<< 挑戦は続く 羽生結弦インタビュー@GoldenSkate | main | 韓国ナショナル2015 平昌の星チャ・ジュンファンくんに注目してみた >>
一歩ずつ進んでいく 小塚崇彦インタビュー@GoldenSkate
もっと早くアップしたかったんですけど、いろいろと取り紛れてしまいまして…。
12月2日付けでGolden Skateに掲載された小塚くんインタビューです。いつ、どこで取られたインタビューかは書いていませんが、ライターのKondakovaさんはロシア関係が多い方のようですし、ロステレコム杯でフリー終了後におこなわれたものではないかと思われます。
インタビューは日本語通訳を通してのもののようですが、丁寧に言葉を選びながらとつとつと語る小塚くんの口調が伝わってくるような英文だと思います。文中には「元ワールド銀メダリスト」「元全日本チャンピオン」などの経歴がたびたび挿入されていますが、煩雑になるので省略させていただいています。

元記事はこちら→One step at a time for Japan’s Kozuka By Anna Kondakova


「小塚、一歩ずつ進んでいく」


2014年スケート・カナダでSP演技中の小塚崇彦…いい写真ですねぇ、これ。

昨シーズン、日本の小塚崇彦は、彼のキャリアで最も大きな失望を味わうことになった。全日本選手権で3位になったものの、オリンピック代表には選出されなかったのだ。そのことを今でも引きずっているのだと、彼は打ち明けた。だが、25歳の小塚は、今はそれを乗り越えようと決意しており、ロステレ杯での演技は自分が立ち直るきっかけになるものだったと考えている。

「オリンピック代表になれなかったことには、すごく落胆しましたね」と、小塚は認めた。「目標まであと1歩のところまで来ていたのに、逃してしまった。そのことが今シーズンの自分のスケートにも影響している気がします」

わずかでも立ち直る助けになったことのひとつが、日本で開催された2014年世界選手権への出場だったという。
「世界選手権の代表に入れたことは、僕にとってすごく大きなことでした。あそこで他の選手たちがそれぞれ全力でがんばっている姿を見たこと、それが僕を前に押し出してくれたんです。僕は自分に言いました。『お前はここにいるんだ。やるしかないだろ!』って。今やらないでどうする、と思いました。僕のまわりのだれもが本気でやっていた、だから僕もやったんです。あの試合で僕にあの演技ができたのは、自分がそう望んだからというよりも、あの雰囲気に背中を押されたからだったと思っています」

世界選手権では6位という、まずまずの結果を出せたが、その後、五輪後のシーズンを迎えるにあたって次なる試練が立ちはだかることになる。
「8月まではすべてが順調だったんです。気分もよかったし、スケートに自信が持てて、調子もよかった。このまま前に進めると思っていました。アイスショーに何回か出ましたが、そこでもいい演技ができていました」

ところが、その後すべてがボロボロと崩れていった。
「やるべきことをやって、一生懸命努力しているのに、次から次へと怪我に見舞われたんです。まず首の痛み。腰の痛み。足首を怪我して、さらに肩にも問題が起こりました。いつも必ずどこかを痛めている状態でした。自分ではまったくわけがわかりませんでした。前に進みたいのに、それができない。スケートに集中することができなくなってしまったんです」

この状態は9月から10月いっぱいまで続いた。そのせいでJapan Openとスケート・カナダでの演技に影響が出て、それぞれ6位と8位という結果に終わってしまった。

こうした苦境にあってもなお、小塚は4回転ジャンプを跳ぶことをあきらめなかった。クワドなしでは、今月12月の末におこなわれる全日本選手権で表彰台を狙うことができないと、わかっているからだ。
「それは去年も同じでした。できないなら、出場する意味はないんです」

クワドはモチベーションを保つためにも大切なものだと、小塚は感じている。じつはスケート・カナダを棄権することも考えたという。
「当然、9月、10月ごろにはクワドをきれいに降りれていませんでしたから。現在もまだ、成功率は今ひとつです。もうずいぶん以前から、僕はクリーンなクワドをしっかり跳ぶことができていないんです」

だが、モスクワで開かれた2014年ロステレ杯で、小塚はようやく、4回転を着氷することに集中することができたと感じたという。
「自分の中に新しい何かを感じたんです。それのおかげで自分のエネルギーのすべてをクワドに注ぎ込んで、がんばり続けることができる、そんな何かを感じたんです」

