<< シブタニズのクリントン晩餐会体験記@icenetwork | main | 2012-13GPSアサイン出た!極私的感想など… >>
鈴木明子ロングインタビュー(FSAJ会見)@Japan Times 【追記あり】
最近ずっと海外記事に頼ってばかりの当ブログですが…たまには自分で書かなきゃ、とは思うものの、すばらしい海外記事が多すぎて… はい、言い訳です。

とか言っていたら、またまたすごくいい記事がアップされてしまいました。Japan Timesなので正確には海外記事ではありませんが、これほど情報量の多い記事って、雑誌や本ならともかく日本語のサイトではあまりお目にかかれませんからねえ。ありがたいことです。今回もとーっても長いのですが、最後まで読む価値十分ですよ!!!

もと記事はこちら→Suzuki aiming higher following best season of career
By JACK GALLAGHER Wednesday, May 16, 2012

「鈴木、最高のシーズンを終えてさらなる高みを目指す」


その長いキャリアで最高のシーズンを終えた、世界選手権銅メダリスト、鈴木明子。ふつうなら、もう満足して現役を引退し、プロに転向するかと思われるところだろう。
転向には何の障害もないだろうし、収入もはるかによくなるはずだ。
だが鈴木は、4月に東京で開催された国別対抗戦で日本の勝利に貢献してから間もなく、少なくともあと1年はグランプリシリーズに参戦したいという意思を表明した

「今季はいい結果を残せたので、もちろんすごくうれしいです」東京の日本外国人スポーツ記者協会(FSAJ)での会見で、鈴木はそう言った。「でも演技の面でいえば、すべての演技に満足しているわけではありません。ですので、自分はもっとよくなると思えるうちは、競技を続けたいと思います。現役を続行すること、それが今の時点での考えです
ただし、2014年ソチ五輪まであと21か月となったが、二度目の冬季五輪に挑戦するかどうかはまだ決めていないという
「ソチ・オリンピックについてはまだわかりません。でも、練習を続けて、もっと成長して、ファンのみなさんに私のスケートを見てもらいたいです」
2010年のバンクーバー五輪では8位入賞。同じ日本の浅田真央(2位)や安藤美姫(5位)の後塵を拝した。

ほとんどのトップ選手と同じく、鈴木もごく幼い頃にスケートを始めた。支えてくれたのは豊橋市で2軒のレストランを経営する両親だった。
「最初にスケート靴をはいたのは4歳のときです。その後、6歳からスケートを始めました」
「オリンピックのことを最初に考え始めたのは16歳か17歳、世界ジュニアに出場したころでした。でも健康上の問題(摂食障害)があって、1年間リンクから離れざるをえませんでした」
復帰したときにはバンクバー・オリンピックに出られるとは夢にも思いませんでした。でも、たしかオリンピックの1年前ごろになって、もしかしたら出られるかもと思い始めたんです」

今季の2011-12シーズンは鈴木の当たり年だった。国別の女子シングルとNHK杯で優勝、グランプリファイナルと全日本選手権、GPカナダ大会ではいずれも2位だった。
ほとんどの選手がすでに引退している27歳という年齢を考えれば、すばらしい成績だ。さらに特筆すべきは、自分よりはるかに若い選手たちを倒して好成績をおさめたことだ。

この日、鈴木は多くの話題について語ったが、世界選手権の代表入りを逃すなど、苦しんだ2010-11シーズンを乗り越えて、今季こうした結果を残せたことを、特に誇りに思っているようだ。
「とてもいいシーズンでした。すべてがうまくいきました。若い選手たちはみんな高い技術を持っているので、ついていくのは大変でした。27歳になってもがんばれるのは、競技できなかった1年があったからだと思います。またリンクの上に戻ってきたかった。それがモチベーションのひとつでした
「今でもまだ自分の限界には達していないと感じています。今の自分よりもっとうまくなれるとまだ思っています。それが現役を続けたいもうひとつの理由ですね」

2003-04シーズンを棒にふることになった摂食障害について、彼女が積極的に語ろうとする姿勢はりっぱなものだ。ことに日本は、そうした個人的な問題を公にしにくい国だ。
「自分でおかしいなと気づいたのは、問題が現れ始めてから約1か月たったころでした。体重が5キロも減っていて、これはまずいって気がついたんです。そのころは自分ではどうすることもできなくて、ちゃんと食べることができなかった。それが当時の状況でした」

