<< チャ・ジュンファンくん ほろ苦・新プロデビュー JGP選考大会2015 | main | 宮原知子USクラシック優勝!Icenetwork記事&知子ちゃん英語コメント >>
山本草太くん JGP初戦を前に今季の目標を語る!@Golden Skate
なんと!! 前代未聞の2日連続の更新です!!!(やればできるじゃないか、自分w)

おなじみのGolden Skateに、山本ポエ太くん…もとい草太くんの記事がアップされました。ライターは日本を拠点に世界のあちこちの大会で取材されているWei Xiongさん。Weiさんのツイッターによると、今月8〜11日の「サマーカップ」のときにインタビューをされたそう。
JGP初戦が目前に迫っている草太くんですが、そこで対戦するネイサン・チェンくんについて、今季の目標について、そして2018年五輪でひそかに胸に抱いている“夢”についてなどなど、とっても充実した記事です。

元記事はこちら→Sota Yamamoto sets sights on Junior World title




「山本草太 目標は世界ジュニア優勝」

2年前にJGPデビューした日本の山本草太は、今季、世界ジュニア選手権優勝を目標にしている。2002年ノルウェー・ハーマルでの世界ジュニアで高橋大輔が優勝して以来、日本は他のどの国よりも多くの世界ジュニアチャンピオンを生み出してきた。山本もその一員に加わることを目指している。

山本は2000年に大阪で生まれた。2006年トリノ五輪でエフゲニー・プルシェンコの演技を見て、スケートを始めたという。
「それ以来ずっと、プルシェンコ選手を尊敬してきました」と、15歳の山本は話した。「でも、彼はここ数年はほとんど試合に出ていないから、競技プログラムを滑る姿はほとんど見られなくなってしまいました。だから、ここ数年は羽生結弦選手があこがれの選手です」

実際、山本の長い手足やスリムな体のライン、大きなジャンプなどは、彼のアイドルである羽生を連想させるため、日本のメディアは山本を『羽生2世』と呼ぶようになった。だが、このニックネームは、不幸なことに彼に寄せられる期待の大きさも表している。特に、JGPで好成績を上げた(フランス大会とエストニア大会、そしてスペインでのJGPFでいずれも2位)昨季以降、期待は高まるばかりだ。

彼があこがれる羽生は、ジャンプやスピン、スケーティングスキルなど、シングルスケートのすべてのエレメンツにおいて今の男子で最高の評価を受けているが、山本も羽生のような万能型のオールラウンドなスケーターになることを目指しているという。
「すべてにバランスのとれたスケーターとして、認めてもらえるようになりたいです」そう語る山本は、生まれは大阪だが、今は名古屋を本拠地にしている。「僕のことをスケーティングスキルがいいと言ってくれる人もいれば、ジャンプの質が高いと言ってくれる人もいます。きっと僕には特別強い武器はないけれど、そのかわりバランスが取れているんだろうと思います」

そうは言いつつも、今季の課題はジャンプのレパートリーを強化することだという。昨季から入れ始めた3Aを安定させることを目指し、さらに4Tをプログラムに入れる予定だ。
「今季はフリーで4Tに1回、チャレンジしたいと思っています。そして、SPとフリーの両方で3Aを完ぺきに降りられるようにしたいです。なんと言ってもジャンプは一番大きな得点源ですから、今はジャンプを最優先しています。最初の試合でクワドをしっかり決めることも目標です」

山本は、今月はじめに滋賀で開催された『サマー・カップ』という地方大会で、今季をスタートさせている。この大会では4Tで転倒、フリーでは3Aが2本ともヌケてしまった。優勝は果たしたものの、194.56という得点と演技そのもののには「くやしい」気持ちを抱いたという。
「ジャンプではミスしてしまったし、表現面にしっかり注意を払うこともできませんでした。スピンもいつもより悪かったし。でもその一方で、これほど多くの課題が見つかってよかったと思います。国際大会が始まるまでに、その課題に1つ1つ取り組んでいきたいです」

