<< The Skating Lessonのグランプリ・ファイナルふりかえり |忙 | main | TSLのファイナル&ゴールデンスピンふりかえり K綿峠子&ロシア女子 >>
TSLのファイナル&Golden Spinふりかえり ⊇子 浅田真央とキム・ヨナ
ジェニファー・カークさんとデイブ・リースさんによる“言いたい放題ユニット”「The Skating Lesson」。そのTSLのデイブさんによる、先週のグランプリ・ファイナルと、同じ週末にクロアチアで開催されたゴールデン・スピンをふりかえる記事のつづきです。
(前回記事「|忙辧廚こちら
今日はこの記事の「女子」のパートをご紹介…したいのですが、かーなーり長いので、今回は浅田選手とキム選手をとりあげた前半部分だけ訳してみたいと思います。
これが…まあ、TSLの動画やデーブさんのブログを見たことがある方にはおなじみだと思いますが、かなり独断と偏見(?)に満ちたものでして^^;  元記事のコメント欄もそうとう賛否両方のコメントがついているので、北米のフィギュアファンがみんなこんな考えだということはないと思います。しかもデイブさんは元々かなりのヨナびいき…ま、こんな意見もあるのね、程度に読んでいただけたら幸いです!

元記事はこちら→State of Skate: A Recap of the Grand Prix Final and Golden Spin Posted By Dave Lease on Dec 8, 2013 | 8
  

★女子、女子、女子がいっぱい(その1)

この週末には、キム・ヨナが競技に復帰した。グランプリ・ファイナルには出場しなかったが、僕らはテクノロジーのおかげで、このフィギュアスケートという競技をリードする2人の女子選手、キム・ヨナと浅田真央を即座に比較することができる。キムはSP「センド・イン・ザ・クラウンズ」とフリー「アディオス・ノニーノ」という新プログラムを初披露した。僕だって自分の命は惜しいけれど【人気選手同士だけに反発をくらうのがコワイ、って意味だと思いますw】、この2本のプログラムについてどう思うか、浅田真央のプログラムと比べてどうなのか、自分の意見を述べてみたいと思う。



2本のプログラムのうち、SP「センド・イン・ザ・クラウンズ」のほうが、より落ち着いて、しっとりした雰囲気だ。現五輪およびワールド女王であるキムを、大人っぽく、洗練され、美しく見せている。
とはいえ、特に際立った、あるいは格別記憶に残るようなプログラムとは言いがたい。ステップシークエンスと、彼女が各エレメンツをどうこなしていくかが、このプログラムのハイライトだろう。ジャンプの着氷をしっかりと決めることにおいては、キムは名人だ。体の動かし方も明確で洗練されている。
この大会の前、キムは記者会見で、オリンピックまでに体調を上げスタミナをつけるのが課題だと言っていたが、その言葉どおり、この大会ではいつものスピードがなかった。少々緊張して、迷いがあったようにも見える。ダブルアクセルのミスは予想外だったが、彼女の熱烈なファンにとってはそこまで心配するほどのものではないだろう。今後2か月の間にしっかりとまとめ、ソチでは貫禄のプログラムになっているだろう。とはいえ、必ずショート首位に立てるプログロム、というわけではないと思う。



浅田真央のSP「ノクターン」は、彼女のこれまでのSPの中で最も強力な作品だ。トーニャ・ハーディングが昔そうだったように、浅田もトリプルアクセルをクリーンに降りた後に演技が生き生きとしてくる。そのことはこのGPFでも明らかだった。浅田の演技は柔らかく、情感豊かで、とても感動的だった。ただただ心の内側から歌っているようなプログラムだった。
天野真氏は同意しないだろうが、この時のトリプルアクセルは彼女が今まで跳んだ中でもかなりしっかりしたアクセルだったように見えた。あと2か月あれば、ソチでクリーンなトリプルアクセルを跳んでくる姿は容易に想像できると思う。
浅田とキムがどちらもミスなくSPを滑ったとしたら、プログラムそのものが優れている浅田のほうがわずかにリードするだろう。浅田の場合、スピンでさえプログラム全体の雰囲気をいっそう高めるようなものを持っている。



