<< インタビュー 「ハビエル・フェルナンデス 歴史になる」後編 | main | 安藤美姫 復帰戦のネーベル、SP2位で好発進! >>
グレイシー・ゴールド、突然のコーチ変更! F・キャロルへ? 【新プロ動画】
まずはジュニア・グランプリ・シリーズ第3戦、田中刑事くん、優勝おめでとうございます!
そして、個人的に熱烈応援している中国の張鶴(フー・ジャン)選手も2位となり、私としては盆と正月がいっぺんに来たような「敬老の日」の今日、みなさん台風の被害はだいじょうぶでしょうか?

さて、アメリカ・ソルトレイクシティで開催されていた「USクラシック」で新プロを披露したばかりのグレイシー・ゴールドから、衝撃のニュースが飛びこんできました。シーズンin間近のこの時期になってコーチ変更。しかもまだ新コーチは正式には決まっていないというんです。

おなじみのicenetworkに9月14日付で掲載されたこちらの記事です。
Gold to test waters with Carroll in Los Angeles


ゴールドはアレックス・オーリアシェフのもとで数々の成果を上げてきたが、ふたりの関係について「あまりうまくいっていなかった」と語った。

「ゴールド、試験的にキャロルコーチにつく」

ソチ五輪まで5か月を切ったこの時期になって、グレイシー・ゴールドはコーチのアレックス・オーリアシェフ(Alex Ouriashev)と別れることになった。オーリアシェフはシカゴを拠点としているコーチで、彼の指導のもと、ゴールドは昨季の全米選手権で銀メダル、世界選手権で6位になった。

この動きが起こったのは約3週間前、アメリカスケート連盟が主催する合宿Champs Campの直前のことだった。これ以降、ゴールドはミシガン州カントンで、マリナ・ズエワとオレグ・エプスタインのもとで練習をおこなっている。

「物事は変わるわ、人も変わるし、状況も変わるものよ。私とアレックスの関係は、こうであってほしいというレベルでは機能しなくなってしまったの」
18歳のゴールドは、ソルトレークシティで開かれていた「USクラシック」のフリー後のインタビューでそう語った。この大会で彼女はコートニー・ヒックスに次いで2位だった。

「アレックスと一緒にいい成績をたくさん上げてきたわ。彼はすばらしいジャンプ・テクニシャンなの。ふたりで数々の成果を残してきた。私が今ここにいるのも、そのおかげよ」

ゴールドは今後ロサンゼルスに行き、トヨタ・スポーツセンターでフランク・キャロルのコーチングを約1週間受ける予定だという。その後キャロルを正式なコーチとするか、一時的なものなのかについては、まだ決定していない。

「大声で怒鳴られたり、強制されたりといったことは、私には必要ないのよ」とゴールドは言う。「私のやる気は私の内側から出てくるの。私の感情とスケーティングをコントロールする手助けができる人、それを私たちの理想的な形にしてくれる人、そんな人が私には必要なの」

「フランクは間違いなくアメリカで最高のコーチのひとりよね。たくさんのチャンピオンを育ててきた。私は自分がその環境が本当に気に入るかどうか、相性がいいかどうか、行って試してみたいのよ」

フランク・キャロルは74歳。アメリカと世界フィギュアスケートの両方で殿堂入りしている。ミシェル・クワンのコーチとして、彼女に1998年五輪銀メダルと、5度の世界選手権タイトルのうち1つ目から4つ目までをもたらした。現在指導しているトップ選手には、五輪金メダリストのエバン・ライサチェックや、世界選手権銀メダリストのデニス・テンなどがいる。

五輪シーズンの9月にコーチを変更するのはフィギュア界では異例ではあるが、このあとゴールドが語るように成功した前例もある。

「(アレックスとの)関係がうまくいっていないことは明らかだったから、変化が必要だったのよ。かなり深刻な事態になったこともあったし、よかったり悪かったりの幅が以前より大きくなり始めていたの」
「9月は10月よりマシだし、11月、12月よりマシだと思うわ。アラカワ(荒川静香)はオリンピックの2か月前にコーチを変えたわよね。そして、それで成功した。理想的なタイミングがいつと言うのは難しいことだと思うわ」
(荒川は2005年にタチアナ・タラソワのチームを離れてニコライ・モロゾフのもとに移り、その数か月後の2006年五輪で金メダルを取っている)

もしゴールドがキャロルのもとに正式に移ることになれば、この経験豊かなコーチは2人の新しい教え子を迎えることになる。グレイシーの双子の姉カーリーは、今季は2014年全米選手権への出場を目指しているが、彼女もグレイシーとともに移ってくることになるからだ。