小塚はSPで、クリーンではなかったもののクワドを着氷して、3位につけた。フリーではクワドに2度挑戦し、どちらも転倒して総合6位に落ちてしまったが、それでもスケート・カナダの8位よりは順位を上げた。

次の目標は、全日本選手権でSPとフリーをノーミスで滑ることだという。怪我はあるものの、そのほとんどは大した怪我ではないんですよ、と彼は言う。
「腰の怪我だけはやっかいなんですけどね。腰にはもう何年も悩まされてきました。これは治しようがないんです。コーチや、そのほか僕の身体をケアしてくださる方々がいて、僕のサポートをしていただいています。そんな方々への感謝を表すためにも、今は自分のスケートに全力集中しなくてはならないと思っています。自分にはできる、と思っています」

小塚にはトヨタ自動車からのサポートもある。
「トヨタには僕のスポンサーになっていただき、僕が練習しやすい環境を作っていただいています。トヨタが僕を選んでくださったのは、社員の方が向上心を持ち続け、一生懸命努力されるように、僕にお手本になってほしかったからだと思うんです。粘り強く、強い気持ちでかんばることのお手本として」
「だから、スケート・カナダとロステレ杯であまりいい演技ができなかったことがくやしいです。お粗末なお手本になっちゃいましたね。でも、みなさんの力になれるように、これから努力を続けて、全日本でいい演技がしたいんです」

小塚は現在、中京大学の大学院に籍を置いている。
「生体力学(バイオメカニクス)を勉強しています。ただし今は休学中なんですけどね。講義には出ていませんが、データはすべて自分のコンピューターに保存してあるので、研究は再開できるでしょう」

スポーツ史、特に日本におけるフィギュアスケートの歴史にも興味があるという。
「僕より以前の世代の選手たちのこと、彼らが経験したさまざまなことを学んで、その経験を自分のスケートを向上させることに生かしたいんです。モスクワ(ロステレ杯)では、ロシアの有名なコーチであるスタニスラフ・チュクを記念したポスターが貼ってありました。僕にはすごく興味深かったですね。日本とロシアのフィギュアスケートは密接な関係があると思うので。僕の祖父は連盟の役員で、ロシア語と中国語を話す人でした。若いときはロシアの大会に出場したり、通訳を手伝うことも多かったんですよ」

全日本選手権が終わった後は、特に決めているプランはないと、小塚は言う。
「今年は出場が決まっている試合をしっかりこなしたいと思います。その後どうなるかはわからないですね。例えば冬季ユニバシアードに出たい気持ちはありますけど、基本的にはしっかりと体調を整えて、努力を続けていくだけだと思っています」

ただし、2018年五輪の可能性を完全に排除するつもりはないらしい。
「これから4年の間に何が起こるかなんて、僕にはまったく考えられないです。ただ1歩ずつ、進んでいくだけですね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エルモ ここのところ、日本でも取り上げられることの少なかった小塚くん。(あるいは彼自身、この狂騒的なフィギュアブームの中で表に出るのを避けているのでしょうか?)
ソチを逃した後モチベーションがかなり落ちていたとか、スケカナの時には足を痛めていたらしいとか、断片的な情報は入るものの、なかなか彼の内面を知ることができなかったので、これはありがたいインタビューでした。
それにしても、小塚くん、海外インタビューでやっと腰(股関節)のことを口にしましたね。海外のフィギュア記事や掲示板で話題になるときも、「彼は沈んでしまったのか」とか「もうピークを過ぎたらしい」などと言われるばかりで、股関節の怪我のことはほとんど認知されていないんですよ。そういうのを見るたびに、彼も怪我なら怪我、靴問題なら靴問題とはっきり言えばいいのにぃ、と歯がゆくなるんですが、小塚くんは極力言わない人なんですよね…。
状態は必ずしもいいとは言えないようですが、気持ちは前向きだと知ってホッとしました。全日本に向けて、できる限り最高の状態にもっていけますように…祈っています!

