<< 初JGPF記念!チャ・ジュンファンくんの子役時代まとめ | main | あけましておめでとうございます!…そしてジュンファンくん帰国 【追記】公式練習 >>
祝・銅メダル! チャ・ジュンファンくん、初JGPFの4日間

あいからわず試合後即更新ということができない当ブログですが…

 

きジュンファンくん、初JGPFでみごと銅メダルおめでとう〜❤き

 

彼の力からすると「惜しくも銅メダル」だったんでしょうけれど、無心でいけたJGPの2試合とは違って、国からの期待が一気に高まった中での表彰台はみごとでした。それに優勝したアリエフくんはすばらしかったですしね。リザルト プロトコル

 

数日前の12月11日に出た記事ですが、ジュンファンくんのマルセイユでの4日間を追った記事がありましたので、大会期間中にアップされた写真や動画などを挿入しながら、日本語にしてみました。→元記事

例によってハングルからの自動翻訳を元にアレンジしたふんわり訳ですので、ニュアンスの違いなどあったら申し訳ありません。(もしお気づきの点があればご指摘くださると嬉しいです〜)

 

 

 

「韓国史上初の男子JGPFメダル。チャ・ジュンファン、4日間の記録」
 

チャ・ジュンファンが新しい歴史を作った。(中略)韓国選手がJGPFでメダルを獲得したのは2005-6シーズンのキム・ヨナ優勝以来11年ぶり。韓国男子フィギュアでは史上初だ。

それは楽な旅ではなかった。孤独だった。予期しないミスをし、ぼう然としてしまった。そして再びミスを犯した。それでも多くのことを学んだ。経験を積み、より大きな未来が見えてきた。

新しい歴史を作ったチャ・ジュンファンのマルセイユでの4日間を追った。

 

 

JGPFに出発する直前のクリケでのインタビュー。「とても重要な大会なので猛練習をしてきました。これまでの練習のようにノーミスの演技ができたらと思っています。主に4Sを安定させる練習をしてきました。さらに、演技の質を上げるために表現の練習もしました」英語話者みたいにちょっと首を左右にふりながら話す癖があるんですね。

 

◆孤独


12月7日、マルセイユに到着した。会場のパレオムニスポーツのロッカールームに入った。ジュンファンは今季初めてJGPに参加した。もちろんファイナルも初めてだ。今大会に出場するほかの選手たちとはあまり親交もなく、親しい選手もいなかった。
ロッカールームの空気は特別だった。ジュンファンを除く5人はみなロシア語で会話をしていた。4人がロシア国籍の選手で、米国籍のアレクセイ・クラスノジョンもロシアから帰化した選手だ。いわばロシア選手5人との対決だった。ジュンファンはロッカールームで言葉を発することができず、1人だけ距離がある感じだった。
それでもあまり気にしなかった。孤独には慣れているからだ。ジュンファンは1年のほとんどを外国ですごしている。通常カナダのトロントに行くのは3月末、その後のほとんどの時間を練習にあてている。試合のとき以外は自分1人の戦いだ。1人の時間を楽しむすべを見いだすようになった。

「今は孤独に慣れました。とにかく練習に打ち込んで、時間をすごしています」
ジュンファンはそう話す。マルセイユでも同じだった。練習に集中して、決選に備えた。

 

 ​

ISUのインスタにアップされたこの写真が、到着して最初の画像でした。大会グッズの入った袋を持っているってことは受付を済ませた直後かな?

 

ロビンさんのツイより。ロシア系の5人とちょっと距離が感じられて哀れを誘う1枚…これも経験だぁ(;_;)

 

 

 

JGPの2試合でもインタビューしていたテッド・バートンさんが、SP前日インタをアップしてくれました。今シーズン自分ではどう成長したと思う?と聞かれて「今シーズンはとてもよかったです。なぜなら一生懸命練習してきましたし、ブライアンに教わっていますし、彼に教わるのが好きだから(いい答えだね、とオーサー)。試合では彼がすごくサポートしてくれますし、ここまで毎試合計画どおりに進んでいます」。オーサー「ジュニアでは常に成長させつつ、新しい実験を行う。技術面はもちろん、今は彼に表現面や滑り、スピード、なめらかさなどを指導しているんだ」。今季はこの後ナショナルと世界ジュニアに出ると言ってますね。それにしてもテッドさんがやっとジュンファンの名前をちゃんと発音できるようになったようで、うれしい限り(笑)

