<< 2014-15シーズン 新プロ情報(ここらで再アップ) | main | カート・ブラウニング プロ20周年インタビュー【前編】@ Absolute Skating >>
パトリック・チャン最新インタビューwith PJクォン
THE ICEで大活躍して、カナダに帰っていったばかりのパトリックですが、おなじみのカナダ人フィギュアジャーナリスト、PJクォンさんのブログに、パトリックの最新インタビュー音声がアップされていました。よーし、また聞き取りにLet's try! と思ったら、これが43分もあるロング・インタビュー(゚□゚;)
しかもPJさんはあいかわらず早口だし、パトリックも流れるような、というか独特のしゃべり方で、私の耳にはレベル高すぎなんですが、ざっと聞き取れたところと個人的におもしろかったところをメインに訳してみたいと思います。本当にざっとですし、めちゃくちゃはしょってますので、そのあたりどうかご了承くださいませ〜。

PJさんのブログページはこちら→Episode: Patrick Chan
(ただし、2人のツーショットの下のインタビュー動画はトランポリンの大会について語ったもの。今回のインタビュー音声は、この動画の下の「➪」をクリックすると聞けます。「AUDIO MP3」というアイコンをクリックするとダウンロードもできますよ!)
トランポリン大会のインタビューは7月7日にアップされてるので、おそらくそれと同じ日、THE ICEで来日する少し前に取ったインタビューだと思います。
ではどうぞ〜。



Q:パトリック・チャン選手、実はトリリンガル(英語、仏語、中国語ですね)で、テニスとゴルフの才能もすごいのよね。Twitterのアカウントが「pchiddy」だけど、このニックネームの由来は?

P:すごく小さい頃についた名前なんだ。初めてナショナルチームに入ったときにもみんなから(特にスコット・モイヤに)いろいろ聞かれたんだけど、ラッパーのP. Diddyの名前をもじったものなんだ。みんなに「Pチディ」、または「チディ」って呼ばれていたよ。
フィギュアをやる前に、まず最初に始めたスポーツはスキーだった。個人競技で、自分の好きなようにかっ飛ばせるところが好きだった。フィギュアもその延長で、好きなだけスピードを出したり、スピンやジャンプをしたり、好きな音楽に合わせて滑れるところが気に入ったんだ。でも一番の理由はリンクをかっ飛ばせるところ。僕はスピード狂だったんだ。子どものころ、ディラン・モスコビッチ(カナダのペア選手)と一緒に練習してたんだけど、「がーっと飛ばしてはジャンプに失敗してズサーッと転んでたね」ってよく言われるよ。

Q:歴代のコーチや振付師があなたに何を与えてくれたか、それぞれひと言で答えてくれる? まずはドン・ジャクソンは?

P:fun(楽しむこと)かな。メイ・ヤンは規律を守ること。
オズボーン・コルソンは種をまいてくれた人。彼がすべての始まりだった。正しい方向性を示してくれて、大切なことを教えてくれ、今の僕になれるよう導いてくれた。ひと言でいえば発展かな。
エレン・ブルカは、コルソン先生の「調教師バージョン」。男子にとってはしつけの厳しい人だったよ。ドン・ロスは僕がジュニアからシニアに移行するときに、競技者として育ててくれた人。成長と自信を与えてくれた。ローリー・ニコルは育ててくれた人。クリスティ・クラールはテクニック…そう、とてもテクニック系の人。
デビッド・ウィルソンは…あはは、一緒に組んで楽しい人だな。振付師の優劣は語りたくないけど、彼もコルソン先生の教え子だったから、先生に与えてもらった物語と特徴を僕とたくさん共有しているんだ。ローリーは僕を育ててくれて、スケーターとしての自信をつけてくれたけど、デビッドはそれをもっと磨いてくれた。
ジェフリー・バトルはすばらしい友人で、演技者としても振付師としても天才。キャシー・ジョンソンは、それらすべてのコーチたちのクオリティーを持っている人。いろんものをまとめあげてくれる人だ。それぞれ、一番いい時期に一番ふさわしいコーチ・振付師に出会えたのは、本当にラッキーだったよ。

Q:あなたのスケート上のヒーローは? 子どもの頃、ヒーローはいた?

