無良崇人 インタビュー@goldenskate
12月の四大陸選手権ではショートで2位につけ、世界のフィギュアファンをあっと言わせ、いま人気急上昇中(ですよね?ですよね?)の無良崇人選手

なんとgoldenskateにその無良くんの記事が!おそらく四大陸直後に現地コロラドスプリングスでおこなわれたインタビュー(2012年3月11日付)のようです。インタビュアーはフィギュアファンにはおなじみのスポーツライターのタチアナ・フレイドさん。ソースは→こちら
日本人の英語インタビューを日本語に訳すのはすごく微妙で、ご本人からすると「俺、こんな言い方しないよ!」ということも多々あるかと思いますが、そのへんはどうかご容赦ください〜。

「無良に安定感」

2012年四大陸選手権にて「ブエノスアイレスの春」で演技する無良崇人。

2006年にスロベニアで開催された世界ジュニアにデビューして以来、無良崇人は強い日本男子チームの一角をしめてきた。国際大会にも数多く出場してきた。だが、今は21歳になった彼ががぜん注目をあびたのは、今年2月にコロラドスプリングスで開かれた2012年四大陸選手権だった。

ジャンプは大きいけれど、安定感に欠けるのが彼の欠点だった。しかし、四大陸のショートでは4T-3Tとトリプルアクセルを成功させ、パーソナルベストを出して2位につけた。偉大な同国の先輩、高橋大輔をも上回ったことに、無良自身とても驚いたという。
「2位になったこと、大輔より上だったことに、びっくりしてしまいました」【無良くんが高橋大ちゃんのことをどう呼んでいるか知らないので…英文のままDaisukeにしました。すごく違和感ありますけどw】
フリーでは不安定さが顔を出してしまい、結局5位に終わった。だが、彼にとってこの大会は、15位だった2009年の世界選手権以来、初めてのISUの選手権大会だった。また、2006年の世界ジュニアで5位になって以来、最高の成績でもあった。
「ショートで信じられない順位だったので、すごくプレッシャーを感じてしまった。あんなにプレッシャーだったのは初めてで、どう対処していいのかわからなかったんです。いい経験になりました。もっと自信をつけて、ショートとフリーの両方でクリーンに滑れなくてはだめですね」
続きを読む >>
カテゴリ:無良崇人 | 04:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |