<< 高橋大輔、シーズン後半へ GoldenSkate記事より | main | Taka's interview after his FS at 2012 Japan Nationals >>
世界&四大陸選手権 派遣選手決定に思ったこと aka タカちゃん、ノブくんがんば!
 メリクリです!!
すっかり出遅れがデフォになってしまった当ブログですが、世界選手権と四大陸選手権、世界ジュニアの派遣選手が決まりましたね。今日はクリスマスだし(って全然関係ありませんがっ!!)ちょびっとダラダラと語ってしまうと思いますので、いやな方はどうぞスルーしてくださいませね!


2013年世界選手権&四大陸選手権

男子:羽生結弦、高橋大輔、無良崇人  (補欠:小塚崇彦、織田信成)
女子:浅田真央、村上佳菜子、鈴木明子  (補欠:本郷理華、西野友毬)
アイスダンス:リード組


2013年世界ジュニア選手権

男子:田中刑事、日野龍樹  (補欠:宇野昌磨)
女子:宮原知子、本郷理華  (補欠:加藤利緒菜)




まずは決定した選手たち、おめでとう! 特に、特に、4年ぶりのワールドをつかみとった無良くん、本当におめでとうございます! ショートもですが、フリーの気迫はすごかった。大舞台で「世界のMURA」になってください!

……とは言いつつも、個人的にかなりこたえたのは、小塚くんのワールドoutでした。昨シーズン、ずっと靴の不調で苦しんで、表現面でもがき続けて、さあ今季。ショートもフリーもいいプログラムを得て、クワドもずっと安定してきて、復活のシーズンだったはずなのに…。
織田くんの四大陸outもつらかった。ワールドは選考基準からすると全日本で優勝しない限り可能性は低かったと思いますが、今季の四大陸は地元の大阪。きっとものすごく出たかっただろうと思います。

とはいえ、小塚くんは全日本の1週間前に右足の甲を怪我していたとのこと。「MRIを受けるほどの重症」としか伝わってきませんが、ワールドoutは怪我がけっこう深刻なせいなんだろうなと、補欠が発表されるまでは思っていたんです。
じゃあ、織田くんの四大陸はどうなんだというと、「昨季の四大陸には全日本4位、5位だった無良くん、町田くんを出したじゃないか」という意見もあるでしょうけど、今度のワールドはソチ・オリンピックの枠取りがかかる重要な大会。
羽生くんと高橋くんだけでおそらく3枠は取れるだろうとは思いますが、万が一という場合もある。ワールドで確実に成果をあげるために、四大陸をその予行演習の場にしたい、だからワールドと同じメンバーを選んだんだろうと、私は納得していました。
四大陸で無良くんの評価を上げておきたいというのもあるだろうし、それに、織田くんはもう「国際大会で経験を積ませるべき新人選手」ではないですしね。

ところが……補欠に小塚くんが入っていると知って、愕然。ということは、怪我はそれほど深刻ではないということですよね? 少なくとも、本人は出場希望を出していたんでしょうね。

そこへもってきて、日本スケート連盟のこのコメント。

グランプリ(GP)ファイナル5位で今回5位の小塚崇彦(トヨタ自動車)ではなく、ファイナル未出場の無良を選んだことについて、日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア部長は「無良はフランス杯で優勝し、ジャンプの評価が上がっている。小塚はファイナルも調子が悪く、勢いのある無良にした」と説明した。毎日新聞より)

このコメント、あちこちで怒りを呼んでいるようですね。
確かに小塚くんのファイナル、5位に終わったとはいえショートでPBを出し、総合でも250点を超えたどこが調子が悪かったというのでしょう。無良くんのPBは総合230点。体調さえよければ点が出そうなのは客観的には小塚くんのほう。「やむをえず全日本に重きを置いた」とか、もっとほかの言い方があるだろうと。

でもね……この「くそっ正直」な伊東部長のコメントのおかげで、私はかえってすごくよくわかったんです。
選考基準にはファイナル日本人上位3位以内とか、ワールド・スタンディング3位とか(どちらも小塚くんは当てはまります)あるけれど、それらはまあつけたしみたいなもので、結局は全日本なのだと。
そして、誰が見ても決定的な選手(今季の高橋くん、羽生くんですね)以外は、要はスケ連が「評価している」選手を出すのだと。そして、小塚くんは「評価を下げてしまった」のだなあと。

