<< 引退・高橋大輔へのメッセージ | main | いよいよスケアメ! Icenetworkでミルズさんが町田樹を語る! >>
ブライアン・オーサーインタビュー 羽生マジックにご注目?
オーサーの最新インタビューが出ました!
10月14日付でアップされた、「オータム・クラシック」がらみの記事です。といっても、読んでみるとオータム・クラシックの話はちょっとしかなくて、なぜか羽生くんばっかりな記事なんですけど(゚∀゚;) いや、大いにありがたいんですけどね!

すみません、時間がなくてかなり荒っぽい訳ですが、とりあえずどうぞー!
元記事はこちら→ORSER COMING HOME TO AUTUMN CLASSIC


「オーサー、オータム・クラシックで故郷に戻る」

ブライアン・オーサーがカルガリー五輪の旗手として着たユニホームが、オンタリオ州バリーにあるアランデール・レクリエーション・センターの展示室に、今でも飾られている。バリーはオーサーが現役時代の大部分、拠点としていた街だ。

そのユニホームは、いつまでも色あせることのないカナディアンレッドに、白いフリンジがついたもの。色あせることがないのはオーサーも同じらしい。新設されたシニアB級大会「第1回オータム・クラシック」。その会場であるアランデール・レクリエーション・センターに彼が入ってきたときの様子は、まるで故郷に帰ってきたかのようだった。
オーサーはこのリンクの記念碑的な人物だ。壁には彼の戦績とともに、その名前が大きな文字で銘板にきざまれている。オーサーが2度の五輪銀メダルとワールドタイトルをとったのは、いずれもバリーの南部に位置するリンクで練習しているときだった。バリーは北米でもっとも急成長した都市とも言われている。

ただし、オーサーがこの会場に帰ってきたのは初めてのことではない。「オクトーバーフェスト」と呼ばれるテストマッチに、教え子を出場させたことがあるからだ。そんな教え子の1人が、今男子の世界ランキングを急上昇中のナム・ニューエンだ。ナムは現世界ジュニア・チャンピオンで、シニアデビューの世界選手権では12位に入った。

リンクに飾られたオーサーのフリンジ衣装を、ナムが目にしたことはあるだろうか? 彼は以前にもオクトーバーフェストに出場したことがあるから、もしかするともうおなじみなのかもしれないが、確かにナムは今週の火曜日、あの衣装の前でウォームアップをおこなっていた。だから間違いなく彼は衣装を目にし、それが何を意味するものなのかわかったことだろう。

オータムクラシックの公式練習がおこなわれた火曜日、ナムはきれいな4回転サルコウを2本着氷した。この大会ではその4回転サルコウをプログラムに入れる予定だという。
オーサーは言う。「何か目指すものがあったほうがいいんだよ。新しい“大人のジャンプ”を入れてみるのはいいことだと思う。アクセルに対するプレッシャーを取り払ってくれるからね」

ナムが優れている理由は、トロントの練習拠点で最高のリンクメイトに恵まれているからでもある。五輪と世界選手権のチャンピオンである日本の羽生結弦と、ヨーロッパチャンピオンのスペインのハビエル・フェルナンデスだ。
もし以前にも羽生のことをいいなと思ったことがあるなら、今年の羽生にも注目したほうがいい。オーサーが言うには、羽生は今季新しい2本のプログラムを用意しており、どちらもオーサーがこれまで見たことがないほど美しいプログラムなのだという。(しかもプログラムを山ほど見てきたオーサーがそう言うのだ。)

羽生は腰に痛みが生じたため、シーズン始めに戦線を離脱したところだ。1週間前にフィンランディア杯を棄権したのだ。オーサーによると、これはむしろ予防的な措置だったのだという。
「安全策をとったんだ。あまり急ぎすぎないほうがいいからね。シーズンの適切な時期に彼がトップフォームでいられるように気をつけたいんだ」

羽生はこの夏、五輪金メダリストとしてさまざまな行事をこなしたが、本当はもう少し休養の時間があるべきだった、とオーサーは考えている。羽生はすべての行事を引き受け、数多くのショーにも出た。そうした日本のショーに出演したときには、とんでもなくクレイジーなコンビネーション・ジャンプも跳んでいたという。
「日本のショーでは、みんなかわるがわるリンクに出ていっては、お互い技を見せびらかし合うんだよ」
そんなとき、羽生は尻込みするようなタイプではないらしい。
「彼はすごく張り切って、熱中しちゃうほうなんだ。僕がちょっとは抑えられたらいいんだけどね」

