<< パトリック・チャン、デトロイトから世界選手権へ icenetworkインタビュー | main | あの日から2年。 >>
PJクォン、ジェニー、デイブのPodcast 「2013世界選手権 男子予想」
結局ジュニアワールド記事の更新もできないまま、シニアのワールドまであと1週間になってしまいました…orz。
2013年世界選手権 at カナダ・ロンドン。正式には10日開幕ですが、競技が始まるのは日本時間でホワイトデーの3月14日から。くぅ〜、いよいよ迫ってきましたね。
そんなときに、今回も出ましたよ、PJクォンさんのメダル予想!!

アメリカの元女子選手のジェニファー・カークさん。以前、拒食症と自傷癖に苦しんだ壮絶な過去を告白し、当ブログでも記事にさせてもらった方ですが(→前編後編)、このジェニファーさんが最近、デイブ・リースさんというアメリカ人ブロガーと2人で、"The Skating Lesson Podcast" というビデオブログをやっているんですね。今回はそのゲストとして、PJさんが登場。ワールド男子のメダル候補者について、3人でガンガン話し合っているのがこちらの動画です。



例によって無謀にも聞き取りにトライしてしまいました。あくまで私が聞き取れた範囲ですので、訳しもれ、訳しミスは多々あるかと思います。また、少々はしょっている部分もありますので、そのへんご了承の上でお楽しみいただけたら幸いです! ただし、かーなーり長いです。
(もしミスを見つけられた方はぜひぜひご指摘くださ〜い。お願いします<(_ _)>)

ジェ:ジェニファー・カーク(アメリカの元シングル選手、世界選手権に3度出場)
:デイブ・リース ("Aunt Joyce's Ice Cream Stand"というブログを書いているアメリカ人ブロガーで、シニアスケーターでもある)
:PJクォン(カナダ人フィギュアジャーナリスト、CBC解説者)


「2013年ロンドンワールド 男子メダル予想 ~The Skating Lesson Podast

デ:去年のワールドはブーイングで幕を閉じたよね。パトリック・チャンのファンと高橋大輔ファンが、結果をめぐってアツくなっていた。今年はそのリマッチになりそうな感じもあるからすごくエキサイティングだね。今年のパトリックの勝機についてはどう思う?

P:今季の彼は確かに絶好調ではないわね。今年は誰が勝つか、コーチルームでもよく話題になるんだけど、おそらくロシアが優勝するであろうペア以外は、みんなまったく予想が立たないわ。今季の状態や試合結果からすると、私の予想はハビエル優勝。パトリックは表彰台には乗るでしょうけど。…それから去年の話だけど、私はブーイングには賛成できないわ。聞いた話では全日本で羽生が優勝したときにも、同じような手合いがブーイングしたらしいけど、それは適切なことだとは思わないわ。

ジェ:バスケやサッカーの試合ではファンがブーイングするのは普通よね。フィギュアではどう違うのかしら?

P:バスケやサッカーでは大金を稼いでいる選手が相手だし、チームスポーツでしょ。20歳の若者がたったひとりでやる競技と同じとは言えないわ。意見を戦わせることはとてもいいことだけど、ブーイングはよくないと思う。

デ:ファンは熱くなるあまり選手に批難を向けがちだけど、ブーイングの対象になる人がいるとしたら、試合結果をわかりにくくしているジャッジだと思うな。ファンが新ルールにまだなじみきっていないということもあるだろう。去年のチャンは、シーズン中ずっと、必ずしもクリーンな(ノーミスの)演技ではないのに勝ち続けていた。ルールに従えば、ノーミスでなくてもジャッジは高く評価するようだね。クリーンな演技についてはどう思う? ノーミスの選手が勝つべきかな?

P:選手はみんなクリーンな演技を目指しているでしょうけど、選手が完ぺきにクリーンに滑れることは、キャリア中で片手で数えられるほどしかないって聞いたことがあるわ。転倒がないと一見クリーンに見えるけど、選手はそれが自分の理想の演技かどうかはよくわかっているものよ。(ここで今の採点システムについての話)…話を戻すと、私はクリーンな演技が好きよ。でもそれ以上に、いい演技が好きなの。質のいい振付、コンセプト、衣装――この「3C」がすべてマッチしたいいプログラムが見たいのよ。

ジェ:パトリックの話に戻ると、去年のワールド後にコーチを変更して以来、安定感に問題をかかえているわよね。彼が勝つためには何が必要なのかしら?

