<< ジョシュア・ファリスの「Give Me Love」@2015四大陸 | main | ジョシュア・ファリス「今を生きる」ロングインタビュー @ FSO >>
ハビエル・フェルナンデス ユーロ後インタビュー @ Absolute Skating
ヨーロッパ選手権でみごと3連覇を果たして、歴史に名をきざんだハビちゃん。
最近はナムくんとサイドバイサイド・トリプルアクセルを跳んだり、新しいスポンサーがついたりと、世界選手権に向けていい状態をキープしつつある様子。
そんなハビエル・フェルナンデス選手のインタビューが、2月27日付でAbsolute Skatingにアップされました。ヨーロッパ選手権のエキシビション後に、会場のミックスゾーン(記者会見エリア)でおこなわれたインタビューのようです。
思わぬ不調に見舞われたユーロでのフリー、今後の目標や羽生くんとの練習の様子、そして安藤美姫ちゃんのことまで、たっぷり話してくれています。
(かなり長いインタビューですが、ずっとミックスゾーンに立ったまま話したんでしょうか? 気前がいいですね〜。と同時に、とても充実した前向きな気持ちだったんだろうなあと思います)

元記事はこちら→Javier Fernandez: "It was the toughest competition I've ever had



ハビエル・フェルナンデス「今までで最もタフな試合だった」

自分の実績について語るときは、浮つくことなく落ち着いた様子で。自分のミスについて語るときは、とても厳粛な表情で。未来のプランを語るときは決意の強さを見せ、そして恋人について語るときは、きらきらと目を輝かせる。今やヨーロッパ選手権3連覇の王者となったハビエル・フェルナンデスだが、私が彼の最初の試合で初めて会ったときの誠実さ、気さくさ、品のよさは今でも同じだ
ストックホルムで開催された2015年ヨーロッパ選手権。エキシビション後、ミックスゾーンのまわりで会場の解体が着々と進む中で、彼はAbsolute Skatingの質問に熱心に答えてくれた。


Q:ユーロ3連覇を達成したスケーターはごくわずかですよね。アレクセイ・ヤグディンとエフゲニー・プルシェンコでさえなしえなかった。あなたが達成できたのにはどんな秘訣があったんでしょう?

ハビ:秘訣なんてないと思いますよ。ヤグディンとプルシェンコは、このフィギュアというスポーツに多大な貢献をしたすばらしいスケーターですが、2人はいつも競い合っていました。2人ともトップ中のトップでした。だから、どちらかが続けて3度勝つことは不可能だったんです。秘訣なんてないと断言できますよ。すべての練習とすべての試合で努力してベストをつくすこと、それだけです。
このストックホルムでのユーロは、男子――ほとんどの男子――にとって楽な試合ではなかったですが、それでもみんなすごくがんばりました。3つ目の金メダルを手にできて、とてもうれしいです。達成した選手の一員として名を連ねることは、僕にとって大きな目標でしたから。困難はあったけれど、手にすることができました。

Q:前回の2回に比べて、今回の勝利は難しいものだったのでしょうか?

ハビ:それほど大変ということはなかったです。3連覇は目指してはいましたが、もし達成できなくても、それですべて終わり、なんてことはないですからね。もちろん緊張感はあったけれど、達成できないことをそんなに恐れてはいなかったんです。ストックホルムに来る前にはとても充実した練習ができていましたし、ここに来てからも公式練習やウォームアップではすごく好調でした。
ところが、試合本番になるとちょっぴり不安定になってしまった。いつも以上に自分のやるべきことに気をくばり、プログラムに集中しなくてはなりませんでした。これはすごく大変なことだし、それができるようになるには多大な努力が必要です。もっと練習しなくちゃいけませんね。

Q:フリー演技後、とても疲れたと言っていましたよね。なぜそんなに疲労したのか、理由はわかりましたか?

ハビ:それがわからないんですよ。ショートではそれほど疲れませんでした。公式練習でフリーの曲かけをしたときも、まあまあ好調でした。ところが、フリーの日になったら、なぜか全然違ったんです。理由はわかりません。観客が増えて、空気がちょっと乾いていたためなのか、よくわからないんですが。ホテルに戻ったとき、喉がものすごく乾いていました。
でも、こんなこと言うと言い訳みたいに聞こえますよね? 空気が乾いていたって、いい演技はできるんですから! だから、たぶんそのせいではないんでしょう。でも、今まで経験した中で最もタフな試合だったことは確かです。プログラムを滑りきるのがとても苦しかった。練習では楽にできていたんですが、試合本番ではとてもきつかったです。

Q:あなたは最終グループの1番滑走だったから、いわゆるgreen room(控室)でほかの選手の結果をずっと待っていなくてはなりませんでしたね。そのとき、どんな気持ちでしたか? 顔色が悪く、ぴりぴりした表情に見えましたが?

