<< 2013世界選手権 男子SP結果と動画 | main | パトリック、批判にこたえる。「僕は勝利に値した」 >>
2013世界選手権 男子フリー 日本ソチ五輪3枠決定!
あいからわず出遅れてばかりの当ブログです。今さら感たっぷりですが…男子の結果、出ましたね!







フリーのリザルトは→こちら  プロトコルは→こちら

もう動画やゆうべのテレビ放送を見られた方も多いと思うので、ごくごく個人的に印象的だった演技を少しだけ貼りつけたいと思います。(動画主さま、いつも本当にありがとうございます!)


滑り出したとたん、うわーやっぱり別格だなと、いつも思わされてしまう美しい滑り。最初の4T-3T、4Tが完璧に決まって、これは大差で3連覇決定ね!と思ったのですが……その後2回の転倒含め、ミスが続いてしまいました。この「ラ・ボエーム」、今季の男子のフリーで一番好きなプログラムだったんですが、ついにノーミスの完成形が見られなかったのが残念。これは来季、持ち越し決定でしょうか!? (あ、そういえばまだ国別がありましたね)


デニス、一世一代の演技でした!大舞台でショートとフリー両方でほぼノーミスというのは、すごいことですよね。最初のクワドの美しいこと!個人的には前半の振付がやや淡泊な気はするのですが、後半の盛り上がりがすごい。ジャンプもステップの一部のように跳んでしまうのがすばらしいです!みごとフリー1位。総合ではパトリックとわずか1.3点差の2位。後半の2Fが3Fなら優勝もありえたのが惜しかったけど、これまでGPメダルさえ持っていなかったデニスのこの飛躍はすばらしいです!カザフスタン初の選手権大会メダル、おめでとう!!


私の一番のハイライトでした。左ひざだけでなく、直前練習で右足首まで痛めて、満身創痍でのぞんだ、今季最後のフリー。渾身の演技でした!いやあ、すごい根性だよ!泣きましたよ!!・゜・(ノД`)・゜・
とにかく意地でもジャンプだけは跳ぼう、という気迫がすごかった。そのぶんステップは力強さがなく、得意のスピンもレベルを落とさざるをえなかったのでしょう。PCSはふだんほど出なかったけれど、とにかくもう「あっぱれ!」のひと言です。いや、ほんと、よくぞここまで……すばらしい4位でした!

*すっかり有名になったフランカさんとアリアンナさんの「オカン解説」。このイタリア語解説にさっそく翻訳をつけてくださった方が。ありがとうございますー。今回特にオカンモード高いですw http://www.nicovideo.jp/watch/sm20351655


クワド3本の攻めのプログラム。彼も膝を怪我していたんですよね。すばらしいメンタルでした。
見た目はミスが少なく見えたんですけどねぇ、回転不足とエッジエラーをたくさん取られ、思ったほど技術点を伸ばせず、フリーでは7位でした。でも今季のケビンくん、上半身をめいっぱい使ったしなやかな動きで、見違えるほど素敵な演技になりましたよね。このプログラム、品があるのに情熱的ですばらしいです!(宮本賢二さん、こんなプロをぜひ日本選手にも!お願いしますよ〜泣) みごと5位入賞、おめでとう!ソチへ向けてどこまで強くなるのか、来季楽しみです。


でっかい「無良クワド」をカナダのお客さんに見せつけられなかったのが残念!でしたが、それ以外はほぼノーミスのすばらしい演技でした。静と動のあるドラマチックなプログラムは、お客さんにもすごくウケてましたよね。最後まで力強く演じ切って(欲を言えば、こんなすごい演技だったのだから、最後もっと喜んで!と思ってしまうのですが。ジャッジアピール大切!)、みごと総合で8位! 直前にツイッターで「男子みんなで頑張ってきます!いざ!勝負!」とツイ。3枠を勝ち取らなきゃ!という意気込みを、みごと実現してくれました!ありがと〜!!


今回は全体に、ミスの多い選手が多いフリーになってしまいました。枠取りのプレッシャーや、プレ五輪シーズンの疲れとかもあったのかもしれません。特に、特に、大輔さん。おそらくキャリア最後のワールドだったのに、残念でした…・゜・(ノД`)・゜・
結果だけ見ると、やっぱり全日本のあとショートを変えたのが大きな負担になってしまったのかな。やっぱり最初から自分で納得できるプログラムを得ることが大切なんだなあと、つくづく思います。いいプログラムとジャンプさえそろえばまったく問題ないと思うので、来季に向けてじっくり頑張ってほしい!