鈴木は身長158センチ。自分の経験が、同じ問題で苦しんできた、あるいは現在苦しんでいる人々の励みになると信じている。
「一生懸命練習して努力している姿を見てもらったら、私のやっていることが励みになると思うんです。それはすごく素敵なことだと思います。(摂食障害で)苦しんでいる方に、自分がやっていることをあきらめなくてもいいんだということを知っていただきたい。闘病中の方々の力になること、それが私がスケートする理由でもあるんです
「私が健康問題を抱えていたのは、もうだいぶ前のことです。当時はいつも、私の演技よりそのことばかりがメディアに取り上げられていました。健康問題を知ってほしいとは思っていたけれど、同時に私の演技も見てほしかったんです
「でも、試合になれば、私が病気だったことなんて関係ありません。だから、人々が私の健康問題で大騒ぎすることが、当時はとてもいやでした。でも、今は私のスケートを見てもらえるようになりました。まず演技を見て、そして過去の問題を知っていただけるようになった。だから今は、そのことにはずいぶん抵抗がなくなりました」
他の国々では、著名人が過去に自分が苦しんだ問題について広報活動をすることが多い。鈴木も、摂食障害の問題についてもっと取りあげてもらえないかと頼まれたことがあったという
「私はアマチュア選手なので、この問題について公の場で発言していくようなことは、今は難しいだろうと思います。もちろん、現役を引退したらそうした活動にかかわっていきたいですね」

彼女がデリケートな問題について率直に語ってくれたのは、摂食障害のことだけではなかった。今季の好成績は、精神分析医と自分のスケートについて話をしたことが一因だったと打ち明けたのだ。
「知り合いに女性の精神分析医がいる友人がいて、“きっとあなたの助けになると思う”って言われて。そのとおりでした。その方とはすごく楽に話をすることができるんです」
鈴木によると、この女性はスポーツ精神分析医ではないが、試合などの前にしっかりとした心構えを持たせてくれ、勝つために重要な事柄に集中させてくれる人物なのだという。「広い海に自分が浮かんでいるところを想像して、と言われました。流れに逆らわず、身をまかせて、と。そうすることによって自信がつくんだと言うんです。そのとおりでした

鈴木について興味深い事実がある。日本以外の海外で練習をしたこともなければ、外国人コーチについたこともないのに、世界の舞台で勝てていることだ。
浅田、安藤、荒川、高橋大輔など、近年の日本のトップスケーターたちのほとんどは、けっこうな期間にわたって海外に居住し、練習を積んできている。
「もっと若かったころ、まだ私が日本でトップクラスの選手になる前には、若い選手が海外へ行って、外国人コーチに教わるのがふつうだと思っていました。でも今は、日本には一流のコーチがたくさんいますし、みなさんとても優秀な方ばかりです。いつか外国人選手が日本に来て、日本人コーチにつくようになればな、と思っていますが、問題は練習環境でしょうね
子供のころの憧れは5度世界女王に輝いたミシェル・クワンだという鈴木だが、リンク施設が整っていないことが日本人選手やコーチにとって弊害となり、練習環境を悪化させているのだと語る。
「海外に行くと、スケーター専用の練習リンクがあるんですね。でも日本では、選手は一般のお客さんがリンクに来る前に滑らなくてはなりません。だから朝の6時にリンクに行き、真夜中になってからまた戻ってきます。これが海外のスケーターが日本人コーチのもとに来ることをさまたげている理由なんです。でも本当に、優秀なコーチはたくさんいると思うんですけど」

鈴木は自分が幸運であることを認めている。籍を置いている東邦不動産には、彼女の理想どおりの施設があるからだ。
「私が所属している会社は独自のスケートリンクを持っているので、すばらしい練習環境なんです。だから、日本から海外へ出ていく必要がないんですね。日本ではいい練習環境がないからという理由だけのために、練習場所を求めて海外へ行く選手がたくさんいます。でも、私は恵まれた環境にいますから、海外へ行かなくてすんでいるんです」
「短期間、振付のために海外へ行くことはあります。滞在中はできるだけ多くのことを吸収しようとしますが、練習拠点を海外に移そうと思ったことは一度もないですね。コーチの長久保先生が、私にとっては最高のコーチだから
荒川や本田武史を指導したこともある長久保裕とは、もう10年近く師弟関係を結んでおり、ふたりの関係はフィギュア界では異例のものになっている。最近の選手は、コスチュームを替えるのと同じぐらい頻繁にコーチを変更するからだ。

