<< The Skating Lessonの全日本ふりかえり ⊇子 | main | アシュリー・ワグナー、4位からソチ代表に選出。USA TODAY記事 >>
パトリック、バンクーバーでは子犬だった。ストイコのコメントにケビン情報も。

もう激しく今さらなんですが、あけましておめでとうございます! 今年もこんな感じで出遅れてばかりの1年になりそうですが、どうかどうか、よろしくお願い申し上げまする!!m(__)m

というわけで、もう全米選手権もとっくに始まり、カナダも今週末だし、あれ、もうユーロも来週じゃん!!!という今日この頃(真っ青)。 海外記事もバンバン入ってきてまったく追いつけないのですが、とりあえず目についたものをぼちぼち訳していきたいと思います。
まずはThe Canadian Pressというところが配信したパトリック・チャン選手についての記事です。

元記事はこちら→Patrick Chan is a different person from the "puppy" at the Vancouver Olympics




「パトリック・チャン、バンクーバーのときは“子犬”だったが今は違う」

4年前のバンクバー五輪のとき、自分はまるで「ペット預かり所の子犬」みたいだったよ、とパトリック・チャンは言った。初めてパーティーに出かけて、みんな何てかっこいいんだ、何て自由なんだと、目を丸くしていたティーンエイジャーだったと。
「すっごくエキサイティングだったよ。“すげー、クールなものがいっぱいだ! かっこいいウェアもあるし、ジムもすぐ近くにあるし” って感じだった。いろんなものがそろっていて何でも自由に使えたんだ」
カナダの国内選手権が始まる直前の木曜日、チャンはそう語った。

チャンは、去年の大晦日に23歳になったばかり。だが、バンクーバーで5位に終わったときには「ヘッドライトを浴びた鹿」(びっくりして何もできないこと)だった彼も、今はまったく違うゾーンにいるベテラン選手になっている。昨年春にはコロラド・スプリングスからデトロイトに拠点を移したが、それは今まで一緒に暮らしていた母のカレンから自立することでもあった。このことが彼の成熟を早めてくれたようだ。
「ソチにはもっと普通な状態でのぞめると思うよ。今は1人で暮らしているからね」とチャンは言う。「1人暮らしのワクワクを味わえているんだ。食料品店に行って、“今日はオレオを買おうかな”、“今日はアイスクリームにしようかな” ってね」
「今は自分がやりたいことが完ぺきにコントロールできているんだ。だから今度のオリンピックには、しぶしぶ合宿に行かされるみたいなのとは正反対の、とてもいい気分で行けると思うよ」

チャンは今週開かれるカナダ選手権で7連覇をめざしている。世界選手権で3連覇をなしとげて以降、彼はソチの(金メダルの)最有力選手となった。11月のGPSフランス大会ではショートとフリー、そして総合で世界最高点をたたきだし、2位の羽生結弦に31点もの大差をつけて優勝した。
羽生はカナダ人のブライアン・オーサーをコーチとして、トロントを拠点に練習している。チャンは、ソチでもっとも手ごわい競争相手になるのは羽生だろうと予想する。19歳の羽生は12月のGPFでチャンを破り、ショートではチャンの記録を上回る最高点を出した。

だが、羽生は母国の福岡で滑ったのだから、とチャンは指摘する。
「ソチは彼にとって初めてのオリンピックだし、日本開催でもない。オリンピックはぼくら全選手にとって公平な場になると思う。でも、僕は誰のこともあなどるつもりはないよ。ダイスケは苦しいシーズンを送ったけど、彼には何か特別なことができる力がある。ハビエルもそうだし、デニスだってそうだ」

世界チャンピオンに3度輝いたエルビス・ストイコは、今シーズン、男子の試合を注視してきたという。ソチはチャンと羽生の一騎打ちになるだろうと、彼は予想している。
「羽生にはワクワクさせるものがあるんだ。予測不可能だし、新鮮さを持っているからね。一方、チャンには成熟がある」

「パトリックは集中力を高めていく必要があるだろうね。他選手の力が以前より彼に近づいてきているから」とストイコは言う。「僕が見るところ、今は倒すべき相手は羽生だ。彼は絶好調だからね。でも、パトリックは経験を持ち合わせている。オリンピックを経験しているし、3度の世界チャンピオンだ。プレッシャーに負けないように集中を切らさないことだね」
「今度のオリンピックはバンクーバーじゃない。カナダじゃないから、少しは気が楽だろう。それでも、その1週間はとにかく集中力を高めて、いろいろなものに飲まれないようにするべきだ」

