<< アーミン・マーバヌーザデー icenetwork引退インタビュー | main | アシュリーの帯同コーチ決定 +新プロ情報ちょこっと(パン&トン、羽生、ハンヤン) >>
ソチ五輪の選考基準が決定!〜2013-14国際競技会派遣選手選考基準
はい、また出遅れました〜(涙)。選考基準、出ましたね!
昨日6月19日、日本スケート連盟より、来季(2013-14)の国際大会についての選考基準が発表されました。長いですが、全文転載させていただきます。

原本へのリンクはこちら→http://www.skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/2013/130619_FS_senkokijun.pdf

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

平成 25 年 6 月 19 日 公益財団法人日本スケート連盟

「2013-2014 シーズン フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準」

国際大会への派遣選手選考は、以下の基準に基づき、強化部会が推薦し、フィギュア委員会で承認し、さらに理事会もしくは選考委員会で承認することによって決定する。


1. ジュニア・グランプリ・シリーズ選考方法

6 月に派遣選手選考会を開催して決定する。
2戦目は原則として、ファイナルに残る可能性のあるジュニアグランプリ1試合目の順位 4位以内の者を上位から選考する

2. 世界ジュニア選手権大会選考方法 (男女シングル共に 2 枠)

男女シングル選考
 全日本選手権終了時に、以下の基準で選考する。
  1 人目は全日本ジュニア選手権優勝者を選考し、フィギュア委員会へ推薦する。
  2 人目は以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して強化部で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。
  ・ 全日本ジュニア選手権 3 位以内の選手
  ・ ジュニア・グランプリ・ファイナルの日本人上位 3 名(参加が 3 名未満の場合はジュニア・グランプリ・シリーズのランキング上位 3 名)
  ・ 全日本選手権参加者のうちジュニア年齢で派遣希望のある上位 3 名
  ・ 全日本終了時点でのワールド・スタンディングのうちジュニア年齢で派遣希望のある上位 3 名
  ・ 最終選考会である全日本選手権への参加は必須である。
  ・ 最終選考会である全日本選手権までに ISU が定める当該年度の世界ジュニア選手権出場のためのミニマムポイントを獲得できていない場合は選考対象から除外する。
  ・ 候補選手となるには、当該年度のジュニアのショートプログラム課題で、十分な得点を獲得出来る実力を当該シーズンのいずれかの競技会で示していることが必要である。
  ※なお 2013 ユニバーシアードの成績は、考慮しない。

ペア、アイスダンスについては、上記によらず、国際的な競技力を考慮して決定する。


3. オリンピック代表選手選考方法 (男女シングル共に 3 枠、ペア、アイスダンスは予選結果により最大 1 枠)

男女シングル選考
 全日本選手権終了時に、オリンピック参加有資格者の中から、以下の選考方法で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。
  1 人目は全日本選手権優勝者を選考する。
  2 人目は、全日本 2 位、3 位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考を行う。
  3 人目は、△料考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位 3 名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位 3 名選手の中から選考を行う。

ペア、アイスダンス選考
 全日本優勝者と全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人最上位組、全日本選手権終了時点での ISU シーズンベストスコアの日本人最上位組の中から選考を行う。

 ※オリンピック参加有資格者とは
  ・オリンピックに参加できる年齢を満たしているもの
  ・全日本選手権時までに ISU が定める当該年度のオリンピック出場のためのミニマムポイントを獲得しているもの。
  ・最終選考会である全日本選手権に参加しているもの


4. オリンピック団体戦選手選考方法

男女シングル選考
 オリンピック代表選手として選考されたシングル選手の中から、オリンピック団体戦のショートプログラム滑走者とフリースケーティング滑走者を、以下の基準に沿って選考する。
 ・オリンピック団体戦 ショートプログラム滑走者
   全日本選手権終了時点の ISU シーズンベストスコア・ショートプログラム最上位者
 ・オリンピック団体戦 フリースケーティング滑走者
   全日本選手権終了時点の ISU シーズンベストスコア・フリースケーティング最上位者

但し、ISU シーズンベストスコア・ショートプログラム最上位者と、ISU シーズンベストスコア・フリースケーティング最上位者が同一選手だった場合は、フリースケーティング滑走者はISU シーズンベストスコア・フリースケーティング次点の選手とする。

