<< オーサーが語る羽生くんの現在 @ A figure skating insider【追記あり】 | main | 2015ワールド男子フリープレカンより 羽生くんコメント書き起こし >>
オーサー、上海ワールドの羽生くんとハビエルを語る @ CCTV5動画
あああ、ここのところ仕事に追われまくっておりまして、全然更新できない間に上海ワールド、終わってしまいましたorz
昨日タチアナ・フレイドさんがアップしてくださった男子フリープレカン録音や、なごなごスモメダ会見など、記事にしたいことはたくさんあるのですが、まとまった時間がとれず悶々としています…><

とりあえず仕事の合間に、CCTV5(中国中央テレビ体育チャンネル)で放送されたブライアン・オーサー単独インタビューを訳しましたので、こちらをアップ。
もうすさまじいほどの羽生フィーバーだったらしい今回のワールドですが、このインタビューでも優勝したハビエルよりも羽生くんについての質問が先行してしまっています。しかも、このアナウンサー(男性)、名字なしの「ゆづる」呼びなんですよ(笑)

インタビュー動画へのリンクは→こちら
(わりとゆっくりめの、わかりやすい英語で話しているので、オーサーの表情と見比べながら読んでいただけたら、より伝わるのではないかと思います)




アナウンサー:ハビエル・フェルナンデスにとっては、すばらしい瞬間でしたね。初の世界タイトルを手にしました。昨日のフリーでは、とても難しいプログラムをみごとに演じました。今大会では結弦が最強と見られていたので、これは驚きでした。

オーサー:結弦は今シーズン、とてもたくさんの問題に直面してきました。まず秋に腰痛、そしてここ中国で衝突事故、それから手術と捻挫…たくさんありました。だから彼は、ベストの状態で中国入りしたわけではなかった。ただただ状況に恵まれていなかったのです。

フェルナンデスは体調も万全でしたし、もともと遺伝的に強い体質です。フリープログラムはクワド3本に、つなぎもたっぷり入り、振付もすばらしい、非常に難しいプログラムです。これ(高難度、濃いつなぎ、よい振付)は結弦とハビの両方に対して僕らがとった戦略なのですが――フェルナンデスは健康な状態を維持してきたので、アドバンテージは彼のほうにありました。彼は通常どおりの練習を毎日できる状態でした。その意味で、フェルナンデスのほうが有利でしたね。

アナ:では、今後ハビエルは結弦にとって強力なライバルになっていくでしょうか? 3年後には次のオリンピックが来ますよね。

オーサー:ええ、もちろんそう思いますよ。この2人は何度も抜きつ抜かれつしてきましたからね。結弦が僕のところへ来るまでは、フェルナンデスのほうが結弦より少し先を行っていたんですが、結弦が来てからは上に立つことは結弦のほうが多くなりました。今のこの状態に、2人はなじんでいます。

一方、僕は中立をキープしています。どちらかを贔屓することなどありません。今回はフェルナンデスの優勝を大変うれしく思います。なぜなら、初めて世界タイトルを取るということは……もしかしてこれが唯一のタイトルになることだってありえます。とても特別なことなんです。だから僕はすごくうれしかった。羽生はすでにワールドも五輪もタイトルを持っています。だから、フェルナンデスが今回、スペインの歴史を作ることができて、本当によかったと思っています。

アナ:私たちから見ると、優秀な2人の男子選手たちのバランスを取るのは、コーチとして大変難しいことなのではないかと思うのですが。例えば試合当日、結弦に「今日はハビエルとどう対戦すればいいんでしょうか?」と聞かれたら? 今のこの状況で実際にどうやってバランスを取るのでしょう?

オーサー:僕は2人に対して、身体とメンタルの両方で用意を整えてきました。2人は同じメンタルトレーニングを受けてきています。それを試合で実行できるかどうかは、当人たちにかかっています。僕はただ、2人にいいスケートをしてほしい、それだけを望んでいます。それ以降のことを僕がコントロールすることはできません。フィギュアは採点競技です。結果がどうなるかは9人のジャッジと3人のテクニカルパネルにかかっています。僕の手の内にはありません。

2人のうちどちらかを贔屓することなどありません。彼らは僕のことをよくわかっているし、僕は彼らをよくわかっている。僕が2人によく言うのは、僕らはコミュニケートし合わなくちゃいけない、ということです。彼らが僕にもっと見てほしいなと思っていても、僕が先回りして判断することはありません。2人の間には嫉妬もありませんし、何か言いたければ僕に伝えてくれなくてはならないんです。