ケビン・レイノルズも、ソチのメダル候補に名を連ねたい選手だ。だが、カナダ男子2番手である彼は、6か月にわたる苦しい靴トラブルの後、今やっとシーズンデビューを果たそうとしている。
23歳のレイノルズは、昨年春の世界選手権で5位に入賞した勢いを維持したいところだった。だが、新しく買ったスケート靴は、特注であつらえたにもかかわらず、彼の細いかかとには大きすぎた。彼のシーズンはそこでいきなり中断されることになってしまった。

「靴は今でも100パーセントではないけれど、ずいぶんいい感覚にはなってきているよ」とレイノルズは話した。「今できるスキルは自分の満足いくレベルではないけれど、今週のカナダ選手権をなんとか乗り切って、ソチでもなんとかやっていきたいと思っている」
「理想的な状況ではまったくないよ。カナダ選手権がシーズン最初の試合で、ソチ五輪もうすぐそこ、30日後に迫っているというのはね。経験のために、なんとか試合に出ておきたかったとすごく思う」

レイノルズはGPSを2試合とも欠場し、練習でもクワドを含む高難度のジャンプをまったく跳べない状態だった。
昨シーズン使っていた靴を履き古して以降、今のものがもう9足目か10足目になるという。12月には特注品を作るためにイタリアの靴メーカーを訪ねたことさえあった。
「そのときにはかなりフラストレーションがたまっていたよ。2試合目のGPS欠場を決めたところだったから。五輪シーズンに自分にできることは何でもやりたかったんだ」

その後、昨シーズンの靴に戻してみた。手元にあった、特注品ではないRisportの靴だったが、この1足が完ぺきにフィットしたという。
「まるで繊維だけって感じなんだ」とレイノルズは言う。「もうカラカラで何も残っていない感じだよ」

カナダの五輪枠は、男子とダンス、ペアが各3枠。女子が2枠。ソチに出場する国では最多だ。カナダスケート連盟は日曜日に五輪代表を発表する予定だ。(以下ダンスとペアについて略)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

てれネコ 写真はカナダのスケート連盟がTwitterにアップしたもの。各選手への共同インタビューがおこなわれたようですね。このインタビューをもとに記事がいくつも出ているようですが、とりあえずパトリックの言葉一番拾われていると思われるこちらの記事を掲載してみました。

それにしてもパトリック…羽生羽生言われてさすがにイラついたでしょうか?「彼は初の五輪だし、ソチは日本じゃない」などと! 他に、「ロンドンワールドでも表彰台に上がらなかったしぃ〜」と言ったという記事もありました。祝・パトリック節復活ですね!!
ところで、今季いろんなインタビューで自立した自分を強調しているパトリックですが、「オレオもアイスクリームも自分の好きなように買えるんだ!」というのが、ものすごくカワイイですね!(今までよほどお母様が厳しかったのでしょうか?)
そしてケビン…(;_;) 状態は今もよくなさそうですが、なんとかがんばってほしいです!

ひとつごめんなさい。ケビンの最後のセリフですが、じつはちょっとあいまいなのです。原文はこうです。
 "They feel like tissue basically," Reynolds said. "There's no life left in them."
古い靴なので革がカチカチになっている、という意味かなあと思ったのですが、今ひとつ自信がなく…。もし異論がありましたら、どうかよろしくご教示くださいませ!m(__)m

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:パトリック・チャン | 16:45 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん、こんばんは!
ツイッターで断片的に目にして、「パトリックなんて言ったんだろ?」と気になっていたのですが、たらさんが超スピード翻訳してくださって嬉しいです!いつも本当にありがとうございます。

私、案外パトリック節が嫌いじゃない(?)ので、たらさん同様、「祝♪」って気分です(笑)。演技は堂々たる王者の風格なのに、王者の余裕とか、鷹揚さはイマイチ自分のものにしていないパトリック、可愛いなあと思います(でも、それだけ羽生羽生と訊かれたのでしょうね〜)。
一方で、調子を落としていた高橋君や、GPSで振るわなかったハビ君やデニスに言及してくれたことは素直に嬉しいです。

それから、ケヴィンの靴に関して、100%ではない、としつつもようやく「完璧にフィット」という言葉を目にすることができて感無量です…。
間に合ってくれて良かった、と安堵しました。代表入りは問題ないと思うので、五輪までに調子を上げていってくれれば…と祈るような気持ちです。

カナダナショナルの公式練習が始まっている今、素晴らしくタイムリーな記事でした!本当にありがとうございました♪
| ゆき | 2014/01/10 9:12 PM |
 たらさんこんばんわ。
いつもありがとうございます。

 パトリックも羽生君がおおっぴらに「ライバル」といわれるようになるとは思いもよらなかったでしょうね。スケカナ、TEBでもまだアレだったのに・・実は、羽生くんファンのくせに私も半信半疑だったりします(笑)
 「予測不可能」海外のコメントで羽生君はしばしばそういわれる気がしますが、これって褒め言葉なのでしょうか?

