<< ジョニー・ウィアー、ラジオでソチ五輪ボイコット反対をうったえる | main | オーサー、クリケットチームの現状を語る@icenetwork 「僕らはソチへ行く」 >>
テサモエ、さっそく始動! SDはジャズ、FDはクラシック!
バンクーバー金メダリストにして、ソチの金メダル最有力2候補のひと組、テサモエ。
おなじみのIcenetworkで、そのテッサ・バーチュー/スコット・モイヤの新プログラムが発表されました。なんと今週末の試合でSDを初披露するそう! 今季は取りかかりが早いですね〜、さすが気合の入り方が違うわ…ドキドキ。

アイスダンスは個人的に一番弱い分野なので(見るのは大好きなんですけどね!なかなかルールがわからなくて汗)、用語ミスなどあるかもしれませんが、どうかご了解ください。ライバルのメリチャリ情報もちょこちょこっと入っています。

もと記事はこちら(8月5日付)→Secret's out: Virtue, Moir disclose program music



「秘密は明かされた:バーチュー/モイヤ、新プログラムの曲を発表」
現オリンピックチャンピオン、ショートはジャズ、フリーはクラシックで


今季、テッサ・バーチュー/スコット・モイヤは早めに始動しようとしている。

現オリンピックチャンピオンである2人は、クイックステップとフォックストロットを入れた今季のショートダンス(SD)を、モントリオールの北に位置するボアブリアンで8月10日に開催されるQuebec Summer Championshipsで初披露する予定だ。

「私たちはもう準備ができていることを示すこと、そしてジャッジから最初の反応を得ることが目的よ」ミシガン州カントンで2人をコーチングしているマリナ・ズエワはそう言った。

8月にジャッジやテクニカルパネルの前でSDを披露することで、各エレメンツのレベル――特に今季のパターンダンスの課題であるフィンステップのレベルを、たっぷりと時間をかけて見直すことができる。最高の結果を得るには、ダンスの各セクションでクリアするべきいくつものポイントがある。

SDの曲はルイ・アームストロングとエラ・フィッツジェラルドの数曲を組み合わせたもの
。まずは"Dream a Little Dream"から始まる。
「次のセクションの曲はジャズっぽい"Muskrat Ramble"で、3番目のセクションはよく知られている"Dancing Cheek to Cheek"だ」モイヤが言った。「フランス系カナダ人の社交ダンスチャンピオン、ジャン=マルク・ジェネルーにも入ってもらっている。彼とは10年前からの付き合いなんだ」

ズエワによるとSDのコンセプトは社交ダンス、ただしひねりをきかせたものだという。
「テッサとスコットのクイックステップとフォックストロットは、ジャズ的なアプローチをしているの。2人は天性のダンサーよ。こういった音楽スタイルは、彼らが互いにやりとりしたり体を使ったりするやり方にぴったりだと思うわ」

バーチュー/モイヤの――そして彼らのリンクメイトでありライバルであるアメリカのメリル・デービス/チャーリー・ホワイトの――振付と音楽はトップシークレットだ。カントンのArctic Edge Arenaでは、リンクサイドの窓の前にカーテンが引かれ、ロビーから練習が見えないようになっていた。選手たちは無線イヤホンをつけて練習することもあった。

「メリルとチャーリーのSDは素早いテンポの、流れとスピードのあるプログラムなの」ズエワは言う。「まるで昼と夜みたい。ふた組はものすごく違うのよ」
デービス/ホワイトの曲については、8月19-25日にコロラド・スプリングスで開かれるアメリカスケート連盟主催のChamps Campの後までは公表しない方針だという。

バーチュー/モイヤのフリーダンス(FD)は、19世紀から20世紀への変わり目に活躍した2人の作曲家、アレクサンドル・グラズノフとアレクサンドル・スクリャービンによる2曲だ。

「FDはSDよりも時間がかかったよ。僕らのために特別に編集された曲だからね」とモイヤは言う。「グラズノフはバレエ音楽“四季”を、スクリャービンは“ピアノ協奏曲嬰ヘ短調”を使っているんだ」

ダンサーのセルゲイ・ヴォロディンが新しいリフトの導入を、オンタリオ州在住のダンスインストラクター兼振付師のジェニファー・スワンが体の動きを、それぞれサポートしたという。音楽を選び、プログラムの監督をおこなったのはズエワだ。

「FDは男女の物語なの。男女関係が人生の四季の移り変わりにつれてどう変わっていくかを描いているわ」ズエワは言う。「珍しい曲ではないけれど、フリーダンスで使われていた記憶は私にはないわ。ワルツを含んだダンス音楽だけどね」
「私の頭の中で長い時間をかけてさまざまな音楽を検討していって、ようやくこの2曲が彼らにとってベストなんだとわかったのよ。この2人の作曲家の相性がいいことは、私自身、大学で学んで知っていたし」

バーチュー/モイヤは、2013年世界選手権の直後からFDの振付に入り、5月に休暇をとった後、6月にリンクに戻ったという。
「私たちのようなペアには、スケート界は毎年何か新しいものを期待するのよね」とバーチューは言った。「とても労力と時間がかかったけど、新しいリフトを5本、ほかにも新しい要素をいくつかプログラムに入れることができたわ」