キムのフリー「アディオス・ノニーノ」は、まだ完成形を見たわけではないものの、今季の女子のフリーの中で最も強いプログラムになるだろうと、僕は確信している。そうなるかどうかは、キムがどのくらい体勢を整え、自信とスピードをもって滑れるかどうかにかかっている。
これは少数意見かもしれないが、僕はこのゆったりしたタンゴがとても気に入った。タンゴだからといって必ずしもメリハリとパンチがきいていなくてもいいのではないだろうか。このプログラムの振付とゴージャスな黒い衣装は、キムの定評ある腕の動きをますます美しく見せている。ウェストから上の上半身の使い方については、キムにかなう選手はいないと思う。
デビッド・ウィルソンはようやくキムに今までとちょっと違うプログラムを作ったんだなあと、僕は今回初めて思った。これまでは、いつも過度にドラマチックな曲で、同じような動きや構成を使ったプログラムが多かった。今回も新しいジャンプやスピンを取り入れているわけではないが、これぞ本物の振付という瞬間がいくつもあった。現採点システムでは得点には関係ないが、例えばキムが振り向いてジャッジのほうに顔を向ける動き。2つめのトリプルサルコウの直後の歯切れのいいポーズ。コリオシークエンスは著しく向上しているし、もし右脚をもっとまっすぐ伸ばすことができたらさらに効果的なものになるだろう。と言いつつ、このことを認めなければ嘘になるだろう――僕はサーキュラーステップ・シークエンスの冒頭で、もうこのプログラムと恋に落ちていたのだ。
キム・ヨナはこの4年間で成長した。それは僕が単に4年前を懐かしんでいるからでは決してないのだ。
 
試合本番では、フリー冒頭のトリプルルッツで転倒し、スピードもなく、目に見えて緊張するなど、演技には荒が目立った。
まだ正式に確認したわけではないが、キム・ヨナは昨季と同じく、韓国の国内選手権に出場するものと思われる。ソチの前にもうひとつ試合の経験を積んでおいたほうがいいだろう。体操選手ターシャ・シュワイカーの母親の言葉だが、「これは町の大会なんかじゃないわ。オリンピックなのよ」そのとおりだ。キムはペース配分やどこにピークを持ってくるべきか、よくわかっていると思う。
以前、腰や背中を痛めたせいで、もうビールマンスピンは入れていない。2008年以来、試合でトリプルループも跳んでいない。もしキムがスピードと積極的な気持ちをもって、ミスなく滑ることができれば、ソチの金メダル候補筆頭になるだろう。ただし、これだけは言わなくてはならない。キムは4年前ほど圧倒的な金メダル候補ではないだろう、と。



