<< ジョシュア・ファリス、引退。 icenetworkインタビュー | main | チャ・ジュンファンくんの2016JGP選考会 SP首位&オーサー・インタビュー >>
長洲未来、ウィルソンとの新プロづくり Part1「選曲」 icenetworkより

icenetworkから未来ちゃんの新プロ情報出ましたね! ジェフ振付のSPはまだ曲は不明ですけど、フリーはウィルソン振付で、曲は「The Winner Takes It All」だそう。
タイトルを見てピンとこなくても、『ざうぃなーていくさろ〜〜!』のサビを聞けば、あれかーと思う人も多いのでは? 1970年代に全世界で一世を風靡したスウェーデン出身のコーラスグループABBA(正しくは2文字めのBは左右逆向きなんですよね、懐かしい…)の代表曲です。

ただし、ウィルソンが選んだのは、やはりスウェーデン出身の現役歌手サラ・ドーン・ファイナーが歌うバージョンだそう。

 

 

この未来ちゃんの新フリープログラムがどのように選曲、振付され、磨きをかけていくのか、そのプロセスを追うコラムがicenetworkに連載されるそうです。全部で何回になるのかわかりませんが、1回目の今回は選曲のお話です。

 

元記事→Creating the Program: From 'Avatar' to ABBA by Sarah. S Brannen

 

 

 

プログラムをつくる:『アバター』からABBAへ

 

長洲未来はまだ23歳という若さだが、選手としてはもうベテランだ。シニアに上がって以降の9年間、ローリー・ニコルから同じチームUSAのアダム・リッポンまで、何人もの振付師と仕事をしてきた。

 

長洲は最近トロントを訪れて、2人の振付師と新しいプログラムづくりに取り組んできた。1人はデビッド・ウィルソン。6月末にフリーの振付をおこなった。もうひとりはジェフリー・バトルで、今SPの振付をしている最中だ。SPもフリーも、使う曲が決まったのは振付を始めるほんの数日前だったという。

 

「今シーズンの曲を決めるのはすごく大変だったわ。自分がどの曲で滑りたいという希望が全くなかったから」長洲はそう話した。「スケーターと振付師の両方にとって、ぴったりくる曲じゃなければならないの。振付師だって、自分の琴線に触れない曲から何かをつくりだすのは難しいものだし、スケーターにとっては、私はいつも自分に問いただすようにしてるの。『この曲をシーズン中毎日、自殺したくなることなく聴いていられるかしら?』って」

 

長洲は一時期、映画『アバター』の音楽を使いたいと考えていた。だが、コーチのトム・ザカライセックに止められてしまったのだという。
「アバターの音楽をつくったジェイムズ・ホーナーはすばらしい作曲家だし、映画そのものも映像が美しい作品だから、プログラムを作る上でイメージを作りやすい曲なんじゃないかと思ったの。でも残念ながら、トムにあっさり却下されたわ。『古典的な曲じゃないから』のひと言でね。ちょっと傷ついたけれど、こういうことは理由があってそうなるものだから」

 

ウィルソンは最初は『アバター』を使うことに賛成していた。だが、ザカライセックコーチに却下されたことを長洲から聞くと、彼女が振付のためにトロントにやってくるまでに、あわててほかの曲を探したのだという。
「僕は『わかった、すぐ探すから!』って答えたよ」ウィルソンは笑いながら話した。「そこで、ストックしてある音楽を調べてみると、なんとそこにこの曲があったんだ。石炭の山の中でダイヤモンドを見つけたみたいだったよ。それがこのすばらしい歌の、すばらしいバージョンだったんだ」

 

ウィルソンが発見したのはアバの「The Winner Takes It All」で、スウェーデンの歌手サラ・ドーン・ファイナーが歌うバージョンだった。ウィルソンは数年前にニューヨークでミュージカル『マンマ・ミーア!』を見たことがあった。実は見る前はそれほど乗り気ではなかったのだそうだ。【*『マンマ・ミーア!』はアバのヒット曲22曲でつづられるロマンティック・コメディ作品】
「僕は特にアバのファンじゃなかったからね。それほど期待もせずに劇場に座っていた。ところが、この曲が流れてきたら、号泣してしまっていたんだ。誰もがみんな泣いていた。この曲にはそんな作用があるんだ。だから、とても感動的なプログラムになるんじゃないかな」

