<< アシュリーの帯同コーチ決定 +新プロ情報ちょこっと(パン&トン、羽生、ハンヤン) | main | ドリーム・オン・アイス 2013 動画集 >>
(遅ればせですが…)新シーズン開幕!& DOI行ってきました。
今月から新シーズンに入ったというのに、ごあいさつもなく、更新もできず。毎度遅ればせですみませんが……
ハッピー・ニュー・シーズン! 
とうとうオリンピック・イヤーが幕を開けましたね! 旧シーズン中は、こんなヘタレなブログにおつきあいいただき、誠にありがとうございました。今シーズンもこんな調子かと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

さて、ドリーム・オン・アイス2013



今は安藤美姫選手のニュースでもちきりで、福岡ファンタジー・オン・アイスも近づいている中、今さら感たっぷりなんですが、行ってまいりました、ドリーム・オン・アイス2013!
私が観たのは2日目、6月29日(土)の昼公演。もう5日もたってしまい、早くも記憶が薄れつつあるのですが、自分の忘備録も兼ねまして、個人的に印象的だったプログラムをざっとまとめてみたいと思います。出演した選手全員ではありませんが、どうかあしからず。(曲名をクリックするとyou tubeに飛びます)


本田太一 Runaway Baby (EX)

トップバッターは、本田きょうだいの長男・太一くん。とにかくエンターテイナーっぷりがすごかったです。オープニング・ポーズからアリーナのお客さんに流し目送りまくり。ブルーノ・マーズが歌うノリノリの曲にのってステップを踏みつつ、観客を煽る煽る〜。スピンがほどけてしまうなど、ちょっぴりミスはあったものの、「僕を見てほしい!」という気持ちあふれる演技でした。


田中刑事 ドクトル・ジバゴ (フリー)

前半で一番スタオベが多かったのが、この刑事くんのジバゴ。振付は阿部奈々美さん。以前、新聞のインタビューで、刑事くん自身このプログラムについて、「奈々美先生は、僕に上質なエッジワークを要求しつつ、僕の動きが大きく見えるものを作ってくれる」なんて、ものすごく大人っぽいことを語っていましたが、まさにその言葉どおり、深いエッジのステップがすごく美しい演技でした!
クリーンな3A含め、ジャンプもなかなか好調そう。昨季は年末から怪我に苦しみ、世界ジュニアを欠場せざるをえませんでしたが、もう大丈夫そうでひと安心かな? なんといっても、腕の使い方を含め、体の動きのひとつひとつが以前よりも格段にきれいになっていることにびっくり。終盤はちょっとバテてしまったように見えたけど、これ、磨きをかけていったら傑作プロになるんじゃないでしょうかっ!?




宇野昌磨
 The Blessed Spirits (SP)

曲はシンガポール出身のバイオリニスト、ヴァネッサ・メイ。とても壮大な、やや重厚すぎる印象もあるバイオリン曲ですが、こんな曲を自分のものにして表現できる選手って、ジュニア男子では昌磨くん以外いないんじゃないでしょうか?
しかし何でしょうね、この音どりのよさ、そして表情の作り方のうまさったら。天性のものもあるんでしょうけど、本田太一くんと同じく、「自分を見てもらいたい」という強い意志を感じます。最近の日本男子の若手くんたちは、こういうタイプの選手が多くなりましたね〜。将来が楽しみです!




宮原知子
 Solace (EX)

昌磨くんと同じくヴァネッサ・メイの曲ですが、これも大人っぽい曲。このしっとりとした、情感あふれるバイオリンの調べにマッチした、とても素敵なプログラムでした。知子ちゃんのスケーティングってエッジが氷を削る音がほとんどしないんですよね。さらさらと滑らかなんだけど、軽すぎない重みもあって、うっとりと見とれてしまいました。3-3を含めジャンプも見た目完璧。なんだかエキシビションにしとくのがもったいないようなプログラムでした。



 
日野龍樹 ロミオとジュリエット (フリー)