P:とびきりすばらしい演技をする必要があるわね。彼は2週間前からデトロイトで練習してるわ。コーチと一緒にカルガリーにも行った。そういうペースの変化が、彼に有効に働くんじゃないかしら。でもメダル候補は8人ほどもいるのだから、彼的にベストな演技をしないとだめでしょうね。彼はだいたいシーズン前半より後半にあげてくるタイプだから、どうなるか楽しみね。

デ:チャンは昨シーズン、カナダナショナルと四大陸ですばらしい演技をしたよね。今年はワールドのために四大陸は欠場している。どういう結果になるにせよ、それはコーチ変更の結果ということになるだろう。彼自身が自分の何かを変えたいと思ってダンスの専門家をコーチにしたわけだからね。

ジェ:私も、ここぞというところでパトリックが完ぺきな演技ができるかどうか気になるわ。カナダ開催のワールドだから、プレッシャーはすごいでしょうね。要素的には世界最高の選手なんだと思うけど、私にとっては安定感のなさのせいで「世界一のスケーター」と呼ぶところまでは行っていないのよ。一方の高橋大輔は、四大陸ではいまひとつだったわよね。彼についてはどう思う?

P:すばらしい若者よ。驚くべき選手。でも今季についてはよくわからないわ。グランプリファイナルですばらしい演技をしたと思ったら、四大陸ではかなり悪かった。でも彼が弱くなったとはまったく思わない。彼の場合も、ここ一番という大会でいい演技ができるかどうかにかかっていると思うわ。だから今回の男子はとてもエキサイティングなのよね。上位候補の選手がたくさんいるんだもの。たとえばマックス・アーロン。四大陸ではショートで10位だったけど、フリーは2位で、総合4位になった。すごいわよね。

ジェ:マックスは芸術面でワールドで表彰台に乗るだけのものを持っていると思う? 彼のスケートの長所と短所は?

P:長所はもちろんジャンプね、それとスピード。彼はまだ発展途上の選手だと思うけど、これからどんどん洗練されてくるポテンシャルは絶対にあると思う。今回メダルに届くかと言えばノーでしょうけど、ミハル・ブレジナも2年ほど前はそんな感じだったから。

デ:マックスはアメリカのエルビス・ストイコだね。ジャンプで観客を沸かせることができる。ジャンプさえ決めればコンポーネンツもついてくるだろう。高橋は今現在、世界最高のアーチストだと思っている。パトリックのプログラムはいい振付だけど、パトリックには高橋やバトル、ランビエールのような芸術性は感じないんだ。もっとアスリートタイプだね。チャンも振付的によくなっていると思うけど、がんばって身につけたものであって、高橋ような天性のものではない。そこがPCSの面でファンが不満に感じるところなんだろうね。でも僕は、高橋の体が心配なんだ。2009年のひざの怪我以降、技術的には最強ではなくなっていると感じるんだ。もしハビエルやパトリックがベストの演技をしたら、もちろん高橋なら驚くべき演技を見せてくれるだろうけど、きついかもしれない。彼にはいい演技をしてほしいけど、今年はトップに行くかどうかわからない気がしてるんだ。

P:ジェニー、あなたならよく知ってるわよね、ジャンプはひざに多大な負担をかけるのよね。
ジェ:ええ、それに高橋はトリプルアクセルでユニークな技術を持っているわ。テイクオフのときエッジをキープして、その後エッジをくるりと回すの。左ひざに大きな負担がかかる跳び方のように見えるわ。そのためにジャンプ自体もちょっと揺れてしまうし。そうね、彼にはクエスチョンマークがあるわね。四大陸といえば、ケビン・レイノルズがすばらしかったわ。ワールド前のちょうどいいタイミングで、自分の存在を誇示することができた。彼についてはどう思う?(ケビンの名前が出たとたん、大よろこびしているPJさん)

P:ケビンを見るとマックス・アーロンを連想するの。ケビンはコンポーネンツを向上させようと、とても努力してきた。自分を成長させ、お客さんに見せる演技をすることをね。彼はとても優しい話し方をする、シャイで静かで、きわめて理知的な青年よ。彼がやってきた努力、そして芸術性と音楽性を身につけてきたことを考えたら、この成績は十分見合っていると思うわ。ワールドに関しては、去年ケビンの活躍があったから今年カナダは3枠獲得できたのよね。今年のワールドでは、最終グループは無理にしてもトップ10に入れると思う。でも、何度も言っていることだけど、ショートがいいからといって必ずしも勝つことはできないけれど、ショートが悪ければ負けてしまうの。もしもマックスがショートでもうちょっとよければ、四大陸チャンピオンになってたかもしれないのよ。(ここでデイブさんが、えっという顔をする)あらら、デイブ、何か言いたそうね。

デ:僕はアメリカ人だけど、マックスが四大陸チャンピオンにふさわしいとは思わないな! 彼がフリーで躍進したのは、上位の選手がミスをしたおかげだよね。みんながベストの演技をしていたら、マックスはまだかなわないと思うな。ケビンはマックスよりコンポーネンツの面ですぐれていると思うけど。

P:そうね、ケビンもショートは6位だったから、アーロンもケビンもショートはよくなかったわね。特に世界選手権では誰が上位にきてもおかしくない。だからみんな、ショートでがんばらないとだめなのよ。

デ:カナダで練習していると言えば、羽生結弦だね。2010年にジュニア王者になって、今季はジェフ振付のすばらしいショートを得て、次世代のチャンピオンになろうと躍進している。でも今季はまだ、プログラムですべてをまとめあげることはできていないように見えるんだ。ワールドではそれができると思う? ブライアン・オーサーはここにピークを持ってこれるだろうか? それとも、まだそこまでは至らない?

