<< ステファン・ランビエール 振付、ショー、スケート学校…@Icenetwork | main | 福間洸太朗「アイス・レジェンド2014」インタビュー @Absolute Skating >>
福間洸太朗さんat「ネパール復興支援コンサート」聴いてきました。
昨日7月26日、福間洸太朗さんat「ネパール復興支援コンサート」(東京・国分寺市)聴いてきました!
初めて生で聴いた福間さんのピアノがすばらしく、Fantay on Ice神戸と羽生くんの話も出てきましたので、レポと感想を憶えている範囲で少しだけ書いておこうと思います。



会場は東京郊外の西国分寺駅に近い国分寺市いずみホール。東京でも少々マイナーな(失礼!)地域なので、なぜ国分寺?と思っていたのですが、福間さんがこちらのご出身だったのですね。福間さん以外の方々の演目も素敵で、会場の雰囲気もとてもあたたかく、すばらしいコンサートでした。

今回のチャリティコンサート、主催の「ネパールの子どもを支援する会」代表の増田加代子さんという方が司会をされていたのですが、まずネパールの現状とこのコンサートについて説明がありました。
ネパールはアジアで一番、世界でも3番目に貧しい国で、子どもたちも働きながらその日の食べ物を食べるのがやっと。飲み水は井戸に頼る人が多いのですが、その井戸が数メートルの深さしか掘られていないため、日本の下水並みに汚れた水しか取れず、飲み水で命を落とす子供たちもいる。その現状を知った増田さんたちは、国分寺を中心に寄付を集めて、ネパール各地に深い井戸を掘ったり、学校を作ったりといった活動を16年前からされているのだそう。
そこに今回の大地震。支援物資をもって現地に向かったけれど、とてもひどい状況で、緊急に何かしなくては、と企画されたのが今回の「ネパール復興支援コンサート」だったそうです。増田さんも地元・国分寺の方で、福間さんのことを小さい頃から知っていて、自称(?)「福間さんを応援する会」の代表でもあるとか。そのご縁で出演が決まったそうですが、もともと今回のコンサートは7月22日だけの予定だったのですが反響がものすごく、急きょ昨日の25日に追加公演を決定。短期間での決定だったのに、福間さんはじめ出演者のほとんどが追加出演を快諾されたのだそうです。

コンサートの第1部では、地元の合唱団がネパール民謡やドイツの歌曲を歌ったり、地元の子どもたちによるダンス、ネパール人女子留学生でダンサーの方のネパールダンスなど。合唱にはネパール人男子留学生の方の太鼓の伴奏も。
特に、地元の創作ダンス・サークル『Joyダンスクラブ』の子どもたち10名による創作ダンスがとても印象的でした。空爆を受けたネパールの村にサーカスがやってきた、というストーリーで、メインダンサーをつとめる女の子がとっても可愛くてダンスも上手。10名の中には小学校低学年ぐらいの小さな子もいましたが、みんな笑顔で、特訓を受けたというネパールのダンスを一生懸命踊っているのが素直に胸を打ちました。終演後はロビーで募金箱をもって立っていました。みんな、小さい頃から目的意識があって偉いなあ。(とフィギュア観戦にばかりうつつを抜かしている我が身を激しく反省…。これはスケーターさんたちに対しても同じなのだけど><)

第2部では、まずロシア人声楽家、ヴィタリ・ユシュマノフさんが、みごとなバリトンでロシア民謡「カチューシャ」やイタリア歌曲、そして日本語で「夏の思い出」などを熱唱。日本が大好きで、現在日本に住んでいるそうで日本語がとても上手(しかもイケメンでいらっしゃる)。終始にこやかな笑顔を浮かべながら歌っているのがとても印象的でした。
司会の増田さんいわく、「ヴィタリさんは福間さんの親友でもあるので、洸太朗さんファンのみなさん、今後ヴィタリさんもよろしくお願いしますね〜❤」とのこと。9月にオペラ「ドン・カルロ」に出演予定だそうです。