P:ごく幼い頃、まだ趣味でスケートを滑っていた頃は、ヤグディンとプルシェンコ、そしてストイコの戦いが好きだったよ。ソルトレイクシティー五輪とその前後の試合をテレビで見ていたな。カート・ブラウニングが現役の頃は、僕はまだ生まれたばかりだったから見られなかったんだ。

Q:あなたのショーでの演技を見るとカートを思い出すの。ショーで他のスケーターを見て、自分の演技に何か勉強になることってある? ショーで滑るのってどう?

P:最高だよ。試合で競っていると、自分がなぜフィギュアをやっているのか、なぜフィギュアが大好きなのか、時として忘れてしまうことある。ジャンプをはじめとして、すべてを完ぺきにやろうとやっきになるからね。でもショーではジャンプも振付の一部でしかないんだ。ショーで滑るのは大好きだよ。観客とコンタクトできるし、自分のパーソナリティーを表現することができるから。試合では、シーズンが進むにつれてジャンプに集中してしまって、プログラムの「演技」部分を忘れてしまいがちだからね。

Q:一番好きなジャンプは?

P:おかしいと思うかもしれないけど3Aなんだ。僕にとって一番ミスが多いジャンプだけど、取り組むとワクワクして、決まったときの達成感が大きいジャンプなんだ。一番嫌いなのはたぶん3Loかな。大事な試合でループをミスしてしまって、罰としてローリーにループをいくつも入れたエキシを作られたことがあるよ。

Q:追うのと追われるの、どっちがいい? SPでトップに立つのと、2位から追い上げるのと、どちらが理想形?

P:SPトップに立つほうがいいと思う。他選手のことを考えずに自分だけに集中すればいいから。他選手を意識するとスケートが荒れてミスが増えてしまうんだ。

Q:勝利のための戦略というのはある? いろんな選手に聞くと、自分が調子がいいときと調子が悪いとき、なぜそうなるのか理由がわからないと言う人が多いの。偶然か魔法の産物みたいなのよね。だからジンクスに頼ってしまう。

P:僕はジンクスには頼らない。靴を右足から履くとか、調子がいいときは練習のときと同じ椅子に座ろうとする、とかはあるけどね。そう、確かに調子がいい悪いはミラクルみたいなものだ。トップ選手はみんな、よかったときと同じ状況をつくりだそうと苦労していると思うよ。僕の場合は神経質になりすぎてもだめだし、その反対でもだめ、微妙なバランスなんだと思う。ミスをしても引きずらずに、ひとつのステップ、ひとつのクロスに集中してプログラムを感じて滑り続けること。でも、それも体調や環境に左右されるから難しいんだけどね。僕を含め多くの選手が、その微妙なバランスを追い求めているんだと思う。

Q:あなたは人々に強いリアクションを起こすわね。夢中になるファンもいれば、批判的な人もいる。今のSNS(ソーシャルネットワーク)の時代は選手にとってきつい? SNSが時が選手に批判的になることは知ってる?

P:もちろん知っているよ。トップにいるならSNSで取り上げられることを覚悟しなきゃいけないし、いろんなことに左右されないこともが大切だと思う。

Q:あるコーチがこう言ったの。「人に悪口を言われても信じるな。でも褒められても信じてはいけない。自分の道を行け」って。以前あなたは、「自分が中国の選手だったら(もっと評価や支援を得られるのに)」と言ってものすごく批判されたことがあったわね。

P:自分にも言えることだけど、批判するのは簡単なんだ。特に、いいときには人は何かあら探しをしようとするものだ。それですっきりするんだろうし、対象を自分のレベルに引き下げようとするんだろうね。でも、さっきのコーチの話のように、いいことも悪いこともうのみにしないで、自分で判断して進むべきなんだ。

Q:自分のプログラムのうち、好きなプログラムを3つあげると?

P:「オペラ座の怪人」と、もちろん「四季」それと…「テイク5」かな。「オペラ座」と「テイク5」はすごくいいシーズンを送れたときのプログラムでもあるしね。

Q:バンクーバー五輪とソチ五輪の違いは?