「ファイナルも調子が悪く」とは、もしこの時点で怪我をしていたことを意味するのではなかったら、単純に順位のことなんだと思います。
スケ連にとって、昨季ワールド11位に終わった小塚くんは、今季圧倒的に盛り返す必要があったのでしょう。でも、今季はじめは今ひとつだった高橋くんの、ここへ来ての驚異的な復調ぶり。捻挫でもワールド銅、胃腸炎でもファイナル銀をとってしまった羽生くん。このふたりの異様な強さに比べると、足の怪我があろうとなかろうと、「勢いがない」と見なされたんでしょうね。

そして確かに、今、勢いがある選手を出したいという気持ちもよくわかるんです。過去、そのとき勢いを失っていた安藤選手をトリノ五輪に選んで結果を出せず、安藤さん自身もとてもつらい思いをしたことがありました。やっぱり今の時点で「のっている」若い無良くんのほうを推したかったんだろうなあと。長期的な視点に立ってどうなのかは、また別問題ですが。

……などと、勝手なことばかりダラダラと語ってしまいまして、お目汚しすみませんが、要は、タカちゃん、がんば! ノブくん、がんば!ってことなんです。
ずっと努力してきた方向は間違ってない。スケ連を見返してやれ! 連盟の判断は間違っていたと後悔させてやれ!ってことなんです。

一ファンでさえこれほど歯がゆいのに、選手本人はどんなに悔しかったかと思います。まだ代表が発表される前の、フリー演技直後ですが、小塚くんが一生懸命語っていた言葉に胸がつまりました。
ツイッターで日本選手の情報を提供してくださっているPigeon Postさんが、それをそのまま文字にしてくださいました。きれいに整理されたメディアの記事と違って、つっかえたり言いかけたことを飲みこんだり…そんなところに小塚くんの「今」が凝縮されている感じがすごくします。

こちらです→https://plus.google.com/114558360894796933551/posts/jGw9AEP3nwh

「ここまで泥臭い試合は初めてだった」…。羽生くんもMOIのインタビューで「殺伐としていた」なんて言っていましたが、今回の男子はやはり相当熾烈な雰囲気だったんでしょうね。
怪我のことを自分の口からは頑として言わなかったこと…。たぶん、おそらくですが、ネット上のいろんなコメントを目にしていたのかなという気もします(涙)。

そして最後の言葉。

痛い経験ですし、重い経験ですし、僕自身「この後どうなるのかな?」という風に思いますけども、そこは自分の気力で、「小塚崇彦」っていう… 「人間の底力」、そこを使ってもう一度やります。

這い上がってきてほしいです。待ってます。がんばって!

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
カテゴリ:小塚崇彦 | 09:39 | comments(18) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
たらさん、こんにちは。お世話になっております。

私もたらさんと考えが似ていました。私は、世界ランキングとGPFが全日本と同程度に重い選考基準なのかと思っていたんです。でも、全日本のウエイトがかなり大きかったみたいですね。

四大陸に1-3位選手を送るのはこれが初めてでしょうか。来年は五輪選手の都合で変則的になるかもしれませんが、再来年以降、これがスタンダードになるのかしら。

小塚選手は、怪我がかなり痛そうなご様子だったので、速やかなご回復をお祈りします。
| ティファニー | 2012/12/25 11:41 AM |
たらさん、こんにちは。
小塚くんのワールド落ちは怪我が大きいと思います。
右足の甲といえば、今井遥選手も右足の甲を疲労骨折して、その後、なかなか結果を残せていません。
小塚くんは昨シーズンのワールド11位で、靴が合わなかったせいと言われていますが、ひょっとして、右足の甲の疲労骨折はすでに始まっていたかもしれません。
故障があると、たとえ滑れたとしてもどこまで順位が落ちるかわからない。
だから、無良選手を選んだのではないでしょうか。

四大陸は、羽生選手、無良選手、織田選手でもよかったように思います。
無良選手はワールドまでに少しでも経験を積ませたいので、四大陸に出したいのはわかる気がします。
織田選手は経験を積ませる新人選手ではないし、フリーの3A2回失敗は痛かった。
結局、気迫がこもった演技をした高橋選手になったのではないでしょうか。
小塚選手、織田選手は、怪我のケアをし、体調を万全に整え、来シーズンはがんばってほしい。
練習しなければ技術が向上しない。
でも、練習しすぎは身体にダメージを与え、怪我につながる。
本当にむつかしいですね。

