<< TSL シェイリーン・ボーン インタビューより「ユヅルのオペラ座」部分 | main | ナムくん カナダ王者に!!! 2位ジェレミー・テンくんコメントも少し。 >>
ネイサン・チェン 期待と不安の全米2015…>< icenetworkより
『日本には宇野昌摩が、ロシアにはアディアン・ピトキエフが、カナダにはナム・ニューエンが、そしてアメリカにはネイサン・チェンがいる…』(Jacky Wongさんのブログより)

各国ともジュニアやジュニアあがりの選手たちが大躍進している今シーズンですが、その中ですこーし出遅れているのが "King Nathan"(ネイサン王w)ことネイサンくん。
今季が始まる前のオフシーズンに怪我をしたと言われ、スタートが遅れてしまった模様。そのせいかどうか、JGPには1試合しか出なかったので、ファイナルも逃がすことに。でも、ここのところ調子を上げて、4回転もマスター! がぜん全米の表彰台候補に!なのに、なのに……

ネイサン、ドーンブッシュ、リッポンについてのicenetworkの記事から、ネイサンについての部分だけ訳してみました。

元記事はこちら→Tar Heel tales: Chen here for experience, not medal


も、もうちょっといい写真を選んでくださらんかのう、icenetworkさん…

「ネイサン・チェン 全米はメダルより経験を積むため」

フィギュアスケートの「専門家たち」の中には――icenetworkに寄稿している方々も含めて――15歳のネイサン・チェンが2015年全米選手権の表彰台にあがるだろうと予想している人が何人もいる。けれども、ネイサン本人は「ちょっと待って」と言いたいのだそうだ。

実際彼は、表彰台候補に自分を含めてほしくないと思っているらしい。
「僕にとって初めてのシニアの全米です」水曜午前の公式練習の後、ネイサンはそう話した。「基本的には、僕はここに経験を積むために来ているんです」

ラファエル・アルトゥニアンのコーチングのもと、南カリフォルニアを練習拠点としているネイサンだが、人々の期待が高まっているのは彼自身のせいだと言えるだろう。なにしろ、昨年11月のPacific Coast(西海岸)地区大会で、フリーで4T-2Tのコンビネーションを着氷して、総合243.89点という信じられないようなスコアをたたきだしたからだ。
地区大会と国際大会とではスコアの出方が違うだろうが、この高得点のせいで、1999年5月5日生まれのネイサンが全米で表彰台に乗り、3月におこなわれる世界選手権に派遣されるのでは?とささやかれるようになったのだ。

ネイサンはこの全米で、4Tに加えて地区大会では跳ばなかった4Sと3Aも跳ぶつもりだ。だが、左足のかかとの怪我のために、このプランを変更する可能性もあるという。
「先週の水曜日から、急に痛みが出始めたんです。成長版(growth plate)という部分に問題が起こってしまって。ここ2、3か月で身長が5〜6センチ伸びたんです」
【*おそらくですが、踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)と呼ばれる成長期に多い症状じゃないかなと思われます】

「今の時点ではまだ、フリーにクワドを3本――4Tを2本にサルコウを1本――と3Aを入れる予定ですけど、状態を見ていく必要があると思います。ふつうの3回転ジャンプはだいじょうぶです。クワドとアクセルだけが問題なんです」

ネイサンは10月にGPSクロアチア大会に出場し、銀メダルを獲得した。この全米では、いい演技をそろえて、3月にエストニアのタリンで開催される世界ジュニア選手権への出場を決められたら、と考えているが、これについてもそれほどこだわっているわけではないという。ちなみに昨シーズンの世界ジュニアでネイサンは銅メダルに輝いている。

「世界ジュニアに出れたらいいな、とは思っていましたけど、今はそれほど考えすぎないようにしています。特にこのかかとの怪我が起こって以降は、なんとか切り抜けたいという気持ちです」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガーンネコ ネイサ〜ン(;_;) また怪我ですか。うっうっ…。
ここ2、3か月で急激に背が伸びているそうで、成長にともなって出る障害だそう。ですが、よりによって全米の直前に症状が出てしまうとは(;_;)

