<< キム・ヨナ新プロ発表!しっとりSPとタンゴのフリー! | main | ジェイソン・ブラウンのicenetworkブログ その.献Дぅ愁鵑硫 >>
ハビエル・フェルナンデス、新プロはジャズとジャズ!
ついに来ました、ハビエル・フェルナンデス選手の新プログラム情報!



5日ほど前に、ハビくんが所属するIMGのエージェントのデビッド・バーデン氏が、インスタグラムに新プロのごく短い動画をアップしていましたが、昨日から今日にかけて、ついに曲名が正式に発表されました。
スペインのフィギュア情報を発信しているHielo Espanolというサイトがスペイン語で「独占発表」! スペイン語→英語への自動翻訳→さらに日本語訳で申し訳ありませんが、ざっと内容だけまとめてみました。

==================================================
SPは「Satan Takes a Holiday」で再びのジャズ。(→元記事
曲はアメリカのトランペット奏者でバンドリーダーのラリー・クリントンが1937年に作曲した「Satan Takes a Holiday」。1980年代半ばにロビン・カズンズがこの曲で滑ったのを覚えている方も多いだろう。生き生きとした楽しいジャズナンバーで、ハビエルが2シーズン前に滑り、好成績を上げたSP「I Love Paris/Petit Fleur」の路線を受け継ぐプログラムだ。
[追加情報]振付はデビッド・ウィルソン。

フリーは「Peter Gunn/Harlem Nocture」でジャズ&ブルース。(→元記事
振付は世界王者に4度輝いたカート・ブラウニング。サックスの音色が印象的な、現代的でダイナミックなブルースとジャズの曲を使う。
前半の曲はブルースで、ヘンリー・マンシーニ作曲の、テレビドラマ「ピーター・ガン」サウンドトラック。「ピーター・ガン」は1958〜1961年に放映されたブレイク・エドワーズ制作のドラマで、ジャズを愛する私立探偵が主人公。その後、ブルース・ブラザースが映画化して有名になった。
後半の曲はジャズで、アール・へーゲンによる「ハーレム・ノクターン」(ルイ・プリマ指揮のバージョン)。
ハビエルのキャラクターに合ったエキサイティングな編曲だ。
====================================================


…というわけで、なんとSP、フリーともジャズ路線。しかもフリーは、あのカート・ブラウニング振付なんですね。これはびっくり! カートさん、もう競技プロの振付はしないと言っていたはずですが、それほどハビくんに魅了されてしまったってことでしょうか!?
【訂正】フリーの振付はカート・ブラウニングではなくデビッド・ウィルソンだそうです。(じつはJapan Open 2013の前後におこなわれたハビエルくんのファンミーティングに参加させていただいたのですが、その席でハビエルくん自身がそう言ってました。申し訳ありません、訂正させていただきます)

このSPで、エージェントさんが上げていた動画というのがこちらです。(この動画に「フリーですよ」というコメントがついていたせいで、もー個人的に大変だったわけなんですが、それは置いといて…)

曲はこちらですね。(バージョンはおそらく違いますが)


そして、1980年レークプラシッド五輪金メダリストのロビン・カズンズさんの演技というのがこちら。

 

フリーのほうでもエージェントさんが動画をあげてくれていました。

前半の「ピーター・ガン」の曲はこちらです。


後半の「ハーレム・ブルース」。アグネス・ザワツキー選手が2シーズン前にSPの前半と終盤で使っていた、この色っぽ〜い曲です。(こ、これはハビちゃんのセクシー路線来る!?)


…インスタ動画、初めて埋め込んでみたんですけど、ちゃんと見れるでしょうか?
見れなかったらごめんなさい。一応リンクも貼っておきますね→SP  フリー

というわけで、2本ともにジャズ! しかもSPは、ハビくんが2シーズン前に滑った、この出世作「I Love Paris/Petit Fleurをほうふつとさせるようなプロになりそう?