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:小塚崇彦 | 18:41 | comments(22) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん初めまして、初めてコメントいたします

小塚くんの記事、翻訳ありがとうございます。
彼に関して今シーズンずっと不調で心配してましたがインタビューで現状がわかってよかったです。国内ではなかなか小塚くんの記事がでないし、出ても細かいものではなかったので‥
正直ファンとしては引退の心配すらしてしまってたんですがもう少し彼のスケートがみれそうで安心しています。

いつも素敵な翻訳ありがとうございます。

| りんご | 2014/12/06 11:47 PM |
>りんごさん、初めまして。コメントありがとうございます。
今季は小塚くんの記事、なかなかなかったですよね。
やっぱりずいぶん苦しんだんですね…。でも、ロステレでの「自分の中に新しい何かを感じた」という言葉に希望が感じられますよね。前向きになれたからこそ、このインタビューにも応じたのかもしれない、という気がしています。
小塚くんのスケート、まだまだ見ていたいです。また機会がありましたらぜひコメントくださいね。
| たら | 2014/12/07 5:19 PM |
初めまして。いつも楽しく読ませてもらっています。

今シーズンの小塚くんは、初っ端から不調が続いているせいか、掲示板やらツイやらで、「ジャンプが飛べないから引退」だとか、ご本人の個人的な関係の批判やら、本当に心ない書き込みが書かれていて... 小塚ファンという訳ではないのですが、スケートの1ファンとして小塚くんのことを心配していた頃、この記事が出てきました。

今シーズンはプログラムにも恵まれているので、あとは彼の体調の回復を待つだけですよね。個人的には、小塚くんに関しては、成功率が低い4回転にチャレンジするよりも、美しいスケートで完璧に滑るのも戦略としてあり得ると勝手に思っているのですが...

次のオリンピックの可能性も排除していないとのコト。今年のロシアのおじさん達(失礼!)がそうであるように、いつ復調するかは分からないので、どうか小塚くんが納得できるまで、滑り続けて欲しいです。

翻訳も大変でしょうけど、頑張ってください!
| ココア | 2014/12/07 6:32 PM |
たらさま、こんばんは!
お久しぶりです、みかんです。

昨季ワールドで、ユヅ&マッチーのトップ争いのフリーの演技の後のタカちゃんの演技は、私にとっての一服の清涼剤でした。
大ちゃん&パトリックが欠場、スケーティングの醍醐味を味わせてくれる数少ない選手のひとりです。
「今季はタカちゃんの年にしてくれよ!」って思ってましたが、怪我に悩まされてたのですね。
スケーティングの素晴らしさは天下一品!ジャンプを取り戻せれば、ワールドの表彰台は取り戻せるよ!がんばれ!たかちゃん!
| みかん | 2014/12/07 7:48 PM |
こんばんは。
本当に、久しぶりの小塚君の内容の濃い記事、ありがとうございます。
小塚君が色々悩み考え、選手として続けていくと決めたなら、きっと小塚君のスケートが戻ってきてくれると思います。
スポーツ選手は、怪我に本当に、悩まされますよね。
それでも前へ進みたい、勝ちたいと言う気持ちが・・。
フィギュアスケートに限らず、
前へ進み頑張ってる選手を応援していきたいです♪
私はもぅ○○年フィギュア応援してますが、ネットはあまりみてなかったんですが、
たらさんのブログ。実は
本で知りました♪
素敵なブログに出会えて嬉しいです。

| ゆう | 2014/12/07 10:33 PM |
>ココアさん、はじめまして!
今季の小塚くんのプログラムは、エキシも含めて3本ともいいですよねぇ。(個人的に特にフリーは今季の男子で一番好きです)

>成功率が低い4回転にチャレンジするよりも、美しいスケートで完璧に滑るのも戦略としてあり得ると勝手に思っているのですが...

これ、私も時々思うんですが、この記事で語っているように4回転は外せないんでしょうね。彼にとって「4回転を入れない」=「表彰台を狙う気がない」=「出場する意味がない」なんでしょう。それはきっとトップアスリートとして譲れないところなんだと思います。
「ロシアのおじさま」←そうですよね(笑) 小塚くんは本来は身体の強い選手だと思うので、復調を目指してがんばってほしいと思います。
またよろしければコメント寄せてくださいね!
| たら | 2014/12/08 2:50 PM |
>みかんさん、お久しぶりです。
さいたまワールドでの小塚くん、素敵でしたよねぇ。でも、あの時そんな精神状態だったなんてちっとも知りませんでした。
そうですね、スケーティング巧者と呼ばれる選手が減った中、彼の滑りは貴重ですよね。ファン以外にもそう思って期待している人はたくさんいると思います。
またワールドの表彰台に返り咲いてほしいなあ…。
| たら | 2014/12/08 2:51 PM |
>ゆうさん、こんにちは。