日本男子の伝統となりつつある(?)ロミジュリですが、これはプロコフィエフ作曲。ジャンプは3A含めオールクリーン。龍樹くんもスケーティングがとても滑らかで、ちょっと軸の曲がったジャンプでもしゅっと降りてしまうのは、見ていて本当に気持ちいいんですよね。だた、まだやや固かったでしょうか、「ちょっと内気なロミオ」という気がしないでもないかな…。でも、このドラマチックな曲は彼の雰囲気に合っている気がします。今後大きな演技ができるようになったら、すごく楽しみなプログラムだと思います。


今井遥 Song Without Words (SP)

なんでお写真がどこにもないんでしょうかっ!!?? すっごく素敵な衣装だったんですよ! ラインストーンがきらめく薄いピンクのドレスに、やはりピンクの髪飾り。もともとポジションや体の使い方がとてもきれいな遥ちゃんですが、このときは本当に妖精のような美しさ。ほんのりとした色香がただよって、なんていうんでしょ、まるでいい匂いがしそうな感じなんですよ、彼女を見ていると。
このメンデルスゾーン作曲の「無言歌集」、2011-12シーズンのSPと同じ曲で、振付けを変えて新しいSPにしたものなのだそう。振付は同じく佐藤有香さんでしょうか? この回は2A-3Tを含めジャンプノーミスでした。試合のときにもこんなおだやかな笑顔で滑ってくれたら、ジャッジもいちころだと思います!


織田信成
 ラストサムライ (EX)

暗いリンクに織田くんが登場し、名前をアナウンスされて照明がついて、さあ演技、という抜群のタイミングで響き渡った「織田くーーーーん!!!」の声。お顔もお名前も存じませんが、昔から有名な織田くんファンの方なんですよね。すごく通る声で、あまりにも抜群のタイミングだったので、観客がどっと沸きました。つれられるように客席のあちこちから次々起こる「織田くーん!」コール。織田くん自身もうれしそうで、リラックスした感じで始まった演技…これがすばらしかった!
振付のローリー・ニコルが、織田くんにサムライのイメージを持っていて、現役生活の最後にと、この曲を選んだのだそうです(→ココ)が、これがハマりまくり。重厚な曲調の前半に跳んだジャンプはすべて完璧、後半のアップテンポな部分では「ソイヤー!」という掛け声にのってキレキレの和風ステップ。演技後はスタオベの嵐で、当然またもや「織田くーーーん!」「織田くーーーん!」コールが乱れ飛んだのでした!




ケビン・レイノルズ
Back in Black (EX) ←すみません、これSPの間違いでした。

ケビンも写真が出てないと思うんですけど、どこかにありますかね?(泣) この回のエキシは、エレキギターがうなるバリバリのハードロック。妖精ケビンのイメージじゃないんでは!?と思ったのも最初だけ。白Tシャツとブルージーンズをさらりと着こなし、意外なほど力強く、それでいてあくまで爽やかに、踊りまくってました。
試合のときにはあまり感じないんですが、彼は観客をしっかり見て、観客と一緒に演技してる感じがすごくするんですよね。つられてこっちも自然とニコニコしちゃう、なんだか不思議な魅力がありました。(でもやっぱり、アニメ「坂道のアポロン」の曲を使ったもう1本のエキシも見たかったぞ!)


鈴木明子 Love Dance (EX)

昨季のフリー「0(オー)」と同じ“シルクドソレイユ”から、別の曲「Love Dance」を使ったプログラム。アート・オン・アイスで初披露したものです。会場が広かったAOIと違って、新横浜の小さなリンクで間近で見るこのプログラム、ものすごく情感豊かで素敵でした。
昨季は後半に調子を崩して、全日本と世界選手権では残念な結果に終わってしまい、ソチ・シーズン大丈夫なの?と、かなり心配していたのですが、演技が始まったらそんな考えなんてあっという間に消えてしまい、プログラムの世界に入り込んでしまいました。本当に素敵な演技でした。




無良崇人 Minnie The MoocherJumpin' Jack (SP)

