<< ジャパン・タイムズ 安藤美姫 ロングインタビュー | main | ジュンファンくん、カナダへ出国前に公開練習 >>
祝!チャ・ジュンファンくん、ナショナル・チャンピオンに!

き차준환 첫우승 축하합니다!! 새로운 국가 챔피언!!き

 

「チャ・ジュンファンくん初優勝おめでとうございます!! 新ナショナルチャンピオン!!」

…のつもりなんですけど合ってるでしょうか^^;

 

2017.1.6-8に行われた第71回韓国ナショナル。ジュンファンくんはSPノーミスで、参考記録ながらPB越えの81.83点。フリーは惜しくも終盤の3連で転倒して156.24点。総合ではJGP横浜で出したPB239.47点にせまる238.07点で、みごと初優勝を飾り、晴れて世界ジュニアへの切符をつかみました。本当におめでとう〜!

 

 

SP:動画主さまのファン動画

 

 

 

フリー:動画主さまのファン動画。高画質でキスクラ入り〜ありがたや!

 

フリー:KBS放送バージョン

 

 

 

メダルセレモニー:動画主さまのファン動画。今回もブーケの香りをかぐジュンファンくん(;∀;)

 

JGPFのミスで「スピードがなかった」と悔やんでいたジュンファンくん。今回はジャンプ前にちょっと落ちがちだったスピードが増していたような気がしましたし、見るたびにスケーティングがよくなっている気がします。

転倒以外に若干の回転不足もとられ、完全ノーミスとはいかなかったけれど、4Sも3本の3Aもしっかり着氷。メディアからのものすごい注目度、しかも靴問題もかかえていたらしく、その中でこの安定感と成長はすばらしいです。

そしてフリーに入れたコレオシークエンスはやっぱり美しかった…。あのせつない表情とも今大会でお別れ(来季持ち越しがなければ)と思うと惜しいなあぁ。

 

  ★  ★  ★  ★  ★

 

下はフリー後のインタビュー。右隣は今はコーチとして活躍しているカク・ミンジョンさん22歳。(ソチの頃には羽生くんを祝福するツーショ写真が妙な受け取られ方をしてしまい、話題になっちゃったことがありましたね^^;)

ツイッターで教えていただいたところによると、ジュンファンくんは平昌五輪に向けての質問を何度も受けるも、「まだジュニアだしたくさんの課題があるので、今できることを1つ1つ頑張りたい」と。この辺の受け答えは定番化しつつありますね^^; 最後の「カムサハムニダン〜」がかわいすぎて憤死w

なんか最近のジュンファンくん、笑顔がたくさんで、かわいいとしか言えなくて恐縮ですけどやたらめったらかわいいです(;∀;)

 

 

  ★  ★  ★  ★  ★

 

韓国メディアからはもう怒涛のように記事や写真が上がっていて、全部追っていたら生活が破たんしそうなので(今だって朝4時w)、把握できた範囲でジュンファンくんとオーサーコーチの言葉をまとめていこうと思います。●はソース。

 

★SP後

 

ジュンファン「ノーミスで演技を終えられて満足しています。過去の大会で大きなミスが出て不安な気持ちがありましたが、今日は練習どおりにできてほっとしています。今大会に向けて、ジャンプの着氷ミスを減らすために、ジャンプ直前にスピードを出す練習を集中してやってきました。今日も3Lz前にそのことを考えながら跳びました」五輪会場で初めて演技したことについては「快適な感じでした。ふだん練習しているカナダのトロントクリケットクラブの氷質と似ているようで、適応が容易でした。オーサーコーチにジャンプの動線や角度などのアドバイスを頂いたのに助けられました。4Sはほぼ完成していますが、ジャンプは大会当日のコンディションに応じて成功率が違うので、最善をつくしたいです」

 

オーサー「今日の演技を見ていて80点を越えるだろうと確信していた。彼の成長速度の速さからすると80点突破は時間の問題だった。これまでSPで緊張することが多かったが、今日の得点で自信をつけただろう。彼は恥ずかしがり屋な面があり、無表情で機械的にジャンプしてしまう傾向があるので、感情を表に出せるよう練習してきた。今後もっとよくなるだろう。世界ジュニアまで約2か月、たっぷり時間がある。この期間なにを重点的に練習していくかまだ決めていないが、トロントに帰ったらコーチたちと相談して決めたい」→