 

◆予想外のミス

 

8日、SPにのぞんだ。緊張を感じていた。ジュンファンのこれまでの人生で最大の試合だ。緊張するのは当然だった。

 

もともとは昨シーズンにJGPデビューを果たす計画だった。ところが、2015年6月に怪我をしてしまい、それはかなわなかった。ジャンプの練習による疲労骨折だった。1か月の松葉づえ生活の後、リハビリを開始した。それは孤独な時間だった。ジュンファン自身も「そのときが一番大変でした」と言う。その苦闘を乗り越えて復帰。今季のJGPですばらしい演技をし、2大会で優勝。ファイナルまでたどりついた。

 

SPの曲が始まり、流麗な演技を始めた。だが、緊張がミスを呼んだ。最初の3Lzの着氷が乱れ、3Tにつなげることができない。スピード不足が原因だった。71.85点で4位。残りのエレメンツをノーミスで滑ってやっと手にした結果だった。
「ふだんは完璧にできるコンビネーションジャンプでミスをしてしまいました。あまりにももったいなかった」
試合後、ジュンファンはそう言ってうなだれた。2日後のフリーについてはこう語った。
「今日のショートの結果については考えないようにします。フリーでは順位や得点のことは考えずに、自分にできることを全部やりたいと思います」

 

 

Edea SkatesのFBより

 

 

SP直後のインタ。「まだ(自分の演技のことは)よくわかりませんが、練習でやってるとおりに演技しようと考えていました。でも少しミスをしてしまいました。それ以外はよかったと思います。(最初のコンボのミスは)ルッツに行くスピードが遅すぎたんだと思います。それでミスをしてしまいました」

 

◆ふだんどおりに

 

翌日の9日、ジュンファンは再びリンクに立ち、フリーの練習をした。前日の残念な気持ちを振り払おうと努力したが、簡単にはいかなかった。なんといってもまだ15歳の若者だ。
そこへブライアン・オーサーコーチが近づいてきて、「Be normal.(ふだんどおりにやりなさい)」と言った。この言葉に元気づけられた。オーサーがよく口にする言葉だが、この日は特に心に届いた。ジュンファンは集中力が高い選手だ。だが、これはむしろ毒になることもある。オーサーはよく「周りを見てみよう。試合に入りすぎないように」と助言してきた。ジュンファンは力が抜けたときのほうがいい演技ができるのだ。
ホテルに戻り、ふだんのリズムを取り戻そうとした。部屋の中で静かにすごし、休息をとった。次第に緊張を忘れていった。フリーの準備を整えた。

 

スケート靴メーカーのEdea SkatesのFBより。EdeaがGPF会場に出しているブースに立ち寄ったんですね。

 

◆成長

 

10日、フリーの演技が始まった。表情から余裕が感じられた。演技中に自分のミスを取り戻する姿も見られた。3つめのエレメントは3A-2Tの予定だったが、3Aを降りた後エッジが氷に刺さってしまい、2Tにつなげることができなかった。SPのミスを連想させる残念なミスだったが、ジュンファンは成長していた。4つ目のジャンプは単独の3Aの予定だったが、ここで2Tをつけた。オーサーコーチもこれに歓声をあげた。試合後、オーサーは言った。
「その場面を見てとても誇らしかったよ」
しかし、まだ学ぶべきことはあった。その後のジャンプを成功させ、やや自信を見せ始めた終盤に3F-1Lo-3Sの3Fで転倒、コンビネーションにすることができなかった。フリーは153.70点、総合225.55点。

 

Edea SkatesのFBより

 

 

◆ハッピーエンド

 

フリーが終わった直後、ジュンファンはとてもがっかりした顔で取材陣の前にあらわれた。
「またミスをしてしまい、すごく残念です」と沈んでいた。
「それでも大きな経験になりました。これを成長への原動力にしたいです」
そう言って、つとめて明るい表情をしようとしていたが、落胆を隠すことはできなかった。

 