「カーリーは私が行くところにはどこでも一緒に行くわ。彼女は私の最大のファンだし、今のこの時期に私をサポートしたいと思ってくれているから」とグレイシーは言う。「カーリーは私がベストでいられることを望んでいるの。本当にありがたいことよ。私と彼女はいわばセットなの。2人のうちどちらかがどこかへ行けば、2人とも行くってことなのよ」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ...コーチ変更というのは「うまくいかなくなったから」おこわれることが多いんでしょうけど、「大声で怒鳴られたり、強制されたりといったことは、私には必要ないのよ」なんてセリフを聞く限り、かなり関係が悪化してしまったのでしょうか?
アレックスコーチについては詳しく知らないんですが、旧ロシア系の方でしょうか? 彼女をほぼ無名から一気に五輪メダル候補にまで育てあげたコーチで、キスクラを見てもいい関係なのかなあと思っていたんですけどね。まあ、野心的なグレイシーのことだから、もっと高いレベルに行きたいと思うのも自然なことなんでしょうね。

そんなグレイシーがUSクラシックで披露した新プログラムがこちらです!(動画主さん、アップありがとうございます)
ショートはなかなか意欲的な選曲で、賛否あるみたいですが、私はけっこう好きですね! フリーは…うーん、みなさんどう思われますか?(衣装含め…)

SP: Three Preludes by George Gershwin(振付マリナ・ズエワ、オレグ・エプスタイン)


FS: The Sleeping Beauty by Tchaikovsky(振付マリナ・ズエワ、オレグ・エプスタイン)


関係ないですが、グレイシーの恋人マックス・アーロンくんの動画を上げてくださっている方も。ショートはマンボ!フリーはカルメン!まだ未完成な感じですが、どちらもなかなか楽しみ!





JUGEMテーマ:フィギュアスケート 

カテゴリ:北米女子 | 10:55 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
いつも翻訳ありがとうございます。
アレックスコーチは「彼女の決断にがっかりしている。彼女は何も(理由)を言わなかった」と言ったらしいのをどこかの英文記事で読みましたが、もし本当だったら後味の悪いコーチ変更ですね。まだ若いのにこういう経験をするのはかわいそうにも思いますが、スケート界ではよくある話ですね。

SPはかなり好みで、案外この路線が合うんじゃないかと思いますが、フリーはどうですかね。この出来だとちょっと感想は保留という感じです。
個人的には、真央・ユナ・カロ以降の女子スケート界を引っ張る存在だと思うので、ソチで結果を出そうと焦らず、次の五輪をターゲットにするくらいの気持ちで頑張ってほしいです。
| Ayumi | 2013/09/16 2:46 PM |
たら様、ありがとうございます!
いつも楽しく拝見しています。
キャロルコーチとフリーのプログラムは相性が良いのではという気がしますが、いかがでしょう?
彼女は昨シーズンのブルーの衣装の印象が強く、しかも似合っていたので
ピンクは?好みの問題かも、ですが。
オリンピックはブルーの衣装の人が金メダルのジンクスもありますよね。
ソチはどうなるのかなぁ。
ゴールド姉妹、揃うとかなり華やかでしょうね〜。
恋人のマックスくんが羨ましい。マックスくんの
プログラムはどうしても高橋大輔君を連想してしまうのでした(~_~;)
| よこよこ | 2013/09/16 8:22 PM |
>Ayumiさん、コメントありがとうございます。

>アレックスコーチは「彼女の決断にがっかりしている。彼女は何も(理由)を言わなかった」と言ったらしい

そうなんですか。事実だとすれば、突然一方的に決めなければならない理由があったんでしょうけど、後味が悪いですね。その辺の動揺がジャンプの乱れにつながってしまったのかも…。
SP、同意見です! 昨季のお人形さんのようなプログラムもいいですけど、もっとシャープな印象で、私も好きです。
彼女はソチはもちろんですけど、今年こそ全米女王を狙っているんじゃないでしょうか? 早く新コーチが決まるといいですね。
| たら | 2013/09/17 9:59 AM |
>よこよこさん、コメントありがとうございます。

>キャロルコーチとフリーのプログラムは相性が良いのではという気がしますが、いかがでしょう?