P:大違いだったよ。バンクーバーのときは初出場でまだ19歳。メディアからのプレッシャーというよりも、地元カナダで最高の演技をしてメダルを、というプレッシャーを自分にかけてしまっていたんだ。今では、最初の五輪で5位は立派じゃないかと思うようになったけどね。ソチはまったく違う気持ちで臨んだんだ。いい演技でも悪い演技でも結果をひきずらず、楽しもうと決めていた。やるべきことをしてきっちり競技すること、そして競技を忘れて大会自体を楽しむこと、この2つをやってやろうと心掛けていたんだよ。

Q:雰囲気(vibe)としてはどちらがよかった?

P:バイブとしては、自分にとってはソチのほうがよかったな。チームカナダの選手同士の絆がすばらしかった。バンクーバーでは他の選手が自分の演技を見に来てくれた話なんて聞いたことがなかったけれど、ソチではスキー競技の選手が団体戦を応援に来てくれたし、選手同士で励まし合う雰囲気が最高だった。団体戦のメダルが特に思い出深かったよ。個人のメダルはしょっちゅう取ってるけど、家族のような親しい仲間と一緒に表彰台に上がれたのはすばらしい経験だった。ソチの2つの銀メダルはかばんに入れて持ち歩いて、イベントのときに子供たちに見せたりしてるけど、自分の功績で人を励ますことができるのはすごく嬉しい気分だよ。ソチではスコットと他の競技を見て回ったのも楽しかった。特に女子ホッケーの試合は最高だったな。

Q:少なくとも秋までは休養の予定ですよね? 競技に復帰したときにはどんな結果を達成したいと思っていますか?

P:結果というよりも…もちろん試合では勝ちたいし、勝てたら嬉しいけど…僕の目標は「自分のために滑ること」なんだ。去年もソチに向けてそう言い続けてきたけど、結局それはできなかった。ソチでは、3度の世界王者だから勝たなきゃとか、チームメイトのために勝たなきゃという意識を持ってしまってね。母国からの期待というより自分自身の問題だったんだけど。もし競技に戻ると決めたら、自分がベストであり、自分のように滑る選手はほかにはいないんだ、ということをあきらかにしたい。僕自身も楽しみながら、自分のすべての動きで人々を興奮させたい。

Q:今でもスケートは好き? リンクに向かうのは楽しい?

P:今は試合もないからやるべき課題もなくて、ただリンクに上がることを楽しんでいるよ。リンクには友達もいるしね。ただグライドしたり、エッジワークの感覚を楽しんでいる。1日を終えてリンクを降りるときには、自分の体にはこの痛みや疲れが必要だったんだという満足感を感じている。1日中家で寝てることもできるけど、自分はリンクに行きたいんだ。友達の練習を手伝ったりもできるしね。以前は毎日だったから苦痛としか感じていなかったけど、自分の体に最大限の負荷をかけることがどんなにすばらしい感覚か思い出すのに、この休養は必要なんだと思う。

Q:インタビューでは必ず聞いている質問よ。「スケートって何?」

P:ええと…スケートは自由だ(Skating if freedom)。

Q:自分の特徴を3つの単語で表すと? あなたはどんな人間?

P:僕は…楽しい人間であり、意志の強い人間、そして負けず嫌いな人間だ。(joyous, determined, and competitive)

Q:自分を成功に導いてくれたものは? 他者とあなたの最大の違いは何だと思う?

P:パワーだね。パワフルな身体、強さだと思う。




THE ICEで披露した新プログラム。動画主さま、ありがとうございます。
マイケル・ブーブレの歌はフィギュアではよく使われるけど、パトリックの珠玉のスケーティングには本当によく似合いますね。西岡アナによると、競技に戻るときにはこれをSPで使う可能性もあるとか。
アンコールのジェフとの「エレジー」コラボがまたすばらしい! よく見るとパトリックとジェフの動きの細かな違いもわかって、すごく貴重な演技ですね。
これ見ると、やぱり戻ってきてほしいなあとすごく思います、パトリック。今季のカナダナショナルでの復帰もありえるかも?と言われていますが、どうなんでしょうね?
 