それから30分後。滑走順が1番だったジュンファンの後、ほかの5人の選手が滑り終わった。最後の選手はジュンファンと銅メダルを争っていた。彼はフリーに2本の4回転ジャンプを入れていたが、いずれも回転不足判定を受けた。ジュンファンの勝利だった。
記者会見場で再びジュンファンに会った。銅メダルの祝福を受けていた。だが、ジュンファンはまだ茫然とした顔をしていた。ほとんど笑顔もなく、ショートとフリーで犯したミスのことで頭がいっぱいだった。ジュンファンの事務所関係者と記者たちが、メダルをとったことは素晴らしいことなんだよと説明すると、やっと少し笑顔になった。
「自分の力をすべて出そうとがんばりましたが、まだ足りない部分が多いです。これから一生懸命努力して、よりよい選手になりたいです」

 

メダルセレモニーを終えたジュンファンが、ホテルに帰るために会場を出ると、ドアの前にフランスの少女ファンたちが陣取っていた。ジュンファンが現れると、彼女たちはサインをもらおうとプログラムを差し出し、カメラをかまえた。ジュンファンの実力とルックスが少女ファンの心をとらえたのだ。
ジュンファンは恥ずかしい気持ちを隠せなかった。少女たちとまともに目を合わせることさえできなかった。サインを終えると、走って外へ出ていった。それでも悪い気はしなかった。彼は笑顔だった。それはハッピーエンドだった。

 

 

フリー後のメダリストプレカン。ちょっとはロシアンズとも仲良しになれたかな(オカン目線…)

 

フリー後プレカンからジュンファン部分をアップしてくださった方が。マイクに「アー、アー(自分でクスッ)」がかわいすぎますねーー(そしてアリエフくんの無表情^^;) 「この大会では、すべてのジャンプ、スピン、振付に力を注ぎました。今年は初めてのJGPで、初めてのファイナルでした。ショートでもフリーでもミスをしてしまいましたが、いい形で終わろうと努力しました。演技という点ではよかったと思います」(((゚Д゚≡゚Д゚))) (*^_^*)

 

 

エキシは一昨年からの継続なんですね。ハビエルは世界選手権で新エキシを披露することが多いので、もしかすると同じ方式かな? フィニッシュポーズでは足元がぐらついてしまい、きゃvネコ←こんな顔で笑ってましたね〜〜♪

 

アレックスのツイより。

 

ロッカールームでは孤独だったり、ミスが出たSPの後には涙目になっていたというジュンファンくんですが、最後は笑顔いっぱいで終われてよかったよかった。彼は集中力がとても高いそうですが、オーサーによるとそれが時に「害」になるのだそう。もっと周りを見て試合を楽しむ余裕を持ったほうがいい演技ができる選手なんですね、ほお〜。

来季はシニアに上がることが確実なので、これが最初で最後のJGPFになるでしょうか。今回の経験はきっと今後に生きてきますよね。

帰国のニュースは来ていないようなので、おそらくそのままクリケに帰ったのかな? 次の舞台は1月の韓国ナショナル。またさらに成長した姿を見せてくれるのが楽しみです。ファイティン!

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 06:04 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん

ガッツリ読み応えのある記事をいつもありがとうございます。
GPF終わっちゃいましたね〜。
ジュニアもシニアもすごく楽しんで観戦させてもらいました。
選手達には感謝です。

ジュンファンにはできればロシア表彰台独占を阻止してもらいたかったので、私が勝手に力が入ってのドキドキ応援状態でした。
しかし韓国の友人によれば平昌の注目スターですごく話題だけれど相変わらずプリンス版ヨナ扱いだそうです。

身体つきや身長のスピード成長変化に驚くけれど
EXの時、最後ふらっとして笑った顔が可愛かったーー!