初回公演ではエキシを滑ったと聞いていたので、てっきりその日も同じかと思いきや、「完成したばかりのショートプログラムを滑ります」というアナウンスが!(ただし、衣装は間に合わなかったらしく、黒シャツ黒デニムでした) これがねぇ……すっごくよかったんですよ! この日の私のベスト1でした!!
振付は阿部奈々美さん。曲はちょっとレトロ路線のジャズを2曲組み合わせたもの。無良くんと言えばジャンプには定評があるけれど、ちょっとおとなしめ、なイメージがあると思うのですが、なんのなんの! 前半のけだるい曲ではディープエッジでぐいんぐいんターンを決め、後半のノリノリな部分では軽やかに踊りまくる。しかも、セクシーと言ってもいい素敵な微笑みを浮かべつつ、ですよ! 無良くんが笑顔で演技するってありえます!? しかも途中で客に手拍子を要求するなど、本当に私は度胆を抜かれてしまいました。(無良くんへの要求水準が低いでしょうか?笑) ジャンプもでっかい3A含めて完ぺきで、一貫してエロかっこいい無良くんだったですよ。今季期待ですね!! (なのに写真がない…泣。ハビエルくんへの水かけ写真でお茶をにごします)




安藤美姫
 ボレロ (EX)

美姫ちゃんもAOI で初披露した「ボレロ」の再演でした。AOIでは少し重たい感じがしたのですが、今回はかなりキレが戻っていたような気がします。それでも最盛期には比べようがないし、1つ入れたジャンプも転倒して、やっぱり美姫ちゃんといえどもこれだけ休むと難しいのかなあ……なんて、その時は思っていたんですよ! それがまさか、出産明けだったとはっ!! 4月に出産してAOIは6月頭、そして6月末のDOI。信じがたい身体能力ですよ! 超人ですよ、ほんとにもうっ!!
いやー、びっくり仰天なニュースでしたね。まずはおめでとうございます! 乳飲み子を抱えてソチを目指そうという意思はほんとうにすばらしいと思います。そして妊娠を隠し通して、満を持して大々的に発表したその戦略にも脱帽! これからまだ茨の道が続くのでしょうが、どうか自分の道をつらぬいてほしいと思います。それにしても、ソチの選考レースが過酷なのは男子だけかと思いきや、女子もすさまじいことになりそうですね……。




ハビエル・フェルナンデス
 Aerobics Class (EX)

これ、見たかったんです。クワドキングのハビエルくんですが、試合中はちょっとシャイな印象ありますよね。その彼がこんなサービス満点な演技をやってのけるとは! もう単純にリラックスして、心から楽しめるプログラムでした。それにしても、生で見ると運動量が半端じゃないプログラム。体力と筋力はそうとうなものなんだなあと、改めて感じました。それに……めちゃくちゃかわいいんですよっ、スーパー・ハビ!! 




羽生結弦 Parisienne Walkways (旧シーズンSP) 

新プログラム初披露!と勢いこんでいたんですが、初回公演でこの「パリの散歩道」を滑ったと聞き、正直ちょっぴり気落ちしてました。ところが、実際見たらすばらしかった。まずリンクに出てきたときに、すでにオーラを発散しまくっています。去年のDOIでは、まだ完成したての「Hello I Love You」をすっころびながら滑っていた、あの時に比べて2回りも3回りも大きく見えました。ファンのひいき目かとも思ったんですが、一緒に行った同行者も同意見だったので、たぶん経験と自信のなせるわざなんでしょう。フィギュア選手ってこういう風にがらりと変化することがあって、その瞬間を見ることができると本当にわくわくしてしまいますよね。
ジャンプはまだ抑えているようで、クワドは跳ばず、前日失敗した3Lzがなんとか決まってほっとひと安心、という感じでしたが、それ以外はまったくスキのない余裕たっぷりの演技。いやあ、いいもの見せてもらった、という感じ。このプログラムのよさをまざまざと再認識させてもらいました。今季持越しかも、という話があるそうですが、どうなんでしょうね!?