*そのほかの主だった選手の動画はこちらの方があげてくださってます。


(写真はdaylifeより)

JUGEMテーマ:フィギュアスケート

カテゴリ:2012-13シーズン | 04:56 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん、こんにちはヽ(^0^)ノ
ケビン選手も膝を怪我していたのですね。
選手生命を考えると、クワドの回数制限をした方がいいのではないかと思ってしまいます。
ショート1回、フリー2回までとか。
故障せずに、長く演技を続けてほしいから。

日本女子も3枠獲得しましたね (´∀`)

男子も女子も若い世代が台頭。
その一方、男子では高橋選手やジュベール選手、女子では鈴木選手やレオノワ選手などベテラン勢が厳しい結果に。
こうやって勢力地図が塗り変わっていくのですね。
わかっていても、寂しいですね。
| coco | 2013/03/17 12:21 PM |
たらさん、

こんにちわ。2回目のコメントです。
羽生選手、去年の世界選手権といい何かすごいもの感じさせる選手です(表現が上手くできずすいません)。冷静にFPを見ると後半は途中で倒れてしまうんではといった感じはしましたが、まだ若いですしゆっくりと静養して来季に備えて欲しいなぁと心から思いました。本当に楽しみな選手です。

デニステン選手、感動しました。ジャンプはもちろん、スケートが好きなんだなということが伝わってきて、清々しい気持ちになりました。

ソチオリンピック、今から本当に楽しみですね。
たらさんのブログも楽しみにしています。

P.S.個人的にはブライアンオーサーコーチが羽生選手の演技中、片足をピンと上げていたのが面白くてはまってしまいました。

| メリー | 2013/03/17 1:47 PM |
 たらさんこんにちわ 自分の流した涙の河に押し流されて、ようやく這い上がってまいりました(*´∀`*)
 デニスいろんな意味で良かった。上位陣あれだけ崩れる中(乱暴な言い方でごめんなさい)美しいフィギュアスケートを見せてくれました。実は今まで、録画しておいても「あ、テンくんね」とさっくり消去していた選手でした(ホントにゴメンナサイ)ジャッジスコアを見ると、基礎点決して高くない。それを丁寧に確実に実力どうりやり遂げてGOEを稼いで(3Fー2T後半なら基礎点7、26だから余裕で優勝〜)
 選手にもお客さんにも負担のかかるクワド競争(失敗ジャンプやうなだれる選手の姿を見せられるのはツライ)に一石を投じた・・・としてもこのオトコどもは跳ぼうとするのをやめないんだろうなあ。あ、無良くんは跳んでもいいです。たらさんの言うとおり、力強くって惚れ惚れしました。
 
 
| 与作の女房 | 2013/03/17 3:59 PM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
ケビンくんは四大陸後の練習で膝が痛めていたらしいです。ワールドの時には回復していたそうですが。
本格的にクワド時代に突入して、本当に選手生命が心配になりますよね。最近はジュニアでも跳び始めているから、将来影響が出ないことを祈るばかり…。
女子は若い世代も出てきたけれど、今回のトップ3は懐かしの顔ぶれでしたね。あらためて強いなあ。高橋、ジュベ、あっこちゃん、レオノワにも、来季盛り返してほしい!今後、ソチまで勢力地図がどうなっていくのか、楽しみですね。
| たら | 2013/03/18 3:53 PM |
>メリーさん、コメントありがとうございます。
確かに羽生くんのフリーの終盤はもうヘロヘロでしたよね。あの、逆境になればなるほど力を発揮する強さは尋常じゃないです。だけどそれだけに、くれぐれも無理しないでほしい!と心から思います。
PS オーサーのリンクサイドスパイラル(笑)ですね?きっと頭の中で一緒に滑っているんでしょうね。
| たら | 2013/03/18 4:05 PM |
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
涙の河…大丈夫ですか? ほんと、悲喜こもごもいろいろありましたよね〜。
デニスの銀メダルにはいろいろ考えさせられましたよね。クワド複数よりもクワド1本にしてプログラムの完成度で勝負したほうがいいのか。とはいえ、もしもクワド複数の選手たちにもっとミスが少なかったら、今回デニスは銀に届かなかった可能性もあるわけで…。今後はクワドを増やす選手がいる一方、あえて確実に1つだけにする選手もいるかもしれませんね。
無良くんやハビエル、ケビン、アーロンくんあたりにはガンガン跳んでほしいですけどね!
| たら | 2013/03/18 4:23 PM |
こんにちは。

凄い試合でしたね。

日本選手の応援で精一杯でしたが、海外では採点システムについての議論で盛り上がった試合でもありました。Tony Wheelerさんの記事がなかなか良かったです。現行ルールだと、自分が採点してもチャン選手が総合優勝になる、と述べた上で、ルールの改正案を示していました。

ソチ後にでもまた大きな改正があるといいなと思っています。
| Tiffany | 2013/03/18 11:17 PM |
>Tiffanyさん、コメントありがとうございます。
海外では議論沸騰してましたよね。対して日本ではそれほどでもなかったのは(女子のほうではいろいろあるようですけどね…)なぜなんでしょうね?
トニー氏の記事はあまりにも長くて途中で挫折してました(^_^;) なるほど建設的な記事だったんですね。今度がんばって読んでみたいと思います。
| たら | 2013/03/19 12:38 PM |
そうですね。少し長いですが、読みやすく、分かりやすかったです。コメント欄も読んでいて面白かったですね。ジャッジが悪い、ルールが悪い、連盟が悪い、ライバル選手が悪い、大いなる不正の犠牲者として戦っている選手が可哀想、といったルサンチマンの百万倍くらい建設的な記事だと思います。
| Tiffany | 2013/03/20 1:50 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/136
トラックバック