<< チャン、高橋、羽生、ジュベール…ワールド男子コメント@goldenskate | main | quotes from Yuzu's book >>
浅田真央の戦い@World Figure Skating
2012年世界選手権では、昨年のこの大会と同じく6位に終わった浅田真央さん。
World Figure Skatingというサイトに、トリプルアクセルに挑み続けるその姿について書かれた記事がありました。

元記事はこちら→Mao Asada--The fight must go on
April 04, 2012 By Vladislav Luchianov
 
「浅田真央――戦いは終わらない」

ニースの世界選手権での浅田真央の演技を見て、多くのフィギュアファンはこう思ったのではないだろうか。
「なぜ彼女はまた難しいトリプルアクセルに挑んでいるんだろう?いったい何のために?ダブルアクセルにしておいて、連続3回転を加えたほうがいいのでは?彼女の高い演技構成点をもってすれば、必ず金メダルがとれるのに!結局6位で終わるなんて!」
最初は私も同じことを考えていた。

でも、彼女がキス&クライで納得した顔をしているのを見て、考えを変えた。真央は、そんなやり方――他の大多数の選手にとっては当然なやり方だが――を使ってこの大会で勝ちたいとは思っていなかった。彼女にはトリプルアクセルが必要だった。なぜなら、おそらく別の考え方をしていたから。彼女には間違いなく別の戦略があったのだ。
 
おもしろい点は、彼女はもう誰に対しても、何ものをも証明してみせる必要がないことだ。すでに、2010年五輪銀メダリスト、2008年と2010年の世界金メダリスト、2008年と2010年の四大陸金メダリスト、2005−2006シーズンと2008−2009シーズンのグランプリファイナル金メダリスト、2005年世界ジュニア金メダリスト、2004−2005シーズンのジュニアグランプリファイナル金メダリスト、そして2006〜2009年と2011年の5度にわたる全日本金メダリストなのだから。
 
しかし、この選手には大きな特徴がある――常に未来の可能性に向かっているということだ。今後いやがおうでも女子シングルの世界が難しくなることを、彼女は理解している。もう来シーズンには変化が起きるだろう。エリザベータ・タクタミシェワ、アデリーナ・ソトニコワ、グレイシー・ゴールドといったジュニアのスターたちが大舞台に登場してくるのだから。
 
これらの選手たちが大きな試合で勝つためには、例えば連続3回転のような技が必須だ。連続3回転は非常に難しいジャンプだが、残念ながらそれほど難しくない3-2-2の連続ジャンプより基礎点が低い。ジュニア選手たちは、まちがいなくプログラムの難度を上げてくるだろう。真央はそれを完ぺきにわかっている。これこそ未来を見ている、ということなのだ。
 
真央はただ勝とうとはしていない。彼女が目指しているのは、ライバルにはとうてい手が届かない、他人がとやかく口をはさめない、圧倒的な勝利だ。今シーズン、彼女はこの目標のためにたくさんの努力をしてきた。真央は、今の女子フィギュアにおける高難度の技をすべて持っている。唯一、安定して持てていないのがトリプルアクセルなのだ。それでも成果は見える。世界選手権のフリーではトリプルアクセル成功のチャンスはあったが、私の見たところ、ジャンプへの入りで力が入りすぎてしまった。だが、無駄なことは何ひとつない。まちがいなく彼女はすべてのミスを糧にして、それを猛練習によって修正し、きっと望む成果をつかんでいくだろう。
 
まるで古代ローマ軍のようだ。歴史に詳しい人なら知っているように、ローマ人はたいてい最初の戦いでは敗北した。しかし彼らはそこから教訓を学び、敵を見つけだし、努力を重ねて、最も重要な決戦で大勝利をおさめるのだ。それに比べると、中世の王たちの勝利はつつましいものにしか見えない。
 
浅田真央とその他の選手たちの違いはそれだ。彼女は世界選手権で負けることができる。世界選手権は毎年おこなわれるものなのだから。だが、彼女が勝つときには、それは途方もない大勝利になる。

********************************************

 これは…心強い記事ですね。真央さんのストイックな姿勢には、たしかにとまどいの声もあるでしょうけど(私自身、今回のワールドでの演技を見た直後には、正直考えこんでしまいました…)、それは未来に目を向けているからだ、とすごく前向きに評価してくれています。
それにしても「真央イコール古代ローマ」とは! 一見大げさなたとえのようですが、来季以降の女子シングルを想像してみると、たしかに戦場なみのし烈な戦いになりそうですものね。ゴクリ…

ちなにみ筆者のVladislav Luchianovさんは、フリーのスポーツ記者で、電子版World Figure Skatingの編集者、Icenetwork.comの記者でもあるそうです。


ワールドでのフリー演技。佐藤両コーチも含め、キスクラでのなんともいえない表情が印象的でした。

JUGEMテーマ:フィギュアスケート 
カテゴリ:浅田真央 | 06:35 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
taraさん、
この記事を見つけてくれた事に感謝!
訳してくれた事に感謝!

真央は誰も見てないんです。
その事が良く分かる記事でした。
| etsukom | 2012/04/05 1:03 PM |
>etsukomさん、ご来訪&コメントありがとうございます!

そうですね、真央さんはずっと孤高の戦いに挑み続けているような気がします。
そんな姿を、ここまで全力で支持する記事を読んだのは初めてかもしれません。

こちらこそ、読んでいただき感謝!でした。
またぜひお立ち寄りくださいね〜。
| たら | 2012/04/05 8:10 PM |
たらさん、良い記事の翻訳をありがとうございます。
歴史もそうですけれど、なにごとも点でなく線でみなくては。
改めてそう感じました。
ファンも努力する真央ちゃんと一緒に苦しみたいと思います。
明けない夜はないと信じます!!
| らら | 2012/04/05 8:41 PM |
>ららさん、コメントありがとうございます!

 >なにごとも点でなく線でみなくては。

そのとおりですね!見てるほうはついつい1回の演技、1つのジャンプで一喜一憂してしまいがちですけど^^;
この記者さんが書いているように、真央さんはすでにそういう次元の選手ではないのですからね。
ソチまでの2年間、一緒に苦しみ、そして一緒に喜びたいですね!
| たら | 2012/04/06 5:48 AM |
最近よく訪問させていただいています 
英語も何語もちんぷんかんぷんな私にとって たらさんはたら様とお呼びしなくてはならない存在です
翻訳してくださって本当にありがとうございます
真央ちゃんはあまりにも別次元にいて表面的にフィギュアスケートを見る人には理解されないけれど このように冷静にそして俯瞰で愛情を持って記事にして下さる(しかも外国の)方がいるなんて 泣かずには読めませんでした
真央が真央らしく太陽のように光り輝く瞬間を信じる一人として 今日は感謝の気持ちを綴らずにはいられません
これからも色々な記事を読ませていただけたら幸せです
| midori | 2012/04/06 10:56 AM |
>midoriさん、ご来訪&コメントありがとうございます!

真央さんは自分から多くを語ることはないですけど、
スケートを見ていると真摯さ、ひたむきさが胸に迫ってきますよね。
そこをちゃんとわかってくれて、記事にしてくれた外国人記者がいて、本当によかったなと思っています。

よく訪問していただいているとのこと、ありがとうございます。
翻訳記事ばかりではないですが、少しでもお役に立てたらうれしいです。
これからもよろしくお願いしますね!
| たら | 2012/04/06 3:55 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/34
トラックバック