P:おそらくその両方ね。オーサーは頭のいいコーチだから。選手がどんなことを経験していくのか、それが選手の力を最大限引き出すのにどう役立つか、彼はとてもよくわかっていると思うわ。結弦はとても若いわね。初めて母国を離れて、いろんなことを体験してる。彼は人を喜ばせようとすごく努力する選手だと思うの。でも、人を喜ばせようとすることは、必ずしも自分が望むような練習ができることと同じとは限らないわ、言ってる意味わかるかしら? ワールドでどうなるか見るのは楽しみよ。でも、不完全だった四大陸から100%万全な状態に戻しているかどうかは、さだかではないわね。でも、できる可能性はあると思う。私は彼の演技にもっと力強さというか、パーソナリティーが欲しい気がするの。見ていてすばらしい選手ではあるけど、スケーターとして心に残る記憶を作り出してほしいのよ。わかるかしら? ジェニー、私の心にはあなたがどんなスケーターだったか、その姿が残っているわ。あとで振り返って、ああ、あの選手ね、という記憶を作ってほしいのよ。彼はまだそこには至っていない。美しいスケーターだけど、まだ道半ばだと思うの。ふたりはどう思う?

ジェ:同意だわ。今季の羽生のショートはとても強いわよね。明らかに技術点な面で…クワドの着氷での完璧なひざの曲げ方とかね。でもフリーのほうはちょっと弱いわ。(←このへんあやふやです、すみません…)デイブも四大陸のとき、フリーはちょっと平凡だったって言ってたわよね。でも今度のワールドに関しては、もしショートとフリーでクリーンな演技ができたら、優勝はないと思うけど、銀か銅は余裕で取れるんじゃないかと思うわ。

デ:彼は今季、ショートでは高得点をあげ続けているよね。もし今度もショートでクリーンだったら、1位でフリーにのぞむことになるだろう。問題は彼がワールドという場でも、ショート1位というプレッシャーに対処できるかどうかだね。今季の結果からすると彼がショートで好発進するのは確かだろうと思うけど、そのあとの力はまだないんじゃないかな。イリヤ・クーリックは1997年には苦労したけど、翌年には力を発揮しただろう?(クーリックは97年ワールドで5位、翌年の長野五輪で金メダル) 羽生にはイリヤの姿が重なるんだ。今年は彼が本当に強くなる前の年、という感じがするね。

P:2人に賛成よ。今度の男子では、誰もが追われるほうではなく追うほうでいたいと思ってるでしょうね。だから全員、ショートで2位につけておきたいと思ってるんじゃないかしら。じゃあ、総合でタイトルを取るのは誰だと思う?

ジェ:私の予想は、個人的に大ファンなんだけど、ハビエル・フェルナンデスよ! 彼のフリーが大好きなの。パーソナリティーがとてもよく出ていて。ショートは確かにあまり強くないわ。スピンはもっと早いほうがいいし、姿勢もよくしたほうがいい。ちょっと前かがみなのよね。でも、なんといってもフリーのクワドはすごいし、PJがさっき言った記憶の話ね。彼のフリーはとてもキャラクターが出ていて、印象深いプログラムだと思う。もっと洗練される必要はあるけれど、もし彼がショートとフリーでクリーンだったら、彼が勝つと思うわ。

デ:僕も彼はやってくれると思う。彼は羽生と一緒に練習してるだろ? 以前はそれほどいい練習環境ではなかったと聞いたけど、今はオーサーのもとにいて、羽生がリンクメイトだ。毎日トップ選手と厳しい練習ができるのはすごくモチベーションになると思うよ。以前はアモディオと一緒だったけど、羽生が相手だとテンションが違うんじゃないかな。プログラムについて言えば、チャップリンは彼にとてもよく合っているね。個人的には特に傑出したプロだとは思わないんだけど。彼は芸術面ではそれほどでもないが、プレゼンテーションという面ではすばらしい。今回のワールドは彼の番だと思うよ。クワドも安定感があるし。今年、オーサーの元からまたワールドチャンピオンが生まれると思っているよ。

ジェ:アモーディオの話が出たけど、彼についてはどう思う?(PJがため息をつく)ため息だけ?(笑)

P:私はナンセンスが嫌いなの。ステップの前のフィギュア・スタンディング(立ち止まって踊ることを指しているんだと思われますw)を見ると本当に腹が立つのよ。彼はラインの美しい、すばらしいスケーターだと思うわ。彼には本当にすばらしいプログラムを滑ってほしいわね。おしまい!…本当に残念なのよ。いいプログラムさえ手にすればトップを脅かせる力のある選手なのに。

