<< JGP横浜いまさら観戦メモ(ジュンファンくんメイン) | main | チャ・ジュンファンくん、週末のランキング大会にむけて練習中! >>
チャ・ジュンファンくん ドイツ大会優勝&JGPF決定〜!

最近はジュンファンくんfanブログと化してしまっていますが^^; とりあえず記録するべきことは記録しておかないと。…というわけで、

 

きらきらJGPF進出決定おめでとう〜〜〜!きらきら

 

 

みごと2大会優勝。スタンディングでは惜しくも総合点でサマリンくんに届かず2位だったけれど、ジュニアデビューシーズンにこれはすごいこと。いやあ頼もしすぎて、一気に遠いにところへ行っちゃいそうで寂しくもありますが、まずは本当にめでたい! そして今回もすばらしい演技でした。

 

取り急ぎ、SPとフリーの演技解説と優勝後インタビュー訳です。

 

 

 

SPは横浜の超無表情から一変して笑顔はじけるプログラムになりました。いや、はじけすぎてちょっとムリクリ感がなきにしもあらず(笑)ですけど、体や手足も前回より勢いよく、大きく動けていて、横浜から短期間の間にこれほど修正できる能力にびっくりです。

残念ながら3AがURとなり、横浜より点が伸びませんでしたが(それにしても、この動画にさっそくジャッジ批判コメがたくさんついていて、ちょっと心配…まだジュニアだしジャッジは大会によって違うのだから、あんまりカリカリしないでほしいなあと思うのは甘いのでしょうか…)でもPCSは上がりましたね。(SPプロトコル→

 

テッドさん解説「すばらしい演技でした。多くの選手は自分が何をやるべきか考えなくてはなりませんが、彼はまさにそれをしていました。全くためらないがなく、プログラムを通して強い主張と積極性が見えました。すばらしいテクニックを見せるだろうとは確信していましたが、パフォーマンスというレベルでは、私の意見では(あまり自分の意見は言いたくないのですが)横浜大会より2倍よかったと思います。プログラムもいいし、スケーティングスキルもすばらしい。振付の実施という面でもハイレベル。この3Lzの幅を見てください。3Aはチェンジエッジから、腕と脚を引き締めてスナップをきかせて跳びあがり、クリアなランディング後フリーレッグを伸ばしています。確かな技術です。ウォーレイとブラケットからの、ためらいがなく勢いある3Lo。顔の豊かな表情を見てください。ずいぶん向上しました。楽しいプログラムを、今日は楽しく見せていました。どうやら3AはURとなったようですね。得点は76.82。「シーズンベストではないけど、それでもかなりいい点だ。大丈夫だよ」とブライアンが言ってますね。すばらしい演技でした。

 

 

↑ SP翌日の韓国SBSスポーツニュース。ジュンファンくんのコメント入り。「アクセルジャンプで着氷が少し揺れたのが惜しかったです。フリーではもう少し気をつかって、きれいに降りられるよう努力します」みたいなことらしいです(ソース)本人はアクセルの着氷がよくなかったと認識しているんですね。

 

 

フリーの6分間練習で一度も成功できなかった4Sですが、本番でもパンクしてしまいましたね。それでもミスをまったく引きずらずに直後にでっかい3Aを決め、終盤の3連も含めて横浜よりしっかり演技できた気がします。このあたりがオーサーが言っていたメンタルの強さなんでしょうね。それにしてもジャンプの着氷の柔らかさと、降りた直後に腕をふわりと広げる動きの美しさがたまりませんね〜❤(フリープロトコル→

 

テッドさん解説「横浜では技術的にパーフェクトなフリーでしたが、僕は”もっとパフォーマーとして成長する余地がある”とコメントしていました。今日は技術的にはミスは出ましたが、演技という面ではずっと高いレベルで、音楽ともより協調した演技でした。このインテリジェントな(よく考えられた)プログラムにおいて、彼は十分な空中時間をとれるよう調整しながらジャンプを跳んでいました。最高の出来というわけにはいきませんでしたが、しっかりした着氷をするためにもっともふさわしい調整をおこなっていました。あと選手がひとり残っていますが、おそらく優勝でしょう。最初の3Lz-3Tは、ほかの人ならいいジャンプでしょうけど、彼の着氷を数々見てきた僕にとっては、ちょっと着氷が不安定でした。それでもすばらしいのですが。抜けた4Sは、コーナーを回るときに体の各部分をうまくまとめあげることができず、体が持ち上がりませんでした。すぐに気を取り直して3A、回りきって2Tをつけています。プログラムの進行を考えながら、自分がやらなくてはならないことを確実にやっています。2番目の3Aでは、空中で十分に時間をとれるよう、さらに高さを出すことができています。プログラム後半ではより楽にジャンプが跳べていますね。3Fから、3F-1Lo-3S。いまやすっかり自分をコントロールできています。完璧ではなかったものの、とてもインテリジェントな演技でした。身体的な才能があるだけでなく、とてもインテリジェントなスケーターでもあります。横浜で出した160.13には届かないでしょうが、それでもかなりの点が出るでしょう。143.72、総合220.54で1位に立ちました。ブライアンが"That's right."と言っているように、今日の演技にふさわしい点でしょう。

