<< ブライアン・オーサー@Skating China「僕らにはスケートという共通語がある」 | main | フローラン・アモディオ ユーロの花道 icenetworkインタビュー >>
絶賛!「NHK杯で裏づけられた羽生のすごさ」 Japan Timesから
例によって激しく今さらなんですが…いやあ、すごかったですね!
幸いにも現地であの歴史的瞬間を目撃することができた私ですが(神様ありがとうございます泣)遠征後はたまっていたあれやこれやに追われて感想のひとつもアップできず(;∀;)
でもあのフリーのことを全然書かないのはもったいないなあ、でも今さら私の駄文なんか…などと思っていたら、『Japan Times』紙の記者、ジャック・ギャラガーさんが熱例なHanyu賛歌の記事を書いてくださいましたので、これ幸いと訳させてもらおうと思います。

元記事はこちら→Hanyu’s greatness confirmed at NHK Trophy BY JACK GALLAGHER DEC 1, 2015



「NHK杯で裏づけられた羽生のすごさ」

人生では、ふさわしい時にふさわしい場所に居合わせることがある。「Ice Time」(Japan Timesのフィギュアコーナーのコラム名)にとって、先週の土曜日はまさにそれだった。

その夜、五輪チャンピオンの羽生結弦がビッグハットで成し遂げたものは、まさに信じがたいものだった。スポーツと芸術が完ぺきにかみ合った瞬間だった。
2日間で3つの世界最高記録を生み出した、NHK杯での羽生のフリー演技。それはまったく驚くべきものだった。

才能あるアスリートと、人を魅了するショーマン――羽生はその両方を兼ね備えている上に、すばらしい人格の持ち主でもある。
21世紀の日本の理想像は誰かと言われたら、私は羽生を思い浮かべる。
底知れない潜在能力の持ち主で、何をやらせても成功してしまうだろうと思わせるのだ。
1981年、読売ジャイアンツの三塁手だった原辰則が、ある投票で「日本を代表する男性」に選ばれたことがあった。日本で最も人気あるチームの、一番のスターであったことを考えれば、これは意外なことではなかった。
今なら、と考えたら、私は投票が必要とさえ思えない。もし今調査がおこなわれたら、きっと羽生が大差で選ばれるだろう。そして彼はそれにふわさしい人物なのだ。

羽生のフリーの得点は216.07。SPの106.33と合わせて、総合322.40という歴史的な得点をたたき出した。羽生は300点の壁を最初に破った選手となり、世界選手権3連覇のパトリック・チャンが保持していたそれまでの最高点295.27を大幅に上回った。
土曜の夜、会場からホテルに戻る車の中で、私はただこんな独り言を繰り返していた。
「信じらない。いや、まったく信じられない」

ほどなく、海外でNHK杯を見ていた人々から羽生への称賛の声が届き始めた。
カナダのCBCのスケート解説者、キャロル・レインはこうツイートした。
「今日、羽生結弦がフリーの最高記録を破るのを見られたことは、非常に名誉だった。名人芸とはこういうものなのだと世界に示した。#敬意」
31年間勤めた『シカゴ・トリビューン』紙を先週引退したばかりの高名なスケート記者、フィル・ハーシュも、ツイッターで自らの意見を述べた。
「もしこの演技がオリンピックでされていたら、何十年と語り継がれる語り草になっただろう」
ところで羽生の演技後の余波の中で、ハーシュと彼のフォロワーとの間でこんなおもしろいやりとりがあった。
「確かに見事でしたが、高橋(大輔)や(アレクセイ)ヤグディン、(ステファン)ランビエルに比べると、彼にはカリスマ性が足りないと思います。彼は芸術的ではあるけれど、芸術家ではないのでは」あるファンがそうツイートしたのだ。
異を唱えられて引き下がるような男ではないハーシュは、ただちにこう返した。
「彼のカリスマ性はそのジャンプとエネルギーから発せられている。1998年五輪のタラ(リピンスキー)がそうだったように。卓越したスポーツ性は芸術性になり得るのだ」

そのとおりだ。

全米で3度優勝し、現在はNBCの解説者を務めるジョニー・ウィアーも、羽生のフリー演技に感動させられたようだ。
「ユヅくん、とてつもなくすばらしい世界記録! 322点越えだなんて! 今まで誰も足元にさえ及ばなかった点だよ。ブラボー!」