ああ、感想だけでこんなにダラダラ長くなってしまい、申し訳ありません。オープニングやフィナーレの記憶はもうすでに消えかけているのですが、4回転ジャンプだけをとると、ケビンの安定感が抜きんでていたのが印象的でした。
以上、遅ればせ観戦記でした!
ちなみに、このドリーム・オン・アイスは、今月7日(日)にBSフジで、14日(日)にCSフジテレビNEXTで放送されます。たぶん私が見た公演が放送回だと思うのですが、もしも思い違い、記憶違いなどありましたら、どうぞ見て見ぬふりをしてくださいますよう…なにとぞ…。

JUGEMテーマ:フィギュアスケート  
カテゴリ:観戦・ショー・イベント | 17:11 | comments(16) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんばんわ、おばばです。

曲名の訳をおばばは、song without wordsをうん?言葉のない歌?と訳してました。
無言歌{名訳}とはねえ、わが身のボカブリャリーのなさにショボンです。
「ドクトルジバゴ」は大好きな映画で、曲も大好き、刑事くんの演技が楽しみですね。{うん?これは、ショウーだけのプログラムなんですか?}
| えるだーおばば | 2013/07/05 12:47 AM |
>えるばーおばばさん、コメントありがとうございます。
あ、song without wordsを「無言歌」と言うのは定番訳なんですよ。歌がない楽器だけの曲、往々にしてピアノ独奏曲のことらしいです。
刑事くんの「ジバゴ」は今季のフリープリグラムです。(DOIではショー用にアレンジしたバージョンでしたが)早く試合で見たいですね!
| たら | 2013/07/05 11:25 AM |
たらさん丁寧なレポートありがとうございました。
たらさんは29日にに行かれたんですね。
日にちは違いますがそれぞれの成長をみせてくれた
演技の印象はほとんど一緒です。
刑事君のキラキラ感が増していたように思いました。
今年は活躍するような気がしてなりません。

結弦さんの堂々としたパリ散には引き込まれました。
身体の使い方がたっぷりと自信に満ち満ちていてびっくりしました。
1年でこうまで大きくかわるのか…
オープニングでみせたとラベリングキャメルも圧巻でしたよ。

「坂道のアポロン」の記事のリツイートありがとうございました。
あのプロがみなさんの中で謎だったとは知らず
何気なくつぶやいたのですがあっという間にソースになって…
ちょっと動揺しています。(笑)
私はロックのケヴィンも見てみたいですよ。
| りん | 2013/07/05 5:55 PM |
こんにちわ。
くわしくて選手への愛情たっぷりなレポート、ありがとうございます。
なかなか試合やショーを見に行くことができない身ですが、
たらさんのような方がいらっしゃると
仲のいいファン友達と一緒に現場で見ているような気がしてきます。
今シーズンは7月1日の開幕日からビックリの連続でした(笑)が
一期一会のこのシーズンを大切に楽しみたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
| G | 2013/07/05 10:34 PM |
 たらさん こんばんわ
素敵なレポありがとうございました!!!
 
 龍樹君、雑誌のインタビューで、色々迷ってしまっている様子だったんですよ・・・考えてしまうのは察しがつきます。とりあえず、元気に滑っているようでよかった(のか?)刑事君(うう、>きれいな動き 早く見たい)といっしょに頑張れっ、「大谷世代」(世間ではそう言います)

 放送、動画待ちの身としてはすでにAOIで披露された鈴木選手の「O」の感想を。
 これをご覧になったとはたらさん、うらやまし〜!抑えても抑えきれない感情があふれ出したような演技。たぶん競技ではカウントされないアップライト姿勢のスピンの美しさ、叙情性、エキシナンバーとしても絶品ではないでしょうか。


 羽生結弦>いいもの見せてもらった
最高の感想、いただきました〜!たらさんにそういってもらえれば、言うことありません。
  
 ところでジェイソン君のフリー、ご覧になりましたか?上半身、すばらしいです〜!