それにしても! 少し前に出た記事では「フリーにクワド2本」となっていたんですが、なななんと3本予定しているの? ええっ? それはちょっと急ぎすぎなのでは…。ただ、怪我の状態次第で構成落としてくるかも、なんですね。
「経験を積むための全米」という言葉には、周囲の期待の中でなんとか冷静さと集中を保とうという気持ちが表れているんだと思いますが、それにしても最後の「なんとか切り抜けたいだけ」が、若干ちょっとかなり心配です…>< 


昨年11月の地区大会のフリー。最初の4Tは転倒。次の4T-2Tは降りてますが回転不足ぎみ?後半冒頭の3Lz-2Lo-2Loが軽やかで美しい〜。


新SPのマイケル・ジャクソン。これ、右腕の腕章でかろうじてマイケルを表現してるんだと思うんですが…きっと仮の衣装ですよね?全米では新衣装が見られるんでしょうか?(それともこのままなんでしょうか…(゚∀゚;



JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:北米男子 | 11:34 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん!ありがとうございますm(_ _)m
朝、翻訳で読んで「何じゃこりゃ?」と思った記事がもうここに!
そっかぁ、ネイサン本人は周囲の期待に対してちょっと引き気味なんですね。アル・コーチはいつも不敵な微笑みをされてたから、絶対平昌の金メダル候補としてネイサンを育てていると思います。まだ15歳ですもんね〜。あんまり過剰なストレスは与えたくないな〜と思いつつ、2012年の全米ジュニアのときみたいにスタオベされて欲しい・・・。
サルコウまで取り入れてたなんて知りませんでした。まだいいんじゃない…?明日が怖いです〜。
| ふみどう | 2015/01/22 1:00 PM |
追記すみません。
欧州次第ではピトキ君ももう一度Jrワールドという噂ですよね。
昌麿君、ボーヤン君、ネイサン、アディアン。(-_-;)
台が足りません・・・。
| ふみどう | 2015/01/22 1:10 PM |
こんにちは、またお邪魔します。
記事ありがとうございます。

4Sまでとは驚きですね。
動画を見る限り、4Tはまだ安定してないのかな・・・私も、そんなに急がなくていいんじゃないかと思うんですけど。
まだ15歳で本当に早熟ですけど、ボーヤン君みたいな子がいると、もっともっとと思うんでしょうかね。
昌磨くんも4S練習してるみたいですし、草太君も4飛んでたし、刺激し合ってるんでしょうね。
ボーヤン君のルッツとか、凄すぎて恐いですホント。
体大丈夫かしら、とか思ったり。
みんな、凄い子たちばっかりで・・・成長のスピードが速すぎて、ついていけない〜
もうちょっと、ゆっくり楽しませて欲しいんだけど。

ネイサン君、また背が伸びたんですね。
髪はどうしたんでしょう。
単に伸びてるだけなのかな、伸ばしてるのかしら。
慣れてるせいか、前の髪型のほうが落ち着くんだけど。

世界ジュニア、ドキドキ、ハラハラ、う〜ん
考えただけで、緊張してきました。
あっ、その前に全米ですねー
あー、それにカナダも超気になりますーー




| マリー | 2015/01/22 2:51 PM |
>ふみどうさん、コメントありがとうございます。
ネイサンくん、芯は強そうですけど、ちょっと内向的な性格っぽいですもんね。それにここ数年怪我や体調不良で思うように試合ができず、ちょっとフラストレーションたまっているでしょうか。
平昌の「メダル」候補ではなく「金メダル」ですか?ヘ(゚∀゚ヘ) それで今からこんな超高難度構成にしているのかしら?
JGPF見てジュニアワールドは昌麿くん圧勝かと思っていたんですが、ボーヤンくんもアディアンくんも調子を上げている様子。さらにもしネイサンまでクワド3本となると…めっちゃおもしろい試合になりそうですねっ!(選手たちは大変ですけどね)
| たら | 2015/01/23 12:50 AM |
>マリーさん、こちらにもコメントありがとうございます。
ジュニア男子でクワドって、ロシア&中国っ子たち、そしてジュニア時代のジョシュアくんぐらいかと思っていたんですが、ここへきてジュニアのレベルがぐんぐん上がっていて怖いぐらいですよね。(くれぐれも怪我には気をつけてほしいです〜)
世界ジュニア、楽しみですけど、まだネイサンくんは決まったわけではないですもんね。怪我の具合が気になりますが、なんとか全米でいい演技をして、世界ジュニアの切符をつかんでほしいです。
髪…この動画ではなんだか爆発してるみたいですけど、その後どうなったでしょうね? 個人的には短いほうが似合うような気がします^^
| たら | 2015/01/23 12:51 AM |
たらさんこんばんわ

