<< アシュリー・ワグナー、4位からソチ代表に選出。USA TODAY記事 | main | アグネス・ザワツキーとその家族が目指した五輪。New York Times記事 >>
長洲未来、3位でも五輪代表には選手されず。USA TODAY記事

演技後の絶望の涙が、翌日にはうれし涙に変わったアシュリー。そして、一転して失意の涙にくれることになった未来ちゃん…・゜・(ノД`)・゜・
昨日、アシュリーの記事をご紹介したUSA TODAYから、今日は長洲未来ちゃんについての記事です。
(彼女はアメリカ選手なので、本当は「ミライ・ナガス」と書くのが適切なんでしょうけど、ここでは「長洲未来」でいきたいと思います)
 

元記事→Mirai Nagasu left off Olympic team despite placing 3rd  by Nancy Armour, USA TODAY Sports 9:28 p.m. EST January 12, 2014
 


 

長洲未来の4年前の活躍は、それ以降の不振を払拭するには十分ではなかった――

長洲は全米選手権で3位につけたが、アメリカのソチ代表からは落とされた。選ばれたのは下位のアシュリー・ワグナーだった。
長洲はアメリカスケート連盟を通して声明を出した。
「この決定にはがっかりしています。決定に同意することはできませんが、連盟がくだした決定は尊重しなくてはなりません。私を応援してくださったすべての人に感謝していますし、私のスケートのキャリアの中で今後起こることを楽しみにしています」

日曜日の夜、彼女はエキシビションで演技をし、観客の大歓声に迎え入れられた。
その日の少し前、スケート連盟のパット・セントピーター会長は今回の決定を次のように説明した。
「今回の全米選手権は、アメリカのソチ代表を決める唯一の選考基準ではありません。選考は、ここ2年あまりの大会の結果や成績を考慮してのものでした。ワグナーはアメリカ女子選手の中でトップの条件を持っているのです」

表彰台にのった4人の選手のうち、フリーで大きなミスがなかったのは長洲だけだった。フリー後の会見で、長洲はこう言った。4年前に五輪で活躍した経験が選考にプラスに働くことを願うと。
まだ16歳だった2010年、彼女はバンクーバー五輪で4位につけた。その元気なキャラクターと明るい笑顔、持って生まれたすばらしい才能で、アメリカ女子の次のビッグスターと期待された。
「今、私が自慢できるのは、オリンピックを経験したただひとりの選手だということだけです。だから、難しいのはよくわかっています」
発表前の土曜日、長洲はそう語っていた。

だが、フィギュアスケートでは昔を懐かしんでいる場合ではない。長洲に情状酌量の余地があったとしても、彼女はそれを打ち消してしまうほど期待外れの結果を重ねてきたのだ。
いや、彼女にも輝いた瞬間はあった。過去3シーズンは毎年少なくとも1つのGPSの大会でメダルを取ってきたし、バンクバー五輪の1か月後に開催された世界選手権では、ショート1位になったこともあった。

そして、この全米選手権のフリーでは、彼女はただただすばらしかった。観客に魅力的な視線を送ってオープニングポーズを取ると、007のプログラムで会場中をうっとりさせたのだ。
「2010年以降、見られなくなってしまっていた未来の姿がそこにはあったわ」とワグナーは言った。

長洲のジャンプはなめらかで大きく、バスケ選手もうらやむような跳躍のゆとりがあった。スピンの軸は完璧で、ポジションも複雑だった。
だが、長洲の最大のよさはその表現力だ。ノッているときの彼女はプログラムを身をもって体現する。リンクの氷から彼女の頭のてっぺんまですべてがつながり、1つのエレメントがどこで終わって次のエレメントがいつ始まったのかわからないほどだった。
「とてもうれしいです。本当に言葉にできないほどです」長洲は演技後、そう話した。「こう滑りたいと思っていた演技ができました。ほんとにすばらしいスケートができました。…お客さんもあんなにノッてくださって。ほんとにすごくうれしい。ちょっと言葉が出てこないです。自分にこんなことができるとは思ってもいませんでした。本当に言葉になりません」

だが、これほどすばらしい演技を見ると、彼女が今まで無駄にしてきた数々の機会がよけいに思い出されてしまう。ショート首位だった2010年の世界選手権では、フリーで10位にさえ入ることができず、総合7位に沈んでしまった。
それ以降、彼女は世界選手権の代表に1度も選ばれていない。過去2年の全米選手権ではともに7位。今シーズンはGPSロシア大会で銅メダルを取ったが、その前のNHK杯では8位だった。

新アメリカ女王となったグレイシー・ゴールドはこう話した。
「ミライのことをとても誇りに思っています。とても苦しかった2年間を経て、この大会で3位につけたんですから。アメリカには4人の、いいえ5人ものすばらしい女子選手がいます。最後に選ばれたのがアシュリーとポリーナと私だったんです」
 


一世一代の好演技だったフリーの「007」。キスクラで順位をコールされ、表彰台確定と知ったときの素直なよろこびようが、今はただただ悲しい(;_;)


すみません、限定公開動画なので本当は掲載するべきではないのかもしれませんが、この美しいエキシをとどめておきたくて…。申し訳ないですがアップさせていただきます。動画主様すみません…。
未来ちゃんエキシ、高画質版を上げてくださった方がいらっしゃいましたので、貼りなおさせていただきます。ほんとうに悲しく美しいエキシですね…。

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:北米女子 | 16:29 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん、こんばんは。