浅田真央はこの4年間、「正しい」道を歩んできた。ずっと練習を続け、試合に出場し続け、自分の弱点を攻略しようとしてきた。テクニックを見直し、不安定さに悩まされた時期を経て、浅田は今、身体的なコンディションの絶頂にいるように見える。ジャンプはこれまで数々の試合で見てきた中で、もっとも高く、回転も足りている。気力も充実し、演技にもこれまで以上に自信が感じられる。
ただし残念なことに、フリーの「ラフマニノフ」にはSPにあるような特別な感じが欠けているような気がするのだ。タチアナ・タラソワはcrazy aunt【スーパーママ、ぐらいのニュアンス】らしい愉快な人柄の持ち主かもしれないが、彼女の振付はほかの振付師との共同作業のときがベストのような気がする。過剰なのだが、同時にどこか物足りないのだ。
たとえばベステミアノア&ブーキン組(カルガリー五輪金メダルのアイスダンスペア。タラソワがコーチ・振付をおこなった)のように、タラソワは1980年代にはすばらしかった。もうあの大げさな振付は見飽きてしまったのだ。彼女の衣装デザインのセンスの悪さもさんざん見てきた。浅田のフリーでも、何度も首を回したり手足を大きく伸ばしたりといった動きに、どこか気になるものがあった。
とはいえ、浅田は前に進んでいる。トリプルアクセルを2回入れることで、彼女ははっきりと賭けに出ているのだ。4年前にはそれは成功しなかったが、今度こそうまくいくかもしれない。今の浅田は強く見える。ソチに向かって若干の不安を感じているのはキム・ヨナのほうかもしれない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エルモ 私は正直、ヨナ選手のプログラムについてはデイブ氏と逆です。ショートはかなり素敵!でもフリーは…うーん、悪くはないけれど、歯切れが悪くて、ちょっとダルいかなと。でも、ゴールデン・スピンではフリーのPCSがけっこう出た(TES60.60+PCS71.52 総合131.12)ので、どの辺が評価されたんだろうと、けっこう純粋に謎なんです。
まあ、ショートもミスありの割には高得点だったので、GPFと単純に比較はできないんでしょうけどね。デイブ氏も点には全く触れず、演技内容についてだけ書いていますし。しかしデイブ氏、フリーの振付は絶賛ですね。うーん、まだよくわからん^^;
みなさま、どう思われたでしょうか…?

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2013-14シーズン | 15:43 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たら様
初めまして!楽しく拝読しておりました。
今回、初めてコメントさせていただきます。

海外の記事、興味深いですね。
で、キムヨナ選手のプログラムに関しては、私もSPは曲の雰囲気と全体の流れが合ってる感じがしましたが、
FSは少し音楽のけだるさに乗って、演技もちょっと弛んだ印象がありました^^;
ケガで休んでいた影響かもしれないし、五輪には合わせてもっとキレが出てくるのかもしれませんが・・・
それともこれも音楽に合わせたムーブメントなんですかね?
ちなみに、真央ちゃんについては私もデイブ氏と近い意見です。
SPは何もかもがショパンの音楽の柔らかさに合っていて素晴らしいなと。
ただFSは悪くないけどもっと違う振付もありだったような・・・SPに比べて技をこなすことに終始してしまわないかが心配です。
もちろんそれだけ難しいプログラムなのかもしれませんが・・・ステップはさすがだなと思いましたけどね。
いずれにしても、まだ五輪まで1か月以上あるわけですから、両者とも磨き上げてくると思いますし、完成度が高まった時にどんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみです!
翻訳ありがとうございました。
| ニョロニョロ | 2013/12/12 9:10 PM |
こんばんは!男子女子とも訳をありがとうございます!
GPF現地観戦されていたんですね、ううう何てうらやましい……素晴らしい大会でしたね。
フェルナンデスくんも来てほしかったわ、と今更しょんぼりしつつ。

キムさんと浅田さんのプログラムについては、概ねデーブ氏に同意かなあ。
キムさんについては、もう少しこなれた演技を見てから物を言いたい気もするのですが
フリーは(現時点での完成度はともかく)作品としてのポテンシャルを感じました。
全体像はよくわからないけれど、細部が良いので、化ける可能性があるかな、というか。
逆に浅田さんのフリーは既に何試合も積み重ねてきたぶん、はっきりと形になって
纏まっていますし、だからこそ細かいところでやや物足りなく感じるのかなと。
あともう一押し何か!的な。
でもショートは断然ノクターン派です。

あ〜五輪でどんな対決が見られるのかしら、と想像しただけで緊張してきました。
皆が万全のコンディションで納得のいく演技ができるよう、祈っています。
お忙しいところ丁寧な記事をありがとうございました!
| aoi | 2013/12/13 2:23 AM |
>ニョロニョロさん、初めまして!&コメントありがとうございます。