ペア、アイスダンス選考
 個人競技の代表がそのまま選考される。


5. 世界選手権大会代表選手選考方法 (男女シングル 3 枠、ペア、アイスダンス各 1 枠)

男女シングル選考
 全日本選手権終了時に、以下の選考方法で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。
  1 人目は全日本選手権優勝者を選考する。
  2 人目は、全日本 2 位、3 位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考を行う。
  3人目は、△料考から漏れた選手と全日本4位〜6位の選手、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位 3 名、ISU シーズンベストスコアの日本人上位 3 名選手の中から選考を行う。

 ・尚、過去に世界選手権 3 位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記の選考対象に含まれなかった場合には、世界選手権時の状態を見通しつつ、選考の対象に加えることがある。

ペア、アイスダンス選考
 全日本優勝者と全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人最上位組、全日本選手権終了時点での ISU シーズンベストスコアの日本人最上位組の中から選考を行う。


6. 四大陸選手権大会選考方法

全日本選手権終了時に、以下の基準のいずれかを満たす者から総合的に判断して強化部で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。尚、選手の参加希望を事前にアンケートで確認し、ソチ・オリンピックの参加者の調整を最優先する。
  シニア・グランプリ・シリーズのランキング上位 6 名
  全日本選手権 10 位以内
  全日本終了時点でのワールド・スタンディング上位 6 名
  全日本選手権終了時点の ISU シーズンベストスコア日本人上位 6 名(組)

 ・最終選考会である全日本選手権への参加は必須である。
 ・最終選考会である全日本選手権までに ISU が定める当該年度の四大陸選手権出場のためのミニマムポイントを獲得できていない場合は選考対象から除外する。
・尚、過去に世界選手権6位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記の選考対象に含まれなかった場合には、四大陸選手権時の状態を見通しつつ、選考の対象に加えることがある。


7. ユニバーシアード選考方法
(男女共に 2 枠、アイスダンス 1 枠)

シングルに関しては7月末、アイスダンスは6月中旬に派遣選手選考会を開催して強化部で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。



8. その他の国際競技会派遣

ノービス国際競技会については、全日本ノービスの上位選手を選考対象とする。有望新人発掘合宿で選考する場合もある。ジュニア・シニア国際競技会については、事前に参加不可能な競技会を調査した上で、強化方針に従って、派遣先を強化部で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。これらの国際競技会に派遣する場合にはブロック選手権は免除対象として考えるが、東西選手権の免除対象とはしない。

ペア、アイスダンス及びシンクロについては、上記によらず、国際的な競技力を考慮して決定する。   以上

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何はともあれ、オリンピックの男女各3枠について」です。

まずは……全日本で優勝すれば即ソチ決定なんですね! 前回のバンクーバーでは、GPファイナルの日本人最上位者が一番先に決定でしたが、今回はもしファイナルで優勝しても即決定ではありません
2枠目は、∩監本の2位、3位と、GPファイナルの日本人最上位者の中から選考ということなので、「全日本2位でファイナル最上位」なら即ソチ決定、ということになりますね。
ただし、全日本で2、3位でも、もしファイナルで日本人上位でなければもつれることになります。その場合の選考基準がです。ではワールドランキングとシーズンベストスコアが絡んでくるので、やはりGPシリーズとファイナル、その他のシーズン前半の試合でポイントとスコアをかせいでおくことが大切になってきます。
…ということで、ざっくりまとめると、

「全日本で優勝すべし。全日本で表彰台を逃すと断然きつくなる。ただしGPシリーズ&ファイナルやB級も手を抜くな」

ということになり、ひえー!!! これはやっぱり超過酷なレースになりそう(-_-;)

また、今回初めて五輪種目となる団体戦」のポイントは、

・選手はやはり個人競技の代表から選ばれる。
・ショートとフリーをそれぞれ誰が滑るかは、シーズンベストで機械的に決まる

といったところでしょうか。ただ、日本が団体戦に出られるかどうかは、リード兄弟のB級大会での結果によって変わってくるので、これはまあ、今あれこれ言ってもしかたがないような気がします。

ソチ後にさいたまで開催される「世界選手権」のポイントは、

・選考基準はほぼオリンピックと同じだが、全日本4〜6位まで考慮される。
・そして、こんなただし書きも…「なお、過去に世界選手権 3 位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記の選考対象に含まれなかった場合には、選考の対象に加えることがある」…こ、これ、どの選手かを念頭に書いたものじゃないでしょうね!? ね!?