 

ウィルソンは長洲がカナダにやってくる前日に、この曲をメールで彼女に送った。メールのタイトルは「To Die For(最高)」だった。長洲から来た返事は「すごく美しい曲。涙が出ました」。それはウィルソンが望んでいたとおりの返事だった。こうして、回り道はあったものの、最終的にフリーの曲はすんなりと決まった。

 

長洲はこの曲のメロディーだけでなく、歌詞にも共感したのだという。2008年に全米女王に輝き、2010年バンクーバー五輪では4位に入賞した長洲だが、その後は失望の連続だった。2008年以降は大きな大会での優勝は遠のき、2014年のソチ五輪は国内選考に落ち、出場することができなかった。

「それ(The Winner Takes It All=勝者がすべてを手にする)は当たり前のことです。でも、時には勝者になれなくても、人は前に進んでいかなくちゃいけない。これは耐えることを歌った曲だと思うの。彼女の歌もすごく感情にうったえかけてくるわ」

 

「気になっていたのは、この歌を受け入れる勇気が未来にあるかどうか、ということだったんだ」ウィルソンは話す。「これは彼女のためにあるような曲だ。彼女のような人、彼女のような経歴を持つ人でなくてはならない曲なんだ。自叙伝的なプログラムを滑るのは難しいものだけどね」

 

アバの失恋の歌として有名な「The Winner Takes It All」だが、サラ・ファイナーが歌うバージョンは、冒頭はアカペラで始まり、サビが数回経過してから熱唱に変わっていく。よく耳にするアバ版に比べれば全体的に静かなバージョンで、後半から徐々に高まっていき、最後にドラマチックなラストを迎える。フリーの4分間より短い曲であるため、ウィルソン自身がピアノの間奏パートを作曲し、4分に合うように編曲した。

 

「特に、冒頭の歌詞に共感したの」と長洲は話す。「こんな歌詞から始まるの。『I don't want to talk about the things we've gone through(いろんなことがあったけど、その話はしたくないの)』すごく共感するわ。なぜなら、個人の胸のうちにしまっておきたいことって時々あるから。スケートってそういうものだと思っているの。演技はみんなの前でするけれど、練習は個人的におこなうものだもの。スケーターとして、とても身近なことだと感じたの」

 

スケーターの中には、プログラム用の曲を探して常に音楽を聴いている者も多いが、長洲の場合はそうではない。ある曲を聴いてプログラムに使えるのでないか思うこともあるが、彼女にとってはそれほど重要なことではないという。振付師と共に一から曲探しにかかわる選手もいるが、彼女は最終的に決まった曲を提示されるだけでいいのだそうだ。

「でも、選手と一緒に部屋に座って、何時間もいろんな曲を聞かせる振付師もいる。今はボーカルが解禁されて選択肢が広がったわ。スケートのおかげで、自分では絶対に聴かなかったようなたくさんの曲と出会うことができた」

 

一方のウィルソンは、ほとんどの振付師がそうだが、いつも音楽のことを考えている。スケートに合うのではないかと思った曲は記録しているのだそうだ。
「週に2人とか3人の振付をするとなると、基本的に常に曲を探し続けている状態だ。すばらしい曲だと思っても意図に合わない場合だってある。だから、ここ5、6年の間に見つけた音楽のリストを作ってあるんだ」

 

長洲とウィルソンは、先週1週間かけてフリープログラムを完成させた。2人とも結果にはとても満足しているという。

「人生の意味を表現したすばらしいプログラムよ。みんなに共感してもらえると思うな」長洲はそう語る。「個人的には(2015-16シーズンのSP)『Demons』にすごく思い入れがあったの。『Demons』は泣けるプログラムだったと思うけど、このフリーも、もし私がいい演技ができたら、それよりもっといいプログラムになると思っているわ」

 

「この歌を聞けばわかる。聞く者を引きこむ歌詞だよ」とウィルソンも言う。「人生で待ちかまえている試練。そんな試練にあっても、けっしてあきらめないこと。自分の望みをかなえようと力をつくすこと。本当にすばらしい歌だよ。この歌に共感できない人間はこの地球上に1人もいないだろうって本気で思っている。とても感動的なプログラムになる気がするよ」