ハビ:楽しいこともありましたよ。ほかの選手と一緒に座って、自分たちの演技や、モニターで見ている選手の演技について、あれこれコメントしたりするのは楽しかったです。でも…ずっとカメラに映されていたから、その間何をしたらいいのか、どんな顔をしていればいいのか、とまどってしまいました。だって、ある選手がいい演技をしたら、うまくいってよかったね、と思うと同時に「ああ、僕より上だ!」って思ってしまうから。逆にある選手がミスを繰り返したとしても、嬉しい顔なんてできません。スポーツマンシップに反しますからね!
僕らはみんな友達だから、グリーンルームでどうふるまったらいいのか、困ってしまいました。他のスポーツではうまくいくのかもしれないけど、フィギュアでは選手同士が親密ですからね。でも、いい面はあるんだと思います。人々が暫定1位の選手のリアクションを楽しんだり、選手たちが待機している様子を見ることができますから。だから、いいアイディアなんじゃないかな。



Q:今までの試合ではどこで待機していたんですか?

ハビ:ふつうは自分の演技を終えると、ミックスゾーンに行ってインタビューに答えることになっています。だから、ほかの選手の演技を見ることができないんです。いい演技をしたのかどうかさえわかりません。その点がグリーンルームのいい点なんだと思います。選手がほかの選手の演技を見ることができますからね。
 
Q:全員の演技が終わって自分が優勝したとわかったとき、どんな気分でしたか?

ハビ:うれしかったけれど、一方で自分の演技についてはうれしくありませんでした。自分にはもっとできるのに、という気持ちでした。それでも、その日一番の演技ができたのは、他の選手たちにもミスが出てしまったからです。みんなにとってタフな日でしたね。今回はほかの選手の演技を見ることができたから、わかったんですが。
このメダルを取れたことはとてもうれしいです。今度メダルを取れる機会があれば、もっとずっといい演技で取りたいですね。ブライアン(オーサー)もグリーンルームに同席していたんですが、この結果がうれしい、誇りに思う、と言ってくれました。2人ですごくがんばってきましたから。

Q:男子の、特に最終グループでは、ミスが目立ってしまいましたね。ソチ五輪のフリーでも似たようなことが起こりました。理由は何だと思いますか? プログラムが難しくなったから? エレメンツやトランジションがたっぷり詰まっていて、ノーミスで演技するのが困難になっているのでしょうか?

ハビ:その話は何度か聞いたことがあります。いろんなものがいっぱい詰まっていて――振付をやって、つなぎをやって、スピンをやって、休むところさえないプログラムの場合、息つく時間もないんです。レベルをきちんと取れるよう集中しなくちゃいけないし、その上ジャンプもある。ずっと動き続けているんです。そんな高いレベルのプログラムをすべることは、リスクもある。でも、きちんと演技できた場合はずっと高い得点を出すことができます。
確かに昔は今よりノーミスの演技が多かったことは事実ですが、今は状況がすごく違うんです。練習のときみたいにただ普通にすべってジャンプを跳ぶのであれば、きれいに着氷することができます。でも、ジャンプの前にステップやターンなどさまざまなものをくっつけると、ミスするリスクは大きくなる。僕らがやっているプログラムは本当に難しいんです。
パトリック(チャン)は転倒が多いと批判されることがあるけれど、彼はステップの一つ一つに1000%の力を尽くしているんです。【←「全力で取り組む」という意味でふつうgo a hundred percentと言いますが、ハビはthousandと言っています】プログラムにどんどん多くのものを入れるようになって、その結果とても難しいプログラムになっています。(ノーミスで演技するには)複雑すぎるんです。

Q:フリーに4回転を3本入れていますよね。世界のトップ選手と戦うには4回転3本は欠かせないのでしょうか?
 
ハビ:そうですね、他の選手もやっていることですから。僕はずいぶん以前から4回転3本に取り組んできましたし、実際に3本跳ぶことができる。練習では3本とも着氷できているんです。でも、今回の試合ではとても苦労してしまいました。このフリープログラムが以前のプログラムよりずっと難しいせいかもしれません。僕はスケーターとして進歩していますし、演技構成点も伸ばしています。スケートが上達しているからこそ、プログラムもずっと難しいものになっているんです。ステップシークエンスだけで疲れてしまうようなプログラムなんですよ。
とても強い選手たちがいるから、僕には4回転3本が必要なんだと思います。ユヅ(羽生)はとても強いです。彼も4回転ジャンプを持っていますし、スケーターとしても偉大です。僕は世界選手権で表彰台に乗ることを目標にしていますけど、練習は金メダルを目指してやっています。どの選手もそんな気持ちで練習しているんですよ。勝つためにやっているんです。

Q:今季はショートとフリーでまったく違うプログラムですね。ショートではかっこいいロックスターになり、フリーでは「セビリアの理髪師」のフィガロという古典的なキャラクターを演じています。あなたはどちらが好きですか?