ヨナ選手FS、「音楽のけだるさに乗って、演技もちょっと弛んだ印象」…そうなんですよね。私もほぼそんな印象です。でもデイブ氏の言うように、ブランクがあったからか怪我の影響か、かなりスピードがなかったせいもあるのかもしれませんね。
真央選手のFSについても同感です。最後のステップ・シークエンスからコレオ・シークエンスは圧巻!なんですが、前半ちょっと技に追われているというか…。ただ、今まさに難度を上げつつあるところなので、まだまだ成長を続けている途中なんでしょうね。
ソチまでの2か月でどう変わっていくんでしょ? 真央選手は来週の全日本で一段と進化できるのかどうか…楽しみでしかたないです!
| たら | 2013/12/13 4:05 PM |
>aoiさん、そうですよね、フェルナンデスくん! まさかまさか、GPS初戦でいきなりファイナル進出がほぼ絶望的になるとは…orz
ヨナ選手FS、「細部が良いので、化ける可能性があるかな」…なるほどー。確かにところどころ印象的な動きはありますね。おっしゃるとおり、ポテンシャルはあるプログラムなのかもしれません。
SPは両者を比べたら私も圧倒的に「ノクターン」です。ヨナ選手のもいい線いってるとは思います(上から目線で失礼!)が、真央SPは見ている者の気持ちを温かくする魅力にあふれているんですよねぇ。ただ、得点ということになると、デイブ氏の言うように僅差になるんでしょうか?…考えるだけで緊張しちゃいますね^^;
| たら | 2013/12/13 4:07 PM |
お久しぶりです。
前回の男子の記事も興味深く読ませていただきました。
TEBとGPFと両方観戦なされたのが羨ましい!
Pさんのエリック四季と羽生君のGPFパリ散は永久保存版です。(ロミジュリはさらに進化することを期待してます)

真央ちゃんのプログラムについてはデーブさんに大体同意です。ノクターンは軽やかで伸びやかで、でも力強い。真央ちゃんのSPで一番好きかも。

ヨナさんですが、SPの方が好きだなぁ。ほのかに郷愁を感じる曲調や柔らかい感じがアゲヒバリを思い起こさせるんですよ。
FSはうーん、クールでダークな女路線かな? 

SP・FS共に今回は慣らし運転で(怪我明けですしね)、グイグイくる感じはなかったです。キレが出てきたら全然違って見えるだろうなと思いました。

五輪までまだ期間があるので、お二人共もっともっと完成度を高めてくるでしょうね。
演技後に、笑顔が見られることを願っています。

英語はさっぱりなので有り難いです。お忙しいところ、どうも有難うございました。
| 空色羊(三月あらため) | 2013/12/13 4:22 PM |
>空色羊さん、ご意見ありがとうございます。
真央さんの新ノクターン、やっぱり好評ですね!以前のノクターンがすばらしかったので最初はどうかと思ったんですが、
>真央ちゃんのSPで一番好きかも。
↑私もすっかりそうなっちゃいました。
ヨナさんFSはもっともっと「クールでダーク路線」かと思っていたので、個人的にちょっと拍子抜けしてまして…~~; でも確かに今回は試運転っぽかったですね。

>Pさんのエリック四季と羽生君のGPFパリ散は永久保存版です
私もこの2つが今季ここまでのベストパフォーマンスです!生で見れてしまって本当に幸運でした。これで人生の運を使い果たしてないかちと心配…^^;
| たら | 2013/12/15 8:40 AM |
たらさん、いつも翻訳ありがとう!

