<< ジェニファー・カークのブログより「果たせなかった夢」(前篇) | main | ジェニファー・カークさん、ビデオブログ開設! >>
ジェニファー・カークのブログより「果たせなかった夢」(後編)

アメリカの元フィギュア選手、ジェニファー・カークのブログより、5月29日付の記事「An Unrealized Dream」の後編です。(前篇は→こちら



from The Skating Lesson: sports teach us more than winning and losing
Posted on May 29, 2012 An Unrealized Dream


「果たせなかった夢」(後編)

不幸なことに、そんな罪悪感がよけい摂食障害を悪化させることになった。1日3時間の氷上練習に加えて、ジムで2時間トレーニング、しかもほとんど何も食べていなかった。これほどカロリーを摂取しないでいると、張りつめていたゴムひもはパチンと切れて、自己管理なんてものはどこかへ飛んでいってしまう。私の体は燃料を必要としていた。このことが、激しい大食い、嘔吐、そしてさらなる飢え、というサイクルを引き起こしていた。

大食いしているとき、食べ物を胃袋いっぱいにつめこんでいるときには、私は幸せだった。満たされ、愛されていると感じていた。食べ物は胃だけでなく心まで満たしてくれたのだ。私にとって愛とは、常に条件次第のはかないもの、何か成果をあげなければもらえないものだった。子供のころ、私が上手にスケートできたり大会で優勝したりすると、母はお菓子やプレゼントをくれて、ものすごくやさしく接してくれた。けれども、転んだり表彰台に乗れなかったときには、きつくしかられ、口をきいてくれなくなった。17歳で母を亡くしたあとも、私はミスをすることを恐れた。ミスをすれば愛が取り上げられてしまうと思い込んでいたからだ。一方、食べ物は母とちがって、私が勝とうが負けようが気にすることはない。ミルキーウェイが舌の上でとろけ、オレオが歯と歯の間でさくっとくだけるときのあの幸福感は、いつも変わらないものだった。けれども、すべての糖分を摂取しつくし、ごみ箱がお菓子の包み紙でいっぱいになると、私はすぐさまその愛と幸せの感覚を、とりすぎたカロリーとともに排出した。胃の中の食べ物を吐きだし、また空っぽの感覚に戻るのは気持ちがよかった。それは苦痛に似ていた。そして苦痛は、いつも愛をもたらしてくれるものだったのだ。

今ふりかえると、私が自分の体を痛めつけるようになったのは、母のしつけのせいが大きかったことがわかる。大人が子供に、あなたの価値は成績によって決まるのよと言い続ければ――言葉に出して言うかどうかにかかわらず――子供は間違った価値観をもつようになる。こうしたしつけを受けた子供は、いい成果をあげなくては、自分には愛ややさしさを受ける価値がないのだと思いこんでしまうのだ。しかも、何か失敗すれば、それは親の失敗になってしまうから、子供は自分が負けたくやしさとともに、親をがっかりさせてしまったという、もっとやっかいな苦痛に対処しなくてはならない。こうして子供は、自分の価値やもらえる愛は、成績によって決まるんだと信じ込むようになる。特にフィギュアスケートというのは、選手にはコントロールできないところで成績が決まってしまうスポーツなので、選手はスケート以外で何かコントロールできるものを探し求めるようになるのだ。私自身も、自分の幸せなんかよりもスケートとその成績のほうが大事だと思い込んでいた。だから、誰かに打ち明けたり助けを求めたりは絶対にできなかった。私の価値は、メダルをとれるかどうか、周囲の人を満足させられるかどうかにかかっていると信じ切っていたのだ。

引退を決める2、3か月前、父とコーチたちが私の摂食障害に気づいた。だがかれらは、私にケアや治療を受けさせようとはまったくしなかった。このことで、私はますます確信した。フィギュアスケートは私の人生のそのほかのことよりずっとずっと重要なのだと。かれらがなぜ私を競技から離れさせ、治療を受けさせることをしぶったのか、ある程度は理解できる。(トリノ)オリンピックまでもう1年を切っていたし、トップアスリートのレベルになると親もコーチも選手の育成に莫大なお金を費やしているからだ。親は子供のキャリアのために何十万ドルもかけてきたし、競技レベルが上がるにしたがって雇うコーチも変わってくる。それでもなお、やはり親やコーチは、選手の生活がどうなっているのか注意を払うべきだし、選手のキャリアよりもまず健康を考えるべきだと私は思う。同時に、選手が悩みを打ち明けられるよう、何でも話せる関係をつくって、常に選手と連絡がとれるようにするべきだ。もしも私と父やコーチたちとの間に、もっとコミュニケーションの手段があったら、私が自分の体にどんな仕打ちをしていたか、どれだけ苦しんでいたか、伝えることができたんじゃないかと思う。

