。

 

 

この日はジョシュアの23回目の誕生日でした。おそらく勇気をふりしぼってつぶやいてくれたのは、彼の治療費を募るファンドレイジングへのリンクだけでした。

 

 

Josh's Eye and Brain Therapy Fund

「ジョシュの目と脳の治療のための基金」

 

 

およそ2年半前、ジョシュア・ファリスは4回転ジャンプの練習中に脳震盪を起こしました。ジョシュは今年のオリンピック出場を目指していたフィギュアスケーターでした。その練習の日は、彼の人生を永遠に変えてしまいました。

 

何度も検査を受けながら、4か月間を暗闇の中で過ごしたジョシュは、ラスベカスにあるクリーブランド脳クリニックを訪れ、 第6脳神経損傷との診断を受けました。そこからさらに18か月間の治療期間を経て、医師たちはジョシュにスケートに戻ってよいとの判断を出しました。ところが、ことはうまくいきませんでした。再び医師のもとを訪れたとき、彼の右目に損傷があることが明らかになったのです。この右目の障害を補おうとして、第6と第7頸椎の間の椎間板ヘルニアも引き起こしていました。

 

ジョシュは右半身と右目を使うために脳を再トレーニングする必要があり、このために目と脳の特別な治療を受けなくてはなりません。この検査と治療には4300ドルの費用がかかります。ジョシュは脳の損傷のため1日に2時間以上働くことができない上、この治療には保険が適用されません。

ジョシュがこの必要不可欠な治療を受けられるよう、どうか今日、手助けしてくださることをご考慮ください。

 


四葉のクローバー  四葉のクローバー  四葉のクローバー  四葉のクローバー  四葉のクローバー

 

医学の知識はまったくありませんが、できるだけ正確に訳したつもりです。

脳震盪によりいったん現役引退をアナウンスした後、医師のゴーサインが出て、復帰にむけて練習を再開したのが昨年暮れから今年初め。2月にはアレン・コーチが「彼が初めてクワドを跳んだよ!」とインスタをアップしてくれました。今年の春ごろにはチャリティショーで以前と変わらぬスケートと笑顔を見せてくれていました。

ところが、突然ショーの欠場が決まり、そこから長い長い沈黙が始まりした。エントリーしていたNHK杯も、どこからもアナウンスされることなく、ただエントリー表から名前が消えてしまいました。たまに仲間のスケーターが上げてくれていた彼の写真や動画も、ほとんど上がらなくなってしまいました。

その間に……こんなことになっていたのですね。右目の損傷の程度はわかりませんが、補おうとしてヘルニアを発症するほどですから、軽いものではないのかもしれません。さらに、右目だけでなく右半身にも機能低下の恐れがある模様…。

そして、五輪シーズンもいよいよ大詰め、オリンピアンを決める全米選手権が盛り上がりを見せる中、彼は自分の治療費を求めるファンドレイジングを23歳の誕生日に公表したのです。

 

最初のほうの一文、

  「ジョシュは今年のオリンピック出場を目指していたフィギュアスケーターでした」

   Josh was a figure skater with his sight set on this year's Olympic Games.

過去形、ですね……。

 

現役復帰が発表されたときには、本当に本当にうれしかった。それでも全米の地区予選程度かなと思っていたら、なんとNHK杯にエントリーしてくれた。

NHK杯は、彼がブレークする直前の2014年大阪大会(羽生くんがケガから必死の思いで復帰し、ダイスくんが初優勝に輝いたときですね)に出場した試合です。SP「Give Me Love」、フリー「シンドラーのリスト」とも、ミス連発のボロボロの演技で最下位。悲しそうな顔で客席にお辞儀をしてくれたのが、私が最初で最後に生で目にしたジョシュアの姿でした。翌年のNHK杯にもエントリーしてくれて、さあリベンジ!と思ったら脳震盪で引退。そんなNHK杯に再々度エントリーしてくれたんです。

大好きな「Give Me Love」と、披露されることなくお蔵入りしていた新フリー「ローマの松」がとうとう見られる! クワドも取り戻したなら全米の本選にもきっと出られるはず。四大陸か、もしかしてワールドか、ひょっとして五輪だってありえる⁉…って、そんな夢を見られるようになったのが本当にうれしかったんです。

 

いったん完治したと告げられ、復帰を目指して再スタートした後に再び奈落の底に突き落とされた苦しみは到底他人には想像できません。きっと地獄だったと思います。

それでも、こうやってファンドレイジングを発表してくれたということは、少しでも前向きな気持ちになれたんだと信じたいです。

ジョシュアのスケートがまた見たいとずっと思ってきました。今もその気持ちはかわらないけれど、今はそれよりも彼が健康を取り戻して、幸せな人生を送ってくれることを切に祈っています。「待っているよ」という言葉を投げかけるのも残酷すぎるような気がして…。

 

募金は目標額の5000ドルを大きく超えて、今現在11400ドル以上にのぼっていますね。治療にはこれからも時間とお金がかかると思うから、私もこれからも、超微力だけれど、締め切られていないうちは募金を続けていきたいと思っています。