夏の間、羽生がトロントにいた期間はわずか2〜3週間だった。だが今は、3週間前からトロントに滞在して練習している。
シェイリーン・ボーンが初めて羽生の振付を担当した。フリープログラムで、曲は「オペラ座の怪人」。多くのスケーターに使い古された曲じゃないかって? だがボーンが作るオペラ座はこれが初めてだ。

オーサーは5月に、骨格だけ作られた時点でこのプログラムを見たが、特に鳥肌が立つようなものではなかったそうだ。だが今から1か月前、羽生は再びボーンと会い、振付の仕上げに取り組み始めた。これらの作業の結果生み出されたプログラムに、オーサーは仰天してしまったという。
「ほんとに信じがたいものだったよ。僕が知る限りシェイリーンにできることがすべてそこにあったんだ」

オーサーによると羽生は慎重な性格で、新しい人間とつきあうときにはいつも人見知りしてしまうそうだ。だが、ある日突然、羽生はボーンに気を許し始めた。そして、それが功を奏しているのだという。

羽生のショートはジェフリー・バトルの振付。曲にはショパンの「バラード第1番」を選んだ。オーサーはバトルからこの曲を受け取って、すぐに大いに気に入ったが、バトルには「いいけど、羽生にOKしてもらうには相当売り文句が必要になると思うよ」と言ったそうだ。
ところが、羽生もすぐにこの曲が気に入ったのだという。
振付にはバトルの好みが明らかに反映されている。プログラムの冒頭、羽生は14秒間、目をつぶったまま立ち続ける。それから目を開けると、「あとはもう明らかなんだ」とオーサーは言う。

中国杯とNHK杯では羽生マジックに要注目だ。中国杯にはナム・ニューエンと羽生が一緒に出場する。この秋、オーサーと彼の故郷で会うことはほとんどできないだろう。GPS6大会のうち5大会に遠征するからだ。


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:羽生結弦 | 18:18 | comments(36) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
いつも立ち寄らせて頂いてましたがコメントは初めてになります。
どぅにもこうにも嬉しくて
英語が分からない私には本当に本当に和訳が読めて感謝です。
また。立ち寄らせて頂きます。
ありがとうございました。
| ゆう | 2014/10/15 6:52 PM |
たらさんこんばんわ
いつもありがとうございます

 14日付ということで、今一番フレッシュな情報ということになりますね。多少のリップサービスも込みでwはありますが、FPの出来がますます楽しみになりました。
 そして、オーサーでも抑えられないんですね、抑えてほしいんですけど、ほんとに。
 でもこのインタで一番うれしかったのはフィン杯の欠場が「安全策」ということ。もちろん全く問題はないというわけではないけれど、いろいろ出てきて羽生選手の状態がほんとうのところどうなのか不安に思っていましたので、この一言だけで涙が出そうなくらいいうれしかったデス。ああ、おかんw

 ナム君の4Sも、複数の意味があるとわかってさすがだなと思いました。

 ハードスケジュールのオーサー、クリスマスを迎えるころにはシュッと細くなってしまっているかも。
| よのにょ | 2014/10/15 6:53 PM |
たらさん、いつもありがとう。結弦くんの体調についてブライアンたちからのアナウンスは、これが初めてですよね?!速攻で翻訳してくださり、ほんと、嬉しいです。
わからないだけにムチャクチャ心配していたので・・・。
私のブログでご紹介させていただいてよいですか?
| まさ | 2014/10/15 7:35 PM |
たらさんこんにちは!
早速の翻訳アップありがとうございます!
この短時間でこれだけ、すごいです。
記事の大げさな調子に気分もアゲアゲです!
はやくみたいです!
| あんじー | 2014/10/15 7:42 PM |
たらさん、
本当にありがとうございました。
私も上の皆さんと同じく英訳なんて
出来ないので、この記事とても嬉しかったです。
いつも楽しく読ませていただいてます。

羽生君の体調、良くなりますように!
コーチがオーサーやななみ先生で
彼は幸せですね♪
| ココア | 2014/10/15 7:53 PM |
たらさん 初めまして!
翻訳 ありがとうございます!
羽生くんの腰 色々噂されてたんでホントは
もっと悪いんじゃないかと 心配してました。
振り付け順調みたいですね!安心しました!
| みかりん | 2014/10/15 8:37 PM |
たらさん

