<< 福間洸太朗「アイス・レジェンド2014」インタビュー @Absolute Skating | main | チャ・ジュンファンくん ほろ苦・新プロデビュー JGP選考大会2015 >>
デニス・テンのアルマトイ五輪招致ラストスピーチ@IOC総会

2022年冬季五輪レース、終わりましたね。北京には本当におめでとうございます!…なんですけどね、個人的にはデニス・テンくんがもう何年も前から、ずっとずっと一生懸命がんばってきたのを見てきたからなあ。彼の努力が報われたらいいな、と思ってました。
北京、アルマトイ双方ともたくさん苦労・努力してきたんだと思うけれど、選考というのはむごいものですねぇ。

しかし! 投票の前の最終プレゼンテーションの場に立ったデニス、本当に立派でした! あのスピーチを世に残しておかないのはもったいないです!
というわけで、聞き取り訳やってみました。例によって聞き間違い、誤訳などなどあるかもしれませんが(もし気づいたら教えてください〜<(_ _)>)、あの超ド緊張の場面で会場をヒューマンなやわらかい雰囲気でつつみこんだスピーチの、その雰囲気の一端だけでも伝わりましたら幸いです。
ではどうぞ〜。

*IOCからアルマトイのプレゼンの動画がアップされました。デニスのスピーチは27:32あたりから。
貼りつけができない設定のようですので、リンクだけ。→
こちらです。
 


「バッハ会長とIOCメンバーのみなさん、紳士淑女のみなさん、おはようございます。
ローザンヌでの私のスピーチでは、まず歴史のお話をしましたが、今日、私たちも歴史を作っています。なぜならカザフスタンが史上初めてIOCにファイナルプレゼンテーションをしているのですから。この歴史的瞬間に参加できて誇りに思います。

歴史は勝利者たちによって書かれると言います。それは正しいのかもしれませんが、勝利という言葉をひとつの定義だけで見るのは間違いだと思います。私たちは全員、この招致運動そのものがとてつもない勝利だと確信しています。ここクワラルンプールで、みなさんと一緒に、この場所に立てていることが勝利なのです。

さて、あるちょっとした秘密をお伝えしたいと思います。アスリートとして、私は今日、ある勝利を手にしました。もしもこのコンペティションで勝てたなら、もっと意味を持ってくるであろう勝利です。この会場を見渡すと、スポーツに貢献されてきたたくさんのお顔を拝見することができます。皆さんにはそれぞれ、スポーツがどれほど自分の人生を変えたか、どれだけの名声を手にしたか、語る言葉があるでしょう。スポーツも名声をもたらします。

ここで私自身の歴史をお話しさせてください。私は小さい頃、よく言えば「とても活発」な子供でした。私の両親は違う言い方をするでしょうけれど(笑)。私はいろいろなスポーツをやっていました。空手にテコンドー、テニス、水泳、飛び込みなど。けれども、みなさんがご存知ないことがあります。私が最初に何かの賞をいただいたのはスポーツではなかったのです。合唱隊で歌を歌ったことでした。あ、誤解なきように。私は今でも歌が好きですし、かなり上手でもあるんですよ(笑)。でもその当時でさえ、私は自分のエネルギーを注ぎ込むべきもの、自分が成功を目指すものはただひとつ、スポーツだけだとわかっていました。

私は17年前、5歳のときにスケートを始めました。そうだ、ところで、この話を最近、あるIOCメンバーにお話ししたんですが、彼は笑ってこうおっしゃったんです。「デニスくん、わしはきみよりも年寄りのネクタイを持っているよ」おもしろいお話だなと思って(笑)。(会場で笑顔の役員たちが映る)17年前のカザフスタンでは、リンクは冬場しか営業していませんでした。屋外リンクだけだったからです。冬のカザフというのはかなり寒いのです。それがこの国に本物の雪がたくさんたくさん降る理由のひとつです。やがて、カザフ初のショッピングモールが建設されました。その中に屋内リンクがありました。初めてスノースーツを着ずにスケートができるようになったのです。

