<< 羽生くん24時間TV 英語・中国語字幕つき動画 | main | ハビエル・フェルナンデスくん 第2回ファンミ! >>
パトリック・チャン、復帰は2015-16シーズンから!
またまたご無沙汰でしたが……パトリックの新情報キターー!(゚∀゚) に目が覚めました!w

GPSに出ないことは早くから明らかにしていたものの、1月のカナダ・ナショナル出場には含みをもたせる発言もあったパトリックですが、正式にカナダのスケート連盟(Skate Canada)からプレスリリースが出ました。
今季は全面休養。しかし引退はなし! 来季2015-16シーズンに、GPS含めフルに戻ってくるよ!ってことらしいです。

元記事はこちら→Patrick Chan will return to competing in 2015-2016 



「パトリック・チャン、2015-16シーズンに復帰」

2つの五輪銀メダル、そして世界選手権金メダルに3度輝いたパトリック・チャン(カナダ・オンタリオ州出身 23歳)は、2015-16シーズンに競技に復帰する計画だ。

チャンは夏の間しばらく休んだ後、新しいフリープログラムに取り組んできた。ただし、このプログラムを国際大会で滑るのは来年のGPSになる見込みだ。【←後で出てきますがJOは「招待試合」ということなんですね】

競技への情熱は、世界チャンピオンの胸の中でまだ燃えさかっていた。
「今僕が目指しているのは、このシーズンを休養した後で、フルに競技スケジュールに戻ることです」とチャンは語った。「ソチで自分が出した結果、そして世界選手権で獲得したタイトルには誇りを持っています。でも、僕にはもっと達成できるものがあると感じています。今シーズンの休養から新しい練習法や試合への準備のしかたを身につけて、競技に戻ってくるつもりです」

新しいフリープログラムは、デビッド・ウィルソン振付による「ショパン・メドレー」だ。
「このプログラムにはすごくコンテンポラリーな動きが入っているんです。ゆっくりと時間をかけながら、プログラムを練り上げることを楽しみ、芸術面を向上させようとしています。また、練習のサイクルという面でも新しいことを試しているところです。五輪前は毎日必死でプログラムの通し練習をやっていたけれど、今はがむしゃらにならなくてもいい」
その結果、チャンはこう感じるようになったという。
「今はもっとリラックスした穏やかな練習法から、どうすれば今までと同等な成果を上げられるかを学んでいます。このことは来季、僕が前に進んでいくための助けになってくれるでしょう」

チャンの新フリーのお披露目は、今週さいたまで開催される招待試合「ジャパン・オープン」になる。今後はクリーブランドで「An Evening with Scott Hamilton & Friends Ice Show & Gala」(11月8日)、ケベックシティで「SKATEMANIA」などに出演するほか、来年の「スターズ・オン・アイス」にも参加する予定だという。

練習の本拠地はデトロイトのままで、コーチも引き続きキャシー・ジョンソン。チャンにはカナダのスケート連盟と「オウン・ザ・ポディアム」(カナダの五輪クラスのアスリートを支援する組織)からの金銭的援助を受ける資格があるが、ほかのアスリートが援助を受けられるよう、辞退を申し出たという。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エルモ パトリックのインタビューはたいてい「〜だよ」「〜さ」口調で訳すのですが、今回はプレスリリースってことで改まってみました。(やっぱりちょっと違和感が…w)

そっか、やはりナショナルはなし、なんですね。ワールドはパトリックゆかりの中国だし、ひょっとするとナショナル→ワールドは有りかなあ、なんて勝手に思っていたんですが。
でもまあ急ぐ必要は全然ないのだし、ふだんからプログラムを持ち越してじっくり滑りこむパトリック。今、SPもフリーもできているということは、来季はいつもと同じ「持ち越し」状態で、完成した滑りでシーズンをスタートできるということですしね!
今季パトリックがいないのは、個人的にも、そして男子フィギュア界にとっても寂しいことですが、引退せず戻ってきてくれるのは、すごくすごく嬉しい! じっくり待っていようと思います。
それにしても…新フリーはショパンのメドレーですか! どんな曲を使っているんでしょ?「コンテンポラリーな動き」ということは、少なくとも「子犬のワルツ」はなさそうかな?(まさかの「バラ1」とかないですよね、ウィルソンさんヾ(゚□゚;)ノ )

ああ、JOがますます楽しみですねー!