ハビ:どちらも好きですね。両方ともいいキャラクターです。ショートのほうはすごくクールです。こういうかっこいいスタイルのプログラムは初めてだったけれど、お客さんには好評みたいですね。個人的にはこのショートのような動きとか、演技しているときのワクワク感とかのほうが好きですね。
フリーはもっと穏やかで古典的なプログラムだけど、そんな中でもフィガロはキュートなキャラクターとして演じようとしています。すばらしいプログラムだと思っています。ゆっくりした音楽の場合、曲に合わせてすべるのが難しいことがあります。ゆっくりした曲でお客さんをノセるには、音楽を完全に支配しなくてはならないから。ゆっくりした曲でゆっくりすべると、退屈なものになってしまいがちなんです。そういう意味で、フリーは難しいプログラムですね。でも僕は大好きだし、すべっていて楽しいです。



Q:今季はシングルとペアでもボーカル入りが解禁されましたね。これについてはどう考えますか?

ハビ:ショートではボーカルを使っています。「Oh, Black Betty…」っていう…。新しい試みなので、ボーカル入りを選ぶときは頭を使う必要があります。自分のスタイルに合った曲を選ばなくてはいけません。個人的な意見ですけど、ポップスはフィギュアにはあまり合わないような気がします。だから僕はポップスは使わないと思います。

Q:エキシの「スーパーハビ」はとても楽しいプログラムですね。あのアイディアはどこから沸いてきたんですか?

ハビ:あれを作ったのはもう2年ほど前です。振付はカート・ブラウニングなんですけど、カートの友達にカナダ人俳優のジェフさんという人がいて、この人がすごく手伝ってくれたんです。「スーパーハビ」のアイディアはカートとジェフさんが出してくれたもので、僕もすごくおもしろくなりそうだなと思って。
本当にそのとおり、おもしろいものになりました! みんなで一緒に作っていくのは楽しかったですね。曲に合わせて僕の声をレコーディングしたり、エキサイティングなことがたくさんあった。あんなに大きな企画をやったのは僕には初めてのことだったんです。
今はもう、「スーパーハビ」はそれほど頻繁にはすべっていません。特にリクエストがあったときだけやっています。ほかにもエキシのプログラムはたくさん持っていますからね。これからトロントに帰ったら、新しいエキシに取りかかるつもりです。あるアイディアがあって、今までとは全く違ったスタイルのものになる予定です。もっとクールになると思うし、いいプログラムになるんじゃないかな。

Q:「スーパーハビ」では顔にバケツの水をかけられる場面がありますが、冷たくてつらくはないですか?

ハビ:さっぱりしますよ! 疲れたときに顔にちょっぴり水をかけられる…気持ちいいですよ。僕は全然かまいません。

Q:あなたの活躍によって、スペインでフィギュアスケートが認められるようになってきています。あなたにとって、このことはどういう意味がありますか?

ハビ:すごくうれしいです。とても大切なことだと思います。僕らはフィギュアスケートというスポーツを、多くの人々や、スケートリンクさえないような場所にまで届けたいと思っているんです。大変なことではありますが、僕らにはできると思います。
状況がどうなっていくかはわからないけれど、より多くの人にフィギュアを知ってもらうためには、僕らがメダルを獲得したり、テレビや新聞に取り上げられたりしなくてはなりません。また、リンクを建設してくれるような、資金や影響力を持った有力者を獲得することも必要です。本当に新しいリンクが必要なんですよ。より多くの子どもたちがスケートをするようになれば、新しい才能を発見できるチャンスも広がりますからね。

Q:先日、GPFがバルセロナで開催されました。あれほど大きなスケートの試合がスペインで開かれたのは史上初だったわけですが、どんな感じでしたか?

ハビ:すばらしい経験だったし、全体的にとてもいい大会になりました。だれもが楽しむことができた大会だったと思います。僕らにとって初めての大会だったから、新鮮なことばかりでした。結果的にとてもうまくいったと思います。
(地元のお客さんの前で)すべるのはすごい体験でしたね。今まであんな感情を味わったことはなかったです。ほかの国、例えば日本やカナダやロシアの選手は、ああいうことに慣れているんでしょう。でも僕は違ったんです! 大変ではあったけど、すばらしい経験でした。

Q:世界選手権にはどんな目標をもってのぞみますか?