うーむ、個人的にはハビくんには、オリンピックの場で闘牛士かフラメンコダンサーを演じてほしかったのですが、得意分野のジャズで来たわけですね。そして、何よりハビくんの人気の理由のひとつ、あの「天使の笑顔」で思いっきりお客さんを魅了してしまおう、という作戦のようですね!
ただ、最近競技プロを作っていなかったカートが、クワド3本のフリープログラムをどう作るのか? オーサーの戦略はどうでるんでしょう? 個人的には、ええ、もちろん超楽しみですよ!!!
【訂正】上でも書きましたが、カートではなく、やはりウィルソン振付だそうです。重ねて訂正させていただきます。

ハビエルくんは今後、今月31日にカナダで小さなショーに出演しますが、そこで新プロ披露なるか? それとも10月のJapan Openが初披露になるんでしょうか?(ああ、JOチケット取ってない…涙)

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:ハビエル・フェルナンデス | 10:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんにちはヽ(^0^)ノ
ハビエルくんのフリーはカートさんの振り付けですか!?

「カートさん、もう競技プロの振付はしないと言っていたはずですが、それほどハビくんに魅了されてしまったってことでしょうか!?」
カートさん、エキサイティングなことは大好きだと思う。
クワド3本はとてもエキサイティング!

カートさんの振り付けは、
「ステップなどは難しすぎて、振りつけられたスケーターがとても踏めない…そんなことも多いという。なまじ、彼自身のステップのテクニックが凄まじいため、易しいステップで妥協することなど、我慢ならない。」そうです。
http://ethan3.tumblr.com/post/852798705
クワド3本+難しいステップ。。。ハビエルくん大丈夫かしら?おばさんは心配ですぅ。カートさんお手やわらかに。

ハビエルくんのチャップリンが大好きだったので、今季も素敵なプログラムになりますように!
| coco | 2013/08/28 3:35 PM |
>cocoさん、コメント&記事のご紹介ありがとうございます。

「天才肌のため性格の起伏が激しく、忍耐力もなく、プログラムの隅から隅まできっちり勝てるように計算して作ることもしない。」

…城田さん、ずいぶん率直というか、大胆なこと書いてらっしゃいますねぇ(笑)
たしかに高難度ステップ+3クワドじゃ、ハビくんの身が持たないですよね。私もそこが一番気がかりかな。
でも、長らく競技プロを振り付けていなかったカートが今回やると決めたからには、「勝てるように計算しない」ということはない、と信じたいです。
なんといっても、オーサーがそんなことは許さないだろうと!
| たら | 2013/08/29 3:03 AM |
 たらさんおはようございます
 
ぽかーん・・・
>カートさん、もう競技プロの振付はしない
と言って いましたよねえ「ジェフは凄く忙しいんだよ(ジェフみたいになりたくないよ)」。Lpウイルソン、Spジェフじゃなかった!?CBCのカートさん解説はとても面白いと思うのですが、このプロにはどんな解説をするのかしら。
>オーサーがそんなことは許さないだろうと
オーサーは選手を大切にしてくれるコーチ、という印象が強いので私もそう思います。金メダルを狙える選手二人がベストな演技をできるようにという選択だと思われるのですが・・・案外、カートさんが「ハビ面白いよ、Lpやらせてくれない?」と、ノリで決まっちゃったとか。
 
 男子シングルランキング上位の選手は、結局パトリックのSp以外はラフマニノフもチャイコフスキーも回避?振り付け予想ごっこ、振り回されつつも楽しいオフシーズンでした。
| よのにょ | 2013/08/29 6:00 AM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
ほんと、ぽかーんですよねw
あの「スーパー・ハビ」の振付でよほど馬が合ったのか…どにかくハビくんのスケーターとしての力がカートさんを刺激したことは間違いないでしょうね。
オーサーはメダル…いえ、もう金メダルと言ってしまいましょう!金メダル候補の教え子2人をどう導いていくのか、今シーズン楽しみに見ていきたいと思います。
上位男子の新プロが出そろう中、なかなか情報が出てこないケビンのフリー…そして初披露後も謎に包まれているまっちーのSPも気になりますぅ!
| たら | 2013/08/30 8:03 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/167
トラックバック