ジョシュアの治療が成功しますように祈りをこめて――。

 

 

 

★以前訳しました現役のころ、「引退」、そして「復帰」と復帰後の記事へのリンクを貼っておきます。よろしければ読んでいただけたらとてもうれしいです。

 

ジョシュア・ファリス「今を生きる」ロングインタビュー @ FSO 2015.03.04

ジョシュア・ファリス、引退。 icenetworkインタビュー 2016.07.02

ジョシュア・ファリス、現役復帰。icenetworkインタビュー 2017.02.09

ジョシュア・ファリス、新プロ発表&Figure Skating Onlineインタビュー 2017.06.07

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:ジョシュア・ファリス | 13:15 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スケカナ2017直前 ジュンファンくん情報 【追記】新SPジプシーダンス!

五輪シーズンだというのにずーーっとサボってしまいました涙 皆様いかがお過ごしでしょうか?

今やたまーにジュンファンネタをあげるだけのブログ、と化していますがアセアセ シニアのGPSデビューとなるスケートカナダを控えて、ひさ〜しぶりの記事はやっぱりジュンファンくんですw

 

ここまでのジュンファンくんの状況をまとめると――

7月の五輪1次選抜で3位にとどまる→合わない靴やクワド練習に起因する足首の炎症と左太もも打撲と診断され、アジアンオープン欠場→ソウルで2週間のリハビリ→8月中旬から軽いトレーニング開始→トロントに戻り練習→シニアGPSデビューのスケカナへ(イマココ)

 

クリケのリンクメイトくんのインスタに登場したちょいワルげなジュンファンくんw

 

…ということで、靴問題と怪我の治り具合が心配されるのですが、今日出たこの記事によるとまだ完治はしていないみたい…

 

チャジュンファン側の関係者は「現在チャジュンファンの体の状態は、7月よりよくなったが完璧な状態ではない。痛みが残っている」「12月と1月の平昌五輪2次、3次選抜を控えた中で、試合感覚を引き上げる必要があると判断し、今回の大会に出場することになった」と説明した。

また、パトリック・チャンや宇野昌磨など世界的な選手が多数出場するので、「大きな欲を捨てて」今大会にのぞむ。プログラム構成については「大きな枠組みでは大きな変化はない。4回転ジャンプも引き続き入れる」と明らかにした。

 

ううう…じつは靴が再び合わなくなってまた替えた、という話もあるんですよね。それでもクワドを抜かないのは、今後の選抜戦をひかえて1次の時よりレベルアップしなくてはならないためでしょうか。怪我を悪化させないギリギリのレベルで調整しながら、プログラムを慣らしていく試合になりそうですね。ジュンファン本人もだけど、オーサーとブリアンコーチもがんばれ〜kyu

 

 

韓国SBS Sportsでは男子SPフリーを生中継するそうで、その番宣動画です。

 

 

早ければ日本時間今夜(27日未明)の公式練習に登場すると思うので、明日にはまた怒涛のように練習写真がアップされることでしょう。

どうかいい練習といい試合ができますように。体の状態や靴問題が少しでも改善されますように。ファイティン!力こぶ

 

 

【とりいそぎ追記】

日本時間の深夜2時すぎの公式練習で、新しいSP「ジプシーダンス」(振付デビッド・ウィルソン)を披露してくれました! わかばちゃんSPでおなじみの曲ですね。そうきたかー!っていう意外な、でも納得できる選曲。

一次選抜のあと急きょ振付けたらしいのですが、出来立てにしてはすばらしい出来! 振付もメリハリとスピード感があっていいですねぇ。即大好きなプロになりました。

すぐに動画をアップしてくださった方がいたのでありがたく貼らせていただきます〜<(_ _)>

 

 

さらにその後のフリー練習動画も上がっていましたので、貼らせていただきます〜<(_ _)>

怪我がまだ完治していないのに、初日からこんなに頑張って大丈夫?ってぐらい跳んでますね^^; 状態はそれほど悪くなさそうかな。

 

 

 

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー

 

とりあえずは、先日突如として発表されたファッションブランド「スーパーコンマビー(SUPERCOMMA B)」 の宣伝動画を貼り貼り〜〜

 

 

 

 

 

お写真も貼っちゃいましょーー(SUPERCOMMA Bのブログより)

 

 

 

 

 

 

なんだか氷上よりも堂に入ってません?w 照れもなく堂々とカメラに向かえるのはさすが元子役・CMモデルですね〜。

正直、お洋服はカワイイんだけどちょっと重ね着過剰で、ジュンファンくんのきれいなボディーラインが生かされてないのがちと不満ですが(その点2番目の袖長くんはいいな)、この記事によると今後練習や移動中に必要なアイテムを支援してくれるそうですし、ジュンファンくん自身も「簡単ではない練習環境の中で、少しだけ休むことできる絶好の機会でした。今後もよい縁を続けていきたい」と話しているそう。

もし五輪代表に決まれば平昌五輪のころには街中にジュンファンポスターがあふれてることになるんでしょうか!?(どなたか観戦組のかた〜〜wハート)

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 13:04 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/43PAGES | >>