 実は、せっかくご紹介いただいた動画を今まで見ていなかったんです、ごめんなさい

 フリーはショパンのピアノ協奏曲だったのですね。
「のだめカンタービレ」でのだめが世界デビューを果たした曲です、一時期狂ったように聞いていました。

 皆様ご存知かもしれませんが、作曲者ショパンにとっても、音楽の都ウイーンに打って出たころの曲で、シニアに乗り込むネイサンにふさわしい。そして編曲が素晴らしい。前半の3連で2楽章、3F3T?から3楽章へ、原曲の世界を壊すことなくよどみなくつなげています。
 ネイサンも、そのストーリーまでしっかりつかまえて演技しているように見えます。

 ネイサン、特上のスタッフに恵まれていますね。
こわっ、いや楽しみです。
| よのにょ | 2015/01/23 10:49 PM |
>よのにょさん、おはようございます♪
「のだめ」はほとんど見てないんですよ>_<; よのにょさんにとってそれほど思い出深い曲だったんですね。
曲の背景についてもまったく知りませんでした。お恥ずかしい限り…
ネイサンのシニアデビュー曲にそれほどの意味があったとは…教えていただきありがとうございます。アーンドこれからもいろいろ教えてくださいますようよろしくお願いします<(_ _)>
| たら | 2015/01/24 5:59 AM |
ネイサン君一時はどうなる事かと思ったけど、世界ジュニア選出が叶ってよかったですね。
まだSPしか見れてませんが、地区大会より素敵だと思いました。
衣装も(髪も)ちゃんとしてて良かったですね。
それに、暫く見ないうちに随分大人っぽくなって・・・うぅ寂しいです〜
ネイサン君の紹介動画でホッケーしてましたけど、まだ続けてたんですね。

それにしても、15、16、17歳と粒ぞろいで嬉しすぎます。
昌磨君とボーヤン君、ピトキーエフ君とナム君、
15歳のペトロフ君とネイサン君と、それにカナダのローマン君可愛すぎです〜暫くそのままでいてほしい。
それと草太君も15歳になったし。
ジュニア、シニアと分かれてますが、いづれ皆一緒になるし、みんなライバルですね。
みんな順調に育ったら・・・数年後が恐ろしい、というか楽しみすぎます。

でも、まずは世界ジュニアですが、
ネイサン君がコンディション次第で昌磨君の一番の強敵じゃないかと思うんですけど、でもボーヤン君も爆発したら凄いし最近はジャンプ以外も頑張ってると思うし、もしピトキーエフ君もジュニアに出たら〜〜〜〜〜恐っ
それに、それに、
四大陸も凄い事になりそうな・・
ナム君も出てくるし、アメリカ勢が強力ですし。
羽生君世代もメキメキ力をつけてきて、豪華すぎて目移りします。
全米のジョシュア君、凄い良かったと思いました。
なんか四回転のイメージだったけど、3Aあんなに綺麗に飛べる選手だったんですね。
四大陸の表彰台が全然想像できない・・どうなるんだろう〜
| マリー | 2015/01/26 8:32 PM |
>マリーさん、全文深ーくうなづいちゃいました(*^_^*)
ネイサンのSP、マイケルっぽく進化してましたね。体調がかなり悪い中で、フリーも含めあれだけの演技ができるのだから、やっぱりかなりの実力、アンド精神力もすごいんだなあと感心しました。
昌磨くん世代、楽しみな選手ばっかりですよね!一歩先を行っていたナムくんも、カナダナショナルではまた進化してましたねぇ。
しばらくアメリカ男子はおとなしめの選手が多かったけれど、ここへきて実力、メンタル、容姿、人気がそろった選手たちが出そろってきて、本当にうれしい限り。4大陸の男子、私も楽しみで楽しみでヨダレが出そうですw
そして、ジョシュアくん…私も惚れてしまいましたよっ!&#10084;
| たら | 2015/01/27 3:26 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/248
トラックバック