僕には2人の考えがとてもよく読めます。彼らのボディランゲージ(無意識的なものも含めての仕草や表情などのこと)もすぐに読み取れます。結弦は今、いつも以上のケアを必要としているなとか、今はハビにちょっと怒ったほうがいいぞとか、ハビがまだ寝てるだろうから自宅に迎えに行ったほうがいいぞとか――彼はスペイン式ですから(笑)。
2人の国の文化はまったく違いますからね。この点は、僕にとってはずいぶん楽なんです。もし2人が同じタイプのアスリートたちだったら、僕は苦労するでしょう。その点、この2人はまったく正反対なので、僕にとっては楽ですね。

アナ:結弦はベストなコンディションではなかったとおっしゃいましたよね。今回そのような状況でタイトルを逃したのは、彼にとっては残念なことだったでしょうね。今大会の結弦の演技を、あなたはどう評価されますか?

オーサー:(銀メダルが決まった後の)昨晩、そして今朝もう一度会ったとき、僕は彼にこう言いました。君のことがとても誇らしいと。あらゆる難題を克服しなくてはならなかった、このクレージーなシーズン、君がこの道のりに対処し、乗り切ってきたことをとても誇りに思っていると。そこには君が人生で学ぶべき大切なことがたくさんあったんだと。

五輪金メダリストになると、その人の人生は変わります。すべてが変わるんです。彼は今、日本でスーパースターです。誰もが彼に寄ってこようとします。誰もが自分のショーに出てほしいと思っている。彼には大変なことです。さまざまな活動もありますし、時間をずいぶんとられてしまいます。

五輪金メダリストというタイトルを身にまとうことには、大きな社会的責任がついてきます。その巨大な責任を、彼はよく果たしています。この大会でも、彼は唯一の五輪チャンピオンとして、上海にやってきました。五輪メダリストの中でも、競技を続け、GPSとGPFを通して滑り続けてきた数少ない選手のひとりです。彼が競技を続けている理由はたくさんありますが、彼はスケートを愛している、それが主な理由なのです。



エルモ 羽生くんもハビも、クリケットへの信頼感をよく口にしますが、それはオーサーが「分け隔てしない」「とことん選手のことを思いやる」「言いたいことがあれば口に出させる」を実践しているからなんだなあ、としみじみ感じたインタビューでした。
そして、ソチ後に羽生くんが置かれた立ち位置についても。
歴代の五輪金メダリストがほとんど引退・休養してきた中、不遇な事故や病気があったにしろ、金メダリストが試合に出続けて結果を出すのがどんなに大変なことか教えてくれた、今季の羽生くん。なぜ続けるのか、それは「スケートを愛しているから」。シンプルなこの言葉に胸が熱くなります。

ハビエル、羽生くん、おめでとう。そしてオーサー、おめでとう!



では仕事に戻ります(;_;) 次のアップはいつできるのかな……><

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:羽生結弦 | 15:07 | comments(24) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
タラさん、おはようございます!翻訳ありがとうございます!読んでいて、オーサーコーチの所に行って良かったと本当に思いました〜〜&#8252;&#65038;涙涙で感動しました〜〜&#8252;&#65038;羽生君のインタビューの時、これからの人生に役立つと言われてたのは、オーサーコーチの言葉だったのですね!ホントこれからもよろしくお願いしたいと思いました&#8252;&#65038;
| hirorin | 2015/04/05 7:35 AM |
タラさん、いつも読ませて頂いております。
今回もとても面白いインタビューでした。丁寧に訳して下さりありがとうございました。

羽生君とハビは兄弟みたいなものですから、分け隔てなく愛情を持つことは可能ですよね。
クリケにはナム君という三男もいますし、オーサーパパの子育てはますます忙しくなるでしょうが、トレーシーママもいますし、ウィルソンおじさんもいますし、沢山の人の手を借りて、これからもクリケ三兄弟みんなが活躍してくれる事を願っています。
| ともこ | 2015/04/05 8:10 AM |
たらさん おはようございます

 はふ おかげさまで朝から胸いっぱい;;です。ありがとうございます。
 闘志メラメラに突っ走ってはコケる羽生くん、OPの後も変わらないこのパターンに、さすがにコーチとしては辟易しても無理はないはずだけどオーサーが変わらず暖かくて;;
 