その最初の頃、私はスケートの試合のことなど何も知りませんでした。私はジャンプを跳ぶための器具もついていない(←この辺あやふやです)古いスケート靴をはいていました。 私は競技用のスケート靴さえ持っていませんでした。私が持っていたのは、側面の革がふにゃふにゃになってしまい、ジャンプを跳ぶには柔らかすぎる、古い靴1足だけでした。これを改良するために、私の父はペットボトルを半分に切って、靴の両サイドにつけて、ジャンプを跳べるようにしてくれました。
【←読者の方が私のあやふや訳を直してくださいました。ジャンプが飛べる競技用の靴がなかったため、ペットボトルを半分に切ったものを靴の内側に入れて足首を補強した、ということなのですね。桃象さん、どうもありがとうございます!<(_ _)>】
その後、8歳のときには私はロシアのオムスクで、初めて国際大会に出場しました。そこへ行くのに列車で3日かかりました。私はまだペットボトルがついたスケート靴をはいていて、練習場所はショッピングモールのリンク、プロのコーチもいませんでした。それでも決勝に進めたんです。自分でもびっくりしたことを覚えています。同時に、ロシアの子供たちのスケート靴を見て、自分の靴を恥ずかしく思ったことも覚えています。果たして結果は? なんと優勝したのです。そこから歴史が始まりました。

こんなことを長々とお話ししたのは、2022年アルマトイ五輪が私にとって、そしてカザフスタンにとって、どれほど重要なのか説明するためです。現代はもう17年前ではありませんが、今もなおこの国では若いアスリートたちを育てるためにもっとよい環境が必要なのです。どうしてこんなことをお話ししているのかって? なぜ私の話が重要なのかって? それは、私たちの国が冬季スポーツにおいてどんなことを成し遂げられるのか、そして、もしもふさわしい資源と機会さえあれば、この国にはどれほどの能力があるのか、よく示す実例だと思うからです。それが私がこの招致運動に参加することにした理由だったのです。

私はヒーローなどではありません。ただ自分のオリンピックの夢を追いかけてきただけです。私はオリンピックを夢見るたくさんのカザフスタン人アスリートの一員として、ここに立っているのです。そして、どこかの凍りついた湖の上で、ペットボトルに支えられた靴をはいて、たったひとりで滑り回っていたあのちびっ子のために、ここに立っているのです。ご清聴ありがとうございました。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いっさい紙を見ないどころか、その場で即興で話しているんじゃないの?と思ってしまいそうなナチュラルさ。さすがに緊張していたと思いますが、あの場でジョークで会場をなごませつつ、自分の個性も出しつつ、こんなにやわらか〜く話ができるのは(もちろん英語も流暢!)本当にすばらしかったです。
ネクタイの話をしたとき、会場に居並ぶお偉いさんが笑顔になっていたのがよかったですね。デニスのフレンドリーさ、頭のよさは、あの会場のだれの心にも響いたんじゃないかしら? デニスのスピーチだけで票が動くほど甘いもんではないでしょうけれど、デニスに代表されるカザフチームの雰囲気のよさは、きっとIOCにも、テレビで見た世界の人たちにも、とてもいい印象を残したと思います。
 

さて、そんなデニス、さぞかし落ち込んでいるんじゃないかと、勝手にオカン目線で嘆き悲しんでいたんですが、昨夜こんなツイートをしていました。

My most favored bid story is Pyengchang 2018. They bid for 3 times & won! Maybe next time our dream will also happen. :) Thanks for support!

— Denis Ten (@Tenis_Den) 2015, 7月 31
「僕の一番お気に入りの招致活動は2018年平昌五輪なんだ。彼らは3回も立候補して、最後に勝った! もしかすると次は僕らの夢もかなうかもしれないね。応援ありがとう!」


じつは昨日の決定後、このツイの前に記者会見があって、そこでこんな話をしたようです。韓国の記事なので韓国に関する情報がメインになっているかもしれませんが。

Kazakh-Korean figure skater remains hopeful after hometown loses Olympic vote July 31, 2015by Yonhap News