ジャンプ以外にも、試合中に振付をしっかりおこなうよう心がけることの大切さがわかったという。
「最近の練習ではずっと、振付をしっかり意識できていたんです。でも、この試合ではジャンプに気を取られすぎて、プログラムを表現する意識が抜けてしまいました。それが残念だったし、今後もっと気をつけていかなくちゃならないことだと思っています」

昨季のバルセロナJGPFではSPでジュニアの世界最高点を出したが、今季はそのSPもフリーも、新しいプログラムに変えてきた。新SPはビセンテ・アミーゴ作曲の「ポエタ」。元世界チャンピオンのステファン・ランビエールが2シーズンにわたって使った曲だ。振付は宮本賢二だが、日本スケート連盟主催の強化合宿では、ランビエール本人からアドバイスをもらったという。

「彼からもらった振付と演技についてのアドバイスをしっかり生かしたいです。僕は抑揚のある音楽を解釈するのがあまり得意ではないんですが、このシーズンを通して向上していきたいです」

フリーはチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」。こちらも宮本の振付だ。
「2シーズン前に(ロシアの)マキシム・コフトンがこの曲で滑っていたんです。彼の演技を見て、この音楽は自分に合ってるんじゃないかと思いました。それでこの曲に決めたんです」

今季について聞くと、最大の目標は「世界ジュニアで優勝すること」と答えた。ただし、それは簡単なことではないと思うと、彼ははっきりと口にした。
「先日、アメリカのネイサン・チェン選手がシニアの国内大会に出て、フリーで4回転を2本、そして後半で3Aを降りたんです。シーズン初戦であんなすごい演技をしたということは、今季の彼はすごく強いだろうなと思います。ほかにもいい選手がたくさん出てくるだろうと思うし、自信満々などでは全然ないですね」

偶然にも、来月出場する今季のJGP初戦のアメリカ大会(コロラドスプリングス)で、このチェンと対戦することになる。チェンは昨季の世界ジュニアで4位、山本はわずか1.6点差で3位だったが、自分が有利だとはまったく思わないと山本は言う。
「去年の世界ジュニアでは、僕はフリーで大きなミスがなかったので、銅メダルを取ることができました。でも、ネイサンのほうはSPでもフリーでもミスをしたけれど、僕との得点差はごくわずかだった。だから、安心なんて全くしていられないですね」

チェンと対戦するということは、それだけJGPFに進出するためのポイント獲得が難しくなるかもしれない。だが、山本は、この対戦から何か前向きなことが学べるだろうと期待している。
「彼と対戦することで、僕のスケートの課題がたくさん明らかになるでしょうし、経験も積むことができると思うんです。だから、とてもいいことだと思っています。彼と対戦するためには…いや、“彼に勝つには”って言わなきゃだめですよね…僕は4回転と3Aを完ぺきに降りなきゃならない。ぜひそこに挑んでいきたいです」

山本の今季の目標は世界ジュニアのタイトルだけではない。シニアの全日本選手権で表彰台に乗ることも目指している。ちなみに、昨年の全日本では6位だった。
「来シーズンはシニアに上がりたいと思っています。そして、2018年の平昌五輪に出ることが僕にとって最大の目標です。平昌までの1年1年がとても重要ですし、時間はすごく限られています。今シーズンはまだジュニアですけど、その目標のためにも全日本はシニアで出て、表彰台をねらいたいと思っています」
 
各国のフィギュア男子の中で、間違いなく日本は最も熾烈な国だ。競争相手たちがどれほど高難度なプログラムをぶつけてくることになるか、山本もよくわかっている。
「無良くんや小塚くん、それに村上くんといったすばらしい選手たちがいますから。僕が彼らと対戦するには、4Tと3Aを完ぺきに決めて、SPとフリーを両方ノーミス、が最低条件になります。それができるように一生懸命練習したいと思います」

2018年五輪について、彼はさらに胸のうちを語ってくれた。
「この話はめったにしないんですけど、僕には夢があるんです。羽生くんと一緒にオリンピックに行きたいと、すごく思っているんです」

その羽生は最近、平昌五輪後の引退を考えていると、広く報道されたばかりだ。
「そのニュースは見ました。平昌に行きたいという気持ちがますます強くなりましたね。いつかは金メダルを取りたいというのが僕の夢ですけど、平昌に関しては、出場してベストの演技をすることが目標です。金メダルはその次のオリンピックで目指したいです」