デ:彼は楽しいし、フィジカル的にも優れている。でも以前、ワールドで歌詞つきのプログラムを滑った、あのことをどうしても考えてしまうんだ。ちょっと集中を欠いているんじゃないかな。去年の夏は俳優の仕事もやっていたよね、本当にチャンピオンになれるメンタリティーがあるのかどうか、疑ってしまうんだ。演技中の立ち止まりについては、あれをやっている間はトップ5には行けないんじゃないかと思う。

ジェ:集中の話が出たけど、アモーディオはヨーロッパ選手権で美しい2本のクワドを決めたのに、2本目をコンビネーションにするのを忘れたわよね。何を考えてるのって思うわ! シングルトゥでもダブルトゥでもつけなさいよ! それだけ集中力を欠いているってことなのかなと思うわ。じゃあ、最後にトップ3の予想をお願いします。

P:私は、.侫Д襯淵鵐妊后↓羽生、チャン。

デ:.侫Д襯淵鵐妊后↓▲船礇鵝↓1生。そして僕はチャンが来季どうするか興味がある。できればクラールコーチのもとに戻ってほしいね。

ジェ:私も同じく、.侫Д襯淵鵐妊后↓▲船礇鵝↓1生。この3人が最も安定感があるように思えるから。じゃあ、来週どうなるか楽しみにしましょ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

まとめると、3人がここであげている有力選手は、チャン、高橋、フェルナンデス、羽生、アーロン、レイノルズ、アモーディオの7人。そして、それぞれのメダル予想は…

PJクォン        .侫Д襯淵鵐妊后↓羽生、チャン
ジェニファー・カーク  .侫Д襯淵鵐妊后↓▲船礇鵝↓1生
デイブ・リース     .侫Д襯淵鵐妊后↓▲船礇鵝↓1生


さてさて、ふーむ、どうなんでしょっ!!??

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:2012-13シーズン | 11:51 | comments(34) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たら様
初めまして。pinaと申します。
初めてコメントさせていただきます。
男子シングルの選手はみんな好きですが、中でも羽生選手を
応援しています。こちらの予想動画。順位予想は別として、
お三方がとても熱く語ってらっしゃいますので話の内容は
気になっておりました。
羽生選手への言及以外の部分も大変興味深く読ませていただきました。
翻訳、文字起こししてくださってありがとうございます。
早口でのトーク。大変でしたよね。
本当にどうもありがとうございました。

| pina | 2013/03/07 3:01 PM |
こんにちは!
今回も聞き取り訳をありがとうございます。

カナダ・アメリカの専門家たちは、いつも熱いですね〜
彼らが混戦の男子シングルと個性的な選手たちのメダル争いを
思いっきり楽しんでいる様子がよく伝わってきます。
技術的なことは、私にはわかりませんが、選手に対する印象など
そんなに違わないなぁ、という部分も面白かったです。
日本の元スケーター達も、こんなふうに自由に熱く語ってくれたらいいのに!
| aoi | 2013/03/07 3:24 PM |
うわ〜、ありがとうございます!!!。今夜の楽しみができました。私の予想は、ハビー1、パトリック2、3位はゆづ・ケヴィン・アモ君・ミハルさん・高橋選手の誰が来てもあり、ダークホースでアーロン・・・あ、予想と期待は別ですからね(汗)
 パトリックも、じっくり立て直して3連覇に燃えているようですが、フェルナンデス選手の調整が非常にうまくいっているように見えません?
| 与作の女房 | 2013/03/07 6:00 PM |
長が〜〜〜い、ヒヤリング&翻訳をありがとう!
>もしミスを見つけられた方はぜひぜひご指摘くださ〜い。
羽生がリンクメイクだ→羽生がリンクメイトだ
羽生くんが一生懸命製氷している姿を思い浮かべてしまった(´∀`)
確かに四大陸では大ちゃんの調子がよくなかったけど、でも、勝負は水もの。
あっこちゃんも四大陸直前の国体はボロボロだったけど、四大陸で立て直してきたし、大ちゃんならきっとやってくれる!
大ちゃんとゆずで金銀を争ってほしいな♪
期待を込めて。
| coco | 2013/03/07 6:33 PM |
たら様
いつも翻訳をどうもありがとうございます。初めてお邪魔します。
3名のうちの一人があのジェニファー・カークさんだったんですね。
以前記事を拝見してその壮絶さに、その後どうしてるのか気になっていたのですが
このようにお元気にフィギュアにかかわっているようなのでなんだかホッとしました〜(^-^)

選手個人のについてのコメントがみなさんズバッと本音で面白い。
どれもそうそう、と頷いてしまいました。男子シングル本当にエキサイティングそうで今からワクワクしますね
| yomie | 2013/03/07 6:50 PM |
こんにちは! ご紹介ありがとうございます。
PJさんの羽生選手についての所で、 "please(動詞)"の意味は人を楽しませるというよりは、to act to the satisfaction of .... とか to be agreeable とかの意味のような気がします。その後、health が...とも言っているので。違ったらごめんなさい。
過去記事のナンソン選手との会話や(たらさん、めっちゃハイテンションで読んでいて思わず笑顔になりました♪)、チャン選手の記事のご紹介も有難うございました。
| Tiffany | 2013/03/07 8:41 PM |
わぁい!ありがとうございます!
ちょっとこのエントリをブログで紹介させてもらいました。事後承諾ですみません。でも殆ど誰も訪れないので許してください。