2008年と2010年に脚のコンパーメント症候群(*オーバーユースや炎症、または打撲・骨折・脱臼などの影響から仕切られた区画内の筋組織に出血が起こり組織内圧が上昇し、動脈の血行障害や筋の線維化や壊死が起こってしまう障害のことらしいです)の手術を受けたバーチューだが、長時間の練習は今のところ特に問題はないという。
「ここで休憩して1時間体を休めるべき、という時は自分でわかるの。全然問題ないし、練習スケジュールにもうまく組み込めているわ」

オリンピック金メダルに二度のワールドメダルも獲得した2人。今季限りで引退するだろうと広く思われてはいるが、バーチューは確定的なことは何も言いたくないそうだ。
「オリンピック後のシーズンに私たちが何をするのか、自分たちでもまだわからないもの。1年1年やっていくだけよ」
「私たちの大きなゴールは、もちろんオリンピックよ」と、バーチューは言葉を続けた。「今度が2度目だし、自分たちが何を目標とすべきかはわかっている。でも、今回のほうが当然プレッシャーは感じているわ、私たちは現・金メダリストだもの」

ズエワによると、バーチュー/モイヤの今季の国際大会初戦は10月はじめのフィンランド杯になりそうだという。その後、スケートカナダとTEBに出場する。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 おお、ワールド直後から新プロの振付にかかっていたとは。パトリック・チャンが国別対抗戦後のインタビューで、テサモエとメリチャリはうまいこと逃げた、みたいなことを言っていたことがありました(笑)が、やっぱり相当がっちり早めのプランを立てていたんですね。さっすが圧倒的金メダル候補!

上記の曲、動画を全部貼りつけると大変なことになってしまうので、リンクだけ。
 SD "Dream a Little Dream of Me" http://youtu.be/j6TmogXhOZ8
      "Muskrat Ramble" http://youtu.be/0vpuFYQwZ5o
      "Cheek to Cheek" http://youtu.be/GeisCvjwBMo
 FD "Season" http://youtu.be/EsxDyKysmaY
      "Piano Concerto" http://www.youtube.com/watch?v=C3hA5J-A5Yw&feature=share&list=PL61EB2C2F4E0B05AE

SD初披露は今週末らしいですが、FDのほうはどうなんでしょ? フィンランド杯までお披露目はあるんでしょうか? そしてメリチャリのB級出場はあるのかな? 今季はトップ選手でB級に出る人けっこういるんでしょうかね?…やっぱり五輪シーズン、ドキドキワクワクですね、いろいろと。
(ところで、まずフィンランド杯からスケカナ→TEBというスケジュールは、羽生くんとまったく一緒ですね。パトリックは今年はJO出ませんが、どうするんでしょーね!?...と、ついつい話を男子シングルに持っていってしまい、すみませんです汗)

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:アイスダンス | 05:01 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさま、こんばんは!

テサモエ情報ありがとうございます!
フリーの選曲は、激マニアうけしそうで怖いです(笑)
動画サイトで聴きましたが、すっごくいいです。
いやあ、さすが、ズエワさんです。

メリチャリのフリーはシェエラザードという未確認情報があるのですが
どうなんでしょうか????
ガセネタかな???

もしかして、シェエラザードなら、彼らにピッタリの選曲だと思います。

どっちが勝つのかな?
すっごく、楽しみです。
| みかん | 2013/08/06 7:45 PM |
>みかんさん、コメントありがとうございます。

昨季のフリーは毒々しいぐらいわかりやすい「カルメン」でしたが、今季は方向を180度変えてきたんですね。
あえてあまり知られていない曲を選んできたズエワさん…作戦なんでしょうかね?
その一方でメリチャリには定番曲? カーテンに無線イヤホンさえ使っているほどの秘密主義なのだから、シェヘラザードは憶測なのかな、とは思うのですが…。
どっちにしても、楽しみなふた組ですよねー!
| たら | 2013/08/07 2:02 AM |
 たらさんこんにちわ。最後男子シングルに行ってしまったところで笑〜!B級大会も見逃せないし、あ、ジュニアはネイサン君とナム君と日野君がぶつかるんですって。
 
 もちろん私はアイスダンス解りません(きっぱり)キス・ネバー・クライという漫画でちょこっと読んだくらい(この漫画家さん、今「銀盤騎士」で男子シングルを描いてます)で、きれいだな美しいなと思ってみているだけです。ルール上制約があるためか個性的なリフトは素敵ですね。
 