立て続けの素早いアップ、ありがとうございます!
選手の声や現地情報を聞きたくて、それから今回の全米の感想を(勝手に)分かち合いたくて、こうしてたらさんが翻訳記事をアップしてくださったことに感謝しています。

帰宅してすぐ動画を観て、泣いてしまいました。
何て美しい…。
こんな状況で観ると、なおさら氷上の、その時限りの美しさ、儚さに胸が詰まります。
頑張って笑顔を浮かべて、泣き笑い顔の未来ちゃんへ贈られた、温かな拍手が本当に嬉しいですね。

まだ20歳、コメントも「今後」を見据えたものになっていて、その点では安堵したのですが、選手生活の短いこの競技で、四年に一度の五輪出場を逃すという経験が、どれほど辛く苦しいものか…。私などが想像できるものではありませんが、未来ちゃんが、名前の通り未来を見つめて、力強く歩んで行ってくれることを願ってやみません。

全米では、ガオちゃんをフォローして、自身が失敗した後も立派な態度だったアシュリーや、好演技を次の滑走者が讃える姿に、スポーツ(ウー?)マンシップの素晴らしさを垣間見た思いでした。
結果ではどうしても明暗が分かれてしまいますが、全ての選手に幸あれ!と願わずにはいられません。

何だか、思い切り感傷的な気分のコメントですみません。これからも、たらさんのペースでよろしくお願いいたします♪
| ゆき | 2014/01/14 6:51 PM |
たらさん、こんばんは。

何て美しい立ち姿なのでしょう。なんと優雅なエキシビションなのでしょう。未来ちゃんが代表に選ばれなかったとか、そういう事が飛んで行ってしまいました。あのような演技はきっと、この状況におかれた人にしかできない奇跡のような気がします。未来ちゃんも他の選手たちも、頂上を目指すという中で、素晴らしい世界をつくりあげ、見せてくれるのですね。
 アメリカの女子は4人で、男子は3人でオリンピックに向かうのだと感じました。
私も感傷的なコメントをしてしまいました。
YTあげて下さり有難うございました。
| ikko | 2014/01/14 9:33 PM |
 たらさん こんばんわ

 未来ちゃんのエキシ、たらさんのお気持ちと共に感謝して見せていただきました。
 
 泣きじゃくった後の小さな子供のように、そしてまだ涙も止まらないまま肩を震わせながら位置につく姿だけで、涙。それなのに、滑り出すと何事もなかったようにジャンプ、着氷のやわらかさ。スピンもスパイラルも美しくて、涙、涙。
 織田くんのMOI「ショーグン」に並ぶ忘れられないプロになりました。

 オリンピック選考のもつれた糸を解く方法は私にはわかりません。ただ、このややこしいフィギュアスケートという競技には、順位や大会のランクでは測れない感動をもたらすパフォーマンスがあって、それに出会えるのはありがたいことだと思いました。
 
 ゆきさんのコメにもありますが、未来ちゃんのこれからに心からエールを送りたいと思います。まずは4CC、がんばれっ!

(他のブロガーさんも動画張ってました!)

 
| よのにょ | 2014/01/14 9:33 PM |
>ゆきさん、コメントありがとうございます。
未来ちゃんのエキシ、本当に震えるほど美しいですよね。演技にはその選手の内面が出るんだということが、改めてわかりました。

>選手生活の短いこの競技で、四年に一度の五輪出場を逃すという経験が、どれほど辛く苦しいものか…。

そうですね。この経験を糧に、なんて他人が言えるはずもないですが、ぜひぜひここからさらに強く美しいスケーターになってほしいです。
全米では男子もお互いにたたえ合う姿が見られましたよね。みんな優しい、いい子ばかりなんだなあと、よけい涙が出てしまったり…。こんな試合、どうしたって感傷的になっちゃいますよね!^^;
| たら | 2014/01/15 5:07 PM |
>ikkoさん、コメントありがとうございます。
美しいですよね、このエキシビションの未来ちゃん。
本当に、あの状況、あの瞬間だけに生まれた奇跡のような演技だったんだと思います。
動画をあげてくださった方に、ただただ感謝。そして未来ちゃんに感謝です…。
| たら | 2014/01/15 5:11 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
私も織田くんの最後のエキシを連想してしまいました。
もちろん状況も選考基準も違うけれど、今回の全米、先日の全日本を思い出すシーンが多くて、よけい感傷的になっちゃいますよね。
4CCでまたこのエキシを、今度は満面の笑顔で滑る未来ちゃんが見たいです!
(動画のこと、ありがとうございました。ちょっと安心…^^)
| たら | 2014/01/15 5:14 PM |
動画アップありがとうございます。
なんて美しく素晴らしいエキシビションでしょう。
未来ちゃんのすごい才能とオリンピックに向けて頑張ってきた
経過が開花したようです。
4大陸では是非この演技で表彰台に上ってほしい。
コーチがいなくてもコントロールして練習 又競技で演じる事が出来たのもすごいと思います。
この動画 永久保存ですね。
| みこ | 2014/01/21 12:36 PM |
>みこさん、コメントありがとうございます。
まさに「開花」という言葉がふさわしいエキシですよね。
明日、というかいよいよ今日、未来ちゃんの四大陸が始まりますね。未来ちゃんは無良くんのお父様がコーチになるという噂もあるようで…キスクラが楽しみですね(^ω^)
| たら | 2014/01/23 4:08 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/194
トラックバック