>天野真氏は同意しないだろうが、この時のトリプルアクセルは彼女が今まで跳んだ中でもかなりしっかりしたアクセルだったように見えた。
解説の荒川さんも「私のところからは回っているようにみえた」とおっしゃっていましたね。
SPで回転不足をとられたことがFSの3Aに影響したように思う。

ヨナさんのフリーは、まだ自分のものになっていないように感じました。
ゆったりしたタンゴはごまかしが効かない分、難しい。
でも、完全にはまったら、きっとすごいものになる。
オリンピックまでに間に合うかどうかはわからないけど。
怪我とブランクを取り替えるのはやはり大変。

真央ちゃんの3Aとヨナさんの復調の行方がソチの金を決めるのかしら。
| coco | 2013/12/15 10:06 PM |
はじめまして(*^^*)。

ついコメしますね。デイブの真央ちゃんのSPに対する意見は私も同じです。


個人的には真央ちゃんの為にあるような神プロだと思いました。

テーマは、初恋だけじゃないそうですが、若い頃の初恋を思いおこさせるような、まさに初恋をしている少女を完璧に演じているように見えますね。よく演技が子供っぽいという人がいますが、去年のファンタジー風のメアリーポピンズだとか、23歳で初恋を可憐に表現したり、逆に出来る事が希少な気がするんですよね。


フリーについては、ラフマニは真央ちゃんのフリーの中で一番好きです。

プログラムが進むうちに、真央ちゃんの魂がこの4年、もしくは20年間の間、ずっとスケートを不器用なぐらい一生懸命努力し続けてた事が、ラフマニの演技中重なって、毎回見る度、涙してしまいます。


ひたすら懸命に生きていく。。そんな表現の真央ちゃんに感情移入して泣けてくるような感動なんですよね。 。
私はこれが最後の勝負曲で良かったと思いましたよ(^^)


キムさんのフリーは、けだるい感じかどうも。。。。

曲が同じなら、佳菜子ちゃんのフリープログラムの感じの方が好きですね。真剣さもあり、メリハリも効いていて、タンゴらしくて。

キムさんのは、けだるく、あまりアクの強くない色気路線に見えてしまった。

私は、どちらかというと、ファンではないので、まっすぐ見えていないのかもしれませんが。。。
| ベリー | 2013/12/16 2:19 AM |
お伝えし忘れました。

たらさん、いつも翻訳ありがとうございます。時々楽しく訪問させていただいておりましたm(__)m。

ではでは
| ベリー | 2013/12/16 2:24 AM |
>cocoさん、ご返事遅くなりましてすみません。
真央ちゃんの3Aの判定についてですが、
>SPで回転不足をとられたことがFSの3Aに影響したように思う。
うーん、やはり私もそう感じました。中1日で切り替えろと言ってもなかなか難しいんでしょうね。
ヨナさんFSについて、
>ゆったりしたタンゴはごまかしが効かない分、難しい。
確かにおっしゃるとおりかもしれませんね。踊りでごまかせない分、メリハリをつけて滑る体力も必要なのかも。最近のインタビューでは、珍しく体力の衰えを口にしていたそうですし。
ヨナさんも韓国ナショナルへの出場を決めたそうですね。また2人のナショナルでの演技に注目が集まりそう…
| たら | 2013/12/17 11:02 AM |
>ベリーさん、はじめまして!ついコメントいただき感謝です^^
真央ちゃんのSP、FSについてのご意見、深ーくうなずきながら読ませていただきました。SPは、あれは何でしょうね?甘いけれどせつなくて、見ているこちらの記憶のひだに深く入ってくるような…。大人の初恋、だと私も思ってます。
ラフマニノフについても同感です。
>真央ちゃんの魂がこの4年、もしくは20年間の間、ずっとスケートを不器用なぐらい一生懸命努力し続けてた事が、ラフマニの演技中重なって
↑そうなんですよねー(;_;) 個人的には真央ちゃんの歴史絵巻みたいなプログラムだと感じています。ただ、ジャンプも含めまだまだ深化する余地があると思うので、衣装を含め完成形がものすごく楽しみです!
ついつい男子メインの記事に偏ってしまいがちなんですがwこれからもお立ち寄りいただけたら嬉しいです!
| たら | 2013/12/17 11:32 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/187
トラックバック