とても意欲的な山本だが、今は平昌のことを考えるには早すぎることはわかっている。
「まずはこれからの試合に1戦1戦集中して、見つかった課題に1つ1つ取り組みたいです。そして、学んだことを未来に生かしていきたいですね」
最後に、彼はそうしめくくった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆう★ 意欲的(ambitious)とWeiさんが書かれているとおり、ガンガン上を目指していこうという意欲がとっても印象的なインタビューです。大きな目標はものすごく大きく(五輪金メダル!)、なおかつ目前の現実的な目標もクリアにとらえているところは、アイドルである羽生くんと同じですね。
あまりこの話はしないんだけど…と前置きして、その羽生くんと「一緒にオリンピックにすごく出たいんです。」…くうぅ…ピュアな思いに、おばちゃんはジーンときちゃいましたよ。チャンスは1回限りかもしれないけれど、ぜひぜひ実現できるようがんばってね!
そして、今季の目標。世界ジュニアタイトルは当然ねらうだろうなとは思っていたけれど、全日本表彰台を口にするとは、ちょっとびっくり。しかも、1、2位はおそらくあの2人で、攻略すべきは無良くん、小塚くん、村上くんと、非常にクリア。と言いつつ、自分はノーミスが最低条件、と冷静に現状認識できているところもいいですね。
いろんなインタビューを聞いていると、昌磨くんが他選手をあまり意識せず、自分ができることをやれればいい、というタイプなのに対して、草太くんは他選手を明確に意識して、それがモチベーションにつながっているタイプな気がします。そして、今一番の敵はネイサン! あのアメリカのブロードムーア杯での演技、やはりしっかりチェックしていたんですね。【←すみません!ネイサン、ブロードムーア杯ではクワド1本でしたね。クワド2本と後半アクセルを決めたはグレイシャー・フォールズでのこちらの演技でした。ふみどうさん、ご指摘ありがとうございます<(_ _)>】
そのネイサンと対戦するJGPアメリカ大会、いよいよもう来週じゃないですか〜。サマーカップで見つかった課題をしっかり克服して、落ち着いてのぞめるよう、心から祈っています!
ああ、ドキドキするわ…


【追記】
この記事を書かれたWeiさんが、ご自身のブログにこの記事の補足情報をアップしてくださいました! この記事には掲載されなかった草太くんとの一問一答と、ネイサンとの対戦や今季の目標、そしてオリンピックの夢を語った草太くん自身の言葉を読むことができます。私の拙訳との違いが浮き彫りになってお恥ずかしいのですが(…あらためて翻訳ってムズカシイ><...)ご本人の言葉が一番だと思いますので、まだお読みになっていない方はぜひどうぞ〜
  こちらです→Dropped Pearl

(「落ちた真珠」という素敵なタイトルのブログですね。Weiさんが取材で見聞きされたけれど記事には掲載されなかった情報を随時アップしてくださっているブログです)



6月のDOIでのポエ太くん。なんと大人っぽく変身したことよ!ランビかと思ったわ!と私も現地で驚愕したこのプログラム。ランビご本人からブラッシュアップされて、どう進化したかも楽しみなんですが、とりあえずはジャンプですよね。祈ノーミス!

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:山本草太 | 07:26 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんにちは。朝早くの翻訳ありがとうございます!

いや〜山本くんは良いですね。「気持ち良い」ところが実に良いなと思います。
スケートも気持ち良く滑りますが、何より競技に対してライバルに対しての
まなざしと熱意が爽やかで気持ち良いです。
演技がどうというより、アスリートとしてのタイプが羽生くんに似ているんですね。
才能に加えて、健全な闘争心と冷静な分析力をバランス良く持ち合わせるのは
なかなか稀なことですから、是非このまま湿らずまっすぐに成長してほしい……
まああまり心配する必要もなさそうですが(笑)