鈴木選手は4位だったけど、3位の宮原選手は年齢制限で出られないので、順当に選ばればした。
でも、来年はどうなるかわからないですね。
そういえば、バンクーバーオリンピックの出場を鈴木選手と争った中野友加里選手は股関節を痛めていて、オリンピックの夢がかないませんでしたね。

高橋選手がワールドの決意表明にオリンピック3枠取りを書いていましたね。
エースの自覚が感じられました。
ワールドに選ばれた選手は、選ばれなかった選手の分まで、オリンピック3枠取りに、がんばってほしい。
長文ごめんなさい。
| coco | 2012/12/25 1:05 PM |
はじめまして。
いつも翻訳は超ありがたく拝見させていただいております。
ちなみにゆづ&小塚君ファンです。伊東部長のコメントは超むかつきました。

たらさんのおっしゃるとおりだと思います。
選考基準のGPF云々・・・は大ちゃんとゆづが台落ちしたときの逃げ道として用意しておいたけれど、それがあだとなってしまい、筋のとおらない選出コメントになりましたね。
小塚君はシーズンベストは5位でしかも250点台を2回出しているし、6位は230点台だから、世界でも5人が突出していてその中に入っている、っていうのはネットでちょっと調べただけでもわかるのに・・・神サイト紹介してあげたいですね。

伊東部長はネットで調べたら、スケート経験ないんですね。でも、アスリート下げのコメントはだめでしょう。

来期は小塚君にぜひ見返してもらいたいです。
| りょうしょうママ | 2012/12/25 3:58 PM |
たらさんのブログでこんな悲しい記事がでるなんて。
私は、羽生のファンだけれど、フィギュアスケートファンとしては、どの選手にも感謝しています。
どんな思いで苛酷な練習、試合をこなしているか、想像もつかない事だと思います。協会の人たちには選手を心身ともに守って欲しいです。持ち駒のように選手を考えるのはやめて欲しい。
 一つの試合が終わるたびに、ファンの中の少数ですが、心ない中傷をする人もあらわれます。
 選手たちはほとんど多感な年代です。正当に思いやりを持って評価してほしいです。
 羽生に関しても、全日本の後は笑顔はつくっていたけれど、顔色も悪く、下を向いていることが多く、なにか辛いことがあったのかと心配していました。殺伐なとか、お経のように高橋選手の事を褒めたり、彼のスケートは高橋とは正反対のタイプと思うのに。羽生の、スケートが好きでたまらないという声が聞こえてくるようなスケーティングが大好きなのです。変わって欲しくないのです。
 でも羽生はワールドに出られるのだから。資格があるのに出られない人がいるのなら悲しいです。
 
 次にでる3人に3枠取ってもらって、後はまた次の年。小塚頑張れです。怪我を直して!!世界中にいる小塚ファンのために。
 
| ikko | 2012/12/25 10:02 PM |
たらさん、こんばんは。
伊東部長のコメントは…あれですね。
順当であれば小塚選手が選考基準に該当すると思うのですが(外れるのは今回の全日本の結果だけですよね)、後でいろいろ言われるのを嫌って、全日本123、わかりやすいでしょ?ってことにしたんじゃないでしょうか…。
それを誤魔化すためか…「勢い」という説明…。
以前にもいろいろ問題発言のある方のようですので、あまり深く考えた発言ではないのかもしれませんけれど。
Pigeon Postさんのインタビューまとめ、読みました。
小塚選手のインタに泣き、羽生結弦選手の辛そうなインタにも泣き、盒饗臺總手の「3枠」への拘りにも…涙です。
「自分は全然枠取りに貢献していないから…」って。
四大陸、てっきり違う人が出ると思ってたんですが…自国開催なので、人が呼べる構成にしたかったんでしょうか?
何か、もう穿った見方しかできない自分が悲しいです。

