<< 福間洸太朗さんat「ネパール復興支援コンサート」聴いてきました。 | main | デニス・テンのアルマトイ五輪招致ラストスピーチ@IOC総会 >>
福間洸太朗「アイス・レジェンド2014」インタビュー @Absolute Skating
すみません、FaOIはテレビで見ただけなのに、1回チャリティコンサートに行っただけなのに、今ごろ福間さん沼にずぶずぶハマってしまってる私ですが、みなさんお元気でしょうか(゚∀゚;)

ステファン・ランビエールのこちらのインタビューでも話題に出てきた、ステファン初のセルフプロデュース・ショー「アイス・レジェンド2014」。昨年12月18日に開催されたこのショーのレポが、なぜか半年以上もたった今月6日に、Absolute Skatingにアップされました。
リハーサル風景から各スケーターのプログラム解説まで詳細かつ長大なレポなのですが、この記事の最後に福間さんの単独インタビューが掲載されていました。ショーの前日のリハーサル中に取られたもののようですが、これが思いっきりスケート愛にあふれた、すごくフレッシュなインタビューなのでした〜。見落していた自分、バカバカ!><

元記事はこちら→Ice Legends 2014 July 6, 2015 By Reut Golinsky
この記事から福間さんのインタビュー部分のみ訳してみました。



「福間洸太朗、チャレンジする用意はできている」

アイス・レジェンド2014では、スイス人アーティストのランビエールと、日本人アーティストで才能あふれる若きピアニストである福間洸太朗が、美しいコラボレーションをおこなった。2人は、音楽やスポーツやアートは異なる文化同士を近づけることができるのだと証明してくれた。筆者は、リハーサル中に洸太朗と話すチャンスを得た。スイスについて、音楽について…そしてフィギュアスケートについて、とても興味深いおしゃべりをすることができた。

Q:このショーは日本とスイスの国交樹立150年を記念したものですね。あなたとスイスの間には、個人的にどのようなかかわりがあるのですか? それはいつ始まったのでしょうか?

福間:僕が最初にスイスを訪れたのは2000年の夏のこと、音楽の勉強のためヨーロッパへ移り住む1年前のことです。フランスのクールシュベルにある音楽学校に入学する前に、3日間ジュネーブの知人の家に滞在したんです。短い滞在でしたが、街の美しさと洗練された雰囲気にはとても感銘を受けました。それから数年たって、ジュネーブやモントルー、クラン、チューリッヒ、ベルンといったスイスの都市で演奏をするようになって、美しいものをさらにたくさん知るようになりました。

Q:では、フィギュアスケートとかかわるようになったきっかけは何だったのでしょう? あなたは熱心なスケートファンなのですよね?

福間:正確にいつ、とは憶えていないんですが、テレビでフィギュアスケートを見ていた記憶はあります。特に、伊藤みどりさんが銀メダルを取った1992年アルベールビル五輪のことはよく覚えています。家族全員でテレビを見て、大声でみどりさんに声援を送ったものです。彼女は冒頭のトリプルアクセルでは転んでしまったけれど、プログラムの終盤でみごと成功させました。あれは驚異的だったな。
でも、じつはそれ以前に、僕の父は30代の初めの頃、今は高名なコーチである佐藤信夫先生にフィギュアスケートを習っていたんです。ごく短期間だったらしく、ジャンプもスピンもできませんでしたが、僕がたぶん5、6歳の頃、父はリンクに僕を連れていってくれて、基礎的なことを教えてくれました。そういうわけで、スケートには個人的に強いかかわりがあるんです。僕は前に滑るか、後ろにゆっくり滑ることしかできないけれど、スケートを見るのは大好きですね! もっと滑れたらいいんですけど!
だから、僕にとってこのショーの舞台にいられること、このプロジェクトに参加して、ワールドクラスのすばらしいスケーターたちとコラボレーションができることは、言葉にならないほどうれしいことなんです。
もうひとつ、1994年に日本の幕張で開催された世界選手権で、佐藤有香さんが優勝したときのことも覚えています。当時、僕は12歳でした。それがスケートを熱心に見始めるきっかけになったのかもしれないな。1995年の世界選手権ではルー・チェンが、翌年はミシェル・クワンが優勝したことも覚えています。これには強いインパクトを受けました。