ハビ:また表彰台に立ちたいですね。これからは金メダルを目指して練習するつもりですが、表彰台に立てたら自分の目標としては満足です。試合では何が起こるかわかりません。目標を高く持ちすぎてしまうと、例えば「オリンピックチャンピオンになる」なんて思ってしまったら、必ずしもうまくいくとは限らない。僕は一歩一歩進んでいきたいです。自分自身やほかの選手がどんなレベルにあるかも見ていきたいですね。試合は毎回違うもの。どんなことでも起こり得るものです。

Q:羽生結弦と一緒に練習しているのはどんな感じですか?

ハビ:すばらしいですよ。彼はすばらしい人間だし、すばらしいスケーターです。とても努力家で、すごいんですよ。練習のときに彼のような高いレベルのリンクメイトがいるのは、すごく僕の役に立っています。そして、それはたぶん彼の役にも立っていると思います。自分と比較できる存在がいて、その人の練習ぶりを見ることができますからね。でも、同時に僕らは友達でもあります。多くの時間を一緒にすごしていますよ。いろんなことについて話し合っています。



Q:あなたはいつも彼のことをすごく褒めますね。本当にそんなふうにお互いを支え合っているんですか?

ハビ:もちろん! でも、ユヅだけじゃないですよ。ほかの多くの選手とそんなつき合いをしています。僕らは大きな家族なんです。試合のときには長い時間一緒にいますし、みんなと楽しくすごすのが好きですね。もちろん、ユヅは一緒に練習しているから、より近しい関係です。彼は僕の日課の一部になっているんです。ほかの選手より会っている時間が長いですから。でも、ほかのみんなとも本当に仲良くやっていますよ。

Q:数か月前に、安藤美姫とカップルであることを明らかにしましたよね。彼女とはどんなふうにつき合っているんですか?

ハビ:彼女は日本にいるから、長距離恋愛です。彼女が僕のところに来てくれることもあるけれど、彼女は仕事や育児で忙しいからなかなか難しいんです。彼女にはやるべきことがたくさんあるし、僕もシーズンの最中に練習場所を離れるわけにはいかないから…。
でも、すべてうまくいっていますよ。彼女はすばらしい人で、交際が始まったときから素敵なことばかりです。離れているから頻繁に会うことはできないですけどね。でも、今年の夏は彼女と長い時間をすごしたり、一緒にどこか訪れたりできたらと思っています。まだ何も決めてないんですけどね、どうなるかな。

Q:あなたがヨーロッパ選手権で優勝したことについて、彼女はどんな反応でしたか?

ハビ:彼女もスケーターだから、フィギュアのことは知りつくしています。今回のことを彼女に話すと、こう言ったんですよ。「フリーでは一体どうしちゃったの?」って。でもね、じつは彼女、試合での僕の演技を絶対に見ないんですよ。
僕はいつもすごく怒って、こう言うんです。「僕の演技がダメだったって言いながら、演技を見てもいないのかい?」これがすごく腹が立つんですよ。いや、本気で腹が立つわけじゃないですけどね。ちょっぴりぐらいかな。
でも、優勝したことは喜んでくれましたよ。フリーの翌日に彼女に話したんですけど、すごくうれしがっていました。がんばったね、って言ってくれました。で、そのあと改めて「演技は見てくれたの?」って聞いたら、彼女、ただ笑ってるだけなんですよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(笑)……美姫ちゃんとそういう感じなんですね。ハビもかなりなマイペース人間だと思うんですが、さらに上を行くマイペースっぷりに翻弄されている感じが (*´艸`*) でも「目をきらきら輝かせて」彼女のことを話す様子が目に浮かぶようです。
ハビにとっては「五輪金メダル」は大きすぎる目標だったんですね。でも、これからは金メダルをねらった練習に切り替えていくと。勝負欲が薄いと言われ続けてきたハビですが、ソチでの失望やユーロ3連覇で得た自信が彼を変えつつあるのかもしれません。
そして……エキシは新作をつくるんですね!よかったー。スーパーハビは彼の代名詞になった名プロだと思うけれど、さすがにお腹いっぱいかな。上海ワールドでどんなエキシを披露してくれるのか、楽しみにしたいと思います!
(と同時に、羽生くんも、もしすべてが順調にいっていたら、今ごろトロントでエキシつくっていたのかな〜なんて思ったり…)