 

 

 

【フリー後テッドさんインタビュー】

テッド「ドイツ・ドレスデン大会の男子優勝、ジュン・ファイチャイです。(相変わらず正しく発音できないテッドさんに、ジュンファンとオーサー、ともにニヤニヤする)総合220.54点。有名コーチのブライアン・オーサーにも来てもらっています。(ジュンファンに)今日はどんなことを考えて演技したのか教えてくれる?」

ジュンファン「ええと、今日は…まだよくわからないんですが、プログラムについては…今日はちょっと緊張していました。だからジャンプでたくさんミスをしてしまいました。ジャンプ以外のところでも」

テッド「最後までがんばり抜いたと思いますよ。すべてがうまくいった横浜大会のようにはいかず、今日はちょっと苦労したけれど、よくやったと思います。(オーサーに)今日のようなプレッシャーの中で戦った彼の演技をどう思われます?」

オーサー「彼は明らかに緊張していたよ。横浜ではとてもいい演技ができたからね。僕が思うに、横浜にはとてもエネルギーが満ち溢れていたんだ。試合自体にも、会場にも、大きなエネルギーがあふれていた。(うんうんとうなずくジュンファンくん)それがここではちょっと足りなかった。僕が見ていた限り男子フリーはちょっと今一つな演技が続いていた。そんな中でがんばって戦いぬかなくてはならないんだ。彼は今や(ジュニアの)世界最高点保持者だから、そのことを常に意識してしまう。もっと上を目指さなきゃと思ってしまうんだ。でも僕は彼を誇りに思うよ。ミッションを達成してファイナルを決めたんだからね。今後は少し時間があるから、僕らはここから積み上げていく。彼には来週、韓国で大きな大会も待っているからね。ただ前に進んでいくよ」

テッド「間違っているかもしれませんが、演技面で横浜と今回とで大きな違いがあったように思ったんです。僕は彼は技術的にはすばらしく美しいけど、演技的には伸びしろがあると言いましたが、今日のSPはすばらしかった。前回の大会以降、演技面を伸ばすために何か努力してきたことはあるのかな?」

(オーサー、ジュンファンに答えなさいとジェスチャーする)

ジュンファン「日本の横浜大会のあと、僕は…(笑)」

(オーサー、顔の前で人差し指を回す)

ジュンファン「そうです、顔です(笑) 顔の表情を出すように練習しました。あと振付とか、もっとジャッジとアイコンタクトを取ることとか。日本ではそれらの部分が足りませんでしたから」

テッド「その点は明らかによくなっていたよ。僕にもはっきりわかったし、本当によくやったね。おめでとう。前回も言ったけどオーサー先生はきみのキャリアにおいて、きっとすばらしい導き手になってくれるよ。優勝した韓国のジュン・ファンチャイ選手でした」

(ジュンファンとオーサー、顔を見合わせて笑う)

テッド「もっとうまく発音できるようにならなきゃいけないね。正確にはどう発音すればいいんだい?」

ジュンファン「ジュン ファン チャ」

テッド「ジュン ファン チャイ」

ジュンファンとオーサー「チャ」

テッド「チャ、ですね。どうも下手だな(笑) ともあれ優勝者インタビューでした」

 

 

…何度やっても全然発音できないテッドさん(笑)ですが、フリー解説で3度も「インテリジェント」という言葉を出されていたたのが印象的でした。おそらく自分の課題やプログラム全体のことを考えながら滑ることができていること、自分の体の位置や着地を意識しながらジャンプしていることをとても高く評価しているようです。

 

ところで、今日出たこの記事によると、実は試合の前に右足(右脚?)を負傷していたそうです>< 練習からジャンプの調子が万全ではなかったのは、そのせいだったのかな…。

でも明日には久しぶりに韓国に戻って、予定どおり来週14〜16日におこなわれる「ランキング大会」(年明けに開催されるナショナルとあわせて、国家代表を決める大会なんだそう)に出るそうです。くれぐれも無理しないでおくれよ〜と思ってしまうオカン心。

これからきっと注目度もはんぱなくなるでしょうけど、マルセイユGPFにむけてステイヘルシーでいい準備ができますように! ファイティン!手

 

…というわけで個人的に興奮しすぎたJGPも終わり、これからは少しは落ち着いて通常ブログに戻りたいと思います(笑)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:チャ・ジュンファン | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/310
トラックバック