カテゴリ:パトリック・チャン | 13:28 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
長いインタビューの翻訳ありがとうございます。早口のPJクオンさんのインタなんて私には全く手におえません&#128166;こんなに早く訳していただけるなんて¥(//∇//)¥ インタビュー、なんだかしみじみしちゃいました。当たり前だけど、パトリックも沢山の恩師との出会いでこんな凄いスケーターに成長していったんだな〜って。興味深かったのはウイルソンに関するところ。故コルソン先生から受け継いだ教え?を共有してると。結弦さんも振り付けやクリケットでの練習で、その要素を受け継いでいって欲しいな〜と少し思いました。
| パーシー | 2014/07/29 2:31 PM |
たらさん こんにちは
ロングインタビューの翻訳ありがとうございます

パトリック選手が1番好きなジャンプは3Aだったのですね
決まったときの達成感が大きい・・だから好きなのですね なるほど!
「大事な試合でループをミスした罰としてループをいくつも入れたエキシを作られた」
すごく笑ってしまいました〜そんなことがあったのですねw

THE ICEでの新プロとバトル氏とのコラボ 素晴らしかったです
本当にウットリ・・溜息が出ました 生で観られたら倒れていたかも

パトリック選手も素晴らしい好青年ですよね
私も復帰を楽しみにしています



| aki | 2014/07/29 5:01 PM |
たらさん!ありがとうございます!
愛知公演の前にPさんがツイしてたインタビューですね。
他力本願の私はどなたかが訳してくれるのを期待しておりました。いつも本当にありがとうございます。
えへへへ〜Pさん元気でしたよ!目前で3A成功でした。
自信満々のいたずらっ子のような顔のPさんが見られてよかった!これで復帰してくれるのをヤキモキしないで待つことができます。
ナガシマスパーランド、追跡すればよかった〜!(ジョークです)
スケーターさんに息抜きをさせてくれた主催者に感謝です。
| ふみどう | 2014/07/30 5:20 PM |
>パーシーさん、コメントありがとうございます。
いえいえ〜、完全訳ができればいいんですけどね、耳と忍耐力が追いつかなくて…(^_^;)
パトリックも昨シーズン、ソチ五輪に並々ならぬ決意でのぞんでいましたよね。そのことを思い返すと、本当にしみじみしちゃうインタビューです。
ウィルソンって、ハビちゃんも織田君も「おもしろい人」「ゆかいな人」って言ってましたよね。羽生くんもその感性と知識をもっともっと吸収していってほしいな、と思います。
| たら | 2014/07/30 6:54 PM |
>akiさん、コメントありがとうございます。
パトリック、てっきり3Aは嫌いなのかと思ってましたよね。苦手だからこそ好きって、さすがトップアスリートらしいですよね。
私もTHE ICEはテレビと動画でしか見れませんでしたが、やっぱり画面を通してもパトリックのスケーティングと演技はすばらしい。あらためて惚れ惚れしました。
そして、結果にこだわらないと言いつつ、ものすごくプライドが高くて自信があって勝気なところが、やっぱり好きです!(*^_^*)
| たら | 2014/07/30 7:00 PM |
>ふみどうさん、コメントありがとうございます。
いえいえ〜、力不足で完訳できず申し訳ないです(^_^;)
THE ICEの生パトリックをご覧になったとは誠にうらやましい限り。元気に楽しんでいたんですね。よかったです。
私も大阪エキシで生パトリックを間近で見たんですが、ショーのときのパトリックって本当にすっごくいい笑顔なんですよね! でも、試合でのオーラにあふれた彼の演技はやはり珠玉…ああ、やっぱり戻ってきてほしいです!ヤキモキ!(笑)
| たら | 2014/07/30 7:08 PM |
たらさん、こんばんわ。素敵な記事をありがとうございます。

 13シーズンから、私にとってなんとなく変わってきたパトリックのイメージ、OPを終えてこのショーシーズン、血肉を持ったスケーターとして魅力を感じるようになってきました。技術のすばらしさも、見ていて心地よいと感じられるように。
 
 このインタビューからは彼の知性と、人間性・・コーチたちへの敬意の表現・・が伝わってきます。そして、負けず嫌いだと。もうね、ダメ押しです。パトリックに落ちそうですw