親やコーチだけが選手の健康問題の責任者だとは言いたくない。とくに、私の両親やコーチを責める気はない。だって、これは私がやったことだから。自分の体を傷つけたことはすべて私の責任だ。でも、これだけは言いたい。親も子供も――私たちみんな――知るべきなのだ、その人の行動や成績よりもその人自身が一番大事なのだと。私は引退する1年前から大人としての責任を担いながら暮らしていたが、本当に大人になれたのはスケートをやめたときだった。引退なんて間違っていると数えきれないほど言われたけれど、私は自分自身を信じて治療を受け、自分の健康と未来を守ることにした。スケートをやめるのは怖かったけれど、そのおかげで自分を信頼すること、自分を大切にすることを教わったのだ。

摂食障害など、なんらかの依存症のサイクルにはまっているときには、他者と通じ合うことができなくなる。ただ現実逃避しか考えられない小さな世界に閉じ込められてしまうのだ。スケーターとしての私の最後の1年は、人生でもっとも孤独でつらい時期だった。あの8月16日の夜のような、バスルームの床から立ち上がれず、ただ誰かにこの苦しみをわかってほしいと願うだけ――そんな日々が数えきれないほどあった。あの孤独と苦痛を経験したからこそ、同じような問題で苦しんでいる人に知ってほしいと思う。わかってくれる人々がいることを。私もかつて同じ場所にいて、そのつらさを味わったことを。そして、出口は必ずあることを。私はそのせいで現役を引退することになったけれど、あそこで助けを求めたのは、まちがいなく人生でいちばん賢明な決断だったと思う。

そして、ぶじに抜け出せた人たちには、自分自身を許してあげてもいいんだと言いたい。私は病から回復し、(オリンピックに出たいという)夢から遠ざかるにつれて、自分を許すこと、自分の体験を見つめ直すことの大切さがわかってきた。苦しかったさまざまな出来事をきちんと見つめること――それは私たちをがんじがらめにしている「恥」の気持ちを解き放ってくれる。自分を許して、恥を解放するとき、そこには大きなパワーが生まれる。私たちはみんな、当時は不可能としか思えなかった状況でベストをつくそうとした。そのことで自分自身を罰する必要など、どこにもないのだ。

多くのスケーターが、強い「恥」の気持ちをかかえながら現役を退くことになる。そのせいで、キャリア全体が恥ずかしいものだったと思えてしまうこともある。大事な大会でブレードがすべってしまったばかりに表彰台を逃したこと、パートナーとペアを解消したり、ケガで競技生活を断念せざるをえなかったこと――そんな記憶に呪縛されてしまうのだ。私のようにその後何年も、夢を果たせなかった自分を責めたり、一生癒えない心の傷を負わされたフィギュアスケートというスポーツをうらみ続けたりしてしまう。でも、傷はいつか必ず癒えるもの。苦しむのは引退するときだけで十分だ。その苦しみをずっとかかえて、恥や恨みにまみれて生き続けても、未来の可能性をつかむことはできないし、過去に起こったことを変えることもできないのだから。人生はやっかいなものだ。パートナーとの関係は終わるものだし、人は自分自身を傷つけ、アスリートはケガをするものだ。ものごとはうまくいかず、夢はかなえられないもの――それでいいのだ。それが未来への教訓となるのだから。よくないのは、あの時ああだったらと後悔し続けたり、なぜあんなことをしたんだろうと自分を責め続けることだ。私たちはみんな、精一杯やっている。あなたという人間を作るのはキャリアじゃない、あなた自身なのだ。私も親のしつけで植えつけられた価値観に抵抗したことによって、愛は行動や成績によって与えられるものではないのだと、初めてわかったのだった。