Q:あなたが口にするのは女性のスケーターばかりというのがおもしろいですね。

福間:そうですね、男子の試合も見ていましたよ。これは本心なんですが、僕が一番好きな男子スケーターはステファンなんです。スケートの芸術性という点で、彼は音楽のすべてを大事にしています。彼が滑るのを見ていると、自分が弾いているわけでもないのに、音楽が聞こえてくる。これはとても特別なことなんです。
スケートの技術的な面においては、エルビス・ストイコが強く印象に残っています。試合で4-3のコンビネーションを跳んだのは彼が最初でしたよね。1996年から97年のシーズンに。僕はその試合をテレビで見ていて、すごくびっくりしてしまいました。そして(1997年世界選手権で)2位はトッド・エルドリッジでしたよね。そう、その頃はとても熱心にスケートを見ていた時期でした。
ところが、2001年に、僕はパリに留学するために日本を離れました。日本でもかなり本気でピアノを習っていたのですが、自分がプロのピアニストになれるかどうか自信がなかったんです。日本から出てしまえば、もうそれ以外の職業のことを考えるすべはありません。プロのピアニストになるために、僕は自分にできることをすべてやりました。そのためとても忙しく、それ以降の数年間はフィギュアの試合はまったく追えませんでした。2004年に荒川静香さんが世界選手権で優勝したとき、僕はフィギュアに戻ってきたんです。2006年のトリノ五輪は全部見ましたよ! それ以来、時間があるときは必ず、YouTubeかテレビでほとんどの試合を見ています。

Q:試合やショーを生で見たことはありますか?

福間:はい、一度だけショーに行ったことがあります。去年の7月、ステファンが幕張のショーに招待してくれたんです。【筆者註:福間洸太朗は今年、このショー「ファンタジー・オン・アイス」にピアノ奏者として出演している】プロのフィギュアのショーを生で見たのはあのときだけですが、すごかったですね! アーティストとしても非常に刺激をもらいました。もちろんテレビで見ていてもすばらしいけれど、生は全然違います。スケーターたちから感情やエネルギーがものすごく伝わってくるんです。

Q:音楽を聴いてそこから受け取るものは人によって違いますよね。動きを感じる人もいれば、色彩を感じる人もいます。あなたの場合は?

福間:僕も動きが見えることがありますし、色彩や、時には今までに訪れたことのある特定の場所の景色が見えることさえあります。音楽を聴くとき、僕はいろいろなことを想像します。僕にとって欠かせないことなんです。そしてそれが、ステファンをとても尊敬している理由でもあります。彼が音楽を表現している様子を見ると、いろんな風景が思い浮かぶから。ただ「振付でこうやれと決まっているからやる」とか「ここでジャンプ飛んで、ここでスピンして」じゃない。彼は僕らに何かを伝えようとしています。物語を伝えようとしているのです。
もちろん、このショーに出ているスケーターは、ステファンだけでなく全員が音楽を大切にしているすばらしい方ばかりです。だから、個人のプログラムだけでなくフィナーレの群舞でも、みなさんと仕事をするのはとてもおもしろいですね。

Q:ステファンにどれか1曲滑ってほしいと頼めるとしたら、どの曲を選びますか?

福間:それは美しい質問ですね。でも、答えるにはもっと時間が必要だな…。個人的にはロマンティックな曲で滑るところが見たいけれど…でも、彼の得意なもののひとつはコントラストだと思うんです。ゆったりとしたパートがあって、それがとても速く、激しくなっていくような曲かな。彼にはすばらしいスピードもありますからね。じつは、実際に彼に会ってみると意外に背が低いことにびっくりしました。滑っているときの彼はものすごく大きく見えますから! あの体の動かし方が彼を大きく見せているんでしょうね。

Q:フィギュアのショーがコンサートとかなり違うことは、もうおわかりでしょうね? 騒々しくなることもあるし、曲の途中で拍手や歓声が起こることもあるかもしれません。そういったことに対して対策はされていますか?