 アスリートへのインタビューには、それにふさわしいインタビュアーの資質とシチュエーションが必要なのだと思います。クオンさん、これからも活躍していただきたいですね。
| よのにょ | 2014/08/01 10:21 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
ふふふ、「落ちそう」と言った時点でもう落ちてるんですよw
私もパトリックに落ちた時がありました。ニースのエキシ「エレジー」です。https://www.youtube.com/watch?v=_M5Oxe272bU
ところが、いやイカンイカン、惚れたらまずいとなぜか思ってしまって、ずっとツンデレをキープしていたんですが、昨シーズンの彼の戦いぶりを見てしまった今は、もうだめですね。好きです!!(笑)よのにょさんも素直に認めましょう!
クォンさんは親戚のおばちゃんみたいなノリで話を聞きだすところがすばらしいと思います。上にも書きましたが、たまにはトロントのほうにも顔を出してくれないかな〜。
| たら | 2014/08/02 5:28 PM |
たらさん
いつも素晴らしい記事を迅速にアップされていて、感心しています。

この度、事後承諾という形で大変申し訳ないのですが、たらさんのこの記事のことをPJクオンさんに伝えたところ、非常に喜んでいました。CBCは現在、予算削減で大変厳しい状況に立たされており、このようにカナダ外でもクオンさんやCBCのスケート解説チームが人気を博していることを伝えたい一心で、私のブログでも紹介させていただきました。
ご理解いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。
| モモ博士 | 2014/08/18 12:46 PM |
>モモ博士さん、コメントありがとうございます。

CBCがそんなことになっているとは知りませんでした。ブレンダさんはスポーツ以外の部門に配属されてしまったんでしょうか? 先月はトロントで開催されたテニスの大会を解説されていたらしく、その解説も聞いてみたいなあと思っていたのですが…残念です。

CBCのフィギュア解説は専門的なのにわかりやすく、かつ情熱とハートが感じられて私も大ファンです。日本の地上波ではそういう解説にあまり出会えないので…><

でもCBCの動画やライストって、日本ではジオブロックされて見られないことが多くて、動画頼みなんですよね。海外からも見られるようにしていただけたら、少しは反響も届くのかなと思うんです。そしたら縮小を見直してもらえないかなあ、なんて。

(このご返事をそのままコメントさせていただきました。拙ブログのご紹介もどうもありがとうございました<(_ _)> みなさんの声が届きますように!)
| たら | 2014/08/19 2:04 AM |
今頃失礼しますw
今日ポドキャストでこのエピソードを見つけて、きっともう日本でも紹介されてるよね?とググってみたら、たらさんにヒット♪ 
さすがでございます&#12316;。
ありがたく耳と目からインタを楽しませていただきました。
印象的だったのは、言い淀んだりPJさんに助け舟を出してもらったりする場面が意外と多かったのが、一番最後の質問に対する答えだけ(というと誇張ですが)は弾丸のようにさっと出てきたところでした。
なるほどパワーには絶対の自信があるんだなあと。
前々から、プログラムにもよるけれど、戦車のような迫力のある滑りだと思っていたので、すごく腑に落ちるし、面白かったです。
羽生くんからは出てきそうにないワードというところも^^
| sienna | 2015/05/20 4:15 AM |
>siennaさーん、ご返事遅くなりました。すみません<(_ _)>
過去記事を探しあててくださってどうもありがとうございますぅ。
昔の記事って自分ですっかり忘れているものが多いので、こうやって読んでいただけるの、大変うれしい。そして、パトリック、いいこと言ってたんじゃないか、などと思ったりw

>一番最後の質問に対する答えだけ(というと誇張ですが)は弾丸のようにさっと出てきたところでした。
なるほどパワーには絶対の自信があるんだなあと。

確かに!それはもう圧倒的に自信あるんでしょうね。彼の滑りを見ると、脚の筋力や体幹の強さがあの滑りを生んでいるんだろうなあ、といつも思います。
そして、そう、いろんな意味でパトリックと羽生くんって対照的なスケーターですよね。性格的にもかな〜り違うかも^^
| たら | 2015/05/20 6:49 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/222
トラックバック