今回、このことを書かなくてはならないと思ったのは、摂食障害とスポーツからの引退について思い悩んでいる多くの方々からコンタクトをいただいてきたからだ。私は数年前に自分の経験を明らかにしたけれど、会話はこれからも続けていかなくてはならない。ひとりぼっちで苦しまないでほしい。こうした苦しみは残念ながらスポーツ界の内外で非常によくあることだし、ケアを受ける方法は身近にあるのだから。自分自身を傷つけるなんて、という恥ずかしさから口を閉ざしてしまう人が多いけれど、助けが必要なときに、それを求め、自分に与えようとするのは、全然恥ずかしいことじゃない。健康と幸せこそ、人生で一番大事なもの。それより大切なことなんて何一つない。ずっと抱いてきた夢でさえ、それに勝ることはないのだ。

ある意味、夢というのは恋愛に似ていると私は思う。ハッピーエンドになればいいなと思っていても、そうはならないこともある。ひとつの夢がやぶれれば、しばらく悲しみを癒して、また心から打ち込める次の夢が見つかるだろう。私も次の夢を見つけたいと心から思っている。新しいキャリアを受け入れ、スケートから学んだすばらしい教訓を人生の次のステージに生かせるよう、スタートを切ったばかりだ。それでも、私の競技生活の終わり方や、私が自分の体に対してしてしまったことを振り返るたびに、きっといつまでも悲しいだろうとは思う。でも、ものごとがうまくいかなかったときには、シナリオどおりに運んだときよりも、はるかに多くのものを手にすることがある。私は子供のころからの夢に背を向けることで、自分自身を手にすることができた。健康を大切にし、必要ならば助けを求め、自分の苦悩を見つめることの大切さを教わることができたのだ。もうひとつ学んだのは、私たちの夢はいつまでも私たちの心の中にあり続ける、ということ。自分の経験を語り、悲しみから立ち直ろうとすること――そこにこそ、これからさらにたくさんの夢を生み出していくチャンスがあるのだ。

***********************************************

なんという壮絶さでしょう。バスルームの場面の凄惨さもそうですが、リストカットの場面もさらりとえがかれているだけによけい痛々しい…。十代の女の子が、競技生活の裏でこんな人生を送っていたなんて…。
彼女は現在27歳。こんなふうに自身の体験を語れるまでどれほど悩み苦しんできたかと思うと、涙が出そうになります。今は大学卒業を目前に控え、ジャーナリストを目指しているそうですが、第2のキャリアで新たな夢をつかんでほしいと心から思います。

彼女が活躍した2000年代前半は、全米で9度優勝し国民的スターだったミシェル・クワンや、トリノ五輪銀メダリストのサーシャ・コーエン、ソルトレーク五輪金メダリストのサラ・ヒューズなどがいた時代。今はアメリカでのフィギュア人気もずいぶん下がってしまったといいますが、当時はまだ華やかだったんでしょうね。
「テレビ用ジェニー」「いつも笑顔でいなきゃならない」そんなくだりを読むと、つい今の日本の選手たちのことを思ってしまいます。日本でフィギュア人気がこんなに高いのはすばらしいことだけど、選手たちをスター扱いしすぎてないかな…彼ら・彼女たちが影で生きにくさを感じてないといいな…そんなことも思ってしまいました。

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:北米女子 | 04:33 | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
大変な記事の翻訳 ありがとうございました。

前半の壮絶さもさることながら
後半の記述は スポーツ選手の保護者や関係者だけでなく
子どもの成長に関わる全ての大人が
気をつけなければいけないことと思いました。

| おく | 2012/06/04 6:05 AM |
>おくさん、どういたしましてです&コメントありがとうございます。

ほんとうにそうですねえ。
「健康と幸せこそ、人生で一番大事なもの。それより大切なことなんて何一つない」という言葉が胸にしみます。
それを大切にしてくれなかった母親を17歳で亡くしてしまったというのが、またつらいですね…。
| たら | 2012/06/05 5:08 AM |
たらさん こんばんは。

前編に引き続き、後編の翻訳作業ありがとうございます。
壮絶過ぎる内容と、この大きな問題はフィギュアスケート関係者だけでなく
数多くのアスリート関係者にも読んでもらいたい内容ですね。

私も夢半ばで引退した経緯があるので、他人事のように思えません。
私の場合は金銭面の理由が大きかったですが、成績への期待などのプレッシャーも大きかったと思います。

大好きなスケートと自身の命の問題。
涙なしでは読めない内容でした。

また、拙Blogでも紹介させていただいてもいいかな?(^_^;)
| Skater_Sakura | 2012/06/05 6:15 PM |
>Skater Sakuraさん、コメントありがとうございます。