本当にこれからも目が離せません。
ヘアスタイルもいつ変わるかも含めて…。

| hannah | 2016/12/16 12:19 PM |
>hannahさん、コメントありがとうございます。
私もジュンファンくんの表彰台は固いと思っていたのですが、SPのいきなりのミスにはヒヤヒヤしちゃいました。いろんなことが初体験だったでしょうから、相当緊張したでしょうね。でも、やっぱり柔らかでなめらかな表現は魅力的でした。

>プリンス版ヨナ扱い

そうみたいですね。彼にとっては名誉なことでしょうけど、これから活躍すればするほどその称号がついてくるんでしょうね。
エキシの最後は本当に可愛かったです。漫画みたいな逆三角形の口で笑うんですねぇ。
ヘアスタイルは…あまりにもかまわなすぎでした。昔芸能界にいたとは思えない^^;
| たら | 2016/12/17 1:11 AM |
たらさん、素敵な記事の翻訳ありがとうございました。しかも動画や写真の補足のお蔭で臨場感倍増です。可愛かったり切なかったり…でもホント、最後は笑顔で良かったです。エキシビション、伸び伸び滑ってたし(凄いスピード!)、本人も楽しそうで良かったですね。プレカンのきょろきょろにこにこの絵、わかります。初々しい。漫画みたいなマイクテストと言い、あり得ないくらい可愛い。中学生が初プレカンで堂々と答えてるのに可愛いなんて言うのは失礼な気もしてきますが、かわゆいものはかわゆいので仕方ない。

メダルをとったことは素晴らしいことなんだよと説明されてやっと少し笑顔になったという話、ホッとしました。狙っていたのは金メダルでしょうし、ミスは悔しいでしょうけど、彼の周囲の人々(特にお国の方々)が結果を暖かく受け止めてくれたようで嬉しいです。正直言うと好きな選手でも成績は割とどうでも良いのですが(何しろ歴代で一番好きな男子選手がブライアン、女子選手が伊藤みどりちゃんなので、成績は望まない癖が…)、選手自身が幸せであるよう願う気持ちはやはり消えないので。

そしてミスは有っても素晴らしいフリーでしたよね!
最初のコンボ後の弦を鳴らすメロディに合わせた身のこなしの艶やかさ(首の使い方も上手い!)といい、ボーカルが入ってくるところの情感といい、選考会で初めて見たときはここまで素敵なプログラムになるとは予想できませんでした。当初は振り付けをこなすのに精一杯(要素の入りも含めて難度上げ過ぎだったせい?)という印象でしたが、白鳥の湖やポルウナカベサで感じたようなジュンファンくんらしい間の取り方がしっかり活きるようになってきましたね〜。お見逸れしましたジュンファンくん&デビッド・ウィルソン!
いや〜、ホントにこれで15歳!? 中学生!!?
| p豹 | 2016/12/18 11:44 PM |
(続きです。)

アリエフくんも素晴らしかったですね。私的に今季ジュニアではトルガシェフに次いで滑り自体が見応えある選手です。(でもトルガシェフくん、私が思うほど高いSS貰ってないので、私の感覚は当てになりませんが。)
スケーティングだけでなく、クワドを1本に減らしたアリエフと2本に増やしたサマリン、前者はGOEが上がり後者は下がったのが明暗を分けたのかもしれませんね。(昔は青い軍服のひよこだったサマリンくんも応援してるし、チャレンジする姿勢には好感持ってるんですけど…。)
しかしアリエフくん、陣営の戦略がいろいろと当たったようですが、ジョシュ・グローバンにしてくるとは。(仮面の男より長所を活かしてるのは間違いないけど。)技術的な優劣は別として、私はジュンファンくんの表現が好きなんだなぁと実感しました。

ちなみにGOE合計ではジュンファンくんも負けていないどころか6人の中で目立って高かったのですね。特に、ゆったりと大きくて美しい4S、挑戦初年度で二度も+2を出してるのは立派ですよね!
ここから+3に上げていくには長い助走をどうにかしなきゃだとは思いますが、まだ15歳ですから心配はしてません。たらさんもinformationにリンクして下さっているGOEガイドライン、ジャンプ評価基準の4〜8番は文句無くマルが付くと思うんですけど、1〜3番のどれかにもマルが付かないとマル6個以上(+3の基準)にならないんですよね。数年かかってもおかしくないけど、クリケの先生方の工夫とジュンファンくんの頑張りに期待。
高スコアを求める訳ではないのですが、やはりプロトコルはジャッジからの叱咤激励アドバイスだと思うので大事。ドイツ大会の記事にコメントしそびれましたが、あのときの3AのUR判定も、ジュンファンくん自身は改善課題として前向きに受け止めたらしいのが嬉しかったです。(正直私も足りてるように見えたのですが、ジャッジは生で、スロー再生もお茶の間のより性能の良いモニターで見てる訳ですしね。動画にジャッジ批判コメを付けていた人達もジュンファンくんの姿勢に倣ってくれると良いですね。)
それに、自由に表現するためには助走は短くないと。今の3Loや3Fみたいに、難しいだけでなく音楽表現としても素敵な入りでクワドも跳べるようになって欲しいです。いずれは。
…って、また要望が年齢比過大になってきましたが、たらさんのところに願い事書くと結構叶うんですよね〜。