キャロルがこのフリーについて、「もっと落ち着いて演技したほうがいい」と言ったそうです。確かに気ぜわしく一本調子な印象がなきにしもあらずなので、キャロルの指導でもっと見せ場を作れるようになったら、ガラリとよくなるかもしれませんね。(上から目線ですみません…汗)
マックスくんのマンボ、どうしても大ちゃんを思い出しちゃいますよね〜。でも曲が進むにつれて、いい感じに「マックス・マンボ」になってるなあと私は思うんですけど。こちらも仕上がりが楽しみです。
| たら | 2013/09/17 10:05 AM |
たらさん、こんにちわ。更新&翻訳ありがとうございます。

 まずはジュニアグランプリ、フー・ジャン君Lp一位&総合2位おめでとうございます。不本意なSpから頑張りましたね。そして刑事君、このプロ好きだ〜クワドチャレンジしました〜が、<<(逆?)で、そこは日野君の勝ち。 

 可憐な「金平糖の踊り」がまだ記憶に新しいゴールドちゃんですけど、さすがアメリカ女子、強気!プログラムについてはSpは、曲名が解らないのですが私は好きです。Fpは選曲とか構成についてはどちらでもないけれど、コスチュームは確かに「どうしちゃったの?」という感じ。いいと思って買ってきた服が、いざ着てみるとザンネンだったという経験は私にもありますが(笑)
 それから英語のお勉強、教えて、たら先生。TRY OUTもTEST WARTESも同じですか?

 そしてありがとうございます、アーロン君の動画見つけられなくて気になっていたんです。
 マンボね、うーん、日本のフィギュアスケートファンほぼ全員が抱くのと同じ感想です。あの大輔さんのマンボ見ちゃうと、ハードルは高くなってしまいます。Fpは、前半が嫉妬に狂うドン・ホセなのに何で後半突然闘牛士エスカミーリオになっちゃうのか、不思議。そしてっこチラも大輔さんの「道化師」とどこか重なってしまうという・・・。私、決してアーロン君嫌いじゃないです。GPSでもサプライズやってのけちゃうかもと思っています。カメ先生もシェイリーンさんも好きなので今後を見守りたいと思います。
 >関係ない  ほうが長くなってしまいました。素人がすき放題言っちゃってすみません!というところです。間違い、勘違いがあったら教えてくださいね。

 ところでオーサコーチが表紙の洋雑誌、手に入りました(うきうき)たらさんも購読されていたかと思いますが、手持ち無沙汰の時にでもご紹介いただけると嬉しいです。ゆづ&ハビーに関するところは何とかわかった(たぶん)のですが、他のところがびみょーです。
 沢山書いて、なぜかすっきりしました。長々、失礼いたしました。
| よのにょ | 2013/09/17 5:49 PM |
訂正です。
 >そしてっこチラ  自爆・・・そしてこちら、です。
アーロン君のLpは、ローリー・ニコルさんでしたか?
| よのにょ | 2013/09/17 6:07 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
フージャンくんのSPはかなりいい出来だったと思うんですけどね、上位がみんな3Aを入れてきた中で2Aだと見落とりしちゃったかな。刑事くんはSP、フリーともに大人っぽい、いいプログラムですね。特にSP、かっこよかったです!

私は先生じゃないですよー。try outもtest the watersも「試してみる」という意味ですが、前者は「試しにやってみる」後者は「やる前に試してみる」といった感じかと…わかりにくいですね、スミマセン(汗)

グレイシーの新プロ、動画の上に曲名を書き足しておきましたのでよろしければ!
で、アーロンくんのマンボ。カメレンゴさんがあえてこの曲を選んだのは、大輔マンボのイメージをいい意味で利用しようという意図もあったのかなあと…憶測ですけど。話題になるし、すぐに覚えますしね。冒頭は確かに「あれ!」と思っちゃいますが、だんだんアーロンくんのキャラクターが表に出てきて、これはこれでなかなかいい味わいだと、私は思うんですけどね。
フリーはローリーさん振付です。よのにょさんが「道化師」を連想されたなら、ある意味、成功なのかも? 今までのアーロンくんにはなかった暗さやドラマチックさが出せている、てことですもんね。

ところでIFSは有料の雑誌なので、販売後しばらくしてから記事にしようかなあと…。こう見えて一応気を遣ってはいるんですよ(^_^;)
| たら | 2013/09/18 9:28 AM |
 たらさんこんばんわ 
では、先生はやめて「師匠」はいかがでしょう 

>しばらくしてから  ハイ、おとなしく待ってます。
 おまけに、曲名まで貼り付けていただいてありがとうございます。昨季は見ていて気になったプログラムの曲や振付師をそのつど調べるのがもどかしかったので、一覧表を作ってますがまだ空欄が多くて・・・。
 去年はジュニアまで見ていなかったので目が回っています。
| よのにょ | 2013/09/18 9:07 PM |
>よのにょさん、師匠なんてやめてください〜(汗)
新プロ一覧は、私もいつも「今年こそはちゃんと作ろう!」と思うものの毎年挫折しています。
ジュニアも追い始めると大変ですよね!私はとりあえず男子だけは、と決めています。それでも後半には頭がぱんぱんになってくるんですが(^_^;)
| たら | 2013/09/20 1:40 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/173
トラックバック