 オーサー自身も経験したことのない過酷なシーズンで、乗り切ってくれたことに感謝です。羽生くん、国別でベストの演技をオーサーにプレゼントできますように^^
| よのにょ | 2015/04/05 9:12 AM |
いつも、読ませていただいてます。
丁寧な訳、ありがとうございます。
初めて、コメさせていただきます。

今回の記事、オーサーコーチの慧眼も、すばらしいと思いますが、羽生さんとハビエルさんが決して嫉妬しないことが奇跡のような、めぐりあわせだと思いました。
今後も、男子らしい切磋琢磨して、この二人がスケート最高って私達に思わせてくれそうで嬉しいです。

ハビさん。ワールド優勝おめでとうございます。
来季も、GPFスペインですし頑張れ(*^^*)
羽生さんは、国別でオーサーさんを安心させてくださいね。
来季は、健康で、それだけ祈ります。
| マロニエまま | 2015/04/05 10:02 AM |
このインタビューがあるのを知った時、私も自分のブログに訳をあげようと思っていたのですが、たらさんのおっしゃるように割と聞き取りやすいゆっくり目の英語にもかかわらず、私は詳細は聞き取れませんでした(恥)。

だから、どこかで訳があがらないかな、と他力本願に思っていたところ、たらさんがアップしてくださいました。

ほんとうにありがとうございます。

すごく知りたい内容でした。

男性アナウンサーの「結弦」呼び、とってもツボです。(*^▽^*)

ゆづには来シー分こそ、クリケットに入りびたって、猛特訓を積んでほしいです。
素晴らしいコーチたち・ライバルたちと共に切磋琢磨するこそこそ、今のゆづには必要なことだから。

クリケットに行ったまま、試合まで帰ってこなくていいからね、ゆづ!!!
| GRACE | 2015/04/05 12:02 PM |
>hirorinさん、おはようございます。日曜の朝から読んでいただきありがとうございます!
トロントに行ったばかりの頃は言葉が通じずつらかったという話もあったけれど、今は家族と言うほどの存在になったんですもんね。感慨深いです。
そして、オーサーさんもお疲れ様でしたよね。ファンとしてこれからもついていかせていただきます!
| たら | 2015/04/05 12:23 PM |
>ともこさん、こんにちは。こちらこそ読んでいただきありがとうございます。
オーサーの子育て術もすばらしいけれど、3兄弟がこんなに仲良くなれるのは3人の人間性も大きいんでしょうね。
カザフのツルシンちゃんという「妹」も育ってきたし、ほんとにオーサーさん、お体にだけは気をつけていただきたいです♪
| たら | 2015/04/05 12:24 PM |
>よのにょさん、こんにちは。
いやあ、実際オーサーもかなり消耗したでしょうね。体力的にも精神的にもきつかったはず。ハビゆづナムが上海で再会したのは見たときには、ママとしてホッとしたでしょうねぇ。
しかし、あいかわらず国別に向けても1人メラメラしてる彼…(^_^;) とりあえずちょっと足を休めて、猛練習とかは控えるようにお願いしたいものです。
| たら | 2015/04/05 12:25 PM |
>マロニエままさん、いつも読んでいただいているのですね。コメントありがとうございます。
本当に、羽生くんとハビエルくんの人格のなせるわざ、だと思いますよね。
来季のGPFもバルセロナ。ハビ自身、スペインでスターになってきたらしいですし、平昌まで休養はなさそうな感じになってきましたよね。羽生くんも心置きなくバトルできそうで、よかったです^^
はい、羽生くんは本当に健康な体で、来季クリケットでたっぷりとトレーニングが積めますように。
| たら | 2015/04/05 12:26 PM |
翻訳いつもありがとうございます。今回も本当にどうもありがとうございました。アドバンテージは確かに今回ハビエルにありましたけど、来年からはハビエルも本気で狙ってくるだろうし、デニス、パトリックも入ってすごい競争にありそうですね。ゆづの体を作り直すという言葉を信じて応援します。17歳からけががつきものって泣)
| まお | 2015/04/05 12:58 PM |
たらさん、
お忙しいなか、素敵な翻訳いつもありがとうございます。
もう涙が出てしまいました。
過酷なシーズンを戦ってきた羽生くんを理解して
包み込んでくれるオーサーとクリケットファミリー。
NHK杯の記者会見でもオーサーについて語ってた羽生くんを見て
心から信頼してるようすがよくわかりました。
自分自身も競技生活でいろいろ味わったからこそ、若くしてオリンピックチャンピオンとなった羽生くんの喜びや戸惑い、大変さをわかって見守ってくれているんですね。
ありがたいことです(あ〜オカン目線)
二人のチャンピオン(カナダいれると3人)を抱えて大変でしょうがオーサーよろしくお願いします。
羽生くん来シーズンはクリケットでじっくり練習できますように願っています。
オーサー、しっかり手綱締めて(特にスケジュールには)いって下さい。