幸運にも筆者は、スポーツメディアにたずさわってきた長いキャリアの中で、数々の偉大なアスリートたちの戦いぶりを生で観てきた。
サッカーのペレ(サントス時代)、ボクシングのモハメド・アリ、バスケットボールのウィルト・チェンバレン、アイスホッケーのウェイン・グレツキー、フットボールのジョー・モンタナ、野球のウィリー・メイズ。
いずれも各スポーツの偉人であり、最高の選手と多くの人に認められ、長期にわたってその名をとどろかせた者ばかりだ。
もし羽生が今後あのような演技を続けるなら、彼らの仲間入りを果たすこともあり得るだろう。

フィギュアスケートは採点競技であるため、本当のスポーツと言えるのか?という声もあるが、これは間違った議論だ。
確かにジャッジは時に間違いを犯すことがある。だが、スケーターはどこからどう見てもアスリートだ。われわれがあのフリーのようなレベルで演技する羽生を見ているとき、そのスポーツの最高峰に位置する、もっとも脂の乗った選手を目撃していることは、まったく疑いようがないからだ。
NHL(北米アイスホッケーリーグ)はあらゆるスポーツの中でも最もタフなリーグのひとつだが、私が推測するに、NHLの選手たちにヘルメットも防御パッドもつけずにリンクを全力で滑走してくれ、一度でいいから空中で4回転してみてくれ、と頼んでみたら、おそらく彼らの99%が「そんなのクレージーだ」と言うだろう。
羽生は2日間で5本の4回転ジャンプをクリーンに跳んだ。彼はアスリートではないなどと思う人間は、どう考えても現実が見えていない人間だろう。

まだ時期尚早ではあるが、オリンピックのタイトルと、シニアとジュニアの世界タイトルを持ち、これから長い未来がある羽生は、いつか史上最も偉大な男子スケーターと言われるようになるかもしれない。
これまで複数の五輪メダルを獲得したのは、スウェーデンのギリス・グラフトストローム(1920、1924、1928)と、オーストリアのカール・シェーファー(1932、1936)、そしてアメリカのディック・バトン(1948、1952)の3人だけだ。

羽生がファンとメディアに愛される理由のひとつは、彼の明るい性格、それに頭の回転の速さや一生懸命さにある。最近、世の中はどちらを向いてもネガティブな話題だらけだ。だからこそ、ポジディブなオーラを放つ人物を見るとさわやかな気持ちになれるのだ。
昨シーズン、上海で開かれた世界選手権で、羽生のリンクメイトであるハビエル・フェルナンデスが彼をおさえて優勝したとき、羽生は心からよろこんでいた。それは羽生という人間をよく示すふるまいだった。

大きなハートをもった、偉大なアスリート。

2018年平昌五輪まではもう2年と少しだ。だが、もしそこで羽生がこの土曜日と同様な演技をすれば、再び金メダルを手にし、フィギュア史上のレジェンドたちの殿堂に名を連ねることになるだろう。

彼以上にそれにふさわしい人間はいないだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きゃvネコ いやあ、すさまじいまでの絶賛っぷり! あの瞬間を目撃した高揚感そのままに書かれた感じですね。
演技だけでなく人格のすばらしさの讃え方がすごいです。えっと、ハビのワールド優勝を心からよろこんでたって、え?…ってところは若干あるものの(゚∀゚;)
ただ、「これから長い未来がある」というのがせつないです。羽生くんが平昌で引退するかもしれないこと、ギャラガーさんは知らないのかな。もし知ったら「世界的なアスリートになれるのにそんなもったいことするな!」って暴れかねない勢いですね^^;

この記事で私が一番共感したのは、正確にはギャラガーさんではなくフィル・ハーシュさんの言葉ですが、"Stunning athleticism can be artistry."という一文でした。
athleticismは日本語に訳しにくいのですが「競技性、スポーツ性」という意味。競技として卓越している場合は、それが芸術性になり得るのだと。これって、私がフィギュアに美しいなあとか、魅力的だなあと惹かれる一番の理由なんですよね。ジャンプだけじゃなくスピン、スパイラル、ステップ…フィギュアの技の美しさって、本当に比類がないと思うのですよ。
現地で見たあの歴史的な『SEIMEI』は、技そのものの美しさが冴えわたり、そこに羽生くん本人の圧倒的な存在感とエネルギーがかみ合わさって、リンク全体がその美しさと強さで包まれてしまったような、そんな『SEIMEI』でした。まあ、そう言いながら最後のルッツまでは気が抜けなかったのも事実ですけどね^^;