今年65歳の長久保は、元ペア選手で、オリンピック経験者だ。1968〜72年に5年連続日本チャンピオンとなり、1972年の札幌五輪に出場している。
「長久保先生に教わるようになって、もうすぐ10年になります。これほど長く一緒にいると、お互いにストレートにものを言い合うようになるんですよね。いつも喧嘩ばかりしてますよ
「親子喧嘩みたいだって言う人もいます。先生が私をしかりつけて、私も言い返す。それでいて、そのあとはコミュニケーションがとれるんです。先生もなぜあんなことを言ったのか、自分の気持ちを説明してくれます」
「こういう長い関係にはいい面と悪い面がありますね。今日は顔も見たくないっていう日も時々あるけれど、明日にはもう大丈夫なんです。すごく強くていい関係だと思っています

ここ数シーズン、鈴木のプログラムはファンにもジャッジにも人気が高い。そんなプログラム作りについて、プロセスを詳細に語ってくれた。
まずコーチが、ジャンプとかスピンといったエレメンツの概要を作ってくれて、それを私が振付師のところへ持っていくんです。ひとつのプログラムにつき、すべての動きを覚えるのに2、3日かかります」
今季の自分の演技のうち、どれが一番のお気に入りなのだろうか。
「一番気に入っているのは、NHK杯でのショート(ハンガリアン・ラプソディー)ですね。初めて3回転3回転のコンビネーションジャンプが跳べた試合でしたから。シーズンでベストの演技だと思うのは、世界選手権でのフリー(こうもり序曲)です」



若い選手と対抗していくためには、3−3を跳べるようになるべきだと思うようになったのは、長久保にあおられてのことだった、と鈴木は明かす。
「3−3は十代のうちに身につけるべきだと言われています。でも、私はこの年で挑戦してみたかった。この2年間ぐらい、コーチにずっと言われていたんです。世界レベルで戦うためには3−3ができるようにならなきゃだめだって」
去年、世界選手権への切符を逃したとき、なんらかの変化を起こさなくてはならないんだと悟りました。だから挑戦したんです

観客のリアクションは本当に力になるのだと、鈴木は言う。
「私にとって最も幸せな瞬間は、演技直後にファンの方々から直接反応と反響をもらえる瞬間です。私はいつも、会場にいる方全員がひとつになって、私の演技にわくわくしてもらいたいと思っています」
選手たちには、演技中は何もかも頭から追い払ってしまう独特の「ゾーン」にいると話す者が多いが、鈴木の場合はそうではないようだ。
ものすごくうまく滑れているときには、お客さんの拍手や歓声が本当に聞こえるんですよ。最前列に座っている方と視線が合うことさえあるんです」

年齢が高くなってもトップで活躍できる裏には、しっかりと決まった練習メニューがある。
「練習はふつう、1日4時間から4時間半です。シーズン中には、6日間練習したら1日休み、また6日間練習して1日休む。そういうスケジュールにしています」
「シーズン中は、まず15分ほど基本的なスケーティングスキルを練習し、その後プログラムの曲をかけて滑ります。ほかの選手にくらべると、スケーティングの練習を多くしてから曲かけ練習をするほうだと思います」
「オフシーズンには、ちびっ子スケーターみたいに、スケーティングの練習にたっぷり時間をかけます。ジャンプもできるだけたくさん跳びます」
向上し続けるにはイメージトレーニングと自己評価が大切だと鈴木は言う。
「氷に出ていく直前に、ジャンプをおさらいして、すべての動きをイメージトレーニングするんです」
「練習時間中にはプログラムの曲をかけて滑ります。人間だから誰だってミスはします。でも、続けて同じミスをしないように気をつけています。何かミスをしたら、次のエレメンツはもっと注意深くやろうとします。だから、ミスがずっと続いて負のサイクルにおちいってしまうことはないんです」
「小さいころには、ミスをするとコーチに言われました。“よし、ミスをしたら、次は気をつけようね”って。でもシニア選手であれば、ミスのあと、すばやく立て直さなくてはなりません」
これが、世界レベルのスケーターに必要なことのひとつです。すばやく立て直して、次のエレメンツに気持ちを集中できなくてはならないんです
「私はプログラム練習をiPadで録画しています。プログラムが終わると録画を見て、自分が犯したミスをすべてチェックするんです」
自分の演技に対しては、できるだけ厳しく分析しようとするのだそうだ。
「自分がコーチになったつもりで見て、こう考えるんです。“こういったミスをした自分に、自分ならどんなアドバイスをするだろう?”それによって自分を客観視できるんですね。私はこんなふうにエレメンツを練習し、ミスを少なくしようとしています」