それにしても、海外メディア相手だからなのでしょうか
国内の展望についてこんなにシビアな見解が聞けるとは驚きでした。
この子は本当に本物かもしれないなあ、と感じた初めてのインタビューになりました。
読むことができてよかったです。
| aoi | 2015/08/30 12:37 PM |
こんにちは。
(今回も一番乗りしちゃったかしら?すみません拙速で…。)
いつも早速の翻訳ありがとうございます。グーグル君に頼らずにたらさんを信じて一晩待つべきでしたm(_ _)m。
ネイサンの初戦ってBroadmoors Openのことか!Glacier Fallsかと思っちゃった!(そっちは見てないかな?あれ見たらもっと火が付きそうなもんだけど…)
ええとですね。サマーカップは公式練習がなくてぶっつけ本番の試合だったんです。草太君は6分間練習から3Aばかりやってまして、意識し過ぎてるのが素人にも見え見えでした。結果SPもFPも一本も決まらず終いになってしまいました。しかも助走が大変長くてほとんど半周しちゃってました。以前のネイサンみたいでした。しかも合宿続きで相当疲れが溜まってましたよね。そんな状況だったのであの点数は仕方ないと思います。(同時期の試合でネイサンと60点以上差がついたのは痛かったけど)
憧れの先輩に習ってか天性か、ファンにきゃあきゃあ騒がれても上手にスルーしている様に感じられました。賢い子です。コロラドスプリングスもいつものように天真爛漫な草太君が見たいです。
その次のポーランドも結構な激戦が予想されるメンバーです。ラトデニ君とかロマン君とか。ファイナルは15、16歳の選手が結集しそうですね。同級生対決(日本ならみんな高校1年生)!
ジュニアが楽し過ぎてシニアはエントリーすらおぼろげです。ファンにも忙しいシーズンがやってきました。よろしくお願いいたします〜!
| ふみどう | 2015/08/30 12:51 PM |
たらさんこんばんわ。更新ありがとうございます。連日更新は以前もあったような気がします、記憶違いかな
ネイサンの先日の試合は草太くんにも衝撃だったでしょうね。でも、近い目標、遠い目標、毎日の課題を明確にしているのは心理学的に正解で、すくすく育っていってくれると思います!

| よのにょ | 2015/08/30 10:20 PM |
>aoiさん、こんにちは!