…ああ、見てるだけで胃が痛くなってしまいますね。この戦いに挑み、勝ち抜いていこうとする選手たちのタフさに頭が下がります。
今回の選考基準、みなさんはどう思われたでしょうか? よろしければぜひ感想などお聞かせください!


【追伸】 今季、復帰を宣言している安藤美姫選手についての記事も出ていました。リンクを貼るのみで申し訳ありませんが、こちらです。→時事ドットコム  msn産経ニュース

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2013-14シーズン | 01:12 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
長文アップお疲れ様です。
プロ野球がお休み中なので、若干暇をもてあまし気味なてっとーです。

昨日も少し触れましたが、団体戦…この基準を去年の成績にそのまま当てはめるとショート羽生&フリー高橋となりまして……団体戦の男子フリーと個人戦の男子ショートの間って四日間しかないんですよ。。。
個人的には、非常に申し訳ないけれど、リード姉弟頑張れとは言いにくい選考基準です(汗)

世選に付け加えられた怪我などに対する特別措置ですが、、、ソチ五輪ではバンクーバー五輪の時にあった「有力選手が故障で全日本を欠場した場合、選考対象に加える事がある」という条項がない(要は全日本に出れなかったらアウト)ようなので、それに対する救済措置かな?と。
| てっとー | 2013/06/20 5:55 PM |
 たらさんこんばんわ

 先日ファウル気味のコメを入れたので、ひっくり返ったらどうしようかと冷や汗ものでした(笑)
 
 初めてシーズン通して追いかけて、GPSは「前半戦」というのがよくわかったので、ファイナル一抜けをはずしたのは納得です。勝負に必要な一発力のある選手だけでなく安定感ある実力者をオリンピックに派遣したいということかなあ。どちらにしてもたらさんの言うとおり、日本選手のターゲットは全日本の表彰台!ですね。
 
 高難度プロでシーズン前半負け続けても優勝すればいい。GPFに残れなくても(ランキング上位選手と2戦ともガチンコとかハイレベルな勝負になって僅差で負けるとか)一試合高いスコアでまとめれば可能性十分アリ・・・でも、こんな後ろ向きの選手は一人もいないと思いますけど。
 気になるのはB級大会への派遣かな。直近のシーズンでも選手によってばらつきがありますよね。ワールドランキングは100ポイント以下でも違ってくるので優勝すればひっくりがえることもアリ。選考がもつれたときの影響は?
 
 「今からこんなんででどうするんだ〜!」というぐらいドキドキしてます。オリンピック行きの切符は3枚だけ。私は、誰が行けなくてもわんわん泣いてしまいそうです。
 
 たらさんの胃は大丈夫ですか?


 
 

  
 
| よのにょ | 2013/06/20 9:04 PM |
たらさん、こんばんは。

団体戦やめてよ〜って感じです。
リード姉弟がネーベルホルン杯で枠を獲得したとしても、
高橋・木原ペアがミニマムスコアをクリアしないと、団体戦は出られないんですよね。(リード姉弟はクリアしてます)
リード姉弟も高橋木原ペアもオリンピックに出てもらいたいけれど、団体戦を考えると複雑です。

世界選手権は来年の枠取りもあるから、世選メダリストは選考の対象があってもいいと思います。世選メダリスト(大ちゃん、ゆづ、小塚君)のうち二人出場してくれたら安心!