ずばり、世界選手権二連覇のパトリック・チャンよりも高橋大輔のプログラムのほうが好きかどうかたずねてみると、鈴木はしばらく考えてから興味深い考え方を披露した。
「パトリックより大輔のプログラムのほうが、私は好きですね。でも、パトリックのエッジワークは本当に正確なんです。時々、彼のエッジにはエンジンがついているのか思ってしまうほど。それくらい速いし、スピードがすごい。本当に流れていくんです。エッジがとても深いし、とても正確に氷の上にエッジを置くことができます。だから彼はエッジワークとフットワークがとても強いんですね」
「パトリックは感情表現の面でも向上していると思いますが、私は大輔のプログラムの独創性のほうが好きですね。ただ、パトリックがミスをしてもあれほど高得点が出る理由は理解できます
「ほかの選手に、プログラムでああいうつなぎの動きをやってみろと言っても、それは無理なんです。パトリックは最初の一歩から流れが生まれて、すぐに加速する。本当に精密なんです」
最近のジャッジは、スケート経験者が多いため、以前より演技の質を正しく評価できるようになったと鈴木は考えている。
「個人的な意見ですが、今のジャッジの多くは、コンパルソリーを経験した元選手です。そうしたジャッジが増えたから、パトリックやほかの選手たちのフットワークがどんなに正確かわかるんだと思います。正しいスケートをすれば、それに見合った点がもらえるんです

鈴木は同じ日本の選手たちについてはそれほど語らなかったが、浅田真央が昨年12月に母親の匡子さんを亡くして間もなく全日本選手権に出場したことについて聞かれると、こう話した。
「全日本の前に真央が出場すると聞いたときには、彼女はとても強い心をもっているんだなと思いました。彼女の演技を見て、お母さんに見てもらうために全力をつくしているんだと思いました。彼女の行動にはすごく尊敬の念をもっています」
野球のスーパースターであるイチローと、最近メジャーリーグに加入して旋風を巻き起こしているダルビッシュとどちらか好きかという質問が飛ぶと、会見はまたおもしろいことになった。
しばらく考えてから、鈴木は笑顔で答えた。「ええと、イチローさんは結婚していらっしゃいますけど、その質問について言えば、彼のほうが素敵ですね。個人的な気持ちですけど

現役を引退したあとの目標も、もう頭の中にあるという。
昔から振付師になりたいと思ってたんです。引退後のプランは、まずプロスケーターとしてできるだけ長く滑りたい。その後、世界で活躍できる振付師になりたいです」
でも、長久保先生はいつも、俺の後継者になれって言うんですよね」くすくす笑いながらそう言った。
ファンが思い浮かべるのは、鈴木がバンクーバー五輪でフリーの演技を終え、感情をほとばしらせながら長久保コーチのもとへ滑っていったシーンだろう。
日本人選手があそこまで感情をあらわにするのは珍しいことだ。だが彼女は、ほとんど無名の選手からオリンピック出場を果たすまでのさまざまな出来事を思い出して、ただただ感無量だったのだという
「バンクーバー・オリンピックは私にとって初めての大舞台だったんです。それまでは世界選手権に出たことさえありませんでした。フリーのあと、すごいことを成し遂げたんだと実感していました。人生最高の瞬間だって思ったんです」

********************************************

筆者のギャラガーさんが書いているとおり、あっこちゃん、とても率直にいろんなことを語ってくれたのですねえ。あの1年間のブランクが、今も現役を続けるモチベーションになっているとは…涙。

長久保コーチとの師弟愛は、ほんとに微笑ましい!本当に親子のような信頼関係で結ばれているんですね。
微笑ましいといえば、イチローの件。「結婚してるけど…」とか、キュートすぎる!!♥
個人的に一番うれしかったのは、振付師になりたい、という部分でした。将来、日本や海外のいろんなスケーターが「あっこプロ」を滑る日が来るんですね!