そして、いよいよ福間洸太朗さんの登場です!
少しラインストーンが入った白いドレスシャツに黒ズボン。ちょっとだけ内気そうな、上品な物腰でお辞儀されると、まずは1曲目、エルガーの「愛のあいさつ」。会場のお客さんへのあいさつだったのでしょうね。
弾き終わると、立ち上がってマイクを握られて、「今日はリストとショパンを演奏します。2人は年は1つ違いですが、対照的な人生を送りました。リストは数多くの作品を残し、演奏のほか教育など幅広い活躍をした人でした」(←ずいぶんはしょっています。実際はもっとたくさんのことを、丁寧でやさしい語り口で語ってくださいました)
まずはリストの「愛の夢第3番」。フィギュアファンにはおなじみすぎる曲ですが、とってもすばらしかった。実は私、子どもの頃ピアノを13年ほど習っていたんですが、もうピアノの道はあきらめると決めて(だいだいそれほどの才能もなかったのですが、ぐずぐず続けていたのでした)最後の発表会でこの曲を弾いたんです。それ以来この曲は何度も聴いてきたのに、福間さんの演奏を聴いているとおこがましくもその時のことが急激によみがえってきて、胸に感傷の嵐が吹き荒れてしまいました。
福間さんの「愛の夢」はとても華やかで、音がキラキラしていました。そしてスローパート、特に最終盤のパート(真央ちゃんの「愛の夢」における最後のスパイラルのあたり)をものすごく丁寧に、一音一音じっくりと弾いてらしたのが印象的でした。超絶技巧の難曲でなくても、ピアノってこうやって愛をこめて弾くのね、と改めて感じ入りました。
リストの2曲目は、まさしく超絶技巧の代表曲「ラ・カンパネッラ」。こんな曲になると素人の感傷の入る余地なんてなし。もう圧巻! 素人耳ですが、ちょっとしたミスもほとんどなかったんじゃないでしょうか? 特に高音の繊細で美しいこと! ふつうは演奏が終わって一呼吸して拍手をするものだけど、このラ・カンパネッラでは福間さんが弾き終わるや否や、フライング拍手が巻き起こりました。すごかった!

立ち上がって「この曲を弾くと汗かいちゃうんです…」とハンカチで汗をふきふき、ショパンの解説を始める福間さん。「雨だれのプレリュード」「バラード1番」「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の3曲です。
「ショパンはリストと対照的に作品数が限られ、生涯病気がちで39歳の若さで亡くなりました。『雨だれ』は、マジョルカ島で雨音を聞きながら愛人ジョルジュ・サンドの身を案じ、愛人を失ったら自分はどうすればいいのかという不安を抱いた、その不安が表現された曲です。『バラ1』には、戦火に見舞われていた故郷ポーランドへの悲しみと戦争への怒りが表現されています。そして最後のポロネーズとは『ポーランドの曲』の意味で、本当に明るく美しい曲です」(ううう、もっと美しい言葉でたくさん語ってくださったはずなのに…壊滅的な記憶力…><)ショパンの人となりまで伝わってくるような、素人にもすごくわかりやすく丁寧な解説。福間さんの誠実さと、楽曲の魅力を少しでも伝えたいという気持ちが伝わってきます。
その「バラード1番」。最初の一音からゾクッとしちゃいました。福間さんのピアノって、とても華麗できらびやかなんです。でもその音の間から、喜びとか悲しみ、せつなさなどいろいろな感情が立ち上ってくる。演奏中の福間さんは、時折音を口ずさむかのように唇を動かしたり、重厚な和音を奏でるときには天を見つめるように頭上をあおいだり…。けっして大げさな身振りではなく、あれほど高度な大曲を弾いているのに優雅とさえ言えるほどなのですが、それでも演奏中に浮かべる豊かな表情を間近で見られたのはとても嬉しかったです。それにね、その横顔が美しいのですよ!
(しかし、今回は開場前から長い列ができていて、完全に出遅れてしまったため、手元があまり見えない席だったのが失敗だったな…ううう、せっかくなのにもったいなかったです><)
そして、やっぱり思い浮かべてしまうのは羽生くんの「バラ1」。本当にあちこちツギハギで編集されていたのだなあと。ジェフが選んだ部分は、曲の中でも激情やもの悲しさが漂うパートばかりだったのだと改めて再認識。そして、この原曲を短時間で羽生バージョンに合わせ、ショーのクライマックスで弾いた福間さん、神業! 本当に大変だったでしょうねぇ!