 ケビンの靴・・・夜中に小人の靴屋さんが出てきて直してくれるといいんですけどね。靴、と聞くたび悲しくなる。優秀な日本の技術で何とかならないのでしょうか。

 オリンピックまでひと月足らずですが、最後まで何が起こるかわからないと思うようになりました。すべてのアスリートたちが無事に本番を迎えられますように。

 体力が落ちている時はウイルスを拾いやすいので、どうぞお大事になさってくださいね。
| よのにょ | 2014/01/10 10:21 PM |
>ゆきさん、コメントありがとうございます。

私もパトリック節、全然嫌いじゃないです。むしろ大好物です!(^ω^) 時に大人げないと言われてしまうような発言もあるけれど、言ってることはだいたい間違ってないし、よく言った!ってことが多いんですよね。

>調子を落としていた高橋君や、GPSで振るわなかったハビ君やデニスに言及してくれたことは素直に嬉しいです。

↑ほんとにほんとに! 彼の素直なリスペクトの気持ちが思わず出ちゃった感じですね。
| たら | 2014/01/11 12:01 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。

ほんとにねえ。私も同じくまだ半信半疑です(笑)
「予測不可能」は完全に褒め言葉だと思いますよ!何をやってくれるかわからない、どんな姿を見せてくれるのか楽しみでしかない、って感じかなあと。

あ、ご心配ありがとうございます。ちょっと体調崩しておりましたが、なんとか持ち直してきました(^ω^)
選手たちに変な菌がつきませんように!
| たら | 2014/01/11 12:06 PM |
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
(今さらですいません)

パトリック選手は羽生くんのことをずいぶん気にしているのでしょうか。
「やるべきことをやって僕はさらに強くなるよ」とだけ言えばよいものを。

>“今日はオレオを買おうかな”、“今日はアイスクリームにしようかな”
可愛いすぎる。。。
母親からの自立ってそれですか!?って突っ込みたくなりますね(笑)

>There's no life left in them
スケート靴は最初ものすごく硬くて、履いているうちに徐々に足になじんでくると聞いたことがあります。
レベルは全然違うけど、私たちが革靴を履いても、最初は硬くて履きにくかったのが徐々に柔らかくなって足になじんできますよね。
「繊維だけ」って柔らかいってことだと思います。
文脈や状況判断から、"no life left”は、
スケート靴に抵抗感がないとか違和感がないって意味ではないかと思うのです。
「スケート靴にまったく違和感がないんだよ」
英語はできないので、的はずれだったらごめんなさい。
| coco | 2014/01/13 3:17 PM |
>cocoさん、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

羽生くんのことは、あまりにもメディアに聞かれるので少々イラついた、ということはあるかもしれませんね。でも、今季ここまで3度対決してますから、彼がぐんぐん伸びてきたことに神経質になっているのは間違いないと思います!

There's no life left in themはホントに悩みます。考えてくださってありがとうございます。今でも100パーセントではないと言っているので、多少はまだ違和感あるんだと思うんですよ…。
でも!カナダナショナルではミスはありつつもクワドを入れて、堂々の代表入りを果たしましたね。安心しました〜
| たら | 2014/01/14 3:37 PM |
初めての訪問です。
ありがとうございました!

フィギュアを通して英語も学べるなんて・・・!

私はかなりマイペースに英語を勉強しているので、意見を公開できるようなスキルはないのですが、"There´s no life left in them."の件は、そこだけ見たら「余命幾ばくもない」・・・かなと思いました。
使い込んでいて、薄くなってしまっているところもあるから、この先長くは使えないと思うよ。(だから、また早く新しいのさがさなきゃいけないんだけど)
みたいなニュアンスを含んでいるのかなと・・・

またお邪魔しますね(^-^)
| すもーら | 2014/01/18 9:44 AM |
>すもーらさん、初めまして!コメントありがとうごじます。ご返事遅くなりまして申し訳ありませんm(__)m

ご意見ありがとうございます。確かにすもーらさんの解釈のとおりなような気がします! そうするとtissueは文字通り「ティッシュペーパー」でいいのかもしれませんね。
私のほうこそわからないことがたくさんあるので、こうして教えていただくと大変勉強になります。
今後も何か気がつかれた点がありましたら、どんどんご指摘くださいませ!勝手ながら頼りにさせていただきます(^ω^)
| たら | 2014/01/19 11:17 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/192
トラックバック