もちろん現役続行宣言もうれしい限り。しかし、あらためて来季の全日本。男女ともに…どうなっちゃうんでしょ!!??

********************************************

この記事について、「Sakuraさん」のブログですごく丁寧に解説していただきました!
Figure Skateing Guideline「★輝きを増し成長し続けるスケーター★鈴木明子選手」

Sakuraさん、元スケーターだけあって、競技中の精神状態や練習にのぞむ心がまえなど、なるほど〜と思わせられる解説ばかり。記事にあるバンクバーのフリー動画も感動です(;_;)

最後に書かれているように、あっこちゃんの選手としてのクライマックスはまだこれから来るような気が私もしています。
来季、そしてその先にどんな演技を見せてもらえるのか、すごく楽しみにしています!

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:鈴木明子 | 10:28 | comments(7) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
たらさん…こんばんは。

とても良い記事ですので私のBlogでも紹介させてくださいね。
| Skater_Sakura | 2012/05/24 8:34 PM |
>Skater Sakuraさん、ご来訪&コメントありがとうございます。

いつもブログ読ませていただいてます。
ご紹介くださるとのこと…光栄です!どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
| たら | 2012/05/25 12:19 AM |
たらさん…

わざわざ拙Blogも紹介して頂きありがとうございました。

鈴木明子選手はキャリアも長く、スケートの事をよく理解してます。
回り道した分、まだまだ輝ける。
日本のTOP6を長く経験した事と、荒川静香さん、村主章枝選手、中野友香里さんなど、様々な苦労と功績を残した選手達を見てきたからこそ、今の彼女の競技愛が開花しているのだと思います。

こういうのは、ずっと1番だった選手よりも、紆余曲折を経た選手のほうが豊かな感性を持つような気がしますね。
| Skater_Sakura | 2012/05/27 5:54 AM |
>Skater Sakuraさん、

そうですね、素人目ですけど今季の鈴木選手の演技を見ていると、
スケートの一歩一歩に思いがこもっているというか、
大切に大切に、いとおしそうにスケートしている、という感じがしていました。
「回り道した分」なんですねぇ。しみじみ、わかる気がします。

再度のコメント、ありがとうございました!
| たら | 2012/05/27 6:53 PM |
さらなる高みを目指す。
すごいですね。
28歳 13回目で全日本女王
愛の賛歌も オペラ座の怪人も魂の入った素晴らしい演技でした。
緊張する状況で完璧に力を発揮して観客の心をつかみました。
愛の賛歌は鈴木選手のスケート人生 長久保コーチとの絆
スケートをしている喜び 生の喜び伝わって来て
自分が辛い時 思い出すと元気がでます。
| みこ | 2014/01/21 12:44 PM |
(ハンガリアン・ラプソディー)(こうもり序曲)
私も大好きです。
両方とも衣装 プログラムもとっても素敵

ハンガリアン・ラプソディーでは鈴木選手しかできない早く
音にぴったりあったステップが魅力
こうもりでは舞台をみているようで気品を感じました。
今回のプログラム初めは微妙?と思いましたよ。オリンピックに向けて今までで一番良かったプログラムを練ってみれば良いような。。。
でも観客がよく知っている曲との選択は良かった。
目の前の鈴木選手とオペラ座のクリスティーヌが重なって見えます。

| みこ | 2014/01/21 4:48 PM |
>みこさん、コメントありがとうございます。

>今回のプログラム初めは微妙?と思いましたよ。

私も実はそうでした。特に「オペラ座」。去年の「O」が傑作だっただけに…。
でも演技を重ねるごとによくなって、先日の全日本では「ああ、これはあっこちゃんにしか演じられないオペラ座なんだな」と思い知りました。
ソチのリンクでクリスティーヌの満面の笑顔が見られるといいですね!
| たら | 2014/01/23 4:15 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/50
トラックバック
★輝きを増し成長し続けるスケーター★鈴木明子選手
今回のエントリーは【たらのフィギュアスケート日記】さんのBlog、翻訳記事紹介です。 【たらのフィギュアスケート日記】 鈴木明子ロングインタビュー(FSAJ会見)@Japan Times http://taranofsdiary.jug...
| ★Figure Skating Guideline★ | 2012/05/25 1:27 AM |