自分の願望と皆様の優勝予想が一致したのでちょっと動揺(なぜ?)。そして表彰台圏内から外れると予想した羽生くんにみんなが表彰大予想をしたことでまた動揺(だからなぜ?^^;)
それとアーロンくんへのウォンの入れ込みにちょっとびっくり。自分がアーロンくん認めていなかったので反省しました、はい。人の意見はいろいろ聞くべきですね。

世界選手権までみんなでモチベーションあげていきましょう〜〜〜!
| bujino | 2013/03/07 9:20 PM |
>pinaさん、はじめまして&コメントありがとうございます。
ほんとに熱いトークですよねえ。
皆さんどんどん早口になっていくので(ネイティブさんにとってはナチュラルスピードなんでしょうけど)私の耳では追いつかないところもありまして…申し訳ないです(^_^;)
これからもよろしければご訪問、コメントいただけたらうれしいです!
| たら | 2013/03/08 6:39 AM |
>aoiさん、コメントありがとうございます。
「選手に対する印象などそんなに違わないなぁ、という部分も面白かったです」
あ、そうですよね。個人的にはアモーディオ選手の「立ち止まり」についてのコメントにすごく共感しました。…とはいえ、ここまでずばずば言うというのは、日本ではまずありえませんよね(^_^;)
でも、基本的にスケート愛、スケーター愛があるから言えるんだろうなあという気がすごくします。
| たら | 2013/03/08 6:46 AM |
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
ほお、女房さんの予想もハビ優勝ですか?
まあ、今季すごく安定感があるし、ユーロがすばらしかったし、何よりフリープログラムが人気が高いのは強いですよね!
私も何となくハビ君がくるような気がしないでもないようなあるような…どっちやねんw
| たら | 2013/03/08 6:52 AM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
うわっ、「リンクメイク」じゃ製氷になっちゃいますよね。(以前、羽生くんが氷を直している写真があったのを思い出しましたよ!)ご指摘ありがとうございます。ソッコーで訂正させていただきました。
はい、勝負というものを一番知っているのは大ちゃんだと思うので、ガツンと見せつけてやってほしいなと思います。
もちろん、羽生くんも。そして、無良くんもやったれ!
| たら | 2013/03/08 6:58 AM |
>yomieさん、はじめまして&コメントありがとうございます。
以前の記事も読んでいただいていたのですね!そう、あのジェニーさんなんです。私もホッとしましたよ!
今はジャーナリストとして、フィギュアについて積極的に発信していこうとされているみたいなので、うれしいですよね。あとは少々ゆっくりしゃべっていただけると助かるのですが(^_^;)
ワールド男子、本当に楽しみですよね!
| たら | 2013/03/08 7:06 AM |
>さすがTiffanyさん、痛いところを…(^_^;)
そうなんですよ、ここは一番悩んだところでして…。
"try hard to please" よく「愛想よくしようとする、感じよくしようとする」という意味で言いますよね? スケーターが「愛想よくする、感じよくする」とは何ぞや、と考えて、「人を楽しませる」としてしまったわけですが、ちょっと飛躍しすぎだったでしょうか。うぬぬ、難しい…。
よい訳語がありましたらぜひお教えください!(←他力本願)いやほんと、いつも鋭いご指摘ありがとうございます。大変ありがたいですー。
ナンソンくんとの会話はお恥ずかしい限りです。それほど素敵だったのですよ〜ナンソンくん(*^_^*)
| たら | 2013/03/08 7:16 AM |
>bujinoさん、コメント&ご紹介ありがとうございます。
はい、事後承諾で全然オッケーですよ。お知らせいただき感謝です。
おお、bujinoさんの予想もハビ優勝ですか。そして羽生くんは台落ちと…えええっ? まあ、本当に今回は去年以上に団子レースでしょうし、勝負は水ものだし、どうなるか全然わかりませんけどねえ。
アーロンくんやケビンみたいに今ノッてる選手がどうなるかも興味深いですよね!
| たら | 2013/03/08 7:29 AM |
たらさん、お返事ありがとうございます。
成る程、一番悩まれたところだったんですね。
「楽しませる」というと、私には、試合中に演技で人を楽しませることの意味にとれました。それは、スケート競技の練習目的とは矛盾しないので、「?」と思いました。ここでは、恐らく試合以外の場面における trying hard to please people という状況を指しているのではないかと推測します。具体的にどのような活動や責務を指しているのかは分かりませんが、人からの頼み・要求・期待に対して、誠実な人柄であるほど、それに応えようとして、自分の練習や健康が犠牲になってしまうことがあるといった意味ではないかと拝察します。「人を喜ばせる」とかではいかがでしょうか。
| Tiffany | 2013/03/08 4:11 PM |
連投失礼します。

>それに応えようとして、自分の練習や健康が犠牲になってしまうことが...