福間:ええ、大いに違うでしょうね。苦労するだろうなと予想しているのはそれだけではありません。まず、もちろん気温です。これほどの寒さの中で弾くのは初めてですからね。観客からのノイズもあります。スケーターがジャンプやスピンをしたときに起こる歓声。音響もコンサートホールとはずいぶん違います。ほかに何かあるかな? そうだ、今日は大丈夫だったんですが、昨日鍵盤を触ってみるとぐしょ濡れだったんですよ! きっとリンクの湿気のせいでしょうね。すごく滑りやすくて、怖かったですよ!
このショーで僕は全部で8つの曲を弾くんですが、おもしろいのはスケーターの意見やアイディア、音楽への考え方がそれぞれ全く違う点です。たとえば、(安藤)美姫には、演技中のある特定のポイントで自分と目を見合わせてほしい、と言われました。プログラムの前半はゆっくり弾いて、後半はだんだん速く弾いてほしいと言う人もいます。サロメ(・ブルナー:ステファンの振付師)には、ガーシュインの「3つの前奏曲」について、第2楽章からつながる部分に数節、数音足して、プログラムの尺を長くしてほしいと頼まれました。そこで僕は数音足して、ステファンが予定された場所でスピンを終えて、そこから次のパートに入れるようにしたんです。原曲が長すぎて、僕がカットしなくてはならなかったこともありました。
だから僕は、曲にものすごく神経を使って、ふだん弾き慣れていない新しいバージョンに意識を集中していなくてはいけないですね。あまり考えないで原曲のまま弾いてしまったら、スケーターは困惑してしまうでしょう。「これは何? これでどう滑れって言うの?」と(笑)。
アイスショーで演奏することは、とてつもなく大変なチャレンジです。でも、僕はその用意はできていますし、明日チャレンジできることが楽しみでたまらない! 誰にとっても、とても貴重な、とても刺激的なショーなのです。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

語学堪能な福間さんゆえ(聞くところによる6か国語を話されるんだとか!すっご!)元記事の英語はほぼ福間さんが話された言葉どおりなんだと思われますが、きっちりと正確で端正な言葉遣いで、クールかつアツく語るスケート愛が素敵です❤ 筆者の方も「楽しいおしゃべりになった」と書いておられるので、ちょっと取材するつもりがロングインタビュー全文掲載!になっちゃったんでしょうね。
ところで、この記事の最後に「アイス・レジェンド・チームはもう次のショーの準備に取り掛かっています。詳細は乞うご期待!」ってあるんですが、ひょっとするとまた今年か来年あたりあるのかな? 楽しみすぎるんですけど!


去年公開された動画ですが、「アイス・レジェンド2014」のメイキング動画を貼らせていただきます。

まずはステファンin Japan偏。福間さんは1:30当たりから登場。フランス後がめっちゃ流暢なんですが〜。


出演者が全員集まっての振付・リハーサル編。島田高志郎くんの姿もありますね。


ショー本番+終演後のバックステージ動画。こんなに豪華なショーが1日だけってもったいなさすぎますよねぇ。


ステファン×福間さんコラボ「ラフマニノフ前奏曲」。福間さんの仏語&日本語のMCから始まります。ファンタジー・オン・アイスでも披露されましたが、これぞ生演奏とフィギュアスケートの融合! 本当に美しく凛々しいプログラムです。


カロ×福間さんコラボ「ショパンのワルツ」。カロがとてつもなく素敵なのは言うまでもないのですが、まさかの福間さんの腕の中フィニッシュ(゚∀゚)


今日もたくさん貼り付けちゃいました。動画主のみなさま、ありがとうございました〜


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:ロシア&ヨーロッパ男子 | 03:36 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんにちは!
たらさん、すっかり福間さんにオネツですね(笑)
若いのに世界で活躍されているし、語学も堪能だし、
ピアノはもちろんすばらしいし、ルックスもいいし、生き方や考え方もしっかりしている。
うーん、非の打ちどころがない!
フィギュアにも詳しくて、本当に大好きなんですね。
コストナーとの動画、腕の中へっていうやつ、ホントにちゃんと演技してるじゃないですか! やる〜♪