いつもありがとうございます!
なんてHOTな・・・
大ちゃんの件があって、すばやく各国スケーターのコメント拾って訳して・・・
そのうえでオーサーコーチの記事もだなんて!!
さ、さすがです。
羽生君の最新情報がわかってうれしいです。
ショートはアイスショーで概要を見られたものの、フリーはどんな全貌なのか、とっても気になっています。
初シェイリーンタッグ、オーサーの驚く「美しさ」に着目したいと思いますっ。
| にょろ | 2014/10/15 9:07 PM |
初めてお邪魔します。
ブライアンのインタを翻訳して下さっている、とお聞きして飛んできました!
フィン杯欠場を表明してから、週刊誌等でも色々な憶測記事が出て心配していましたが、コーチの言葉を聞くと安心できますね!
未だ嘗て見たことのないほど美しいプログラムとは…?
オペラ座のお披露目が楽しみで仕方ありません。(バラ1は富山で拝見しました)
| Rei | 2014/10/15 9:22 PM |
たらさん、ありがとう!
中国杯も少し心配していたので、もの凄く嬉しいです。
オーサーも驚く美しいプログラム、見てみたい!
前に外国の方が「結弦は観客に魔法をかける」と仰って下さっていましたが、ぜひぜひ羽生結弦マジックにかかりたいです。
| あや | 2014/10/15 10:58 PM |
初コメントです。自分の英語力じゃ理解不能でしたので、嬉しいです。ますますファントムが楽しみになりました。
| nony | 2014/10/15 11:51 PM |
いやぁ〜嬉しいですね(^^)。 翻訳ありがとうございます。
オーサーさんが、羽生選手の事、本当に理解しているんだと思いました。行事をすべてこなした事や、ショーの事や、人見知りなことも。
教え子を、愛しているんですね。 腰は・・・やはり、無理は禁物のような気がするのですが、羽生選手は試合では本気で飛ぶのでしょうね。
| tama | 2014/10/16 12:57 AM |
はじめまして!こんな時間にすみませんが、一言おれいを申し上げたくて^^;
翻訳ありがとうございました!貴重な記事を読むことが出来て本当に感謝致します!
| かすみ | 2014/10/16 2:28 AM |
翻訳ありがとうございます♪
もう、読んでいて鳥肌が立ってしまいました!
| nomo | 2014/10/16 4:23 AM |
たらさん、こんにちわ。

初めてコメントさせて頂きます。
たらさんの文章はとても読みやすくて分かり易いですね。

選手に対するスタンスもいい感じです。

この類のブログは、きつく言わせてもらうと「妄想」や「脳内お花畑」的なものが多く、選手や振り付け師やコーチ等を馴れ馴れしく呼称していて好ましく思えない物が沢山あります。