演奏後、ふたたび増田さんが登場されて、しばし福間さんとトーク。といっても、この増田さん、とてもエネルギッシュで、立て板に水のごとく話される方で、話の3分の2は増田さんだったかな。とにかく福間さんは子どもの頃からかっこよくて、足も速く運動会でも目立っていたそう。(推測ですが増田さんは以前、教育関係の仕事をされていたのかな? ご自身が担当された読書感想文コンクールで福間さんが1等賞を取ったこともあったそう)それに性格も素直で、親御さんもすばらしくて…。褒められるたびに、照れたようにいやいやいやと首をふる福間さん。「あら、ごめんなさい、長くなっちゃって」と言う増田さんに、福間さん、「大丈夫です。半分ぐらいしか聞いてませんから」とボソッともらして笑いが起こる場面も。
Fantasy on Iceの話を始めたのは増田さんのほうでした。「先日もね、アイスショーに出られたんですよね。鈴木さんや安藤さんとコラボレーションをされて」ここで増田さんが取り出しのは仙台のお菓子「萩の月」の小箱。(増田さんは「月のしずく」とおっしゃったので、そんなお菓子があるのかと検索しちゃいましたよ^^; おそらく勘違いだったんでしょうね)神戸で羽生くんが出演者のみなさんに配ったものを、福間さんから1ついただいたのだそうで、「羽生くんは洸太朗さんの次の次に好きな人ですからね。サインしてもらえたらもっとよかったんですけど〜」と、だんだんテンションが上がってくる増田さん。ところが、神戸初日の放送はご覧になっていたものの楽公演で「バラ1」コラボがおこなわれたことを知らなかったらしく、「次は絶対羽生くんとのコラボを実現させてくださいよ。必ずよ!」と若干暴走気味。とうとう福間さんがさえぎって、「ええと、ちょっといろいろ訂正させてください(笑)。コラボはもうやったんですよ」と、神戸でのことを話し始められました。
内容としては福間さんがツイッターで書かれていたこととほぼ同じで、もともとフィギュアが大好きで、ジュネーブでステファン・ランビエールと共演したのが最初だったこと。神戸では氷に穴があくアクシデントがあり、製氷中に「何か弾きましょうか?」と自分からスタッフに持ちかけたこと。その演奏中、羽生くんがリンクサイドに出てきて演技の振りをしていたこと(ご自分は気が付かず、後から聞いたそう)。その夜、ホテルでの食事中に羽生くんから「コラボをやってもらえませんか?」と言われ、喜んで快諾したものの、かなり編曲されているので動画を見ながら苦労して音合わせしたこと。それでもあのような機会をもらえてとても光栄だったことなどなど。時間がおしていたのに、神戸でのことを丁寧に話すその笑顔に、あのショーを本当に特別なものと思ってくださっているのだなあと感じました。

これでお開きかと思ったとき、増田さんが「もう1曲お聞きになりたいでしょう?」と言うものだから、会場大拍手。
ふたたびマイクを握った福間さん、「ストラビンスキーの『火の鳥』を弾きます。火の鳥=フェニックスは奇跡を起こす鳥です。ネパールのみなさん、そして会場に来てくださったみなさんに奇跡と幸福が訪れるよう、祈りをこめて弾きたいと思います」シンプルだけど力強い言葉。福間さんが東日本大震災からちょうど4年という日の海外公演で、アンコールで震災への哀悼の曲を弾いている動画を先日見たばかりだったんですが、こういう思いをずっと抱き続けている方なんですね。
そんな福間さんの願いがこもった「火の鳥」、本当にすばらしかった! フィギュアではまたまたおなじみの曲ですが、私の脳内では町田くんがあの衣装で舞い踊っていましたよ…。
 