オリンピック男子シングルはうーーーっ考えたくない。
6強でゆづ以外の5人はオリンピック最後のチャンスですからね、年齢的には・・・。
| りょうしょうママ | 2013/06/20 9:44 PM |
こんばんは。3項目ありますが、五輪代表はほぼ全日本一発勝負で、台に乗った人で決まりそうな印象を受けました。
となると、徐々にギアを上げて、ピークは全日本に持っていく選手が多いのではと。
昨シーズンは体調管理やピーキングに苦労した選手が多かったので良かったのでは。でもプレッシャーがすごそうです。私なら間違いなく胃潰瘍になります。
年末が恐ろしいです(汗)

世界選手権の代表条件は、安藤さんのことも念頭にあるのかなぁとおもわず考えてしまいました。日本で開催ですし。去年試合に出れていたらなー。勿論、試合は何が起こるかわかりませんけどね。
| 三月 | 2013/06/21 9:19 PM |
連投すみません。世界選手権の代表条件のただし書きは、安藤さんにはあまり関係なかった。男子ですよね。
万全の体調管理でお願いします~
| 三月 | 2013/06/21 9:31 PM |
こんにちは。

オリンピックの選考基準も発表され、いよいよって感じですね。
の「ワールド・ランキング日本人上位 3 名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位 3 名」は、羽生選手、高橋選手、浅田選手が怪我や病気のために全日本の成績が悪かったときの救済措置のように思えます。
選手たちには怪我なく、思い残すことのないように戦ってほしいと思います。
男女アベックの金メダル、ぜひぜひ見てみたい!!!
| coco | 2013/06/22 12:34 AM |
>てっとーさん、コメントありがとうございます。
団体戦が個人戦のあとだったらこんなに悩ましくないんですけどねえ。確かに男子は苦しいですね。ロシア入りの日程にもかかわってきますし。
2011年ワールドで小塚くんが予選から銀メダルを獲得したように(あの年はジュニア・ワールドでも田中刑事くんが同じく予選から銀でしたね!)、シングル選手にとっていいウォームアップになるといいんですけど。
でも、1枠しかないロシアなどは全部ひとりでがんばらなくてはだめなんですよね。もしプルシェンコあたりが代表になったら……><
| たら | 2013/06/22 11:23 PM |
>よのにょさん、コメントありがとうございます。

>でも、こんな後ろ向きの選手は一人もいないと思いますけど。

前半戦で力を抜いても全日本で優勝すればいい…そんな甘いことを言える状況じゃないですもんね、男子も女子も。
気になるのは、オリンピックがほぼ確定的な各国のトップ選手たち(パトリック、フェルナンデス、デニス、コストナー、ヨナetc)がGPSをどう戦うのか。ファイナルを回避する選手が出てくるんでしょうか!?
B級への派遣…JOや各ブロック大会、アイスショーの日程もある中、どの選手がどの大会に出るのか気になりますね。
しかし、△之茲泙蕕梱でも選考がもつれにもつれて…ということになったら、本当に胃に穴が開きそうです!><
| たら | 2013/06/22 11:31 PM |
>りょうしょうママさん、コメントありがとうございます。
ああ、そうでした。成龍ペアのスコアの問題もあるんでしたね。
うーん、団体戦。個人的には、日本スケ連が団体戦に選手を出すと決めたからには、しっかり戦略をもって出してほしいと思っているんですが、難しいですよねえ。

>でゆづ以外の5人はオリンピック最後のチャンスですからね、年齢的には・・・

高橋くん、織田くん以外はまだ次もねらえるんじゃないかと私は思っているのですが、それでもソチに賭ける思いは強いでしょうね。ほんと、誰が落ちてもつらいだろうなあ…。
| たら | 2013/06/22 11:34 PM |
>三月さん、コメントありがとうございます。

>3項目ありますが、五輪代表はほぼ全日本一発勝負で、台に乗った人で決まりそうな印象を受けました。

私も同じ印象です。ただし「ほぼ」っていうところが微妙ですよね(^_^;)
選手にかかるプレッシャーはものすごいものがあると思います。そこに挑もうとしている、そのことだけで尊敬の念を抱いてしまいます。
世界選手権のただし書きの件ですが、オリンピックは怪我があっても容赦しないけど、その代わり落ちた選手は世界選手権で拾ってあげるかもしれませんよって言っている気がして…。いやいや、考えすぎですね。すみません(^_^;)
| たら | 2013/06/22 11:37 PM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
うっ…ずばり直球勝負な分析ですね(^_^;) この3選手が来季も優位を保てるのか、あるいは来季ぐんと上がってくる選手が出てくるかも!?

>男女アベックの金メダル、ぜひぜひ見てみたい!!!

見たいですねー!!! 各選手とも悔いのない戦いができますように!
| たら | 2013/06/22 11:39 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/152
トラックバック