しかし、たらさんのブログは読んでいても清々しくて気持ちいいです。

これからも頑張ってください。
| クララ | 2014/10/16 4:30 AM |
>ゆうさん、初めまして。
嬉しかったですよねー! 私も嬉しくて勢いこんで訳してしまいました。
また機会がありましたらぜひコメントくださいね!
| たら | 2014/10/16 4:28 PM |
>よのにょさん、こんにちは。
かなりの重症、という記事も出ていたので不安でしたよね。今どの程度回復しているのかはわかりませんが、少なくとも重症ではなさそう、ということで私も心底ほっとしましたよ〜。
シーズン前のオーサーの「PRインタビュー」はもはや恒例ですよねw(できればハビちゃんについてもPRしてほしかった…)にしてもフリーの出来が楽しみでしかたないですね!
| たら | 2014/10/16 4:29 PM |
>まささん、ご紹介ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
はい、オーサーが羽生くんの体調を語るのは、これが今季初めてですね。
今まで出ていた記事では情報があれこれ錯そうして不安でしたが、ようやく本丸から出てきて一安心ですね!
| たら | 2014/10/16 4:29 PM |
>あんじーさん、そうそう、やたらドラマチックな文体で、記者さんの盛り上がりっぷりがわかりますよね!(そのかわりミススペルが目立ちますけどw)
お披露目まで、あと4週間の辛抱ですねー!
| たら | 2014/10/16 4:30 PM |
>ココアさん、お役に立てましたら私も嬉しいです。
オーサーコーチ、ななみ先生とは全然違うタイプですけど、教え子を思う気持ちはいろんな言動からひしひしと伝わってきますよね。
羽生くんの体調が早く全快しますように!
| たら | 2014/10/16 4:31 PM |
>みかりんさん、そうなんですよね、週刊誌に重傷説が書かれたときには、半分眉唾だろうと思いながらも、本当だったら…とものすごく心配でした。
振付、特にフリーの仕上がりは上々のようですね!楽しみすぎます♪
| たら | 2014/10/16 4:31 PM |
>にょろさん、あ、いつもはサボってばかりだったのに、大ちゃんのニュースで興奮してしまったのかもしれません^^; そこへさらに羽生くんの記事が入ってきたものだから、もう勢いで…。
オーサーが見たこともない美しさで、シェイリーンの本領発揮…いやが上でも期待が高まっちゃいますよね!
| たら | 2014/10/16 4:32 PM |
>Reiさん、初めまして。はい、やっと信頼できる記事が出てきて、私も心から安心しましたよ!
バラ1、私はドリームで見たっきり生では観ていないんです。フリーはもちろんですけど、SPが夏のショーからどれほど変わっているかも見ものですよね。
| たら | 2014/10/16 4:32 PM |
>あやさん、みなさん不安でしたよね。
私も、中国杯もなんじゃないか…下手するとNHK杯も!?と勝手に不安が渦を巻いていましたので、ものすごくほっとしました。
結弦マジック、かけてほしいですよねー!
| たら | 2014/10/16 4:33 PM |
>nonyさん、初めまして!お役に立てたら嬉しいです。
これ読んだらファントムに期待せずにはいられないですよね。オーサーお上手だわw
よろしければまたお気軽にコメントくださいね。
| たら | 2014/10/16 4:33 PM |
>tamaさん、嬉しいですよね〜(*^_^*)
オーサーは教え子のことをとことん守ろうとしていますよね。でもジャンプ大会はやっぱりヒヤヒヤしているですね。
羽生くんが腰や足に古傷をかかえているのは確かなようなので、試合はともかくショーでは「いい加減にしろ!」って言いたいんでしょうね、本当は。
| たら | 2014/10/16 6:59 PM |
>かすみさん、いえいえ、お役に立てましたら嬉しいです。励みになります。
これからも機会がありましたらコメントくださいね!
| たら | 2014/10/16 7:00 PM |
>nomoさん、ぞくぞくするお気持ち、わかります!
こんなこと書かれたら、期待するなっていうほうが無理ですよね!(笑)
| たら | 2014/10/16 7:00 PM |
>クララさん、初めまして!お褒めいただき恐縮です。
あ、でも私も馴れ馴れしく呼んでしまっているかもしれません(゚∀゚;)
「オーサー」は名字を呼び捨てですし「パトリック」とか「ハビくん」とか、よくファーストネーム呼びしてしまいます。一応親しみを感じているから、と自分では思っているんですけどね。
はい、頑張ります。激励のお言葉、どうもありがとうございます!
| たら | 2014/10/16 7:01 PM |
たらさん、素晴らしい翻訳をありがとうございます。
少し遅れましたが、お礼を言わせてください。

この記事の翻訳をたらさんのブログを含め3つのサイトで拝見しましたが、
どの訳も本当に素晴らしく、読み比べらることができる読者の幸せを実感します。

しかし、他の2つのサイトに先んじて、たらさんが一番早く全文訳をあげてくださいました。
「急いだので、粗い訳」と謙遜されていますが、どうして・どうして、素晴らしいです。

たらさん、私を覚えていらっしゃいますか。
私も細々と翻訳サイトの端くれを運営しているんですよ。
でも、今回この記事の訳をあげてくださった、たらさんをはじめとする3人の方たちには、
逆立ちしてもかなわないです。
私の訳はシロウトの下手の横好きに過ぎないこと、あらためて痛感しました。

今話題の(苦笑)ハビエルのファンミの通訳もされたとのこと、ご活躍ですね。

大輔さんの引退の花道にと、各国のスケーターの送辞もいち早く訳してくださり、
感謝の気持ちでいっぱいです。

たらさん、これからも他サイトとの訳の重複を恐れずに堂々と翻訳なさってくださいね。

応援しています。

皆さんの翻訳があまりに素晴らしいので、私のブログは翻訳サイトを卒業しようかと、マジで考え中です(笑)。
| GRACE | 2014/10/16 8:27 PM |
たらさんこんにちは!
訳ありがとうございます!
ゆづのオペラ座練習見た時、これはいいものになるんじゃないかと思っていたのですが、どうやら素敵なものになりそうで楽しみです。
ゆづは人見知りなんでしょうか?
「ある日突然信頼し始めた」ってどんな心境があったんでしょうね?(^^)