| あや | 2015/04/05 1:30 PM |
ブライアンの懐の広さに、ただただ、涙。ブライアンにとって、生徒たちは息子娘なんだろうな。

経験の豊かさ、繊細な観察眼、選手たちへの尊重、だからこそ、のびのびと成長してこれたんだし、多くの困難も乗り越えてこられたんだなあ。
来年以降の活躍に、また胸が躍る。いつも翻訳、ありがとうございます!!
| まさ | 2015/04/05 1:31 PM |
たらさん、いつも翻訳ありがとう。ご苦労様です。
とても楽しみで毎日更新されていないか、チェックしてしまいます。
今回の記事、何度も読み返しましたが、その都度泣けてしまう良い記事でした。

私は、ショートの採点が表示された時のハビエルの表情が印象的で頭から離れませんでした。
思ったより点数が低くてがっかり、が素直に出過ぎていて…
結果、4回転でミスをした羽生君は銀、ハビエルは金。
彼の明るいキャラなら、ショートの点数の不満などすっかり忘れてしまったのでは?
クリケットにとって良い形で終わったのだと思います。

もちろん、私自身は「無敵の羽生」が観たかったので、そういうつもりで応援してましたが…
追う立場の羽生君は素敵ですので、来期の楽しみが増しました。
| しーちゃん | 2015/04/05 7:25 PM |
たらさんいつも楽しく読んでいます。
翻訳ありがとうございます!

再認識したんですが、
本当に羽生くんって、オーサーのことを
心から信頼していますよね。

実は今季色々なことがあったので、羽生くんのことがとても心配でした。
なによりクリケットに戻らないこと、色々な面で大丈夫なのかなあと。

でも、このインタもそうですが、羽生くんの最近のインタを聞いてても、
とっても安心できました。

オーサーにしてみれば羽生君って、やんちゃで頑固なとこもあるだろうし、
きっと苦労もあったはず。(お互いだろうけど)
それでもゆづへの愛が感じられて、羽生君自身も人間として成長できてるんだろうなと。益々これからが楽しみです!!

そしてハビの優しく大きな愛と、なむくんの優しさ、クリケットの
皆さんはファミリーだと言っていて嬉しく想います。

国別、あの子が燃えているのが又心配でもあり、又楽しみでもあり(^^)

ジョシュア、来れませんでしたね(;;)でもジェイソンやらリーザちゃんやら
とっても楽しみです!!

長文失礼しました!!

| かのん | 2015/04/05 9:20 PM |
たらさん、こんばんは。
インタビューの翻訳ありがとうございます。

羽生くんとハビの2人の関係性は本当に奇跡的なものだと思いますが、それが本人達の資質だけでなく、オーサーさんを初めとするクリケットファミリーのおかげなのだなとしみじみ思いました。
オーサーさんは本当に羽生くんの事を分かってくれている。
そして羽生くんも心底オーサーさんを信頼している(プレカンの録音を聴きました……当時を思い出して泣きたくなりました)