>演技がどうというより、アスリートとしてのタイプが羽生くんに似ているんですね。才能に加えて、健全な闘争心と冷静な分析力をバランス良く持ち合わせる…

草太くんと羽生くんの共通点を簡潔、かつ鋭くまとめていただきありがとうございます! まさにそのとおりですね。演技のタイプはおそらく違うのに、どうしてあそこまで憧れるんだろうと私もよく思っていたんですが、そういうことだったんですね。
聞き手のWeiさんは日本語でインタビューされたそうです。海外メディアだからというよりも、やはり引き出し方が上手だったのかも。聞かれれば考えていること臆せず口にできる子なんですね。
はい、本物だと思います、草太くん。これからの競技人生、いろいろあると思うけれど、まっすぐたくましく成長していってほしいです。
| たら | 2015/08/31 9:06 AM |
>ふみどうさん、こんにちは! いつも即コメ、感謝していますよ〜(こちらのご返事がいつも遅くてごめんなさい…)
そしてご指摘ありがとうございます。Broadmoorではクワド1本でしたね。おっしゃるとおりGlacier Fallsでした。本文訂正させていただきました〜感謝!<(_ _)>
サマーカップの現地情報もありがとう。公式練習がないとは初めて知りました。それはちょっと気の毒でしたね。
そして羽生くんとの共通点がもうひとつ…ファンに対するスルースキル。なるほどー。ただ、サマーカップでのファンの熱気はちょっと過熱しすぎだったようですね。いくらスルー上手でも精神的に疲れるだろうなあ。アスリート、ましてやまだジュニアなのだから、過熱していたらちょっと引いてあげようと判断できることがファンにとって大切だと思うんですよ。
ああJGP…私はふみどうさんほどしっかりリアルタイムで追えてないのです>< 来週こそは頑張らなくては!
| たら | 2015/08/31 9:08 AM |
>よのにょさん、おはようございます!
連日更新、ありましたね、たぶん1回か2回ぐらいは^^; 1回はザワツキーちゃんの時だったかな?
すみません、本文訂正しましたけどネイサンが2クワド決めたのはGlacier Fallsでした。時期的にサマーカップの1週間ほど前でしたね。草太くんがネイサンの動画をいつ見たかはわからないけど、さぞかし衝撃だったでしょうねぇ。でも国内ジュニアには敵なし状態になってしまった草太くんには、とてもありがたい存在だと思います。
本当に、このピュアなアスリート精神を持ち続けて、大きく育ってほしいです。
| たら | 2015/08/31 9:09 AM |
いつもいつも、ありがとうございます。
今朝のTSLのざっと訳を、ご紹介させてくださいね。
プーは、ジドリして投票してねということだったんですね。
とりあえずプーとのじどり写真ばかり増えそうだけどwww。
| まさ | 2015/09/09 1:03 PM |
こちらの記事への感想をまだ書いてなかったことに気づき、ちょっとだけ。
いろんなことを冷静に分析して、しっかりと夢を口に出せるところは、きっと彼のアイドル同様に、草太くんを支えてくれる力になるんでしょう。
平昌に一緒に行きたいという言葉、グっときます。でも、それを口にしたことで、さらに、力を与えられるような気がします。目に見える目標を見つめ続けられるということは、力になりますよね!!!!
| まさ | 2015/09/09 5:49 PM |
>まささん、コメント&ご紹介どうもありがとうございます。
自撮り写真は日本人スケオタにはなかなかハードルが高いような気が…(゚∀゚;) どのくらい投稿されるんでしょうね?
草太くん、初戦はちょっとほろ苦い結果になってしまったけれど、きっと彼のアイドルと同じく悔しい気持ちがさらなる力になると思います。2戦目もがんばってほしいですね!
| たら | 2015/09/10 3:42 AM |
たら様
はじめまして、突然のコメント,失礼いたします。
TSL「羽生結弦vsパトリック」の翻訳ありがとうございます。私自身も内容が知りたくて、リスニングに四苦八苦していましたので、とてもありがたく読ませていただきました。
2、3か所、気になるところがあったので質問させていただいてよろしいですか。
コメンテーターの男性女性共、「バラ1」をlovelyなプログラムだと言っているのですが、この場合,可愛らしいと言うより、美しいと言う意味だと思うのですが、beautifulを使っていないのには、意味があるのですか。女性的と暗にほのめかしているのでしょうか。
女性の方が、羽生選手もパトリック選手も、internalスケーターだと言っているのですが、どういう意味なんでしょうか。
私には、形容詞のニュアンスが難しく、教えていただけると助かります。
ぶしつけで申し訳ありません。
| pikumoco | 2015/09/10 9:22 AM |
>pikumocoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
難しいご質問ですね〜^^; どちらも解釈次第で意味が変わってくる言葉だと思いますので「正解」はないかもしれません。一応私の解釈を少し書いてみますね。
beautifulもlovelyも「美しい」ではありますが、beautifulが漠然とただ美しい、あるいは一般的に誰が見ても美しい、といった感じなのに対して、lovelyはもっと個人的な感覚に基づいた美しさを言うような気がします。この「バラ1」に対するlovelyを日本語にするなら「愛すべき」「素敵な」という感じになるでしょうか。ゴージャスな美しさというよりも、「愛らしい小品」というイメージかもしれません。
internalは「内向き」ですね。観客など外界に向かって演技するスケーター(たとえばアシュリーやジェイソンあたり?)というよりも、内なる自分に向かって演技するスケーター。つまり、エンターテイナーというより、自己探求型という感じではないかと思います。
他にもいろいろな捉え方があるかと思いますが、私はこんな感じで聞いていました。ご参考になりましたら幸いです!
| たら | 2015/09/11 1:04 AM |
たら様
すご〜く良くわかりました。
lovelyは、女性的な美しさを表すのかと思っていましたが、そう意味はないんですね。良かった〜!
internalもよ〜く理解できました。
素晴らし説明、ありがとうございました。
すっきりしました。
| pikumoco | 2015/09/11 5:58 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/278
トラックバック