>小塚君が色々悩み考え、選手として続けていくと決めたなら、きっと小塚君のスケートが戻ってきてくれると思います。

本当にそのとおりですよね。
トップアスリートはみんな頑固で誇り高いもの。まわりがいろいろ言うよりも、彼自身がそう決めたことが、今後一番のパワーになっていくんだと思います。
あ、「本」というのはもしかしてあの本ですね?私もぱらぱらページをめくっていて初めて知りました(笑)
更新頻度が低くて申し訳ないのですが、これからもお立ち寄りいただけたら嬉しいです♪
| たら | 2014/12/08 2:51 PM |
はじめまして!です。
ソチから羽生選手のファンになったようなミーハーなフィギュアファンなのですが、ずっと好きな選手は小塚選手です(*^^*)
なので、たらさんの記事とても嬉しかったです!
JOから不調のようでどこか怪我してるの?と気になっていました。
私も今季のプログラムとても好きです。小塚選手のスケートによく合っていて後はジャンプさえ決まればと思っくらいステップやスピンは素晴らしいなーと思っています。
全日本では小塚選手の万全の演技が見たいです(*^^*)
今は我慢の時ですね。復調を信じて、どんな時でも小塚選手を応援していきたいと思います!
スケーターへの愛が溢れるたらさんの記事いつも楽しみにしています。普段は見るだけなのですが、思わずコメントしちゃいました( ^o^)
| ノルディー | 2014/12/09 12:32 AM |
はじめまして!
たかちゃんに関する情報が少なくて、悶々としておりました。近況を知ることが出来て嬉しいです。

エッジを国内メーカーと共作してそれをGPシリーズで使っていると、どこかの記事で知りました。今期の不調は、そのエッジに不具合が発生したせいなのかなと思っていましたが、怪我のせいだったんですね。


全日本選手権まであと約2週間 万全の体調で、今期フリーの神プログラム(←勝手に思っているだけですが)の完成形が見られることを楽しみしています。
そして、たかちゃんが笑顔で今シーズンを終わることができるように切に願っています。
| きんじ | 2014/12/09 9:42 PM |
たらさん、翻訳ありがとうございます。
やっぱり専門誌は落ち着いていていいですね。読んでいて安心します。
小塚選手は、年々表現が洗練されていって、着実に見ごたえのあるスケーターになっているように思います。
10代のころから上手でしたが、私自身、彼のことを「かっこいい」と思って見るようになるとは前のオリンピックのときは思ってませんでした(すみません)。
トヨタ社員でない私でも、彼の努力や継続する力を十分感じてます。
ジャンプさえついてくれば結果はすぐ出るのでしょうが、ジャンプさえ、なんて簡単に言うべきじゃないんでしょうね。努力が報われますように!
| sua | 2014/12/10 4:14 PM |
>ノルディーさん、はじめまして!
好きな選手が複数いるって幸せですよね!私はたくさんいすぎて収集つかなくなることも多々ありますけど、でもやっぱりスケーターさんにはそれぞれの魅力がありますもんね。
本当に後はジャンプだけなんですよね、小塚くん。股関節に先天的な問題があるらしく、完治は難しいのだそうです…ご本人も相当もどかしいでしょうね(;_;)
全日本では今季の、いえ小塚くんのキャリアの中でも最高の演技が見られたらいいですね。
よろしければまたコメントいただけましたら嬉しいです!
| たら | 2014/12/10 7:49 PM |
>きんじさん、はじめまして!
エッジの開発は、少しでも選手の負担を軽くしたいという気持ちからおこなっているそうですね。その気持ち…報われてほしいです。
記事を読むと、今季の不調は怪我のせいもあるけれど、精神的な問題も大きかったようですね。フリーは本当に神プログラム!だと思います。(出だしのイーグルの美しいことといったら!)
たかちゃんの笑顔が見られますように!切に祈っています。
| たら | 2014/12/10 7:49 PM |
>suaさん、こんにちは。
あら、そうですか!私はバンクーバーで彼の「かっこよさ」に目覚めたクチですが(*^_^*)
確かに、最近の小塚くんには円熟したかっこよさがある気がします。