今年のシーズンオフは早くトロントに戻って練習出来るといいなと思っています。

国別はまあ心配ではありますが「今の身体で何が出来るか」を今シーズン常に考えてきた彼ですから、きっと大丈夫と信じています。

お仕事お忙しいと思いますが、お体には気を付けて。
お互い国別を楽しんで応援しましょうね!
| やまぽん | 2015/04/05 10:16 PM |
たらさま
いつも知りたい記事や動画の翻訳をしてくださってありがとうございます。
こちらの動画も、すごく内容を知りたかったので、本当に嬉しいです。
私のブログに、動画と訳をぜひ掲載させていただきたいので、ご連絡させていただきます。
リンク先は必ず明記致します。
http://ameblo.jp/rinstar-diary/
こちらのブログになります。
どうぞ宜しくお願い致します。
また記事の更新、楽しみにしております。
ありがとうございました。
| Rin☆ | 2015/04/07 12:54 AM |
>GRACEさん、ご返事遅くなって申し訳ありません。お役に立てましたらとても嬉しいです。励みになります。
男性アナ、きれいな英語で"Yuzuru..."連発、ツボりますよね〜 (*´艸`*)
今年もショー出演はあるでしょうけど、もう五輪関連のイベントはないでしょうから、その分クリケットにいられる時間が長くなるといいですよね。
あ、でも「猛特訓」はほどほどにしてほしいです(笑) くれぐれもステイヘルシーで!
| たら | 2015/04/07 5:50 AM |
>まおさん、コメントありがとうございます。
怪我はねぇ、本当につらいですよね。デニスも怪我や病気が多かったそうです。羽生くんもデニスも来季は万全の状態でいられますように…祈りたいです。
パトリックはGPSから参戦するようですね。熾烈な戦いになりそうでドキドキしますが、すごく楽しみです!
| たら | 2015/04/07 5:50 AM |
>あやさん、コメントありがとうございます。
オーサーの言葉、しみますよね。オカン目線は、今季はもうしょうがないです!(笑)
あのNHK杯の会見…自分の怪我のことより報道でオーサーを傷つけてしまったことを悔やむ言葉に、強い強い絆を感じました。
今季はさまざまな逆境があったぶん、羽生くんにとってクリケットという場所と、そこにいるファミリーがどんなに大切か、すごくよくわかったシーズンでしたよね。
| たら | 2015/04/07 5:51 AM |
>まささん、こんにちは。
いいパパであり、いいママですよね、ブライアン。
著書で書いていた、キム・ヨナさんの結婚式に出る自分を想像していた、というくだりが印象的だったんですが、本当に教え子たちのことを心からわが子同然に思っているんだなあと、あらためて感じたシーズンでしたよね。
この温かいファミリーの絆がいつまでも続きますように…。
| たら | 2015/04/07 5:52 AM |
>しーちゃんさん、こんにちは。
更新がなかなかできていないのに、毎日チェックしてくださるとは…ありがたいですぅ(;_;) がんばります!
ハビエルものんびりキャラとはいえ、世界トップのアスリートですもん。自分の演技でどのくらいの点が出るかしっかり予測できているでしょうし、あの表情は当然かなと私は思いましたよ! 羽生くんの勝気は大いに刺激されている部分もあるでしょうし。
来季は悔しさをバネに「無敵の羽生」になれるのか、それともパトリックも入って戦国時代になるのか…ドキドキしつつ、楽しみですね!
| たら | 2015/04/07 5:53 AM |
>かのんさん、こんにちは。
そうですね、心配は私もありました。
特に全日本以降しばらく情報が途絶えたり、オーサーと連盟がかみ合っていないように見えたりしたときには、ひょっとするとこのままクリケットに戻らないのかも…と一瞬。
が! そんな心配はきれ〜いに吹き飛んじゃいましたよね!
ハビの優しく大きな愛…ほんとですよね。死ぬほど悔しくて泣いてるライバルに、あの笑顔のハグ。羽生くんは本当に幸せ者だと思います(笑)
そして、ああ、ジョシュア(;_;) ギター背負って国別に来てほしかったです…。またNHK杯にアサインされるまで、じっと我慢ですね。アサインされてください!
| たら | 2015/04/07 5:54 AM |
>やまぽんさん、こんにちは。励ましのお言葉、ありがとうございます^^
プレカンの録音、率直な気持ちが聞けてよかったですよね。
そして、そのとき隣にオーサーさんが座ってくれていて、本当に本当によかったなあ、と。
オーサーさんって、感情に走りすぎることなく、ものごとを現実的、理性的にとらえるのが上手なような気がします。一方のハビは、悔し泣きするライバルに「僕の中ではきみがチャンピオンだよ」なんて言えてしまう、感情豊かなチームメイト。本当に奇跡的、絶妙な人間関係ですよね。
国別でどんな羽生くんが見られるか、すごく楽しみですね。私的に心配なのはどちらかというとキスクラなのですが…(笑)
| たら | 2015/04/07 5:55 AM |
>Rin☆さん、掲載のお申し出をいただいていたのに、ご返事遅くなりまして申し訳ありません。ご紹介いただけてとても光栄です。よろしくお願いします。
なかなか更新できないのにいつも読んでいたただき、嬉しいです。励みになります。これからもどうぞよろしくお願いしますね!
| たら | 2015/04/07 5:56 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/259
トラックバック