腰のケガは?ジャンプは?という不安もありましたが、、オーサーなら大丈夫だと思いたいです。

ハビちゃんのことがイマイチ書かれてないのが寂しいけど。。
又ハビのこともどこかでアピールしてほしいですね。

最近いろいろなことがあるけれど、選手みんながハッピーでいてほしいです!!
| aikons | 2014/10/16 8:29 PM |
おはようございます〜。

高橋選手の記事にうんうんしてる間のこのアップ、素早くって見過ごすとこでした。笑。
事後報告ですが、ちょっと前のチャンくんと、このオーサーインタの訳文記事を時々ご紹介させて頂きました。ご連絡が遅くなりすみませぬ。

しかしほんに、愛情マックスの表現、向こうの方は出し惜しみしなくて。でもそれが受け手を幸せにしてくれて。
特に今羽生選手回りは不安になりがちでしたから、ファンのこともよくわかってくだすっているのなら、360度視界良好ですご過ぎ。
こういう表現、たまには見習わないといかんのですね。笑。
| | 2014/10/17 8:10 AM |
>GRACEさん、ご返事遅くなりまして申し訳ありません。
あ、他の方も翻訳されていらっしゃるんですね。すみません、全然チェックできていなくて。(コメントのご返事もこんなに遅れてしまうほどでして…><)
私、スケート関係の翻訳は「完全に自分の趣味で」やっているんです。なので他の方との重複はほとんど気にしていないんですよ。本当にただ楽しくてやっているもので。
GRACEさんのサイトも拝見させていただきました。どうかGRACEさんも卒業なんておっしゃらず、ご自分のペースでぜひ翻訳を続けてくださいませ!
ハビと大輔さんの記事も読んでいただきありがとうございます。
話題、ねえ…。ほんっとに一部メディアっていい加減ですよねー^^;
| たら | 2014/10/19 5:55 PM |
>aikonsさん、ご返事遅くなりまして申し訳ありません。
ゆづの人見知りは、指田郁也さんもインタビューでおっしゃってましたよ。
http://mfound.jp/interview/sp/sashidafumiya3.html
初めての人とは「最初に壁を作ってしまう」んだそうで。
シェイリーンとも最初はそんな感じだったのが、「あ、この人大丈夫だ」「この人の感覚自分に似てる」と感じられた瞬間があったのかもしれませんね。

>最近いろいろなことがあるけれど、選手みんながハッピーでいてほしいです!!

本当にそのとおりだと心から思います。
| たら | 2014/10/19 5:56 PM |
>まさん、ご返事遅くなりまして申し訳ありません。
ご紹介いただきどうもありがとうございます。高橋くんの記事にもうんうんしていただき、嬉しいです^^
オーサーの言葉はとても明快で、教え子への愛情や試合への戦略などがとてもはっきり感じられますよね。おそらくファンが心配なあまり過敏になっていることもわかっていたのかなあと。
こういう人がコーチだと、選手はすごく心強いんだろうなと思います。ほんと、見習いたいですね!
| たら | 2014/10/19 5:57 PM |
たらさん

記事翻訳、ありがとうございます。羽生選手の腰痛がどれほどのものなのかわからず、不安な気持ちでいっぱいでしたが、オーサーコーチの話からすると希望が持てる感じでほんとうにほっとしました。
そして、ますます今シーズンのプログラムが待ち遠しくなりました!グランプリシリーズ、テレビの前にかじりつきで見たいと思います(^^)
ありがとうございます。感謝いっぱいです!
| Marie | 2014/10/19 10:48 PM |
>Marieさん、いえいえ〜。絶妙なタイミング(?)で話してくれたオーサーコーチに感謝ですね!
いよいよ今週末からテレビとPCにかじりつく日々が始まりますね!羽生くんはもちろんですが、顔ぶれが大きく変わってどんなGPSになるのか、楽しみですね〜。
| たら | 2014/10/21 12:24 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/232
トラックバック