…最後に、記事とは関係ないですが、ハビの話が出ているので。
得点が出てキスクラから立ち上がった羽生くん。オーサーに何やらまくしたてていましたが、"I feel like same as Javi, yeah?"(ハビと同じような気分だよ。ほらあれ、わかる?)と言っていたんですね。オーサーもすぐ察して、2人で「ああ〜ああ〜ああ〜」と(笑)。
ハビが上海ワールドで優勝したときのあの奇声、あれを2人で真似ていたんですね。なんつーか、偉業を成し遂げた直後というのになんだそれ(笑) 高揚するあまりテンション上がりきってたんでしょうか。
やっぱりクリケットは不滅ですね! ハビ、これ見たかしら?
(10:29あたりから。動画の該当箇所への直接リンクは→こちら


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:羽生結弦 | 12:30 | comments(20) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
現地観戦おめでとうございます。
それと、いつも翻訳ありがとうございます。
織田くんが一生に一度見れるかどうかの演技って言ってましたが、フィギュアに携わる人がその言葉を発するという事は、本当に神の領域に値する演技だったのですね。
ところで私は、たらさんの現地での感想、会場の空気感をもっといっぱい聞きたいな〜と思いましたよ。(笑)
| 小松菜 | 2015/12/02 2:45 PM |
こんなに長文の翻訳、ありがとうこざいます。読んでて顔がほころんできました(*^_^*)あの場にいられた事、本当に幸運でしたね!
| よっこ | 2015/12/02 6:56 PM |
素晴らしい翻訳をありがとうございます\(^o^)/
何故か読み進めながらあの高揚を思い出し涙してました。
歴史的な演技を見れて幸運でした!
| めい | 2015/12/02 7:25 PM |
 たらさんこんばんわ

 海外の方が書かれたものをこんな美しい文章で読むことができて幸せです。いつもありがとうございます。
 GPFのハビの件は、ま、おいておいて^^;

 寄せられた称賛の声も嬉しいけど、たらさん自身の「存在感とエネルギー」と言う言葉が、この演技をいっそう輝きあるものに感じさせてくれます。
 


 

 
| よのにょ | 2015/12/02 8:01 PM |
たらさん、翻訳ありがとうございました。
そして、現地観戦おめでとう!
うらやましいかぎりです。

今回の記事で、私的には一番のツボは、
オーサーさんと羽生くんのハビの奇声の真似でした!
せっかく翻訳していただいたのに、そこではなくてごめんなさい。

羽生くん、敵は見えない自分だと。
こんな凄い点を出してしまうと、これからのプレッシャー半端じゃない・・・
怪我だけは気を付けて。

ところで「日本を代表する男性」の投票。
競技の人気と実績を併せ持つ野球のイチロー選手、
世界体操男子総合6連覇の内村選手あたりじゃないかなぁ。
「きっと羽生が大差で選ばれる」・・・ことはないと思う。
ジャック・ギャラガーさんも興奮しすぎですかねぇ^^;
| coco | 2015/12/02 9:06 PM |
初めまして。
以前からたらさんのブログ愛読させていただいておりました。
このたびも翻訳をしてくださってありがとうございました。
たらさんはどの選手にも愛のある語り口で素敵です。

NHK杯の羽生君は本当に凄かったですね。
ああいった奇跡的なことって起こるものなんだなあと、しばらくもぬけの殻になっていました。
たらさんの仰る『フィギュアの技の美しさは比類がない』に同感です!
よくもまあこんな競技が生まれて、進化したものだなぁと思います。