 

 
| よのにょ | 2013/07/05 11:05 PM |
>りんさん、コメントありがとうございます。
ああ、そうですね。刑事くんの「キラキラ感」。
今までも不思議と色気はあったけれど、正直それほど華やかな感じはなかった。でも今回はきらめいているような美しさを発していましたよね。羽生くんもそうですけど、1年でここまで変わるなんてすごいですよね。今季はクワドにも挑戦するそうで、活躍が楽しみです。

ケビンのもう1本のエキシ「坂道のアポロン」のこと教えていただき、こちらこそありがとうございました。りんさんの記事を読んで、「ああ見たかった!」とすごく思っちゃいましたよー。
(とてもいい記事なので、読まれていない方はぜひ読んでみてくださいね! 見たくなること必至です。→http://ameblo.jp/porim/entry-11564075194.html りんさん、勝手に紹介させていただいてごめんなさい!)
あの時はツイッターで瞬く間に広がって、ついに作者の方にまで届いてしまいましたもんね。作者の方も感激している様子でしたよね! ただ…残念ながらおそらく「アポロン」は放送されなさそう。次に見られるチャンスはThe Iceでしょうか?
| たら | 2013/07/06 5:00 AM |
>Gさん、コメントありがとうございます。
わあ、そうおっしゃっていただけると、こちらも嬉しいです。励みになります。
ほんと、すごい開幕日でしたよね! 激動のソチ・シーズンになるんだろうとは思っていたけれど、のっけからこんなことになろうとは!
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>
| たら | 2013/07/06 5:04 AM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。
龍樹くん、迷い中なんですか? 自分の演技についてでしょうか? うーん、でも悩んでいるならきっと向上できるはず!? あれだけのジャンプが跳べるのだから、フルに力を発揮できるようになってほしいですよね。
鈴木選手の「Love Dance」は本当にみごとでしたよ。昨季のフリーと似た物語性を持ちつつ、もっと鈴木選手自身が演技に入り込んでいるような印象でした。放送をお楽しみに!

ジェイソン・ブラウンくんのフリー、見ましたよ〜。
(まだの方、こちらです→http://www.youtube.com/watch?v=s0jh8jGchO4 限定公開の動画のようですので、ひっそりとどうぞ!)
冒頭のジャンプはたぶんクワドにしてくるんでしょうね。とにかく全身を大きく使った密度の濃い演技がすばらしいです。今季はシニアのGPSに初参戦。フランス大会でパトリックや羽生くん、ハンヤンくんらと激突しますね。楽しみすぎます!
| たら | 2013/07/06 5:25 AM |
こんにちは!DOIの感想ありがとうございます♪
もう一週間経つのですね…。DOI後に、大きな話題も小ネタも、とにかく沢山ありすぎてDOIの記憶が少し遠のいていたのですが(トコロテン頭です…)、たらさんのお蔭で、あの時の印象が蘇ってきました!

日野君の「内向き感」私も感じました。曲のせいもあるけど、不思議な雰囲気のあるロミオだなあ、と…。

前半の若手はそれぞれの個性が感じられて、特に昌磨くんの抜群の音感、表現力には改めて感服しました。

そして、本当に何なんでしょう、あの羽生君の主役オーラ…。
彼は、一体どこまで到達してしまうのでしょうか。これからも長く見つめていけると思うと嬉しいです(とにかく故障はしないで欲しい…)。

今シーズンも、たらさんの優しい目線のブログを楽しみにしております♪ご無理のない程度によろしくお願いいたします!
| ゆき | 2013/07/06 11:23 AM |
たらさん、こんにちわ。
 龍樹君二ついてはは「フィギュアスケートデイズ
vol.16」、ジュニア・ワールドの直後のインタビューを読んで感じたことです。
>今、ちょっと迷いがあって
>スケートを続けようかどうかすら、今はよくわからない状態なので
 こんな具合です。黙っていても目だってしまうイケメンくんなので、逆に自己主張が苦手になってしまったのでしょうか。
 この「デイズ」、すっごーくよかったんですよ。特に、去年の全日本でエッジが折れて演技できなかった堀之内選手はじめ卒業スケーターたちのインタビューには胸が熱くなりました。
フィギュアスケート愛が加速します(引用したお詫びに宣伝してみる・・・)