福間さんの記事も楽しく読みましたが
Ice Legend の動画のかっこよさにうっとりしました。
あまりに素敵だったので、また私のブログで勝手に「たらさんの所にステキな記事がある」と紹介してしまいました。ごめんなさい。
ランビエールって本当に大きなスケーターだなって思います(人間として、スケーターとして)。

| 観世 | 2015/07/31 12:08 PM |
>観世さん、こんにちは!コメント&ご紹介ありがとうございます。
ははは、もちろん何と言ってもピアノ! あの音の粒の美しさ、みずみずしさに惚れたのですけどね、他の面のスペックももう高すぎて(^_^;)
今日はステファンの努力がまたひとつ報われましたね! ほんとによかったよかった。おめでとうございます。
Ice Legends、また開催されるとしたら、日本から今度は誰が呼ばれるんでしょうね。シニアの現役選手は時期的に難しいでしょうから、やっぱり引退選手がメインかな。
…だとしたら、ぜひあの方に声をかけていただきたいですよねぇ!
| たら | 2015/08/01 3:54 AM |
たらさん、こんばんは。
このアイス・レジェンドの放送が、なぜ地上波でないのか不思議で動画を探し歩きましたよ。だってこの企画は日本とスイスの国交樹立150年を記念した、誠に意義深いものではないですか。それに日本人はフィギュア観戦なら、絶対観るような世の中なのに。それでたらさんのブログにやって来たらブラボー!です。本当にありがとうございます。
福間さんのピアノ演奏にまたすっかり嵌ってしまった我が家では、遅い夕食時に聴く習慣が〜。福間さんの調べは音の粒が美しく揃っていて、ちょっとしたタメがあるようで(素人なので誤っていたらご勘弁を)、とても気持ちが良くなるんです。
ステファンとのコラボは表現の訴求力が物凄いです。この動画を大画面TVにコードで観られるようにしてあるんですよ。ワ〜イ。
| サラママ | 2015/08/07 9:39 PM |
>サラママさん、おはようございます。
そうなんですよね。日本ではなぜかあまり取り上げられずに終わってしまい、私も最近ようやく動画をまとめて見たところです。こんなハイレベルなすばらしいショーなのに、本当にもったいないです。
おお、サラママさんは家族ぐるみで福間さんに落ちられたんですね!

>音の粒が美しく揃っていて、ちょっとしたタメがあるようで

私も超シロートなのでおこがましいけれど、私が福間さんのピアノに感じるものも近い気がします。あのタッチ、クセになっちゃいますよねぇ(*^_^*)
アイスレジェンド第2弾の企画があるらしいので、またぜひ福間さんでお願いしたいものです。そして今度こそ放送してもらいですよね!
| たら | 2015/08/08 8:59 AM |
初めまして。とこちらでも。。。

検索で発見してこちらを読ませて頂きました。相模湖凄かったですよね。演奏も懇親会も。
今月4日連続なんですよね。。。都内。。。仕事あるから全部いけないけれど、行く人(おやすみ取って)がいると知って唖然 いや裏山〜
ミーハーには体力が必要です。(笑)
また来年も相模湖があるといいのですが。。。サロンも。
では、お邪魔しました。

| Marilyn | 2015/11/08 1:33 PM |
>Marilynさん、検索で当ブログも見つけてくださったとは感激です!ご来訪ありがとうございます^^
相模湖は演奏のすばらしさはもちろんなんですが、懇親会の熱気と、あくまで爽やかに丁寧に対応される福間さんの誠実さに感動…いやあ、どこまで素敵な方なんでしょ♪
スケオタ的には11〜12月は週末ごとにイベントがあって超ハードな時期なので、かけもちはかなりキツいのです(^_^;)
本当に、また来年も来てくださるといいですね。
音楽関係はめったにアップしておりませんが、機会がありましたらまたご来訪いただけたら嬉しいです!
| たら | 2015/11/08 7:19 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/271
トラックバック