最後に出演者全員が舞台に出てきて、国分寺市の元市長という、これまた福間さんを子どもの頃から知っていてしかもお話の長い方(笑)の挨拶がありました(福間さん、周囲の方に本当に愛されているんですね!)今回、22日と25日の両公演ともチケット完売で、このいずみホールが満席になったのは史上初めてのことなのだそうです。
終演後には、福間さんはじめアーティストの方々が会場の外に立ってお客さんを見送ってくださいました。夜とはいえまだうだるような暑さ。お疲れだったでしょうに、本当に頭が下がる思いでした。間近で拝見した福間さん、やっぱりちょっぴり内気そうな、端正で上品なイケメンでしたよ! 耳福・眼福なすばらしいひと時をありがとうございました。ネパールが1日も早く復興できますように!
*     *     *     *

…書きだしたらこんな長くなっちゃいました。私も人のこと話が長いとか言えませんね(^_^;) 

コンサート翌日の今日(7月26日)福間さんご本人が、このコンサートについてツイートしてらっしゃいました。
 
増田さんはやはり「国分寺の女王様」でいらっしゃるのですねw そしてホールの壁の顔 (@∀@)  ショパンの恐れと不安を奏で上げていらしたあの時に、そんなモノをご覧になって笑いをかみころしていらしたとは! 福間さんステキです♪
改めてありがとうございました。おやゆづ〜♪


*ちなみに、日本コロムビアの福間さんのページで、ストラビンスキーの「火の鳥」が視聴できます。
このページ、福間さんがステファンと偶然出会い声をかけたというエピソードや、ステファンからのメッセージなどなど、もりだくさんで楽しいです。

*なんだかニワカ洸太朗さんマイブーム(笑)で動画漁っていたらこんな素敵な映像が! CD『DUMKA』(日本版は『火の鳥』)の海外版プロモーション動画。流暢なフランス語解説付き。ラストの『火の鳥』フィニッシュが素敵すぎます〜❤



JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 16:29 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん、こんばんは。
行かれたんですね、福間洸太朗さんのコンサート。素晴らしかっただろうなとこの記事で想像させてもらいます。こちらのブログは人気でコメントを書きたいと思うと時が遅くて、今回で3回目です。
国分寺でのコンサートは、とっても心のこもった、でも胸打たれるコンサートだった由、福間さんらしいです。
私はずっと昔にバレンボイム氏のコンサートに行き、グッスリと眠ってしまった経験の持ち主ですので、何も言えないけれど、これはきちんと聴けたと思います。彼のピアノの一音一音が凛として麗しいと感じてCDだけは持っているのです。彼の才能も物凄いけれど、チャリティーを様々に行っている姿が清く美しいです。ピアノ界の王子様だって思っているんですよ。
| サラママ | 2015/07/27 12:33 AM |
>サラママさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
私もコンサートで割と寝てしまう人なので(^_^;)今回も不安だったんですが、実際に聴くと寝るどころでは全然ありませんでした。おっしゃるように一音一音がスリリングなんです。
そして、福間さんご自身の言動や物腰から発せられる魅力も…まさに王子様ですよねぇ。
時間がたった記事でもコメントいただけるのはとても嬉しいです。また機会がありましたらこれからもよろしくお願いしますね。
| たら | 2015/07/27 10:32 AM |
たらさん こんにちわ
某Rさんのツイで、素晴らしいコンサートだったと伺ってましたが、福間さんと福間さんをめぐる方々の人となりも伺えて、心豊かになる一時だったのが伝わってきます。
ラブレターとしてご本人に直にお伝えしたいぐらい(出入り禁止になったら悲しいのでやめておきます(-_-))

さて。ツベで福間さん探さなくっちゃ。
| よのにょ | 2015/07/27 4:50 PM |
>よのにょさん、おはようございます。
きっとツイッターでは既出のことばかりだったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございます(例によってイベントのときには全然TLチェックできない私…)
動画めぐり始めるとヤバいですよ〜。福間沼は底なしのようなので私はこの辺で自粛しておくつもりですっ!
| たら | 2015/07/28 9:44 AM |
超ご無沙汰です。

お忘れかもしれませんが(笑)