そして2人の奇声については、教えてもらうまでは全く気づきませんでした。
おかげで現実に戻れます(笑)
| turn | 2015/12/02 11:51 PM |
こんばんは。
たらさんがNHK杯の記事をアップしてくださるのを待っていました。現地観戦できたのですね。羨ましい限りです。チケット争奪戦に参戦したもののあえなく撃沈、お茶の間観戦した私ですが先週末はホント素晴らしいものを魅せて頂きました。あれを見てしまったら誰も冷静ではいられませんよね。あの演技を見た後、もう誰もこの記録を更新できないだろう、と思ってしばし脱力してしまったのですが一人だけいましたね。ウフフ‥期待したいと思います。そしていつもながら素敵で美しい翻訳有難うございました。国内ニュースでは全く伝わってこない海外の方々の熱く力強い思いのこもった記事を拝読できたことに感謝です。


追伸・ハーシュさん引退されたんですね。オリンピックの時も今回も羽生愛があふれていますね。こういう方々をも虜にしてしまう羽生君、十分カリスマ性ありますよね。
| ちゅらら | 2015/12/03 12:06 AM |
>小松菜さん
私の感想を聞きたいと言ってくださってありがとうございます。他の方々の感想を見てしまうと、なぜかもういいやと思ってしまうタチでして^^;
私は最初のポーズをとる前の、両腕を上に上げてから左右に払う動作がすごく記憶に残ってるんです。何か結界を張ったというか、あれであのリンクが何か別の空間になった気がして。とにかく最後のルッツが決まった後の会場の「ぎゃー!」がすごかったですね。そこから後はコンサート会場みたいでした(笑)
| たら | 2015/12/03 9:55 AM |
>よっこさん
本当に幸せな空間でしたね〜!
あの時は全身から汗が噴き出して、その汗が冷えて寒くて寒くて。喉がかれてしばらく声が出なかったのもいい思い出です(笑)
| たら | 2015/12/03 9:55 AM |
>めいさん
めいさんもいらっしゃっていたのですね。あの時の、後半4-3以降の会場全体の高揚感、すごかったですよね! 本当に幸運でしたよね…
| たら | 2015/12/03 9:55 AM |
>よのにょさん
お褒めの言葉、かたじけないです。
存在感というかオーラというか、自分自身を制御し、その場を完全に支配している感がすごかったです。カリスマ性が足りないなんてとんでもはっぷんですよ!w
| たら | 2015/12/03 9:56 AM |
>cocoさん
冷静なつっこみありがとうございます(笑) 「日本を代表する青年」あたりならイケるかもしれないですねw
ハビの声真似は笑いました〜。今朝ナムくんがインスタグラムにこんな投稿を。https://www.instagram.com/p/-zeHSPIKeE/ スケーターって真似っこが大好きみたいですねw
真面目な話、あんな点を出してしまったら次の試合をどんなメンタルで迎えることになるのか、ちょっと想像もつかないです。集中力を切らしたら怪我をしやすくなると言いますから、本当にそこは気をつけてほしいですよね。
| たら | 2015/12/03 9:57 AM |
>turnさん、はじめまして!
羽生くんは時々奇跡を起こす人ですけど、あのスケカナからわずか1か月のNHK杯で、こんなことが起こるとは想像もしていませんでしたよね!
パトリック、しょうまくん、ボーヤンにかなり刺激をもらったようですし、オータムクラシック前からトロントでじっくりと練習できているせいもあるんでしょうね。
奇声で現実に…ほんとですよねぇ。歴史的な神演技の〆がアレですもん!
また機会がありましたらぜひコメントお寄せくださいませ〜
| たら | 2015/12/03 12:26 PM |
>ちゅららさん
ああ、チケットだめだったのですね。今回は本当に激戦でしたもんねぇ。私は2日目と3日目だけですが、現地で観られたのは幸運でした。
あの記録を破れることができる人は、たぶん今のところ本人だけなんでしょうね。でも、羽生くんってフリーでノーミスできたのは、おそらく今回が人生初なんですよね。ということは、こんなことはもう起こらないのか、あるいは今回のが成功体験となって1段も2段もレベルアップしてしまうのか…とりあえずGPFと全日本が楽しみでたまりません!。
上に出てくる3スケーターに比べると、大人の男性らしさにはやや欠けるけれど、カリスマ性はすさまじいものがあると個人的には思います^^
| たら | 2015/12/03 12:40 PM |
現地での様子、ありがとうございます。
たらさんの記事全般の眼差しがとても温かくて好きなので、たらさんの言葉が聞きたかったので。(笑)
私も演技前のあの動作は気に入りました。
スケカナには無かったですが、すっごい良いですよね。
本当に結界を張った感じがします。
そっか〜、ルッツの後はコンサート会場だっんだ〜。
ルッツはみんなの思いというか念が物凄い事になってましたね。ご本人もルッツが決まった後の歓声が大きかった事はインタビューで言っておられて、可笑しかったです。
お忙しいところ、返信コメントありがとうございました。
| 小松菜 | 2015/12/03 2:11 PM |
たらさん、こんにちは。