 

 

★フリー後

 

ジュンファンとオーサーのコメントが詳しく書かれた記事が何本かありましたので、興味深いなと思った部分をミックスして。→


フリー後、チャ・ジュンファンは「とても悔しいです。ショートがうまくいったのでフリーも完成度の高い演技をしたかった。ジャンプのミスが惜しかったです」

ジャンプミスの理由を聞かれた彼は、しばらくためらったのちに、「スケート靴に問題がありました」と打ち明けた。「JGPFの前から右のスケート靴に問題があったんです。靴を替えようとしたけれど合うものが見つからなかったので、この大会では靴をテープで巻いてすべりました。でも、ジャンプによって(テーピングが)崩れてしまったようで、滑りながら着地が不安定でした。何とか持ちこたえようとしましが、ミスが出てしまいました」

所属事務所の部長は「言い訳のように聞こえるので切り出せずにいた。カナダに戻るまでに新しい靴に交換を終える予定です」
それでも収穫はあった。五輪会場となる江陵アイスアリーナについてジュンファンは「オリンピックの舞台というよりふだんの試合会場のような感覚でした。緊張するよりも快適に感じました」

オーサーコーチも「江陵アイスアリーナはカナダと氷質が似ている。オリンピックの舞台に向けて肯定的なイメージを得た」と述べた。

修正すべき問題も見つかった。フリーではJGPFと同じ終盤の3連続ジャンプでミスをしてしまった。ジュンファンは「今日の演技は100点満点で60点です」と評した。

オーサーコーチは「JGPFでミスした3連で再びミスをしたので、構成の変更を検討している。コンビネーションジャンプの順序を変えるつもりだ。音楽に合わせることも大切なので簡単には変更できないが、今後カナダに帰って振付のウィルソンと相談して修正をおこなうつもりだ。また、4Sを1本追加して2本にすることも検討している。世界ジュニアでライバルとなるロシア選手たちはフリーで4回転を2本跳ぶ。ジュンファンも2本入れても体力的に大きな問題はなく、十分できると思う。ただし、もちろん練習して成功率が上がらなければ1本のままになるだろう」と述べた。

ジュンファンは「4回転2本はまだ決まっていないですし、高難度の技術よりも、怪我をせずにプログラムの完成度を高めるのが目標です。世界ジュニアでの成績を予想するのは難しいです。去年の世界ジュニアではミスをしてしまい、その後、より完成度の高い演技を目指してきました。平昌五輪よりも、まずその前にある大会ごとに集中したいです」

オーサーコーチも「五輪に出場することがまず第一の目標だ。じっくり準備を進めればよい結果を得られるだろう」

 

ちなみにオーサーと韓国の仲直り(?)もうまくいきつつある様子。→

オーサー「2年前にYoutubeでジュンの試合を初めて見たが、彼には説明できない特別な雰囲気があった。どのようなスタイルであっても、自分だけのものを吸収できる才能があった。さらに驚異的なスピードはキム・ヨナを思い出させる。2006年にコーチ業を始めたとき、キム・ヨナが最初の教え子となったことは大きな幸運だった。ジュンも同じだ。彼を見て、すぐに教えなければならないと思った」と。

ちなみにこの記事によると、ジュンファンくんは表情の研究のために頻繁に鏡を見るらしい。試合前にはプログラムに使う曲を何度も聴くらしく、「アイドルの歌は全然知りません」とのこと^^

 

  ★  ★  ★  ★  ★

 

ううう、やっぱり靴問題をかかえていたんですね。もともと右足首を故障していましたが、もしかして根っこは同じなのでしょうか。

動画主さん撮影のキスクラ動画←この最後を見ると、キスクラから立ち上がってからびっこ引いて、片足ホップではけているんですよね><

また、この動画ニュースによると、フリーの後は足が腫れて治療を受けていたとか(だから試合後のエキシビションにも出なかったそうです><)今後はある世界的靴メーカー(JGPFのときIDEAのブースの写真が上がっていたのでこちらですかね)が無料でカスタムメードしてくれることになったそう。すでに採寸を終え、今月中に完成するそうです。今度こそうまく合いますように!