という上記の文ですが、聞き直した所、「健康」が犠牲になっているとは仰っていませんでした。「健康」の件は、四大陸では100%健康ではないように思えた、という次の話題で出て来ていました。曖昧な記憶に基づいて書いてしまいましたこと、訂正してお詫び申し上げます。
| Tiffany | 2013/03/08 4:47 PM |
たら様
はじめまして、あきと申します。
初めてコメントさせていただきます。
いつも拝読しております。翻訳ありがとうございます。
ご紹介の動画ですが、少しでも聴き取ろうと頑張りましたが、やはり私には無理でした(苦笑)
こうして書き起こしてくださると本当に有難いです。
3人の予想、興味深く読ませていただきました。
四大陸選手権後、男子は誰が表彰台に乗るのか正直分からなくなりました。
いずれにしても、四回転の成功とショートとフリー両方揃えた選手が表彰台ですね。

たら様、こちらの記事を私のブログで紹介させていただきたいのですがよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
| あき | 2013/03/08 7:04 PM |
たら様
はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いています。
私は英語ができないので、とても羨ましいし、海外の生の声を知ることができて楽しいです。

相変わらず、カナダは自国選手か自国のスケート関係者と仕事をしているスケーターのことしか推さないなぁ、わかりやすい。というのが正直な感想です(笑)

気になったのが、ニースワールドでのブーイングと全日本でのブーイングのことについての話で、とらえ方によっては、日本の高橋選手のファンが結果が気に入らなくて、チャンや羽生選手にブーイングした、とコメントしているところです。

私は両方の現場にいないので、絶対とは言えませんが、日本人は「ブーッ↓」というブーイングはしないし、直後の国別でもチャンに大きな暖かな声援を送っていたし、全日本の場合は「えっ!?」という驚きと戸惑いのような声だったように思います。

メディアという立場を使う方々がそういった場で間違った印象を与えるような発言をするのは残念です。

でも、それを含めても、こういう翻訳は貴重で楽しめました。感謝しています。
| noel | 2013/03/08 8:46 PM |
たら様、はじめまして。
貴重な翻訳記事を毎回ありがとうございます。
PJさんの予想って今季は全然当たっていないような印象なんですが、世選ではどんな結果になるでしょうか(笑)

個人的には…羽生選手がもしクリーンに滑りきれたなら、フリーでもワールドレコード出るんじゃないかな…と思ってますが、いずれにせよ上位陣は大きなミスをしたら脱落というハイレベルな競争になりそうですよね。楽しみです。

さて、、、
横レスになりますが、noelさん。
booingという言葉には、一般的にイメージされる「ブー」という声を出すものだけではなく「野次る。口に出して不満を表す」という意味もあるので……残念ながら、このPodcastで発言されている内容の方が、noelさんの認識よりも正しいようです。

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2013020100011.html
↑無料だと途中までしか読めないと思いますが、ライターの青嶋ひろのさんが全日本での出来事に関してルポされてました。

日本では全日本選手権は録画放送しかされてませんから、会場音声ってどうにでもいじれるんですよ。ライブ映像を見ていた海外の解説者の方が、実はテレビの前の日本人よりも状況を理解できていたのかもしれませんね。。。
| てっとー | 2013/03/08 9:58 PM |
てっとー様

コメント有難うございます。私は会場にいなかったので、知りませんでしたが、ブーイング範疇に入るようなことがあったのですね。
競技会に行けば少なからず、演技のよさと点数のギャップに対して起きるざわめきはありますが…
そういうざわめきはこの競技のめざすべき方向性を示すものだと思いますが、私が感じたものと違う種類のブーイングがあったのなら、残念ですね。


羽入選手は今シーズンはFSに関しては体力温存の演技がみて取れます昨シーズンのような最初から最後まで総てのパートで全力でクリーンな演技をすれば順位がついてくると思っています。
| noel | 2013/03/08 11:33 PM |
お久しぶりです。
PJさんの「ブーイング」の件、納得です。
フィギュア選手はアマチュアですからね・・・

海外のメディアはズバリ言ってくれるので楽しいです。
いつも翻訳ありがとうございます!!!
| りょうしょうママ | 2013/03/08 11:38 PM |
>Tiffanyさん、再コメントありがとうございます。
確かに、演技中のことを言っているわけではないですね。ちょっと飛躍しすぎでした(^_^;)
ご指摘のとおり、おそらくふだんの人柄のことを言っているのでしょうね。他人の要求に応えようとする、サービス精神が旺盛、ということなのかもしれません。ただ、PJさんが具体的にどんなことを意味されているのかわからないので、おっしゃるとおり、素直に「人を喜ばせる」としたほうがよさそうですね。そのように訂正させていただきました。
貴重なお時間を割いてお考えいただき、申し訳ありませんでした。本当にありがとうございます!
| たら | 2013/03/09 2:56 AM |
>あきさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですね、確かに四大陸選手権で混沌としてきた感じはありますよねぇ。
でも、日本の高橋、羽生両選手は、正直ちょっとひと休み的なところもあったのかな(高橋選手は新プロを試す場でもありましたし)と思うので、ワールドでは一番強い姿を見せてくれるに違いない!と個人的には思っているんですけど。
ブログでご紹介くださるとのこと、ありがとうございます。ご返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
| たら | 2013/03/09 3:00 AM |
>noelさん、てっとーさん、りょうしょうママさん、コメントありがとうございます。まとめてのご返事で申し訳ありません。