 ケビン、好調ですね。りんさんのあったかーい記事も読みました(アニおたの娘が感動しておりました)
 フィナーレのジャンプ大会(!)、4回転ループとか4T−3A−3Aとか、とんでもないことになった公演もあったようですが、スイッチの入ったスケーターさん達は手がつけられない(笑)
 なんだか騒がしいことになってしまった福岡のスケーターさんたちもそんなスイッチが入ってるんじゃないかと妄想してます。「リハーサルからトリハダ」ですって。あーんと口をあけて降ってくるレポを待っている私です。
 
| よのにょ | 2013/07/06 3:59 PM |
>ゆきさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、本当にシロート目線の感想しか書けず恐縮です。楽しんでいただけましたら嬉しいです。
羽生くんの「主役オーラ」は、やはりあの小さな会場で見ると、ものすごく伝わってきましたよね! 生観戦できる機会に恵まれて、ありがたいなあといつも思っています。
ソチイヤーの今季はできるだけ更新増やしていきたいと思っています(思ってはいるんですよ…)ので、これからもどうぞよろしくお願いしますね!
| たら | 2013/07/07 10:40 AM |
>よのにょさん、龍樹くん情報ありがとうございます。
そうですか、「スケートを続けようかどうか」と…。
これからシニアの世界に入っていけるのか、ちょっと自信を亡くしているのかな? 技術的にはとても優れていると思うので、あとは表現面と気持ちの持ち方だけだと思うんですけどねえ。自信を持ってほしいです! そして…「デイズ」買うことにします(笑)! どうもありがとうございました。
おお、お嬢さんもりんさんの記事をご覧になったんですね? それは何よりです!早くケビンの演技を見たいですね。
私も気持ちだけ福岡に飛んでいるクチです(笑)。町田くんもクワドを決めたとか!?
| たら | 2013/07/07 10:50 AM |
ハッピー・ニューシーズン!(遅ればせながら(^^;)
ドリーム・オン・アイスに行かれたのですね。
羨ましい〜
私は今夜のオンエアを楽しみにしております♪

たらさんの観戦記を読むと、織田選手、無良選手、羽生選手みんなますます磨きがかかっているようで、ソチの切符は一体誰の手に?
全員に行かせてあげたい!心からそう思うけど・・・
団体戦も、男子シングル団体、女子シングル団体とかあったらいいのに。

美姫ちゃんの出産は、びっくりでしたねぇ。
一瞬、目が点になりました。
でも、出産は病気やケガではないので、トレーニングを積めば、あっという間に元に戻ると思います。
世界女王にもなった美姫ちゃんだもの、ソチの有力候補ですよね。
| coco | 2013/07/07 11:02 AM |
おひさしぶりです!
が、毎回楽しみに読ませていただいております。
いつも、コメントに感心し、頼りにし、新しい視点を頂戴し、ますますフィギュアスケートが好きになっています。
あ〜とうとうシーズン突入なのですね。
オリンピック代表が、決まるまで,ハラハラ、ドキドキ・・・。
その前に、新プログラムが出揃うまで、ワクワクするような・・・。
みんなに、素敵なそれぞれの個性にあったプログラムで納得の行くシーズンを送って欲しいです。
その意味からすると、無良くんの新プログラム楽しみです。
今夜の放送見ちゃいます。

たらさん、お忙しいでしょうが、これからも、
どうぞ、よろしくお願いします。
| よこよこ | 2013/07/07 2:02 PM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
昨夜のBSは全選手放送でしたね! 改めてどの選手もパワーアップしていましたよねー。記事では書きませんでしたが、村上選手も本郷選手も素敵でした! 本当に男子も女子もソチのゆくえがわかりませんよね、ドキドキ…。
美姫ちゃん、出産から2〜3か月のこの時期にショーでこれだけの演技ができるということは、秋までに本来の状態まで戻せる可能性は十分あるのではないでしょうか。10月の関東ブロックが初戦と言われていますが…どんな仕上がりで登場してくるのか楽しみですね!
| たら | 2013/07/08 5:23 PM |
>よこよこさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、テクニカルに本当には弱いもので、あくまで「素敵〜」とか「好き〜」とかのレベルでしか語れず、本当に申し訳ありません。楽しんでいただけましたら嬉しいです。
無良くんの新SPはいかがだったでしょうか? よろしければご感想をお聞かせくださいね!
今週末は東京PIW、また新しいプログラム情報が出てきそう…かな!?
| たら | 2013/07/08 5:33 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/154
トラックバック