そして、世界ジュニアでは3連の位置を変える?それは大変な変更になりそうですけど、足への負担を減らしつつ、結果も出したいということなんでしょうね。クワド2本はまだ決定ではないようですが、どんな構成になるにしろ、ジュンファンくん自身が繰り返し言っている「怪我なく、完成度の高い」演技ができますように!ファイティン!!

 

  ★  ★  ★  ★  ★

 

というわけで、最後に写真貼り貼りコーナーです。今回も大量の写真や記事、動画がアップされていますが(韓国メディアさん、大変ありがたいんですけど、来季これ以上となると体力が持ちません〜^^;)そのほんの一部ですけど〜♪

 

 

 

 

 

 

アイスダンスのユラ・ミン選手のインスタstoryより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平昌五輪のインスタstoryより。「こんにちは。韓国代表選手、チャ·ジュンファンです。今江陵アイスアリーナに来ていますけど、凄く良いです!(笑)」だそうです。(ファンアカウントさんより)

 

 

今日はいつにもまして貼りすぎですね^^; 動画主さま、ファンアカウントさま、フォトグラファー&メディアの皆さま、どうもありがとうございます<(_ _)>

韓→日の訳は例によって自動翻訳をアレンジしたテキトー訳です。もし間違いなどありましたらご指摘いただけるとありがたいです<(_ _)>

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 04:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
ジュンファンくんナショナル初制覇おめでとう!
そしてたらさん、詳しいのに読みやすく整理された記事ありがとうございます!
しかももうハングルも打てるなんて流石ですね。(私は母音多すぎ時点で挫折しかけてますが…愛が足りないのかしら。)
PC不調なのでスマホより取り急ぎ(早くないけど)お祝いとお礼を。

コレオ素敵でしたね〜。KBSのも有難いですが、いつもながら動画主様達にも感謝!
KBSは超スロー再生が好きみたいですね。お蔭でちょっと心配になるジャンプもありましたが(クリケの先生方、世界ジュニアに向けて厳しく見といてあげてね)、ショートの出だし(写真貼り貼り1枚目のところ)のスローがカッコイイ。鏡見て練習してると思うとかわゆい。イイ感じにブローできてたし。演技が終わる頃にはすっかりおかっぱに戻ってましたが。(6分間練習の後にも整え直してるのかしら…ならなぜ全く構いつけてない頭で写真に写りまくってるのだ…。)

ブライアンもやはり初見でジュンファンくんのスピードに惚れたのですね。うん。私もです。単に移動が速いっていうのではなく、全身を連動させて翻るように踊る、流れるようなスピード感が魅力ですよね。ヨナさんを思い出させるというのもわかります。速いのにゆったり感が出せるところとか。でもヨナさんとはまた違う鷹揚さがありますよね。男性的な優雅さというか。

うーん、今日は入力速度がいつも以上に遅いのにまた長文に…。言いたいことは尽きないのですが、とりあえずこの辺で失礼します。
| p豹 | 2017/01/12 7:58 AM |
>p豹さん、コメントありがとうございます。
いや、ハングルはまだ何も勉強できていないんですよ。グーグル翻訳さんにまかせっきりで…。そんな状態なのになんちゃって訳で記事など書いて申し訳ないです^^;

>単に移動が速いっていうのではなく、全身を連動させて翻るように踊る、流れるようなスピード感が魅力ですよね。ヨナさんを思い出させるというのもわかります。速いのにゆったり感が出せるところとか。でもヨナさんとはまた違う鷹揚さがありますよね。男性的な優雅さというか。

↑これ、全力で同意です。一見中性的で柔らかいんだけど力強さもある、だけど無理な力みがなくて、見ていて目に心地よいんですよねぇ。
いつも充実した長文コメ、感謝していますよ!また性懲りもなく新記事アップしてしまいましたので、よろしければお立ち寄りくださいませ〜
| たら | 2017/01/13 10:57 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/317
トラックバック