たらさんの以前の記事(羽生フィーバーと陰陽師と。)で、野村萬歳さんと羽生くんの対談の話がありましたが、その映像をみつけましたのでご紹介。
すでにご存知ならば、余計なことでごめんなさい。

http://www.dailymotion.com/video/x37hupd_150922-yuzuruxmansai-%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F_sport

場を支配する、すべての動作に意味を持たせるといった野村さんの話を聞きながら、今回の羽生くんの演技がまさにそれを体現していたと感じました。

羽生くんの衣装の背中にも、SEIMEIの音楽のなかにも五芒星。
五芒星は陰陽道では魔除けの呪符。
そして、羽生くんの最初のポーズは魔除けのおまじない。
羽生晴明の魔除けが効いて、神演技になったのかしら。
| coco | 2015/12/04 6:43 PM |
>小松菜さん、再コメントありがとうございます。
録画を見直してみたら、SPの前にもあの動作しているんですね。スケカナ後に新たに取り入れた集中法なのかな?
テレビで見てもお分かりだったと思いますけど、ルッツで「ギャー!」ステップに入るところでもう一段上がった「ギャー!!!」演技直後にモニターに映った会心の笑顔を見て「ひゃああーん!」そして点が出たときにはもう「☆@*¥#$%」でした(笑)
| たら | 2015/12/05 6:54 PM |
>cocoさん、こんばんは!
リンクありがとうございます。はい、萬斎さんとの対談、録画してまして何度も見返してます(笑)
本当に今回のSEIMEIは、このときの萬斎さんの言葉が羽生くんの頭脳、心、身体を通して結実したものでしたよね!
じつは私も少し宗教的なイメージを感じていました。五芒星といい、最初の「天地人をつかさどる」ポーズといい、シェイリーンが言ったという「暗い世界を陰陽師が晴らしていく」イメージといい、どこをとっても羽生くんにドはまりのプログラムですよね。(振付師さん、来季以降大変だ…^^;)
| たら | 2015/12/05 7:08 PM |
たらさん、こんにちは。

NHK杯現地観戦、おめでとうございます!。画面から見てても
まさに…『場を司ってる』感がビリビリと伝わってきましたデス。
海外メディアの絶賛も嬉しいですねっ。昨年のハビさんのワールド優勝の時の件は… たらさんの
「え?…ってところは若干あるものの(゚∀゚;)」←コレを見て、吹き出してしまいました笑。
『卓越したスポーツ性は芸術性になり得るのだ』フィギュアの魅力そのもの…のような言葉です。
それに…結弦くんは…カリスマ性… めっちゃあると思いまするっ(^^ゞ。
シェイ様のお言葉のツイも拝見させて頂いたのですが、うおお…ワールドがホントに楽しみに♪。
たらさん、いつも素晴らしい記事を本当にありがとうございます!
にしても…3Lzって… いつからあんなに難しいジャンプになったの…か…
ひとつ前の記事の、オーサーコーチ…ハビさんに対しては かなり”大人”になったと
思っておられそう笑。結弦くんに対しては… どんな風に思っておられるんでしょうね…
NHK杯、GPFの後の今… オーサーコーチの想いを聞きたい気持ちです(^^ゞ。
 
| さく*ranbo | 2015/12/20 4:12 PM |
>さく*ranboさん、コメントありがとうございます。ご返事遅くなって申し訳ありません><
ここのところの羽生くんの覚醒っぷりは、技術的に最高レベルになってしまっただけでなく、まさに「場を司る」力がぐぐーんと増した感がありますよね!
じつはGPFも現地で観てきたのですが、リンクに降り立っただけで放たれるオーラはすごいものがありました。
本当に、オーサーがこの覚醒っぷりをどう感じているのか、すごく聞いてみたいですよね。
全日本が楽しみでしかたありませんね!
| たら | 2015/12/22 2:10 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/292
トラックバック