選手の皆さんは、本当にお疲れ様。
心身ともにゆっくりお休みできますように。
| タケ | 2012/12/25 11:40 PM |
>ティファニーさん、コメントありがとうございます。
男子だけざっと調べてみましたが、1-3位の選手を送るのは、少なくともここ10年間では初めてのようです。
これがスタンダードにはなってほしくないです、個人的には。もし全日本だけが偏重されるなら、選手たちがグランプリシリーズやファイナルでがんばる意味が半減しちゃいますもんね...ため息。
| たら | 2012/12/26 11:23 AM |
>cocoさん、コメントありがとうございます。
まだ骨折とは発表されていませんが、「昨シーズンの靴問題はすでに疲労骨折が始まっていたのかも」というご指摘…ううっ、そうだとしたら深刻ですね。
確かにワールドから外れたのは怪我が大きかったんでしょうね。でも補欠というのは…まあとりあえず、ということなのかもしれませんね。
バンクーバーイヤーの中野選手も怪我だったんでしたね。小塚選手は怪我を防ぐために練習で跳ぶジャンプを調整していると言われていましたが、競争がし烈になって無理をせざるをえなかったのかも…。
高橋選手のコメントは立派でしたね。派遣3選手が怪我なく戦い抜くことができますように!
| たら | 2012/12/26 11:25 AM |
>りょうしょうママ、はじめまして&コメントありがとうございます。
神サイトというのはこちらですね。http://deep-edge.net/sb.php
はい、こちらには毎日お世話になっています。ありがたいですよね〜。
連盟の人はスコアは最低見ていると思うんですけどね、スコアやスタンディングより「印象」で決めたのかなと思わざるをえないコメントは悲しかったです。
来季の小塚くん、期待して待ってます!
| たら | 2012/12/26 11:26 AM |
>ikkoさん、コメントありがとうございます。
羽生くん、表情にもインタビューにも痛々しさがただよってましたね…。
「選手たちはほとんど多感な年代です。正当に思いやりを持って評価してほしいです。」
そうそう、本当に。ファンが選手の足を引っぱっているようじゃ、連盟のことも批判できないですよねぇ。
まあ、選手には苛酷な状況ですけど、その中を勝ち抜いていく人が本当に強い人。各選手、みんな頑張れです!
| たら | 2012/12/26 11:27 AM |
>タケさん、コメントありがとうございます。
あとでいろいろ言われるのを嫌っているなら、「全日本を重視した」と言うべきかなと。どうもそこまでの配慮というか、丁寧な発言ではなかったような気がするんですよ…。
Pigeon Postさんのインタビューまとめ、泣きどころいっぱいですよね。https://plus.google.com/u/0/114558360894796933551/posts
「何か、もう穿った見方しかできない自分が悲しいです。」
わかりますー(;_;) でも、選手は前を向いて努力し続けているので、私たちも前を向きましょう!
| たら | 2012/12/26 11:28 AM |
はじめまして。
たらさんの翻訳に感心すると共に、
語りにそうそうとうなずき、感じ方が同じなのを頼もしく思っています。
今回の小塚君の演技が、残念で残念で、ざわざわとした気持ちが治まらず、悶々としていたところにタイムリーに語って頂き感謝です!
本人はどんなにか、悔しいかと・・・。
このアクシデントを飛躍のチャンスに変えて、戻ってきてくれると信じています。
彼にしか出せないあのシンとした表現は、完璧なジャンプがあってこそ完成されるのでは。その演技を見たいです。
織田選手にも良い演技を期待します。
しばらく、演技が見られないのは、さびしいけれど。


 





| よこよこ | 2012/12/26 7:40 PM |
はじめまして、たらさんの冷静かつすべての選手へ愛情が感じられる文章が大好きです。
今回の四大陸選手権の選出は、会場で聞いて愕然としました。織田君、小塚君にリベンジの機会も与えられないのかと、連盟の決定に怒りも感じました。無良君は経験を積ませるという、たらさんの見解に同意見です。でも高橋君、羽生君は、四大陸に出場しなくても調整可能ではないかと、思ったのですが…。今は、おそらく四大陸に出場するであろうパトリック・チャン選手へプレッシャーをかけるためか、と思えてなりません。四大陸そして世選で日本人選手が優勝する、枠取りだけでなくそれを狙っての人選かと。考え過ぎですかね?(伊東氏は思いやりがなさ過ぎ)
織田君、小塚君、町田君のプログラム、本当に素晴らしい、完成形を観たかった。来シーズン、ぜひ逆襲してほしいと思います。長々と失礼しました。
| たかこ | 2012/12/26 9:46 PM |
選考基準を複数設けることについて。
過去のワールドの順位云々は未出場の選手にとっては非常に厳しくてGPSや全日本で結果を出すしか道がないんですよね。
今回自力で勝ち取った無良選手の頑張りは素晴らしかったと思います。

