<< キム・ヨナ情報いろいろ〜五輪、Artistry on Ice、スペシャルオリンピックス | main | パスカーレ・カメレンゴ、振付を語る@PSA授賞式スピーチ >>
プルシェンコの新フリーは「ロミオとジュリエット」!by宮本賢二!
大輔さん&モロゾフ・コーチ再タッグの衝撃も冷めやらぬうちに、またまたフィギュア界の政界再編(?)のニュースが飛びこんできました。なんとプル様の新プロを、あの宮本賢二氏が…!!
おなじみのicenetworkより6月22日付のこちらの記事です。


イタリア・ピンツォーロのリンクでのスリーショット。なんだか不思議に笑えてしまうお写真。お三方ともご満悦の様子w

「プルシェンコ、フリーはシェイクスピア」
“ジェーニャ”イタリアで宮本賢二とともに“ロミオとジュリエット”振付中

エフゲニー・プルシェンコは、来季の新しいフリープログラムになじみ深い作曲家を選んだ。ニーノ・ロータによる、おなじみの1968年の映画版「ロミオとジュリエット」の曲だ。金曜日に、ロシアのR-Sportが伝えた。

世界王者に3度輝いたプルシェンコ、そのコーチのアレクセイ・ミーシンによると、プルシェンコは現在イタリアのピンツォーロで、日本人振付師の宮本賢二とともに新しいフリープログラムに取り組んでいるという。宮本は元アイスダンサーで、これまではほとんど、高橋大輔や安藤美姫をはじめとする日本人スケーターの振付を手がけてきた。

「振付はとてもうまくいっている」とミーシンはR-Sportに語った。「ジェーニャの機嫌にもスケートの調子にも、私は非常に満足しているよ」(ジェーニャというのはエフゲニーのロシア語の愛称だ)

現在29歳のプルシェンコは以前にもニーノ・ロータの曲を使ったことがある。2004-05シーズンと2005-06シーズンのフリー「ゴッド・ファーザー」だ。2006年のトリノ五輪では金メダルを獲得している。

ミーシンはまた、プルシェンコが2月に受けた膝の手術は大成功だったとも語った。
「彼は健康そのものだ。彼を悩ませているものは今、何もないよ」

プルシェンコは、2010年の(バンクーバー)冬季五輪でエヴァン・ライサチェクに続いて2位となって以降、1シーズン休養していた。その後2011-12シーズンに復帰すると、9度目のロシアタイトルと7度目のヨーロッパタイトルを獲得した。

4月には、パスカーレ・カメレンゴが、プルシェンコとミーシンとともに4日間、サンクト・ペテルブルクにある彼らの練習拠点に滞在し、ショートプログラムの振付をおこなうとともに、スケーティングの修正も指導した。



********************************************

なんと「ロミオとジュリエット」!なんという王道の選曲!こちらの記事によると、振付を宮本氏にと提案したのはミーシン・コーチだったようですが、選曲もやはりミーシン氏?それとも宮本氏なんでしょうか?



17歳ぐらいだったと言われるロミオを、30歳になろうとするプル様がどう熱く、甘く演じるのか…?非常に恐ろし…いえ、ワクワクします!来季のロステレがますます怖い…いえ、楽しみですね!

しかしそこで、どうしても気になってしまうのが、プルシェンコの新プロを手がける2人の振付師がカメレンゴ氏と宮本氏であるということ。だって…高橋大輔選手のドリームコンビじゃないですか!
もちろんお2人とも数々のスケーターの振付をされてはいますが、バンクーバーの「eye」と「道」はいまだに私にとって夢のようなプログラムなもので…。しかも、カメレンゴ氏にいたっては「大輔のソチのプロについてはもうアイデアがある」みたいなことを言っていたのに…。

ま、でもスケーターと振付師の意外な取り合わせから、どんな傑作プロが生まれるのか、それはすごく楽しみだし、宮本氏が世界的に有名になるのはうれしいこと。宮本氏にはもっと海外のスケーターとも仕事してほしいなあと思っていましたから。オフシーズンのドキドキハラハラは、まだまだ続きますね!(大輔さん、早く情報くださーい

JUGEMテーマ:フィギュアスケート 
カテゴリ:ロシア&ヨーロッパ男子 | 03:36 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
初めまして。未鳥と申します。
twitterから参りました。

プルシェンコさんと賢二先生の記事、英語のものは知っていたのですが、和訳が苦手な私です。
トラックバックさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

ちなみに私は、男子フィギュアのファンです。
中でも高橋大輔選手が一番好きです。

よろしくお願いします。
| 未鳥 | 2012/06/24 8:51 AM |
>未鳥さん、ご来訪&コメントありがとうございます。

読んでいただきどうもありがとうございます。
トラックバック、どうぞよろしくお願いいたします!

私もついつい男子ばっかり追ってしまいます。
浮気者ゆえ好きな選手はたくさんいるのですが(^_^;)
未鳥さんのブログも拝見しました。これからものぞかせていただきますね。
今後ともよろしくお願いいたします!
| たら | 2012/06/24 10:43 AM |
宮本さんのブログを見て、何処へ行かれたのだろうと思っていました。いろんな憶測をしたくなりますが、優れたコリオグラファーと故障を克服したベテラン、二つの才能が作り出す世界をドキドキしながら待ちたいと思います。みやけんさん、なんだかおひげがモーリス・ベジャールみたい・・・
ところでゴールデン・スケートの町田樹さんの記事はご覧になりましたか?今シーズンにかける意気込みには並々ならぬものがある、と言うような中身だと思います、多分。
| 与作の女房 | 2012/06/24 8:13 PM |
>与作の女房さま、コメントありがとうございます。

ね!宮本さんったら、「これからお仕事です」って空港の写真だけ載っけて…プル様のプの字もなかったですよね!
モーリス・ベジャールみたいというのは確かに当たっているかも。和製ベジャールですか、それはすごい♪

町田くんの記事というのはこれですね。ありがとうございます。
http://www.goldenskate.com/2012/06/world-team-aspiration-for-machida/
これによると、来季のSPはランビエール振付らしいですね。7月1日から取りかかるとか…。
各選手が充実したオフシーズンを過ごせますように!
| たら | 2012/06/25 2:00 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/60
トラックバック