そうだったのですか。
やはりアスリートの方の競技人生には、ファンにはわからないさまざまな事情、障害、プレッシャーがあるんですね。
私は一ファンにすぎませんが、今回彼女のブログを読んで、フィギュアスケートをはじめスポーツを見る目を大きく変えられたような気がしています。

彼女自身、この問題を幅広く知ってもらいたいと非常に熱心に思っていらっしゃるようなので、ご紹介いただけたらありがたいです。よろしくお願いします!!
| たら | 2012/06/05 8:06 PM |
はじめまして、Mauriceと申します。
ジェニファーについて検索したところこちらのブログに辿りつきました。
実はつい最近友人からジェニファーのブログでの告白を教えて貰ったばかりなのです。
スケーターの光と影と言えばいいのでしょうか、勇気を持って告白した彼女の壮絶な競技人生に衝撃を受けております。
過酷な場に身を置いていたこと、また家族や指導者など周囲で支える人たちの必要さを痛感しております。

原文で読むには自分の語学力が足りず大変感謝しております。
長文の翻訳そしてご紹介ありがとうございました。

初コメントで長々と申し訳ありません。
またお邪魔させて頂きますのでこれからもよろしくお願い致します!
| Maurice | 2012/07/24 5:51 PM |
>Mauriceさん、ご来訪&コメントありがとうございます!

こちらこそ読んでいただきありがとうございました。
華やかなフィギュアという競技だからこそ、よけいに影の部分が衝撃的ですよね。
壮絶な描写もさることながら、彼女がすさまじい孤独に身を置いていたことに、私は慄然とする思いでした。
だからこそ、立ち直れた今、同じ境遇の人に向かって「ひとりで悩まないで」「あなたはひとりぽっちじゃないよ」と手を差し伸べているんでしょうね。

至らぬところも多々あると思いますが、よろしければこれからもお立ち寄りくださいね。
Maureiceさんのブログも素敵ですね!私は技術的なことに疎いので勉強させていただきます。
| たら | 2012/07/25 11:51 AM |
はじめまして、Veritasと申します。大変な記事の翻訳ありがとうございました。 数多くの人々、あらゆるスポーツアスリート関係者にも読んでもらいたいです。
まるで自分がここに鏡写しのように見えました。
私は中途半端のフィギュアスケーターで、リスカや拒食、そして今にも過食症で困り続けています。人生や現状は違うけど、この文章とほぼ同じ悩みを持っています。お陰で大変参考になり、これからどうするのを改めて考える努力と勇気を作り出してみたいです。
本当にありがとうございました
| Veritas | 2017/04/05 5:48 AM |
>Veritasさん、はじめまして!コメントありがとうございます。ご返事が大変遅くなってしまい大変申し訳ありません…。
現役のスケーターでいらっしゃるのですね。私はアスリートとは程遠い生活を送っている単なる一般人で、このジェニーさんの記事には強い衝撃を受け、訳しながら涙してしまいました。このような苦しみの渦中におられるVeritasさんは、さぞ大変な思いをされているのでしょうね。
このジェニーさんは現役引退後、大学でジャーナリズムの勉強をしながら、アスリートと健康の問題を社会にアピールしたいと考えておられたそうです。その後、ご存知でしょうか?The Skating Lessonというグループでフィギュアにかかわるトークやインタビューなどをされていましたが、今は再び大学院に戻られたようです。
Veritasさんがこの記事で少しでも勇気をお持ちになることができたなら、私もとても嬉しいです。単なる一人のフィギュアスケートファンとしては、がんばってくださいと言うことしかできませんが、どうかVeritasさんが前向きな気持ちで選手生活を送れますよう心から祈りつつ、影ながら応援しています。
この記事に目をとめてくださり、そしてコメントをいただけて、本当にありがとうございました。
| たら | 2017/04/10 10:50 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/54
トラックバック
★アスリートと摂食障害の問題★
今回のエントリーは相互リンク先… 【たらのフィギュアスケート日記】さんからの翻訳記事の紹介です。 http://taranofsdiary.jugem.jp/ 【The Skating Lesson】 ジェニファー・カーク公式Blog http://www...
| ★Figure Skating Guideline★ | 2012/06/06 6:10 AM |