この動画のコメント欄を見たら、大変なことになっているんですね(^_^;)
ブーイングの件は私も引っかかってはいました。私は全日本の現地に行っていないので真相はわかりませんが、行った方から確かにどよめきが起きたという話は聞きましたが、ブーイングが起きたという話は聞いたことがないです。(てっとーさんがリンクされている記事、私は有料購読していないので読めないのですが、このどよめきについて書かれているのでしょうか?)
てっとーさんがコメントされているように、PJさんはこのどよめきをbooingと表現したのかもしれませんね。それにしても言葉が強すぎるような気はするので、ちょっと誤解があるのかもしれません。
また、ニースでのブーイングが、パトリックファンvs高橋ファンと捉えられていることもややショックではありました。私はニースにも行っていないので(行きたかった!)わかりませんが、ブーイングをしたのは主に地元のお客さんだったと聞いたし、そういう記事も出ていましたので。
でも、この動画は公のメディアで放送されたものではなく、あくまで個人的なものなので、PJさんもデイブさんもズバズバ好きなことを言っている感じはあります。大胆発言の多いPJさんですが、さすがに公のメディアでは今回のアモーディオ選手に対するような強い発言はしていないと思うので。(しているでしょうか?していたらスミマセン)
まあ、noelさんが書かれているように、確かにPJさんはカナダ推しの傾向はありますよね。羽生選手もフェルナンデス選手もオーサーのところに行ったから強くなったと考えているようですし。それでも、日本の多くの記者よりはるかに海外選手を評価していると思いますし、当たり障りのないことしか言わないよりずっとおもしろいんじゃないかなあと、個人的には思ってるんですけど。
長くなりまして申し訳ありません。それだけ今度の男子がアツい戦いになりそうってことで、ひじょーに楽しみです!
| たら | 2013/03/09 3:06 AM |
たら様、てっとー様、みなさま

私のコメントが配慮の足りないもので、反省しています。
たらさま
削除の仕方が分からないので、管理の方から削除して下さって結構です。
私のような配慮の足りない人間のためにブログをする気力をなくさないで下さいね。コメントは控えますが、ブログはずっと楽しみにしています。
ちなみに私はカナダスケートファンです。
| noel | 2013/03/09 8:22 AM |
>noelさん、すみません、私のご返事、長すぎでしたね(^_^;)
noelさんのコメント、配慮が足りないとは全く思いませんでしたよ!書かれている件は気になって当然だと思いますし。気力をなくすなんて全然!
ですので、どうか本当にお気になさらず!これからもどんどんコメントいただけたら嬉しいです。
私もカナダスケート大好きです。(まあ、きっかけはジェフ様なのですが…)
| たら | 2013/03/09 9:30 AM |
 再コメ失礼します。たらさんの翻訳片手に視聴したら、まああ楽しそうなこと!いつまでも話し続けるPjさんのどこにわって入ろうかというデさんの表情が見ものでした。
 「みんな(SP)は2番になりたい」という見方に共感。そして、自分は4CC女子の予想をガッツリ外したのを思い出しました(笑)懐かしい名前も出てきましたね。男らしさが忘れられないストイコ、そして、きらっキラしていた(金粉王子と呼んでいました)クーリック!当時はお気に入りだったので、ここで名前が出て来てドキドキしました。
 練習スケジュールも出てきて、海外記事も次々・・・いよいよ始まりますね!
| 与作の女房 | 2013/03/09 8:37 PM |
>与作の女房さん、再コメありがとうございます。
「みんなSP2番になりたい」というのはおそらく羽生くんがSP首位だろうって前提ですよね。うぉードキドキ。
しかしSPはパトリックも強そうかな……全然予想なんてできません!私も4CCは男女ともほとんど外れまくりでした(^_^;)
明日から練習スタートですよね! タイムスケジュール↓http://www.isuresults.com/events/WC2013_ColouredTimeSchedule.pdf
ほんと、いよいよですね〜!
| たら | 2013/03/10 11:44 AM |
たら様、レスありがとうございます。
件の有料記事は…(なにせ有料なので、どこまで紹介していいものなのか判断付きかねる所もあるので、ヤバそうでしたら削除お願いします;汗)ざっくりと要約しますと…