 

 

2016ボストン・ワールドでの『Demons』。未来ちゃんがこのボストンの会場に戻ってきたのは、ソチ選考に落ちてしまった2014全米選手権以来でした。この『Demons』大好きなプログラムだったなあ。ステップシークエンスで沸き起こる歓声に涙…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あひゃネコ 未来ちゃんといえば、14歳で全米優勝。バンクーバーで4位になり、直後のトリノワールドのSPでは、真央、ヨナ、美姫などがいる中で1位(総合では7位に落ちてしまったけど)になって、これから世界のトップに躍り出てくるんだろうなと思ったら、怪我があったり複数のコーチと長続きしなかったりで何年も不振続き。

ソチ選考がかかった2014年全米ではようやく3位になったのに、アシュリーにもっていかれてソチ落選(その当時の拙記事です)。その上さいたまワールドにも選ばれず、ファンの怒りと涙を誘い……と、本当にいろいろ浮き沈み(いや、沈んでいる時期のほうが長かった……)があった選手。

 

ソチ選考で落ちた後の涙のエキシ以来、私の中では自動的に涙腺のスイッチを押されまくってしまうスケーターなのですが、これは今季のフリーにも泣かされることになりそう(;_;)

「彼女のような経歴の人にしか滑れない曲」というウィルソンの言葉も、社交辞令ではなく、本当に心から言っているような気がします。

 

最後になりましたが、未来ちゃん版「The Winner Takes It All」の歌詞を訳してみました。
 
"The Winner Takes It All"

 

I don't wanna talk, About the things we've gone through
Though it's hurting me, Now it's history
I've played all my cards, And that's what you've done too
Nothing more to say, No more ace to play


話したくないの 今まで2人の間にあった様々なこと
つらいけど 今となってはもう過去のこと
私は手元のカードをすべて使い果たした あなたも同じよね
これ以上言うことなんてない もう切り札は残ってないの

 

The winner takes it all 
The loser's standing small, Beside the victory
That's her destiny


勝った者がすべてを手にし 
負けた者は勝者のわきで小さくなってる
それが敗者の運命だもの

 

I was in your arms, Thinking I belonged there
I figured it made sense, Building me a fence
Building me a home, Thinking I'd be strong there
But I was a fool, Playing by the rules


あなたの腕に包まれて 私の居場所はそこだと思ってた
それが当たり前だと思ってた 自分のまわりに柵を作って
そこが自分の家だと思ってた そこなら私も強くなれると信じて
でも私がバカだった 勝ち負けのゲームをしていただけだった

 

The judges will decide, The likes of me abide
Spectators of the show, Always staying low
The winner takes it all, The loser has to fall
It's simple and it's plain, Why should I complain?


決めるのはジャッジたち 私たちはそれを受け入れるだけ
ショーの観客は いつも黙って見てるだけ
勝者がすべてを手にし 敗者は倒れる
簡単なことなの 文句なんて言えるわけない

 

I don't wanna talk, If it makes you feel sad
And I understand, You've come to shake my hand
I apologize, If it makes you feel bad
Seeing me so tense, No self-confidence
But you see
The winner takes it all, The winner takes it all...


もう話すのはやめるわ あなたがつらくなるでしょうから
わかってる あなたは別れを言いに来たのよね
謝るわ こんなに緊張しきって

自信をすべて失った私を見て あなたがつらくなるなら 
でも そうなのよ
勝者がすべてを奪っていく、勝者がすべてを奪っていく…

 

 

…ああ、訳詞ってほんと難しい(゚∀゚;)

ようは、愛し合っていたと思っていた男を他の女に奪われた失意の女性が、恋愛も人生もゲーム、私は負けたのよ…と嘆いている歌なのですが、期せずして比ゆ的ですが「ジャッジ」とか「観客」などの言葉が出てきますね。未来ちゃんが歌詞を聴いてスケートを重ねあわせたのも、すごくわかる気がします。

 

第2回は、未来ちゃんとウィルソンの振付セッションについてのお話だそうです。

 

 

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:北米女子 | 16:49 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん今晩は。更新ありがとうございました。