このたび、ツイッター退会してしまいましたので
ちょっとだけごあいさつ回りしてます。

エアリプの攻撃って初めてみたんですけどね(笑)
馬鹿馬鹿しいのでツイッターやめました。
もう、いい年してツイッターやってる場合じゃないので。

ブログも来週の日曜の夜に消すことに決めました。
まあ、休眠ブログが一気にアクセス上下するようになり
心臓に悪いので(株価みたい(笑))
引退することにしました。

やっぱりスケオタに戻らないとね〜

では、ちょっとお邪魔して失礼しました。

| Marilyn | 2016/02/22 12:42 PM |
>Marilyn様、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
何か大変なことあったのでしょうか。ブログものぞかせていただきましたが、かなりお疲れなのではないでしょうか?
ブログを消されてしまうのは残念ですけど、私もツイッターをやっていて時々非常に疲れてしまい、休みたくなることはあります。
音楽にしろフィギュア鑑賞にしろ、趣味でやっているのですから心穏やかでいたいですよね。
スケオタの世界ではいよいよ3月のメインイベントが近づいていますね。楽しみましょう〜
| たら | 2016/02/23 3:22 PM |
リプありがとうございます
ずっとご無沙汰すみませんでした。

復活したマリリンは今から福間洸太朗さんとパリのオペラ座のエトワール、マチュー・ガニオさんのコラボに行って参ります!

既に演出家とプロデューサーのお二人から台本も頂いて(笑)予習バッチリ!フランス語でしたけど&#128517;
美人の演出家さんには美しい落雁を差し上げる予定でついつい画像見せてしまいましたら、&#10084;の嵐で爆笑

プロデューサーのオリビエさんには、是非日本でもやってくださいと、お願いしてきますよ!

フフ、アンコールでフレデリック降臨してくれるといいのですが。

またSNSの何処かにアップしますね。
Twitterは引退しろという脅迫きたからやりませんけど(笑)

ではまた。
| Marilyn | 2016/05/13 7:31 AM |
こんにちは。はじめまして。ネパール復興支援チャリティコンサートにお越しいただき、また、詳細なレポートを多くの方々にお伝えくださり、主催者といたしまして、とてもありがたく存じております。
さて、あれから2年経過していますが、未だに被災時のまま修復できていない学校校舎が多数あります。
そこで、来たる8/27に再びチャリティコンサートを計画致しました。
場所も前回同様、国分寺市いずみホール(JR西国分寺駅下車、徒歩2分)
開演:昼の部14時〜 夜の部18時〜の二回公演です。
料金:大人2,000円、高校生以下1,000円

メインは福間光太朗さんで、他の出演者も前回同様の構成となっております。
今回はプロダクションからの要請で、福間さんご自身が大々的な宣伝活動を行えないため、まだ空席が十分ある状況です。
ご参加いただけましたら嬉しく存じます。

ネパールの子どもを支援する会 代表 増田加代子
| ネパール復興支援チャリティコンサート主催者 | 2017/08/03 2:13 PM |
先ほどのコメントの中で、福間さんのお名前を変換ミスしておりました。正しくは「福間洸太朗さん」です。お詫びして訂正いたします。

ネパールの子どもを支援する会 代表 増田加代子
| ネパール復興支援チャリティコンサート主催者 | 2017/08/03 2:53 PM |
>増田加代子さま

はじめまして! 名もなきブログの、過去の記事を見つけてくださいましてありがとうございます。その節にはとても楽しいコンサートを企画してくださいまして、ありがとうございました。
今年のコンサートのご企画をわざわざお知らせいただきありがとうございます。こちらのことはツイッターでつぶやかれているのを目にしまして、都合がつけばぜひと思っていたのですが、実はその時期ちょうど東京を離れることになってしまい、残念ながらうかがえないのです。
もしもまた次の機会がありましたら、今度はぜひうかがいたいと思います。コンサートの成功を心からお祈りしております。
| たら | 2017/08/04 3:17 AM |
たら様、早速のコメントありがとうございます。
今回はご来場いただけないとのこと、とても残念です…。
チャリティーコンサートは今回で終了となる予定ですので、次の機会がなく申し訳ありません。
しかし、ネパールへの支援活動も福間洸太朗さんの音楽活動もずっと続いていきますので、是非とも応援を宜しくお願い申し上げます。
週末は暑さがぶり返してくるとのことですので、ご自愛ください。

ネパールの子どもを支援する会 代表 増田加代子
| ネパール復興支援チャリティコンサート主催者 | 2017/08/04 11:13 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/270
トラックバック