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:ハビエル・フェルナンデス | 14:02 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
すんごく沢山のことを語ってくれててビックリ!!
ユーロのVIP席みたいなヤツ、やっぱりテレビにずっと映ってるのは負担だったんだなあ〜。なのに視聴者には良いよねと言ってくれる、そのあたりもすぺいんのフィギュアファンを増やしたいという気持ちの表れかなとも思いました。
ワールド前にエキシを作るのは通例なのかな?ハビにとって。余裕だなあ、でも気分転換になるのかな。体力あるし。
今シーズンの二つのプログラムの味わいの違いは、バッチリ成功してますよね。「Black Betty」のクールでセクシーなハビちゃんと、「理髪師」のトラディショナルでひょうきんなハビ、魅力の幅の広さは、今、ダントツだろうなあ。
それにしても、美姫ちゃんとのやりとりは面白ろすぎる。マイペースな正直者同士だと、こうなるのか?!みたいな。
金メダル目指せるくらいに「強く」なったハビちゃん、ワールドで見られるのが、ほんと、楽しみです!!!
| まさ | 2015/03/01 2:20 AM |
>まささん、こちらにもコメントありがとうございます^^
あの待機席、内心相当やりづらかったみたいなのに、ファン目線で「いいことなんだろうね」と言ってくれるハビ。どんなことでもとりあえずポジティブに考えようという生き方は、ほんとすばらしいなあと思います。
「スーパーハビ」も2年前のロンドンワールドの前に作ったものだったはず。クリケットのやり方なのかもしれませんね。
美姫ちゃんとのやりとりは、読んでいてニヤニヤしちゃいますよね! 美姫ちゃん、実は見ていてじらしているのかな? それとも本当に見ていないのかしら…(^_^;)
| たら | 2015/03/01 6:34 PM |
こんにちは。長い記事の翻訳ありがとうございます。
ハビのいい人ぶりが伝わってきます。スケーティングと同じようにhappyな感じがして、ほのぼのしました。
見てるほうからすると「ほんとはもっとできるはず」という気持ちにも、なったりするんですが、いい感じで「勝利への飢え」が出てきてるんならそれがいちばんですね。
美姫ちゃんとも仲よさそうでなにより。Liveは心配で見てられないんでしょうが、ずっと見てないのかな? まぁ、どっちにしろ「ごちそうさま」です(笑)。
例の控え室中継?、四大陸でもやってたようですが、もしかしてワールドでもやるんでしょうかね? 楽しみのような、気まずいような。。。
| sua | 2015/03/02 3:25 AM |
たらさん こんにちわ
長文の翻訳、ありがとうございました。
Abusolute Skateingさん、ハビの人間性べた褒めですね。それも、最初に会った時の印象と変わらないと。その気持ちはハビにも伝わるだろうし安心して話せるでしょう。グリーンルームのことや大遭難続出の男子フリーまで、言葉を選びながらもかなり踏み込んだ答えに考えさせられました。

性格がいいとか悪いとか、なかがいいとかなんとか、そんなことはどうだっていいんです。パフォーマンスを見るのが好きなだけだから。でも記事で紹介してくださるスケーターさんたち、ハビちゃんはじめみんないい子だなって感心してしまいます(#^.^#)
| よのにょ | 2015/03/02 2:12 PM |
>suaさん、こんにちは!
人生ってhappyなことばかりではないけれど、とりあえずhappyなところを見つけたい、happyでいたい…そんな感じが不思議とハビの演技から伝わってくるんですよね。ジャンプがどうとか、つなぎがどうとかじゃないものがある。不思議なスケーターだなあとよく思います。
美姫ちゃんとはまさに「ごちそうさま」以外言えないですよね(*^_^*)
例の控室はISUが新しい試みとしてユーロから導入し始めたものらしいです。ということはワールドでもやりそう? ユーロや四大陸はお祭りっぽい雰囲気があるからまだいいとして、ワールドではけっこうしんどいことになりそうですよね…
| たら | 2015/03/03 6:08 AM |
>よのにょさん、こんにちは!
スケーターの性格がどうだとか、どの選手と仲がどうだとか、ファンには知る由もないことですもんね。スケーターは氷の上で魅せてなんぼ!だし。
でも、こうやって記事や写真を見せてもらうたびに、スケーター同士のつながりをすごく感じます。
「他のスポーツではうまくいくのかもしれないけど、フィギュアでは選手同士が親密だから困っちゃった」
やっぱりスケーターにとってもフィギュア界っていいところなのですね。微笑ましい。そしてうらやましいなあ(^ω^)
| たら | 2015/03/03 6:33 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/252
トラックバック