五輪メダリストのデニス・テンは、2022年冬季五輪招致レースでふるさとアルマトイが惜しくも北京に負けた後も、くよくよ落ち込むような様子は見せなかった。
それどころか、22歳のテンはもう前を向くことを選んでいた。
「いい戦いだったと思いますよ」
クワラルンプールで開催されたIOC総会で、44対40という僅差(1名棄権)で北京が勝った後、テンはそう話した。彼がアスリート大使を務めたアルマトイは、以前はまったく勝ち目はないと見られていた。
「僕らが本気で立候補したのはこれが初めてです。いいスタートになったと思います」アルマトイは2014年冬季五輪にも立候補していたが、投票レベルに行く前の初期の段階で断念していた。「いつか必ずまた挑戦すると思います。次はいいニュースを手にできることを願っています」
アルマトイの掲げたコンセプトは、コンパクトな会場づくりや合理性、そして持続性(環境的、エネルギー的に将来にわたって持続できること)だった。IOCは去年、五輪の運営コストを下げることも目的のひとつである「オリンピック・アジェンダ2020」(改革案)を発表したが、テンが言うには、アルマトイのコンセプトはこの案に “スムーズにフィットする” ものだったという。
「僕らはこれからもっと会議をして、今後どうするか話し合っていく予定です。いつかIOCが今回とは違う決断をしてくれたらいいですね」
テンは2014年ソチ五輪の男子シングルで銅メダルを獲得した。韓国の独立活動家ミン・グンホの子孫であるため、韓国にもたくさんのファンがいる。
テンは、2018年冬季五輪を勝ち取った平昌の例に習おうとしているという。平昌も2010年にはバンクーバーに、2014年にはソチに、それぞれ敗れてきた。
「平昌のことはすべてネットで見ましたし、ほろ苦い雰囲気だったことも覚えています。今の僕らは、たぶんそれに似た気持ちを味わっているんだと思います。けれども平昌は勝利をつかみました。いつかカザフスタンにも五輪はやってきてくれると、僕は確信しています」



IOCが趣旨を曲げたこと(つまり、コンパクトでお金がかからず環境にやさしい五輪にするという改革案をかかげていたのに、その趣旨に合うカザフ五輪ではなく、大規模で贅沢な北京五輪を選んだこと)を手短に、しかしきっちりと指摘しつつも、ポジティブにもう次行きますよ! 先輩の例に習いますよ!とはさすがの対応。本当にどこまで立派なんでしょう〜。
デニスのおかげでカザフスタンのことをいろいろ教えてもらったいちスケオタとして、今後もどこまでも応援しますよ! いつかカザフでデニスの夢が花開きますように!


ステファンのインスタから。結果発表前に。ステファン、ローザンヌ2020冬季ユース五輪決定おめでとう〜


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:アジア(日本以外)男子&女子 | 08:31 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
おはようございます。
北京に決まっちゃいましたね。
ああ、次もあまり雪が降らない場所に決定したのか…と少々シラケました。

デニス、紙を見ないで話をするなんて、すごいですね。
あんな場じゃ、なかなか出来ないと思います。
次こそ、冬季を招致するという夢が実現できたらいいですね。その時は、もう現役じゃないのかな。
| しーちゃん | 2015/08/01 10:35 AM |
>しーちゃんさま、コメントありがとうございます!
雪のことではいろいろ問題があるみたいですけど、施設面ではやっぱり北京が圧倒的に有利と言われてましたからねぇ。
デニスは今22歳だから、2022年も現役かどうかはちょっと微妙かもしれないですね。
でも彼のことだから、きっと引退した後もいろいろな夢に向かって努力し続けるんだろうなと思います。見習いたいです。
| たら | 2015/08/02 12:41 AM |
たらさん、いつもありがとうございます。

若干22歳のテン選手がIOCのメンバーを前にこのスピーチをしたのだと思うと、ちょっと言葉が出ません。
次のチャンスに気持ちを切り替えていることといい、素晴らしいです。
今回は競技会場以外のサービス面、国外からのアクセスや宿泊などの施設、運営のノウハウ等で北京に分があったのでしょうか。
実現は少し遠のいてしまいましたが、私もカザフでの冬季五輪を見たいです。
| matu | 2015/08/02 7:54 PM |
>matuさん、コメントありがとうございます。
本当にすごいですよね。単に頭がいいだけでなく、あんな舞台でもIOCの理事たちに、1人1人人間として温かく向かい合ってしゃべりかけることができていて、あの思慮深さはなんなんだろうと思ってしまいます。
カザフ五輪、実現はうんと先になるかもしれないけれど、テンくんならいつかかなえてしまうんじゃないかと思ってしまいます。
| たら | 2015/08/03 10:41 AM |
たらさん、こんばんは。
デニス・テン選手、カッコ良かったですね〜。IOCのお歴々達を前に毅然としかもユーモアまで交えてのスピーチ、彼だからこそ出来る事です。それにアルマトイの地そのものが雄大な自然と雪に恵まれていて素敵でした。もう冬季五輪は雪が無くては始まらないのにね。でも今回敗れたことを参考にまだまだやりますよっていうのもお国を代表している人物ならではの貫禄か、素晴らしいです。
皆さんもコメントされているように、いつかカザフスタン五輪を見たいですね。
| サラママ | 2015/08/07 10:00 PM |
>サラママさん、こちらにもコメントありがとうございます。
IOC総会でプレゼンされたアルマトイの雪景色、ファンタジーの中の風景みたいで素晴らしくきれいでしたよね。本当に、いつかカザフ五輪が見られたらいいなあと思います。
デニスは今回の決定後、weibo(中国のツイッター)で中国の人々に対して祝福の言葉を送っていたんだそうですよ。かっこよすぎです!
| たら | 2015/08/08 9:08 AM |
たらさん、はじめまして。こちらのブログ、楽しく読ませて頂いています。