 うーん、秘密主義・・・メダルへの駆け引きが始まっているということなのでしょうか。
 
| よのにょ | 2013/08/07 5:44 PM |
こんにちはヽ(^0^)ノ
直接、この記事と関係のないコメントで恐縮ですが(男子シングルつながりで笑)、高橋選手のショートプログラムについて一言。
バンクーバーでもショートは、曲はeyeで作曲coba、振り付け宮賢とオール日本でした。
そして、今度のソチのショートも作曲佐村河内守のヴィオリンのためのソナチネ、振り付け宮賢とオール日本。
フィギュアスケートに適した、日本人が作曲した曲を探し出し、それもを使うことは、高橋選手だからこそできるのだと思います。
オリンピックという場で、順位を競うだけでなく、日本の文化の力、日本人が持つ豊かな創造性を示すことは本当に素晴らしい!
作曲家の佐村河内守さんは被爆2世で全聾だそうです。そのことが話題になりすぎることは高橋選手の本意ではないと思いますが、集大成のオリンピックシーズンにこの曲を選んだのは、高橋選手の平和への思いが込められている気がします。
高橋選手は倉敷出身なので、広島にも近いですね。
一言のつもりが長文になってごめんなさいm( __ __ )m
| coco | 2013/08/07 9:55 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。

>ジュニアはネイサン君とナム君と日野君がぶつかるんですって。

ジュニアGP第2戦のメキシコ大会ですよね!? めちゃくちゃ楽しみです! その前に第1戦がもう今月末から始まりますね。いよいよシーズンイン!って感じですね〜。
私、アイスダンスのルールにはものすごく疎いくせに、好きなカップルはたくさんいるんですよ。シングル選手でもダンス好きな選手ってけっこういますよね(高橋くんとか小塚くんとか)。素人目線で申し訳ないのですが、今季はできるだけ取り上げていきたいなあと思っているので、おつき合いいただけたら嬉しいです!
| たら | 2013/08/08 11:32 PM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
やはりここへ来てくださる方は男子シングル好きの方が多いんでしょうか?笑 私も日頃から偏りまくっていて、どうもスミマセンです。
バンクーバーの高橋くんの「eye」、懐かしいですねぇ。今季SPの佐村河内守さんの曲も、日本人の私たちでさえあまりなじみがない、どちらかというと難度の高そうな曲。それをどう料理してくれるのか、楽しみですね〜。

>集大成のオリンピックシーズンにこの曲を選んだのは、高橋選手の平和への思いが込められている気がします。

なるほど、そうかもしれませんね。高橋くんは曲のテーマを直接的に表現するよりも、EX「クライシス」のように、音楽に寄り添う演技をすることで、かえって強くテーマが感じられるようなプロになるのかな、と思っています。
今月下旬のフレンズ・オン・アイスがお披露目でしょうか? すっごく楽しみ!(私は行けないのですが泣)
| たら | 2013/08/08 11:51 PM |
たらさん こんばんわ。

 もうご存知かもしれませんが
パトリックが8月15日から始まるカナダのCentral Ontario Summer Skate Competition に出場するそうです。織田選手もエントリーしています。ウイルソンプロついに情報解禁か?(ピジョン・ポストさんの情報お借りしました)

 テサモエの動画を見ることが出来ました。素敵なコスチューム、と思ったのですが今季の物ではないそうです。小さな夏のコンペが一杯あるんですね。ケイトリン、宮原さん、ミーシャ、と、手当たり次第に見ています。もうすっかり依存症(笑)
| よのにょ | 2013/08/13 8:55 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
テサモエ、ケイトリンちゃん…どんどん新プロ動画が上がっているというのに、またまた更新が滞ってしまい、申し訳ありません。あたたかく催促してくだるようなコメント…よのにょさん、お優しいわあ。本当にありがとうございます。

OntarioのThornhill Summer Skate 2013ですよね?
パトリック、織田くん以外にも中村健人くん、ロゴジンくん、ナムくん…男子のエントリーがとても豪華なことになっていますよね!
http://www.skatecanada-centralontario.com/Irma/Summer%20Skate%202013/smen.pdf
いよいよパトリックの新プロが見られる日が…ゴクリ。
織田くんもがんばってほしい! 私も更新がんばります!(^_^;)
| たら | 2013/08/14 4:45 PM |
たらさま、こんにちは!

テサモエの演技、動画でみたのですけど、すごくよかったです。引き込まれるものがありました。実はメリチャリの方が好きなんだけど、FDはテサモエの方が好きです。

自分のブログでテサモエのこと書いたので、たらさまの記事をリンクさせて頂きました。事後承諾になってしまって申し訳ないのですが、ご了承頂ければ、幸いです。よろしくお願いいたします。記事は名前にリンクさせました。
| みかん | 2013/10/07 3:48 PM |
>みかんさん、ご返事遅くなりましてすみませんm(__)m

ブログ拝見しました。事後でも全然だいじょうぶですよ!わざわざお知らせいただきありがとうございました。

テサモエのFD、じわーっと引き込まれるとてもいいプログラムですよね。ただ、私はフィニッシュがもったいないなあと思ったのですが。もっとドラマチックなラストを期待してしまい…みかんさんはいかがでした?
| たら | 2013/10/09 11:14 AM |
たらさま、こんばんは!
こちらこそ、お返事ありがとうございました。

フィニッシュは、私は「いいなあ」と思いました。
シンプルさがかえって新鮮でした。
でも今後、まわりの反応をみて変えてくる可能性はあるかな?とも思います。
わたしは、好きでした(笑)
| みかん | 2013/10/09 8:13 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/162
トラックバック