<< ジョシュア・ファリス、新プロ発表&Figure Skating Onlineインタビュー | main | 2017-18 新プロ情報(男女シングル)ときどき更新中! *情報求む!です >>
ジュンファンくん2017-18新プロは「この素晴らしき世界」と「惑星」

韓国のジュンファンくんのファンアカウント、chajunhwan.comさんから待望のお知らせが!きらきら

 

 

SPは、言わずと知れたルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界」ですが、アメリカの人気ロックバンドOne Republicのカバー版なんですね。振付はデビッド・ウィルソン。

 

 

最初に知ったときには一瞬、「なぜにワンリパブリック?」って思っちゃった(じつは個人的にあんまり得意じゃないもので…><)んですけど、聞いてみたら短調の弦楽器から始まる出だしがすごく素敵ですね。味のあるボーカルとこの曲とのマッチもなかなかいいかも。

ある韓国の記事によると、ジュンファンくんサイドは「抒情的な曲でありながら、平和のメッセージを伝える演技」にしたいと考えているのだとか。現代的なメッセージ性を持たせるためにワンリパを選んだのかもしれませんね。

しかし、全編ゆったりとしたスローな曲なので、これにクワドを含むジャンプをどう入れていくのか? プログラムのハイライトになるだろうステップはどんな感じなのか? 去年のフリー「イル・ポスティーノ」とちょっと似た感じになるのかな?などなど、妄想が膨らみます〜 ゆう★

 

 

フリーはホルストの「惑星」。こちらもウィルソン振付。

 

 

これはびっくり! クラシックが来そうとは言われていたけれど、ウィルソンはもっとロマンティックで古風な曲を選ぶのかな、と勝手に思っていました。

繊細さだけでなく強さも要求される、壮大な宇宙ファンタジー。最近では宮原知子選手が使っていたのが記憶に新しいですよね。知子ちゃんはレイア姫のイメージだったけれど、ジュンファンくんはどういうイメージで来るんでしょうか? 

3月ごろの動画ではジュンファンくん、クラシックは「自分の好きなジャンル」であり、「自分をもっともよく表現できる曲になると思います」と言っていたんですよね。今までクラシックの数々の名曲を滑ってきたジュンファンくんですが、シニアデビューの五輪シーズンにどんなプログラムを見せてくれるのか、ひっじょーに楽しみでしかたないです!

 

 

【追記】いつもお世話になっている動画主さんが韓国SBSのニュース動画をアップしてくださいました。いつもありがとうございます〜。

 

 

ジュンファンくん「(フリーは)クラシックですが、とても有名な曲だと思います。少し強い印象になるかもしれません」(というようなことかと…by自動翻訳^^;)

ウィルソン「彼と一緒に仕事するのは楽しいですね。彼が力を最大限発揮できるように支援したい」

 

↑このジュンファンくんのコメントを見ると、3月の動画で「抒情的なクラシック」と言っていたときとちょっと違うような気もしますね。もしかするとですけど、いったん決まった曲を「惑星」に変更したのかもしれませんね。

 

 

SPとフリーでそれぞれクワドを何種類、何本跳ぶかは、今の段階ではまだ未定だそう。

ひとつ確かなのは、衣装を韓国の有名なデザイナー、イ・サンボン氏が担当すること。わりかし前衛的なデザイナーさんらしいので、期待と同時にちょびっと不安もなきにしもあらず…。

でも、キム・ヨナさんの「オマージュ・トゥ・コリア」をデザインした方でもあるらしく、あの衣装はなかなか素敵だったのでまあ大丈夫かな?(上からで失礼^^;) それにしてもあまりに宇宙的すぎるものが来たらどうしよ? だけど宇宙服みたいなのもジュンファンくんなら可愛いかも…などと勝手に妄想が炸裂してます アセアセ

 

 

 

ジュンファンくんの新プロですが、初披露は来月末に韓国でおこなわれる選抜戦になるそうです。まだ日にちも開催場所も未定らしいですが、これはジュニアとシニアが両方出る試合で、ジュニアはJGPの選抜戦、シニアの選手にとっては平昌五輪選抜戦の第一弾になるんですね。

韓国では夏と秋に2回の選抜戦、そして10月のランキング大会が3戦目の選抜戦となり、この3大会での合計得点が高い選手から平昌五輪代表に選ばれるんだそう。その初戦となるのが来月の選抜戦で、五輪枠を争うネーベルホルン杯の代表も決まる、すごく重要な一戦でもあるそう。