選考基準を複数設けて総合的に判断するのは大事です。
本来代表になるべく力があっても不測の事態(靴トラブルや怪我など色々)が起きる時もある訳で、そういうケースも考慮して総合判断がなされるのだと思います。
今回の選考基準を公正な目で見れば、ワールドは順当かなと思います。
四大陸については・・・
無良選手に経験を積ませ評価を更に上げるという意味では納得出来るのですが・・・
でも四大陸は織田選手が選考されるべきではないかと思いました。
小塚選手は第一補欠ではありますがやはり怪我の具合もあるので無理だと思います・・・
同じだけのコンディションを整える練習を行うと怪我が長引きそうでそれが心配。

今回何が問題だったかと言うと連盟の責任ある立場の人間のあまりに配慮のない発言内容なんですよね。
個人的に小塚選手を応援する身としてこれはちょっと見過ごせないなぁと。
小塚選手の努力を綴ったので、もしよろしければお時間のある時にご覧くださいませ・・・
| Maurice | 2012/12/27 10:10 AM |
>よこよこさん、コメントありがとうございます。
語るのはちょっと苦手で(というか語り始めるとくどくなるのでw)自粛してるんですが、共感していただけてうれしいです。
「彼にしか出せないあのシンとした表現」…ですよね、一見抑制されているけど艶やかというかみずみずしいというか、ほかの選手にはあまりない貴重な表現だと思います。
織田くんの、ミュージカルを見ているような幸福な表現も。
ほんと、さびしいですけど、逆襲を待ってます!
| たら | 2012/12/27 6:00 PM |
>たかこさん、コメントありがとうございます。
「四大陸そして世選で日本人選手が優勝する、枠取りだけでなくそれを狙っての人選かと。」
うぅっ、どうしてもそう考えてしまいますよね。そしてそれは日本人ファンとしては嬉しいことだし、チャン選手とトップを競い合う選手がいれば競技としてもおもしろくなるとは思うものの、それを連盟が「仕組む」というのは…いや、そんな甘いことを言ってちゃだめなんでしょうかねぇ。
3人の今季のプログラム、それぞれ素敵でした。来季持ち越すのか、新プロで出直すのかも見ものですね!
| たら | 2012/12/27 6:02 PM |
>Mauriceさん、コメントありがとうございます。
客観的なご意見、感謝です。そうですね、私もワールドはまあ順当なんだろうなとは思うんです。ただ、GPF▲錙璽襯鼻Ε好織鵐妊ングA監本の比重が必ずしも1:1:1ではなかったんだなという…。
それと、そうですね、伊東氏の発言はあんまりでした。トップ選手のレベルの高さとフィギュア人気に、ちょっとおごっているのではないかという気も…。
四大陸はさらに難しいですよねぇ。私も織田選手には本当に気の毒な選考だったなあと思います。
小塚選手の技術と進化、拝見しました。テクニカルは私の超苦手分野なので嬉しいです。続きも楽しみにしています!
| たら | 2012/12/27 6:20 PM |
たらさんこんばんわ 皆様のコメも含めてじっくり読ませていただきました。
 以下、感想です。ワールド代表は問題なし、でも4大陸は当然違うメンバーだと思っていたので驚きました。最終的な選考の過程が公開されれば、ファンも憶測や想像で不快な思いをせずに済むのに。少し前、陸上競技の強化選手について、「対象を絞り込んで有力選手を手厚くバックアップする」という新聞記事を読んだのを思い出しました。
 表彰台の3人も、今期1回は見るのもつらいフリー演技がありました。その点、小塚選手はここまで抜群の安定感があったのに、全日本にその「最悪」が来てしまったのですね・・・。
 実は男子ショート、エキシと初観戦でした。小塚選手にしかないノーブルな雰囲気が遠目にもしっかり伝わってきました。 来期は「人間の底力」で泣かしてくれっ!!です。
| 与作の女房 | 2012/12/30 8:20 PM |
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。

「小塚選手はここまで抜群の安定感があったのに、全日本にその「最悪」が来てしまったのですね・・・。」

おっしゃるとおりですね…涙。
ま、でも見方を変えればソチ五輪までの13か月間のうち、この時期に「最悪」が来てよかった…後になってそう言える日が来るのかもしれません。そう切り替えてがんばってほしいです。

「来期は「人間の底力」で泣かしてくれっ!!」

↑まさにこれっ!!! 太字にさせていただきたいぐらいですっ!!!
| たら | 2012/12/31 6:00 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://taranofsdiary.jugem.jp/trackback/114
トラックバック