デニス・テンくんのスピーチ、素晴らしかったですね。堂々と、ユーモアを交えたスピーチは、22歳の若者とは思えない、立派なものでした。私もこれだけでもアルマトイ推しでした。

たらさんも、これだけのスピーチを聴きとり翻訳で素早くアップされるとは素晴らしいです。根性のなさを時間のせいにしたりして、なかなかできないことです。

たらさんが「この辺あやふやです」とおっしゃっているところ、本当にあやふやですよね。私も何回か聞いてみましたが、どうしても確信を持てないところがありました^_^;

あのくだり、私にはこう聴こえるのです…
In those first years, I didn’t even have competition ice skates. I had a pair of old sore-sided skates with no support for jumps. To make them better, my dad cut plastic water bottles in half and attached them to each side so that I could actually do jumps.

old sore-sided のところは自信ありません…

つまるところ、当時のテン君は競技用のスケート靴すら持っておらず、おそらく古くて皮がふにゃふにゃになった靴しかなかったので、お父様がペットボトルを半分に切って足首を補強してジャンプを跳べるように細工したのではないかと思います。

実際に、3回転や4回転を飛ぶスケーター向けの靴は層になっていて、途中にプラスチックの板がはさんであったりするので、そういう靴を買えないからお父様が手造りしちゃった、ということではないでしょうか。

間違っていたらすみません。翻訳好きなもので、ついつい口を出してしまいました(^^)

また楽しみに読ませていただきますね。翻訳以外の記事も、とても面白いです。
| 桃象 | 2015/08/10 11:09 PM |
>桃象さん、はじめまして!コメントありがとうございます。
おお、あやふや拙訳を直してくださってどうもありがとうございます!改めて聞いてみると、桃象さんが書き取ってくださったとおりだと思います。すばらしいです〜!(私、いい加減に聞いてしまってましたね。申し訳ないです…)
sore-sidedはちょっと独特かもしれませんが、もしかするとスケーター用語なのかもしれませんね。
ペットボトルをどこにどうつけるのか悩んでいたのですが、これですっきり納得できました!ご指摘いただき本当にありがとうございました。訳文修正させていただきました<(_ _)>
これからも機会がありましたらコメントいただけましたら嬉しいです。そして、都合のいいことを言いまして申し訳ありませんが、またお気づきの点がありましたらどうぞ教えてくださいませ!(*^_^*)
| たら | 2015/08/11 1:08 PM |
たらさん、すみません!やっぱり間違えてました(>_<)

sore-sidedではなく、soft-sidedです。意味が合わない、おかしいと思って、もう一度聞いたりググったりして、やっと分かりました。ああ、スッキリした。

soft-sided skatesということは、やっぱり芯の入っていないぐにゃぐにゃの靴で、それをお父様がペットボトルをちょきちょき切って補強したのは間違いないです。

いや、それにしても、そんないい加減な靴であっさり優勝しちゃうなんて、テンくんてなんてすごいんでしょう。音楽学校出身でピアノも弾けるらしいし、才能豊かですね。

はい、またなにかありましたらコメントします。でもいつもおもしろい記事を楽しく読ませて頂いているので、きっとあんまり気がつかないと思います(笑)今回はたまたまです、はい。
| 桃象 | 2015/08/11 11:12 PM |
>桃象さん、再度コメントありがとうございます。
あ、そうでしたか!なるほど、softsidedという言葉ならありますもんね。なるほどー。
おかげ様で私もスッキリできました。聞き直したり調べ直したりしていただきまして、誠にありがとうございました。
才能ももちろんですけど、いざという時にめげない勝負強さとか、どんな状況でもユーモアで包んでしまえる人間性とか、テンくんの原点はここにあったんですねぇ。
相変わらず更新が滞りがちな当ブログですが、今後ともまたお立ち寄りくださいますよう、ぜひぜひよろしくお願いしますね!
| たら | 2015/08/13 1:49 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/272
トラックバック