>ジャンプさえ、なんて簡単に言うべきじゃないんでしょうね。

本当に…。そしてそのことは当の小塚くんが一番よくわかっているんでしょうね。全日本にむけていい調整ができますように!
| たら | 2014/12/10 7:50 PM |
こんにちは♪
ちょっとお返事の内容に驚いちゃったのでまた、投稿です。
そぅです♪あの本、確か
I○VE・・
えっ!発売前に確認とかないんですか?
驚きです!
ついに、
4人の日本選手の公開練習の映像が流れてきましたね。
私のドキドキも高まるばかりです♪

| ゆう | 2014/12/11 1:04 PM |
>ゆうさん、ご返事大変遅くなってごめんなさい。もう読んでいただけていないかもしれませんが…
そう、そんなタイトルの本でしたっけ?(立ち読みしかしていないので覚えていません(笑))確認など特になかったです。もしあれば、表記が間違っていたので直してもらいたかったんですけどねぇ。
ファイナル終わりましたね!いよいよ正念場の全日本ですね>< 選手みんな、調整など大変だと思いますが、がんばって実力を発揮してほしいですね!
| たら | 2014/12/19 4:50 PM |
多分はじめてのコメントです。私は4回転は嫌いなのです。なぜかといえばSSが必ずしも素晴らしい選手が・・・とは限らないからと思っているからです。結局アジアが台頭するまでの4回転時代が来て遅れて来たアジアが損していると思っているからです。多分プルシェンコが嫌いなのだと思います。高橋君と小塚君が好きだからでしょうね・・・素晴らしい技術が有るのに怪我で苦しんでいる選手を応援しない事は出来ません。本当に五輪メダルを取って欲しい選手とは違うんだなぁと本当に思う今日この頃です。
| ゴロゴロ | 2014/12/23 6:36 PM |
>ゴロゴロさん、はじめまして。ご返事遅くなってすみません。
SSもクワドも素晴らしい選手もいれば、SSは素晴らしいのにクワドが苦手な選手もいますね。小塚くんも、怪我が判明する以前からクワドはすごく得意というほうではなかった気がします。
でも決まったときの彼のジャンプはとても美しいですよね。クワドさえなければ…と思ってしまうお気持ちもわかりますけど、彼自身とても大切に思っているようですし、全日本では美しいクワドが決まるよう祈りたいと思います。
| たら | 2014/12/25 4:47 AM |
たらさん翻訳をのせていただいてありがとうございました
今期はほんと小塚君のインタビュー記事とか少ないから今の状況気持ちがどうなのかいつも心配でした
今年の3月の世界選手権見に行けましたが ほんとに素敵な滑りでした 出ていくときの滑りだけでもさーーーって 他の人と違う 風みたいな、、周りにパワーももらってたんですね とっても幸せな時間でした

早くも今日は全日本、彼本来の滑りができるように お祈りしてます
| ふぁる代 | 2014/12/26 8:18 AM |
>ふぁる代さん、ご返事遅くなりました!
男子フリー終わったところですが…祈りが通じましたね!小塚くんやりました!何が何でも降りるという意地の滑りでした。そしてステップ美しかった!
明日の選考はどうなるかわかりませんが、とりあえず今日はあんな小塚くんが見られて幸せでした。
| たら | 2014/12/27 11:34 PM |
たらさま
こっちにも出張ってきてごめんなさいm(_ _)m (たらさんロスの私をお許し下さい)
小塚君は名フェスをお休みでした〜。しくしくしく。今年の名フェスのメインはこづだったのに〜。
捻挫ってどんなものでしょう。今週末のSOIには出られるのでしょうか?(行きませんけど)軽度であることを祈ります。もう故障者はたくさんです〜。羽生君もそろそろ退院できるのかしら?みなさんの元気な姿がみたいです。(たらさんも〜)
元気だったのは昌麿君と草太君と理華ちゃんですね〜。若人のばく進は留まるところを知りません。昌麿くん4Sやってました。(fallでしたけども)草太はやく3Aマスターして!ファイナルで完品ご覧になって羨ましいです!
| ふみどう | 2015/01/08 11:18 PM |
>ふみどうさん、こちらにもいらして頂きありがとうございます^^
名古屋フェスティバルは小塚くん、残念でしたね。もう怪我のオンパレードということはないのでしょうけど、それでもきっと全日本に照準を合わせて、ハードな練習をしてきたんでしょう。その影響が捻挫に出てしまったのかもしれませんね。
小塚くん、若い頃はほんとに怪我知らずだったんですよ。スタミナもトップ選手の中で随一だと言われてました。そんな彼が、先天的なものがあるにせよ、ここまで怪我に悩まされるとは…(;_;)
今は男子も女子も若いうちから高難度ジャンプやスピンをばんばんこなさなくてはならない時代。本当にみんな、くれぐれも体をいたわりながら頑張ってほしいなあと思います。
…えへへ、草太くんのしゅっとした3A、目の前数メートルでした。絶品でしたよ〜!
| たら | 2015/01/09 11:05 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/241
トラックバック