そう言えば(ヒドイ)、今日はブライアンの誕生日。ブライアンGoGo! 今日からは四捨五入すると還暦。可愛い教え子達のためにも健康でいてね。教え子さん達もブライアンのためにも健康でいてね。
| p豹 | 2016/12/18 11:56 PM |
>p豹さん、いつもながら拙記事よりもはるかに充実したコメントをありがとうございます!

>正直言うと好きな選手でも成績は割とどうでも良いのですが

はは、私もちょっと似たところがあります。私がいくら頑張っても結果は選手たちが出すものであって、その結果を選手がどう受け止めてどう戦っていくのか、それを見せてもらえるのがたまらなく魅力的!というタイプなので、ファンとしてはいいファンとは言えないかもしれないです^^;
それでも、好きな選手には幸せになってほしいから、世界ジュニアでは今回悔しい思いをした分を取り返してあまりある結果が出たら最高だな!と思ってます。
ジャンプもスピンももともとちょっと難ありだったのが、短期間でGOEをかせげるようになったのは本人の資質と努力はもちろんですけど、やっぱりクリケットってすごいなあ思いますよね。
その後出た記事によると、やはり今回は韓国には帰らず、トロントに直帰したようなので、きっとこれからいろんな対策を練りつつ、さらにブラッシュアップしてくるんだろうなあと楽しみでしかたありません。
(あと、エキシの衣装。あれ、普通のシャツですよね? 肩のサイズが合ってないし裾もはみだしてしまい、せっかくの彼の美しいラインが台無しだったので、衣装は変えてくださいねブライアン先生)
韓国ナショナルの頃にはまた意味なく長文な記事(笑)をアップすると思いますので、またお立ち寄りいただけたら嬉しいです!
| たら | 2016/12/20 10:55 AM |
こんにちは。
恐らく、ジュンファン君は、年明けの国内戦で、来年の世界ジュニア選手権の出場権を取ると思います。そして、たらさんも、先刻ご承知のように、ジュニアの国内戦で、優勝して、世界ジュニア選手権の出場権を取った、友ちゃん事友野選手は、シニアの国内戦のFSで、4Sを成功させたので、世界ジュニア選手権のFSで、ジュンファン君と友ちゃんの4S対決を楽しみにしています。
ところで、体操界では、五輪前年の世界選手権では、五輪シーズンの年齢制限に合わせて選手を派遣をする、つまり、五輪前年の世界選手権の時には、年齢制限に引っかかっていても、五輪シーズンに年齢制限をクリアしていれば、出場可能というシステムを取っています。これをスケート界に適用すれば、来年の世界選手権は、ジュンファン君も、出場出来ることになるので、体操界のシステムを、スケート界にも適用して欲しいと思います。尤も、来年の世界選手権で、ジンソ君かジュンヒョン君で、韓国男子の平昌五輪出場枠が取れなくても、来年のネーベルホルン杯で、ジュンファン君が、その枠を取るでしょうが、体操方式なら、来年の世界選手権で、ジュンファン君が、早々に、その枠を取って来そうですよね。
| Disney 鴨 | 2016/12/27 12:44 PM |
>Disney鴨さん、コメントありがとうございます。
来年のネーベル! もう先を見据えていらっしゃるDisney鴨さん、さすがです。
来年のワールドにジュンファンくんが出ることができたら、とは韓国スケート界・ファンの誰もが思っているでしょうけど、仮にもしそうだったとしたらジュニアにもシニアにもひっぱりだされて大変な負担になっていたかもしれないなあ〜とは思います。
友野くんもですけど、きっと出てくる(と個人的にすごく期待している)ヴィンセントも4S持ちなので、そのあたりも楽しみですね。
でも、とりあえずは年明けのナショナルでいい結果を出せますように!
| たら | 2016/12/28 11:49 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/315
トラックバック