<< PJクォン、ジェニー、デイブのPodcast 「2013世界選手権 男子予想」 | main | オーサー組のフェルナンデス、羽生…チャンに対抗できるか!? >>
あの日から2年。
今日は3月11日。たくさんの方が犠牲になり、家族や友人を亡くされたあの日から2年になります。

あの震災のあと、ローリー・ニコルが浅田真央さんに振付けた、2011-12シーズンのEX「ジュピター」。
真央さんの全身から発せられる、深い鎮魂の思いと祈り。ドラマチックな動きも大げさな表情も一切ないのに、スケーティングの美しさだけで、ものすごくいろいろな感情が表現されている気がします。
その年の暮れ、真央さんがお母様を亡くされたことともあいまって、このEXは私にとって、ものすごく特別なプログラムになっているんです。(いや、きっと多くのフィギュアファンにとって、でしょうね)


「ジュピター(I Vow to Thee My Country)」 歌:リベラ 振付:ローリー・ニコル 


この「I Vow to Thee My Country」という歌はもともと、イギリスの外交官が第一次大戦のさなかに作った詩で、1番では祖国への忠誠心、2番では理想の国家について書かれているのだそうです。この詩、重々しい言葉が多くてちょっぴり難しいのですが、私なりに訳してみました。

"I vow to thee, my country" (私は誓う、わが祖国に)

I vow to thee, my country, all earthly things above,
Entire and whole and perfect, the service of my love;
The love that asks no question, the love that stands the test,
That lays upon the altar the dearest and the best;
The love that never falters, the love that pays the price,
The love that makes undaunted the final sacrifice.

祖国よ、この世の何よりもあなたに、私は誓う、
完全無欠にして完璧なる祖国よ、あなたに私の愛をささげることを。
何の疑問を持つこともない愛、試練に耐える愛、
神や最愛の人々、最良の者たちに差し向ける愛を。
ゆらぐことのない愛、代償を払う愛、
最後の犠牲を払うことをいとわない愛を。

And there's another country, I've heard of long ago,
Most dear to them that love her, most great to them that know;
We may not count her armies, we may not see her King;
Her fortress is a faithful heart, her pride is suffering;
And soul by soul and silently her shining bounds increase,
And her ways are ways of gentleness, and all her paths are peace.

そして昔、私は聞いた、ほかにもうひとつあるという国のことを。
その国を愛する者にとっては最もいとしく、その国を知る者にとっては最も偉大な国。
その国には軍隊もなく王もいないだろう。
誠実なる心こそがその国の砦、苦難に耐えることこそがその国の誇り。
そして、その光り輝く国境はひとつの魂から次の魂へと静かに広がり、
その国の道という道は、穏やかさと平和に満ちているのだと。



――亡くなった方の魂があの世で救われますように。親しい人を亡くなされた方の悲しみがいつか癒えますように。被災地の復興が進みますように。そして、今現在、復興や原発事故の処理にあたられている方々に、心から感謝したいと思います。


JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:浅田真央 | 07:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たら様

あのときは、こんなに穏やかな日々がくるとは思えませんでした。
真央ちゃんは祈りを込めてこの歌詞に乗って滑っていたのですね。
風化させてはいけませんね。忘れる事なくいなければ。
まだまだ、重い現実と闘い続けているのですものね。
歌詞がわかると、真央ちゃんの演技からストレートに強い思いが伝わってきます。
ありがとうございました。


| よこよこ | 2013/03/12 8:23 PM |
>よこよこさん、コメントありがとうございます。
そうですね、被災地から遠く離れていると、震災はもう過去のできごとのように思いがちですけど、現実はそうではないんですもんね。
拙訳呼んでいただきありがとうございました。
真央ちゃん、強い思いが伝わる演技ですね。ほんとにすばらしいスケーターですよね…
| たら | 2013/03/13 2:01 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/133
トラックバック