久々に未来ちゃんの涙のエキシ拝見しました。悲しみの中の精一杯の笑顔が健気でしたね。演技も凛としてすばらしいものでしたがあのときの彼女の胸中を思うと今でも胸が締め付けられます。

未来ちゃんがABBAの曲を使用すると聞いてはいたけれどこの曲だったんですね。実はマンマミーアが好きでしてCDも持ってます。でもこの曲の歌詞の内容がここまで深いものだとは知らずに聞いてました。人生ってうまく行くことばかりじゃない、勝者なんてほんの一握り、でも人は前を向いて進んでいかなきゃならない。その通りですね。長い停滞から浮上しつつある彼女にふさわしいプログラムになることを祈ってます。

またの更新たのしみにしております。
| ちゅらら | 2016/07/08 9:04 PM |
>ちゅららさん、コメントありがとうございます。
本当にあの涙のエキシは、演技自体もすばらしかったですよね。あの澄んだ美しさはぎりぎりの感情から生まれたものだったのでしょうか…。
私も「マンマミーア」の舞台を見たことがありますが、あの作品のような「いろいろあるけど最後はハッピー!な」結末が未来ちゃんにも訪れてほしいなあと思います。
| たら | 2016/07/09 11:49 PM |
こんにちは。
未来ちゃんに関しては、たらさんは、言及されておられませんでしたが、この秋のGPSで、再び、2試合与えられて、良かったです。
ところで、アメリカ=一発選考と思い込んでいたので、たらさんも、ご存知のように、ソチ五輪前の国内戦で、未来ちゃんが3位、ワグナー選手が4位だったので、未来ちゃんは、ソチ五輪に来るけど、ワグナー選手は、バンクーバー五輪に引き続いて、ソチ五輪も、五輪前の国内戦の順位が、1ランクオーバーしたために、来れなくて、可哀想にな、と思っていました。それが、たらさんの記事にあったように、アメリカも、実績選考になっていたために、ワグナー選手が、ソチ五輪の枠に入って良かったと思いましたが、バンクーバー五輪経験者の未来ちゃんを枠から落と未経験のエドモンズ選手を枠に入れたことには、納得出来ませんでした。実績選考を謳うのなら、ここは、エドモンズ選手より、未来ちゃんでしょ、と思いました。だから、先の4大陸選手権で、未来ちゃんが、5年ぶりに、銅メダルを取れて、嬉しかったです。未来ちゃんには、是非とも、平昌五輪に、行って欲しいです。
なお、未来ちゃんの記事なのに、怪しからんコメントで申し訳ありませんが、未来ちゃんが、今回、FSで滑る曲の歌詞を読ませて頂いたとき、バンクーバー五輪のポストシーズンから、3年連続で、世界選手権の代表だったのに、シニア昇格1年未満のハン選手に、ソチ五輪代表枠を持って行かれ、遂には、五輪未経験で引退となられた、ナン・ソンさんの事が、思い出されて、切ない気持ちになりました。
ともあれ、未来ちゃんには、ソチ五輪落選の時の辛かった経験があるので、未来ちゃんが、その事を連想させる曲で滑るFSを楽しみにしています。
| Disney 鴨 | 2016/07/11 4:02 PM |
>Disney 鴨さん、コメントありがとうございます。
ソチ五輪選考は本当に悲喜こもごもでしたよね。アメリカの場合、伝統的に全米の表彰台で一発選考が多かったですが、そのためにかえって実力のある選手が落ちて、枠を失ったこともありました。
その反省から、アシュリーを入れて未来ちゃんを落とすという選考になったのでしょうし(1、2位の選手は文句なしで決定でした)、ソチ女子の結果を見るとアメリカスケ連の選考はある意味正しかったのだと思います。
それでも…ね。未来ちゃんの3位に入った最高の笑顔と、代表発表後の涙はつらかったですね。アシュリーに対するバッシングもひどくてアシュリーも相当苦しんだと思います。ああ、つらい…。
そんな未来ちゃんが力強く帰ってきてくれて、人生経験がにじみでるような演技をしてくれるようになったのは嬉しいですよね。今季のFSが本当に楽しみです。
| たら | 2016/07/12 4:46 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/303
トラックバック