『(高橋選手を長年見守って来た)ファンやスケート関係者からの、急成長した羽生選手に対する風当たりは、人々が思っている以上に強い

(実際に何を言われたかは書かれていませんが)全日本後には羽生選手に「僕がチャンピオンになっても誰も喜んでくれない」と言わせてしまう程

高橋、羽生両選手とも、何も邪魔するものの無い場所で最後まで戦ってほしい』

…という感じの話です。


まぁ、、、ファンだけでなくスケート関係者まで加わってると言うあたり、本当に私達が思っている以上に深刻な事態なのかもしれない、と。
このコラムを読んでから四大陸を見たものですから、私はあの試合の羽生選手のFSに対して「ああ、最初から2位狙いだったんだな。(高橋選手の本拠地の)大阪だから」と解釈してます。。。
| てっとー | 2013/03/11 9:15 PM |
>てっとー様、記事要約ありがとうございます。
なるほど、ちょっと心配ですね。
まあフィギュアとはいえやっぱり体育会的な上下関係とかはあるでしょうから、そんなに深刻ではないことを祈りたいですが…。

世界選手権の公式練習始まりましたね!羽生くんは四大陸から不調だったルッツがまだ安定していない様子。高橋くんはアクセルが戻ってきたとか。2人とも雑音に惑わされず、いい演技、いい試合ができるよう祈ってます。
あ、もちろん無良くんも!
| たら | 2013/03/12 11:46 AM |
こんにちは、初めて観させてもらいました。

面白い、それなりの皆さんの予想、また、如何にも西洋人らしい分析ですね。
高橋選手への評価はファンとしては嬉しいです、芸術性の高さを認めてくれてるんですね。
逆に羽生選手への評価はPJさんの考え、私と同じで外国の人も感じることは同じなんだと、思いました。
人を楽しませる事に神経がいっていると言う言葉、私は日本語で言う八方美人と言うことではないかとおもいます。
言う事なすこと優等生的な物言いと、大人びた物言いがそう感じさせるのかもしれませんが、私的には、そんなに早く大人になる事はないわよ、もっと、少年の眼差しで感性を高めてと常々、思っておりました。
そして、力強さや、個性に関しても同意見ですね、技術は最高でも、記憶に残らない、言い得て妙です。
オーサー氏は勝つ為のプログラムや技術は、しっかり考えておられるようですが、選手をその為の理論付けで指導されてるような感があります{憶測ですが}、バンクバーの前にキム・ヨナ選手の特番を{NHK}観て、そう感じました。
勝ってなんぼだよと言われれば、そうなんだけどやっぱり、記憶に残る演技もして欲しい。
| えるだーおばば | 2013/03/12 1:31 PM |
>えるだーおばばさん、はじめまして&コメントありがとうございます。
こと表現という面では、高橋選手への評価は世界でも絶大なものがありますね!動画でバトルとランビエールの名前が出ていますけど、この2人はもちろんすばらしい表現者ですが、以前モロゾフでしたっけ?が言った「大輔は明日がないかのようなステップを踏む」…この感じは高橋選手ならではだと思うんですよね。
そして、えるだーおばばさんはPJさんの羽生評と同意見なんですね?私は高い技術を見せられると、それだけでほれぼれしてしまうほうなのですが…。まあ、まだ表現面の個性が確立されていないのは確かではありますね。
明日からいよいよ男子、始まりますね!記憶に残る演技がたくさん見られますように…!
| たら | 2013/03/13 1:52 PM |
たら様
先日は突然お邪魔させていただいた上に、不躾なお願いを致しまして申し訳ありませんでした。
ブログ記事、ありがたく紹介させていただきました。
ありがとうございました。
最新記事、読ませていただきました。
オーサーコーチ、フェルナンデス選手に粋な計らいをしてくれていたのですね。
私は羽生選手のファンなのですが、オーサーコーチのインタビュー記事を読むたびに彼のことがどんどん好きになります(^_^;)
いよいよ明日は男子SPですが、全ての選手がベストを尽くし素晴らしい演技ができることを祈っています。
選手の皆さんに幸運を!

ただ、羽生選手のファンとしては心配な記事も
http://www.ottawacitizen.com/sports/Cole+Orser+coaching+foreign+talent/8087071/story.html
羽生選手、先月膝に問題があったようですね。
a minor knee problemということですから問題はないと思いますが、今後もクワドを跳び続けなければなりませんから非常に気になるところです。

フェルナンデス選手、クワド4本ですか?
彼なら出来そうですが、膝は大丈夫なのでしょうか?(^_^;)

| あき | 2013/03/13 5:39 PM |
>あきさん、コメントありがとうございました。
羽生くんのコーチになってから、オーサーの情報がたくさん入るようになりましたよね。
教え子にものすごく入れ込む人なんだなあという感じがします。そしてもちろん、勝負師ですよね!

そして羽生くんのSP...(;_;)
膝のケガの程度はまだ明らかではないようですが、負傷したのは今月6日のことのようです。そしてこのケガと、その前のインフルエンザのせいで、かなりの日数リンクに上がれなかったよう。
フリーまで1日空くのでゆっくり休養して、気持ちを切り替えられるよう祈っています。
| たら | 2013/03/14 2:56 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/131
トラックバック