韓国では日本より一足先に五輪シーズンが始まるわけで、ああもう〜〜考えたらドキドキしてきちゃいました ゆう★

 

シニア選手は今ショーに出たり、オフを楽しんでる選手が多いけれど、きっとそれどころじゃないんでしょうね。

ステイヘルシーで、充実した五輪シーズンを送れますように。ファイティン!ハート

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 03:54 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
おはようございます。
たらさんも先刻ご承知だと思いますが、ジュンファン君は、GPS2試合出場ですね。カナダでは宇野ぴょんと、アメリカではボーヤン、ネイサン両選手と遭遇ですが、彼らにどこまで迫れるか、注目です。その前に、ネーベルホルン杯がありますが、恐らく、この試合には、ジュンファン君かジンソ君のどちらかが出ることになると思うので、どちらが出ることになっても、是非、五輪出場権を取って来て欲しいですね。
また、ジュンファン君の平昌五輪シーズンのプログラム使用曲は、FSでは、冬ソナメドレーを想像していましたが、15歳のジュンファン君には、まだ、冬ソナの音楽で滑るのは、年齢が足りなかったかもしれませんね。ジュンファン君の場合、短い間ながらも、韓ドラの経験があるので、いつかは、韓ドラに出て来る音楽で滑って欲しいと思っています。今回は、ジュンファン君のプログラム使用曲がSPFS共に、知名度の高い曲なので、楽しみにしています。
| Disney 鴨 | 2017/06/10 11:19 AM |
>Disney鴨さん、コメントありがとうございます。
ネーベルホルン杯は、来月おこなわれる選抜戦で優勝した選手がおそらく出ることになるらしいです。
実力を発揮できればジュンファンくんだと思いますが…プログラム初披露とともに選抜戦がすごく楽しみです!
冬ソナですか〜。うーむ、年齢が30歳以上足りないかもしれないですねw
| たら | 2017/06/11 12:18 PM |
たらさん、新プロ情報ありがとうごさいます。(他の選手達のも重宝してます!)

SPはホント、どうジャンプ入れるのか、はてなマークが頭をぐるぐるする選曲ですね。EXっぽいというか。でもデヴィッドがどう料理してくれるのか楽しみです。私はこの一年で、ジュンファンくんの新たな一面を引き出してくれることにかけてはデヴィッドを全面的に信頼するようになりました。(デヴィッドも楽しいとな…うん、だろうと思ってました。)

FS選曲についての当初予想と驚きはまるまる同感です。でも面白そう。とても有名な曲とか強い印象とか言ってるところをみると、火星か木星あたりを使うんですかね。ジュンファンくんの名前にある「煥」の字からは火星を連想しますが、関係無いかしら…。(今までのジュンファンくんの演技から受けるイメージは火よりも水なんですけどね。でも死の舞踏の激しさには火のイメージもあったような。)
いずれも叙情的とは言えない曲と思いますが、どちらも個人的にかなり好きです。大技のあるペア向きの曲と思ってましたが、ジュンファンくんのゆったりしたジャンプなら似合うかも。彼の3Lzや4Sは他の選手と比べて回転速度遅め&滞空時間長めですよね。回転速度は速い方が技術的には優れているのでしょうけど、回りきれるだけの滞空時間があれば、回転遅い方が迫力感じるのですよ。しゅるるるんと軽快なジャンプもゆったり重厚なジャンプも両方好きですが(ブライアンは前者でしたし)、火星や木星には後者が合う気がします。

最後の写真、素敵ですね。地平線をバックにしたジュンファンくん、なんとなく惑星のイメージにも合っているような。(ところで、気のせいかもしれませんが顔が縦に伸びてきているような…大人っぽくなった???)
| p豹 | 2017/06/12 2:18 AM |
>p豹さん、コメントありがとうございます。
火星か木星あたり…たぶんこの辺は入れてくる気がしますよね。(そうすると黒、または黒赤を基調とした強めのコスチュームかしら?とまた妄想…)
回転速度は確かにとても早いわけではないですよね。UR回避のためには速く改良したほうがいいとは思いますが…おっしゃることわかります。ゆったりしたほうが優雅な印象はありますよね。
外見的にはちょっと前の写真でも今とかなり違うことにびっくりしますよね。頼もしい限りですけど、待って〜そんなに早く大人にならないで〜と思ってしまうオカン心です^^;
| たら | 2017/06/12 11:11 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/331
トラックバック