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:パトリック・チャン | 04:12 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
いつもありがとうございます。
発表直後の記事の翻訳、本当に感謝します。たらさんが深夜族でいらっしゃるのは海外の情報キャッチの為なのかしら?体内時計高性能ですね!
Pさん、セレブにゴルフしたり彼女のブランド宣伝したり、学生生活も含めプライベート充実もしている様ですね。充電の完了した来季が待ち遠しいです。
羽生君にこんな日々がやってくることはあるでしょうか?まず何よりも怪我の完治を祈ります。
2ヶ月後のたらさんの記事を今から楽しみにしている私です。
| ふみどう | 2014/10/01 8:19 AM |
>ふみどうさん、さっそくのコメントありがとうございます。
深夜族…単に睡眠時間がめちゃくちゃ不規則なだけなんですよ。そのせいでゴールデンタイムの重大ニュースを見逃してしまうこともしばしば^^;
バンクーバーからソチまで走り続けてきたパトリックですからねぇ、最近のオフショットがいい笑顔なのが嬉しいです。本田望結ちゃんに教えているときもとっても優しかったですよね〜。
羽生くんの4年後はどんな感じなんでしょうね…ともかく怪我が早く治りますように!
| たら | 2014/10/01 2:40 PM |
たらさん、お久しぶり〜〜〜〜〜
パトリック選手が引退せずに、戻ってきてくれるのは本当に嬉しい!
発言ではいろいろ物議をかもすことが多いパトリック選手ですが、他の選手が援助を受けられるよう、援助を辞退というのも何気にいい話ですね。

ところで羽生くんの腰は本当に心配ですね。ビールマンスピンは封印してほしい。あれは腰によくないらしい。

今のフィギュアは身体への負担が大きすぎるのだと思う。
みんな故障持ちになってしまう。
国際スケート協会、日本スケート協会は選手への負担軽減を真剣に考えてほしい。
パトリック選手の発言もその意味では一理あると思うのです。
| coco | 2014/10/01 3:35 PM |
>cocoさん、ご無沙汰です!も〜ほとんど休止状態でした(^_^;)
援助の辞退はさすがだなあと思いました。地元コミュニティーに支援してもらったり、苦労した経験があるみたいなので、よけいチャンスを譲ってあげたかったのかもしれないですね。

>今のフィギュアは身体への負担が大きすぎるのだと思う。

ほんとそうですね。高難度ジャンプ・スピンの時代だし、トップ選手ほど出場試合やショーが多くなりますし。
羽生くんはこのオフ、本当に息つく間もなかったようですね。次々とCMやら写真集やら、ファンには嬉しい限りではあるけれど、いったいどれほどのスケジュールだったんだろうと思っちゃいます><
| たら | 2014/10/02 1:53 PM |
はじめまして。
いつも読み逃げしてますが、たらさんの記事を楽しみにしています。
エレーナの記事や、ジェフ、オーサー、カートさんのプロ・裏方チームの記事や、妄想シリーズ(羽生くんバラ1、大輔さんkissing You)も大好きです。
全員応援体制というのも、読んでいて嬉しいです。

この記事を読んで、「ああ、パトリックが見たい!!次のシーズンまで待てないわ。見たい見たい見たい!!」でチケット確保。
さいたまスーパーアリーナまで行って、”初”パトリックを堪能してきました。
テレビの中のパトリックしか知らなかったもんで、「このくらい」と思っていたパトリックは、そんなものじゃありませんでした。
すいすいスケートは伸びるし、音ハメもぴったり、上半身の動きも素敵でした。
3Aも嘘みたいに綺麗に決まって(録画してあったのを見たら、めっちゃ笑顔)、プログラムもすごく合っていて、水を得た魚みたいだな〜(氷を得たパトリック!!)と思いました。
眼福でありました。

今シーズン休むのはすごーーーーーーーーーーくさみしいですが、来シーズン復帰してきて、パトリックすごすぎる!!とまた思わせて欲しいです。
もちろん日本男子にも頑張ってほしいし、ハン・ヤン、ナムくん、ハビにも頑張ってほしいなあ。
これからも、全方向に愛ある記事を楽しみにしてます。
| エル | 2014/10/07 1:31 PM |
>エルさん、はじめまして。コメントありがとうございます。妄想シリーズ(笑)もお褒めいただき嬉しいです!
…なんとー、この記事でJOの観戦を決められたとは!? 責任重大! でもすぱらしい神プロ見られてよかったですね。うらやましいです。
生で見ると本当にすごいですよね、パトリック。「氷を得たパトリック」そのとおりだと思います。まるでリンクに水がはってあってその中を魚が泳いでいるみたいなんですよね(こんなリラックスした滑りをソチでも見たかった泣)
パトリックの不在はさびしいけれど、他の男子たちにとってはメダルのチャンスが広がるということでもありますよね。今回ズタボロだった小塚くんには、パトリックのいないスケカナで本領発揮してほしいな!と個人的にはすごーく思ってます。
| たら | 2014/10/08 12:07 PM |
>(こんなリラックスした滑りをソチでも見たかった泣)

本当です。4T−3Tが美しく決まった時には、おめでとう!パトリック!!やっぱり強いわーと思ったんですけどね。
最終グループの魔物の活躍っぷりが辛かったです。
氷の上で自由に滑っている(もちろんルールがあるんですけど)+試合の緊張感がまた見れる日を楽しみにしてます。

小塚くんはほんと不調でした。(体調が悪かったということらしいですが)
スピンでよろよろ、ステップでコケた時には、周りのお客さんも私も「う・・・」という感じで。
プログラムもボーカル入りでもうるさくなくて、小塚くんのイーグルをこれでもかーこれでもかーと入れて、スケーティングをしっかり魅せてくれるので、スケカナで再ブレークを果たして欲しいです。

またお邪魔します。
ではでは。
| エル | 2014/10/09 12:54 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/228
トラックバック